FXチャート実践帳

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
第 5 位

【FX手法】ボリンジャーバンドの凄い使い方を解説する|順張り編

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ボリンジャーバンドとは?

  • ±1シグマ内にレートが収まる可能性…68%
  • ±2シグマ内にレートが収まる可能性…95%
  • ±3シグマ内にレートが収まる可能性…99%

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ボリンジャーバンドの見方を多くの人が間違っている…?!

「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」開発者であるボリンジャー氏が否定

ボリンジャーバンドの特性から、ボリバンは「逆張り用インジケーター」だと思っているトレーダーも多いのではないでしょうか。

    FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
  • ±1シグマ内にレートが収まる可能性…68%
  • ±2シグマ内にレートが収まる可能性…95%
  • ±3シグマ内にレートが収まる可能性…99%

例えば、+2σを越えたレートはいずれ戻されるので「売り」で仕掛け、一方、-2σを越えたレートもいずれ反発して戻ってくるので「買い」で仕掛ける、という逆張り戦略にボリバンを活用する…ボリバンの特性(標準偏差)を考えた逆張り戦略は一見有効に見えます。

ところが、この使い方についてボリバン開発者であるジョン・A・ボリンジャー氏が、「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」と否定しています。

「バンドの上限で売り、下限で買い、これは間違いです。」

以下のYouTube動画を御覧ください。1分12秒あたりで語っています。

ボリンジャーバンドは相場の”相対的な高低”を定義するテクニカル指標だ

相場は相対的に高値か、安値か? ボリンジャーバンドは、これに答える指標です。

バンド上限で売り、下限で買い、これは間違いです。

比較的・高値か、安値か、この情報を基に、 相場動向や指標動向を参考に確信的な判断が下せるのです。

ボリンジャーバンドは相場の相対的な高安を定義します。 ボリンジャーバンド上限で相場は高く、下限で安いと定義します。

ボリンジャーバンドを構成しているのはトレンドと価格変動率です。 トレンドは移動平均、変動率は標準偏差です。

ボリンジャーバンドの中心線をシグナルにする人がいます。 上抜けで買い、下抜けで売り、というように。

ただ、より重要なのは移動平均が示す相場の方向です

引用:https://www.youtube.com/watch?v=NmmY6TWt_10

ボリンジャーバンドの正しい使い方は「順張り」だ

ボリンジャーバンドブレイクアウトこそが優位性を最大限発揮できる戦略

であれば、バンドの収斂(しゅうれん)から拡大を狙った順張りトレードこそが、ボリバンの優位性を最大限に発揮できる戦略ではないでしょうか。

つまり…ボリンジャーバンドでトレンドの初速を捉える『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』です。

スクイーズとエクスパンション

ボリンジャーバンドの幅が狭まることをスクイーズと表現し、そこから一気に幅が広がりトレンドが発生することをエクスパンションと呼びます。

ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』は、このエクスパンションの初動を捉えることが基本戦略となります。

ブレイク直前のスクイーズ状態が長いほど相場にエネルギーが溜め込まれ、その後エネルギーが一気に放出されてエクスパンションとなる可能性が高まります。

ボリンジャーバンドと”バンドウォーク”

ブレイク後に±1シグマ(あるいは±2シグマ)の上をレートがスキップするように移動してトレンドを形成することをバンドウォークと呼びます。

バンドウォーク

バンドウォークを終焉まで捉えることができれば、大きな利益を確保することが可能になります。

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』の手仕舞いは、バンドウォークが終焉するタイミングもしくは、レートが±3シグマを大きく抜けたタイミングです(もしくは±3シグマタッチでEXIT)。

ボリンジャーバンドブレイクアウトを捉える『SQI』

エクスパンションとバンドウォークを視覚的に捉えるツール

『ボリンジャーバンドブレイクアウト手法』に特化したインジケーターを紹介します。当サイトで特典として提供している『SQI』です。

『SQI』は、ボリンジャーバンドをベースにした順張りツールです。強いトレンド時に発生するバンドウォークを補足し、狙い撃ちするためのツールです。

SQI

ボリンジャーバンドをブレイクで仕掛け、ボリバンに戻されるタイミングで手仕舞いします。エクスパンションバンドウォークをビジュアル化(視覚化)することで、トレンドを捉えやすくしたオリジナルインジケーターです。

