FXの口座開設

株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説

株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説

出典:特定口座年間取引報告書|国税庁

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 in the website are available everywhere. The 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 information contained in this website 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 or an offer to provide any services to any person in the 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

特定口座年間取引報告書と確定申告についてわかりやすく解説!

特定口座年間取引報告書と確定申告についてわかりやすく解説!

特定口座制度


※他の会社の特定口座との相殺や繰越控除などは確定申告が必要となります。

特定口座制度は誰のためのもの?

特定口座年間取引報告書の「特定口座」は、 上場株式等の取引などの損益に対して課せられる税金の申告・納税手続きを簡単にする目的で2003年1月から導入された、個人投資家のための制度です。

特定口座の種類

特定口座は1つの証券会社につき1人1口座しか作れません。

先述のように特定口座には「源泉徴収ありの特定口座」と「源泉徴収なしの特定口座」の2種類があり、当該年の最初の株式譲渡(または信用取引の差金決済)・償還及び配当等の受け入れまでに、どちらにするかを選択します。

一度どちらかを選択してしまうと、原則として当該年中は変更できません。

源泉徴収あり 源泉徴収なし
確定申告が不要。原則、確定申告が必要