投資グループ「ザ・シークレット」の仲間内で使われていた極秘ツール

ボリンジャーバンドブレイクアウトツール『SQI』の特徴

1.ボラティリティブレイクアウト(順張り)

2.チャート上のビジュアルでひと目でトレンドを把握できる

トレンド状態とレンジ状態を一瞬で視認することが可能です。上昇トレンドは青系、下降トレンドは赤系のバンドカラーで表示させています。

SQI「現在のトレンドがひと目で分かる」

  • BB1(ボリンジャーバンド±1シグマ)
  • BWR(BBand Width Ratio)

3.シンプルかつロジカル(高い汎用性)

ロジックそのものは非常にシンプルであり、だからこそ普遍性が損なわれていません。あらゆる時間足、通貨ペアにおいて利用可能です。もちろんボラティリティが大きい通貨ペアにおいてより効果を発揮します。また、時間足も選びません。5分足から30分足、1時間足、日足と、あらゆる時間足で表示させることが可能です。

トレンドを補足するツールですので、トレンドが発生する通貨ペアや金融商品であれば、使うことができます。

4.アレンジの可能性が無限大

シンプルなロジックを採用していますので、アレンジは無限大です。同様のトレンドフォロー系ツールと組み合わせたり、他のロジックをサポートさせるツールとして使用するなど、様々なシーンで活用できます。

『SQI』のロジックを詳しく解説

  • ボリンジャーバンド
  • ADX
  • BBand Width Ratio

ADXについては聞き慣れないかたもいるかもしれませんが、Average Directional Movement Index(平均方向性指数)の略です。「トレンドの強弱(勢いや方向性)を計測する指標」の一つです。

BBand Width Ratioはボリンジャーバンドの帯が開いているのか閉じているのかを数値で表示するテクニカルです。通常はラインで表示されています。

ボリバンの±1σを抜けたタイミングでチャート上の帯にカラーがつきます。上昇ならば 青帯 、下降なら 赤帯 です。この帯は、レートがボリバン1σ内に戻されるまで表示され続けます。レートの終値で帯が確定します。さらに、トレンドの強弱を帯の色の濃淡で表現しています。

このトレンドの強弱を計測するためにADXを使用しています。BBand Width Ratioは、チャートの下に表示されているヒストグラムです。ボリバンの幅の広さに応じてヒストグラムの色が変わります。

チャートの見方|FX取引で相場の流れがわかるようになるには?

ローソク足の特徴として、相場の強弱や方向性が一目で簡単に把握できる点が挙げられます。ローソク足は1本の実体とヒゲで表現されるのですが、この中で、 始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)の四本値と、値上がり(陽線)か値下がり(陰線)かを把握 することができるのです。4本、つまり4つのデータを内包して1本のローソク足を形成しています。ローソク足は他のバーチャートやラインチャートに比べて多くの情報をシンプルに表しています。その形状を見れば一目で多くの情報を簡単に把握できるのは他のチャートに比べて強みと言えるでしょう。

ラインチャートは終値をつなげてできた折れ線グラフで、長期の流れを一瞬で理解するのに適しており、複数の銘柄を比較する際などに使用します。

FXのチャートの見方

チャートの縦軸と横軸

チャートを開くと、縦軸と横軸に数字が表示されていることがわかります。 縦軸は価格を表し、横軸は時間を表しています 。この2軸によって、時間の経過とともに価格がどのように変動したかを一目で把握することができるのです。

チャートには分足(ふんあし)、時間足(じかんあし)・60分足日足(ひあし)など、さまざまな時間軸があります。 チャートの横軸を短い期間にして当日や2,3日の値動きを見たい場合には、「分足」や「5分足」を使う と良いでしょう。時間軸を短く設定することで、直近の値動きがわかります。一方、 チャートの横軸を長い期間にする場合には、「日足」「週足」「月足」「年足」を使う と良いでしょう。「日足」はローソク足1本で一日の動きを描き、週足は1週間の動きを描きます。時間軸を長くすれば長くするだけ、過去から今日までの値動きの遷移がわかります。

初心者の方におすすめの見方は、 長期間の値動きを確認してから、徐々に短期的な値動きを見ていき、最後に自分の取引する時間軸を確認する方法 です。そうすることにより、相場認識を正確に行うことができます。

トレンドライン・下値支持線・上値抵抗線の見方

・トレンドライン
トレンドラインとはチャートに引く補助線のことを指します。
相場には、一方の方向(上昇または下落)へ動き続けるトレンド相場と、特定の値幅で推移し続けるレンジ相場があるとされています。トレンドラインは、 チャート上の価格が、これらのどの相場にあてはまるのかを可視化するために引くライン です。

・下値支持線(サポートライン)
下値支持線とは、安値と安値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、下値の支持(サポート)として機能するかどうか確認するために用いられます。 下値支持線を割り込んだ場合には、下落局面への転換として注意が必要 になります。

・上値抵抗線(レジスタンス)
上値抵抗線とは、高値と高値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、上値の抵抗(レジスタンス)として天井の役割で機能するかどうか確認するために用いられます。 上値抵抗線を上抜けた場合には、上昇局面への転換として捉えることができます 。

3つのトレンド

前述の通り、相場には3つのトレンドがあります。ラインを引いてみることで、今の相場がどのトレンドに当てはまるかを正確に認識する必要があります。3つのトレンドは上昇トレンド下降トレンド横ばい、です。上昇トレンドと下降トレンドは、まとめてトレンド相場と呼ばれます。対して、横ばいの状態はレンジ相場と呼ばれます。

上昇トレンドは右肩上がりの上昇傾向にある状態、下降トレンドは右肩下がりの下降傾向にある状態、横ばいは一定の値幅を上下に往復している状態 です。この横ばいの場合は、どこかのタイミングで上昇もしくは下降トレンドに切り替わるのでタイミングの見極めが肝要です。一般的に相場は、 上昇下降トレンド相場が全体の2割、横ばいのレンジ相場が8割 と言われています。

FXのチャートで出来高はわかる?

結論から言うとFXのチャートでは 出来高(取引量)は確認することはできません 。出来高というのは取引量の事を指しており、前述したように一定期間内にどれだけの取引が行われたか(成立したか)を表しています。この出来高が多くなると取引が活発になるとされています。

株式などの株価チャートを見てみると、チャートの下に出来高を示す棒グラフがある場合があります。その期間内にどれだけの取引量があり、その取引がどのような値段の推移を示したか、チャートと取引高を絡めた取引戦略として用いるケースがままあります。しかし、FXでは出来高を確認することができません。これは、 為替市場は株式市場と異なり、取引量・取引参加者が多いためその全体像を把握することが難しいから です。また、仕組みの面においても株式取引が取引所取引で取引の全容を把握できるのに対し、FXの為替取引は 相対取引で取引の全容を把握できない 点にその理由があります。

一般的に取引量が多い通貨は米ドルで、米ドルが絡んだ ドルストレートと呼ばれる通貨ペア群は取引量も非常に多い です。USDJPY(ドル/円)やEURUSD(ユーロ/ドル)、GBPUSD(英ポンド/ドル)などが挙げられます。決済など実需においても需要があるためです。全取引通貨ペアの取引量上位5位を見てみてもEURUSD>USDJPY>GBPUSD>AUDUSD(豪ドル/ドル)>USDCAD(ドル/カナダドル)とドルストレートで占められていることがわかります。

チャートと組合せて活用したい主なテクニカル指標

テクニカル指標とは

テクニカル指標とは、 テクニカル分析を行う際にチャートの中に組合せて使用する指標のこと を指します。チャート分析だけでは見えてこない相場の買われすぎや売られすぎといった過熱感売買のタイミングなどを簡単に確認することができます。テクニカル指標は有名なものから自分で計算・開発したものまで星の数ほどあり、 自分に合ったテクニカル指標を見つけることも重要 です。
テクニカル指標にはトレンドの方向をわかりやすく示すトレンド系と、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系があります。これらは単体で使う場合もあれば組合せて使うこともあります。

トレンド系のテクニカル指標

移動平均線は 任意の期間(5日、25日、75日、200日が使用されることが多い)の終値の平均値をつないだ線 のことを指します。テクニカル指標の中でも最も有名で、利用するトレーダーも多いです。移動平均線を用いた取引手法は様々なものがあり、移動平均線に関する情報も数多くあふれています。はじめてテクニカル指標に触れる方にはおすすめの指標です。

移動平均線は、その向きに注目し、 向きが変わったポイントをトレンドの変化、つまり売買のシグナルとして利用 することができます。また、線の角度に注目することで そのトレンドがどれぐらい強い勢いか ということも併せて確認できます。そのほかにも複数の移動平均線を用いた「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」などのサインがあります。

ボリンジャーバンドは 一定期間の価格から相場の振れ幅(ボラティリティ)を測定し、価格の変動範囲を統計的に導き出す テクニカル指標です。ボリンジャーバンドでは標準偏差と呼ばれる統計的な手法を用いて、過去の値動きから将来の値動きを予測することができます。シンプルで、非常に人気の高いテクニカル指標です。

オシレーター系のテクニカル指標

RSIは相対力指数の英略で、 一定期間の値動きから上昇もしくは下降の勢いがどれぐらい強いかをチェックできる テクニカル指標です。急騰急落を定量的に評価することができる指標でもあります。オシレーター系のテクニカル指標の中で最も有名なため、おさえておきたい指標です。

RSIの基本的な使い方は、 RSIの数値が70を超えた高値圏のタイミング(買われすぎ)で逆張りの売りエントリー。30を下回った安値圏のタイミング(売られすぎ)で逆張りの買いのエントリー です。この基準となる数値は相場の状況や取引手法によって異なるため、検証の上、最適な数値を使用しましょう。

MACDは 移動平均を応用した相場の買いと売りの周期とタイミングを視覚的に捉えることのできる テクニカル指標です。比較的精度が高いとされ、愛用者も多いです。特にトレンド相場でその効力を発揮します。MACDの使い方は移動平均線同様に 3本のラインの上抜け、下抜け、ゼロラインとよばれる基準ラインとの交差、チャートとのダイバージェンス(逆行)など があります。

チャートの見方はテクニカル分析の必須科目

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

ボリンジャーバンド を使用して買い持ち/売り持ちレベルを決定しましょう

How Do Bollinger Bands® Work?

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は

FXトレーダー・プラス

  • ※ 自動更新間隔は1秒です。
  • ※ ご利用の際は推奨環境および利用規約をご確認ください。

NetFxトレーダー・プラスの特徴

FXトレーダー・プラスの特徴

FXトレーダー・プラスの特徴

  • 1 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 為替レートの確認・発注・音声読み上げができる「為替ボード」
  • 2 どこでもラクラク!様々な利用環境で使える
  • 3 多彩な分析ができる「テクニカルチャート」
  • 4 為替情報をメールで通知!「トリガーメール機能」
  • 5 LINE公式アカウント(FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 松井証券 MATSUI FX)と機能連携!

1 為替レートの確認・発注・音声読み上げができる「為替ボード」

為替レートの確認・発注・音声読み上げができる「為替ボード」

  • ※ チャートを表示するレイアウトが「4×3」の場合は為替ボードを表示できません。

ハンズフリーでOK!「音声読み上げ機能」

ハンズフリーでOK!「音声読み上げ機能」

2 どこでもラクラク!様々な利用環境で使える

NetFxトレーダー・プラスでは、システムソフトのDLや設定は一切不要です。

使いやすさ・見やすさを追求したインターフェース

使いやすさ・見やすさを追求したインターフェース

3 多彩な分析ができる「テクニカルチャート」

多彩な分析ができる「テクニカルチャート」

利用できるテクニカル指標等

    FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
  • 移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • エンベロープ
  • パラボリック
  • 高値安値移動平均線
  • 直近高値安値
  • ケルトナーチャネル
  • サポート&レジスタンス
  • ピボットポイント
  • ボラティリティシステム
  • RSI
  • FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
  • ストキャスティックス
  • スローストキャスティックス
  • 移動平均乖離率
  • RCI
  • サイコロジカルライン
  • ヒストリカルボラティリティ
  • DMI(DI・ADX)
  • EMA
  • MACD
  • 強弱レシオ
  • モメンタム
  • ROC
  • オシレーター
  • CCI
  • ボリンジャーバンド %b
  • アルーン
  • 相関関数

通貨ペアの比較チャート機能

絶対比較チャート

絶対比較チャート

相対比較チャート

相対比較チャート

スプレッド比較チャート(価格差/比)

スプレッド比較チャート(価格差/比)

4 為替情報をメールで通知!「トリガーメール機能」

トリガーメール機能

為替情報をメールで通知!「トリガーメール機能」

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 豪ドル/円
  • カナダ/円
  • スイス/円
  • ポンド/円
  • NZドル/円
  • ランド/円
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/豪ドル
  • ポンド/豪ドル
  • 米ドル/スイス
  • ポンド/スイス
  • ユーロ/ポンド
  • 豪ドル/NZドル

定刻通知機能

為替情報をメールで通知!「定刻通知機能」

5 LINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)と機能連携!

LINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)の各種通知設定ができます。
また、FXトレーダー・プラスで利用しているチャートや発注の設定をLINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)でもそのまま利用できます。

マネープラネット

ボリンジャーバンドとはなに?FXの逆張りで有名なBBの使い方と見方

ボリンジャーバンドの計算方法

1日目=80.40 2日目=79.60 3日目=77.20 4日目=78.50 5日目=79.80の場合、5日間の平均値は79.10になります。

各終値が平均値からどれだけ離れているかを絶対値で示すと、1日目=1.3 2日目=0.5 3日目=1.9 4日目=0.6 5日目=0.7になります。

標準偏差は、この各数値を二乗して総和を求めたうえで期間数5で割り、√を使って平方根を求めます。「1.3の二乗+0.5の二乗……」÷5を√すると、約1.28が標準偏差になります。標準偏差はσ(シグマ)と呼びますが、「平均値±標準偏差」が±1σ線、「平均値±標準偏差×2」が±2σ線になります。

この標準偏差を統計学の「正規分布」に当てはめてみると価格の変動が

±1σに収まる確率 = 68.26%
±2σに収まる確率 = 95.44%
±3σに収まる確率 = 99.FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 73%

なるというわけです。

引用元:外為オンライン

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドの特徴

これは移動平均線が最たるものです。ですが、その平均値だけで一定期間の判断をしてしまうと、その 期間中の為替価格が値動きのないような適切水準にあって安定的に推移していた のか、あるいは トレンド相場のような値動きが激しく動いていて、適正水準が定まらず大きく上下した のかは不明です。

ボリンジャーバンド

逆張り手法としての使い方をされること多い

ボリンジャーバンドの内側に最大で99.73%の確率で収まると統計学から算出されるとお伝えしましたが、このことからボリンジャーバンドは FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 逆張りの手法として頻繁に利用される ことが多くなっています。

ボリンジャーバンドを逆張りの観点から一言でいうと「 レンジ相場の強く、トレンド相場に弱い 」 という見方もできますが、考案者であるジョン・A・ボリンジャー氏の使い方を真似るのであるのなら、 順張りでボリンジャーバンドを使うことが正しい ため、投資家の心理的に線の内側に収まるという考え方がやりやすい、あるいは知らずに間違った認識の使い方をしている投資家も少なくありません。

ボリンジャーバンド

FXでのボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの使い方は、考案者であるジョン・ボリンジャー氏が提案した 順張りでの取引を使う方法 と、 ボリンジャーバンドの特徴を利用した逆張りの方法 の2通りがあります。

このことから、ボリンジャーバンドは狭まり 収縮している場合には大きく動く前兆 と捉えることもでき、ボリンジャーバンドが大きく拡大したあとに収縮に転じる動きは、トレンド終了のエネルギーを使い終わったことを示唆していると判断することができます。

FXの取引において、ボリンジャーバンドを 順張りで使うのか逆張りで使うのかで見方が180度変わる のがボリンジャーバンドですが、逆張りで使っているFXトレーダーが圧倒的に占めています。

ボリンジャーバンドの設定期間は「20」にする

ボリンジャーバンドだけではなく、移動平均線や一目均衡表などの好みの期間を指定してデータを算出することができますが、 FX初心者のひとが設定する期間は「20」 にしておきましょう。

そうならないためにも、ボリンジャーバンドの設定期間は 基本的に標準である「20」のまま にしておきましょう。

ボリンジャーバンド「順張り取引」の使い方

ボリンジャーバンドの使い方

「ADX」は買いと売り、そして勢いの計3本で表された指標ですが、順張りでボリンジャーバンドを使う場合には、 ボリンジャーバンドを価格が超えたことが1つの条件 になります。そうでなければ、ボリンジャーバンドを順張りで使う必要がなくなるというのもあるのですが、 手法として1つ明確な条件と化すことで綺麗に売買ポイントを絞ること ができます。

2つ目は、 ADXの価格の勢いを表す水色の線が予め設定しておいた分岐点である50の点線を超えた こと、3つ目が 買いの線(緑色)が売りの線(赤色)を上回っている ことです。

画像を見ていただくと分かるように、このように他のテクニカル指標と合わせてトレンドタイミングを見極め、条件を明確化することで手法としてFXでは使用します。

  1. ボリンジャーバンドの±2σを価格が超えた
  2. ADXの勢い(水色)が分岐点である50の点線を超えた
  3. ADXの買い線が売り線を上回っている

順張りの手法としてボリンジャーバンドを使うためには、 トレンドを見極める必要があることを理解してうたうえで、ボリンジャーバンドだけに頼った売買をしないよう に注意しましょう。

ボリンジャーバンド「逆張り取引」の使い方

ボリンジャーバンドの逆張り手法

「RSI」は、現在の価格が買われすぎているのか、売られすぎているのかという相場の過熱感を表す指標の1つです。今回は 1つ目の条件をボリンジャーバンドを終値が超えたこと を条件とします。

2つ目はシンプルに「RSI」の 過熱感を表す70の点線を上回ったか、あるいは30を下回ったか ということを条件と化します。

  1. ボリンジャーバンドの±2σを終値が超えている
  2. RSIが買われすぎ、あるいは売られすぎている

画像を見ていただくと分かると思いますが、逆張りの指標として頻繁に利用されるオシレーター系の指標と、 ボリンジャーバンドの正規分布で算出される約95%の確率で収まるという特徴を利用した 逆張りの方法が、FXでは最も取引で利用されることの多い売買ポイントです。

そうでなければ、 ボリンジャーバンドを大きく価格が超えてトレンドが発生した際 には、レンジ幅で得られた利益以上の損失が発生します。また、レンジ相場で使うため、 スキャルピングなどの短期時間足での取引ではレンジ幅を狭いため必然的に利益も低くなる ことを理解しておきましょう。

ボリンジャーバンドの状態から分かる3つの見方

このボリンジャーバンドの3つの状態は 売買サインを測るポイントとして見られることも多く 、今の相場状況がどれだけ動いているのかを判断することもできるボリンジャーバンドの基本の見方になります。

値動きがないレンジの状態「スクィーズ」

ボリンジャーバンドのスクィーズとは、値動きのないレンジ相場に頻繁に見られるボリンジャーバンドの状態であり、 値動きが上昇も下降もしていないトレンドになっていない状態 の際に見られます。

スクィーズは、 ボリンジャーバンドが狭まり上下の線が横を向いている状態 です。

トレンド発生の状態「エクスパンション」

エクスパンションとは、トレンドが発生した際に頻繁に見られるボリンジャーバンドの状態であり、 値動きが大きく上昇、または下降した際に 見られます。

エクスパンションは、 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 価格が大きく動く始めたタイミングで合わせてボリンジャーバンドが上下に広がる状態 です。

強いトレンドの状態「バンドウォーク」

バンドウォーク

つまり、 ボリンジャーバンドの線に沿って価格が推移していること を指します。このバンドをローソク足が引っ付いて上昇、あるいは下降しているトレンドでは、かなり強いトレンドが発生している証拠になりますので、順張りが推奨されます。

知っておきたいボリンジャーバンドの弱点

ボリンジャーバンドの弱点

1つは単純で、逆張りに利用しようとすると、トレンドが発生した際には 頻繁に線を価格が超え続けてしまう ということです。

2つ目は順張りに利用しようとすると、 売買ポイントが遅くなる ことです。

ボリンジャーバンドは逆張りで使うことにより、順張りではできなかったピンポイントの売買ポイントを示しますし、順張りで使っていた際には逆の現象も発生します。このような トレーダーが意図していない相場の反転ばかりが起きる状況 は、FXをやっているトレーダーにとっては最もメンタル的に厳しい状況でもあり、損失とメンタルのダブルパンチになってしまいます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる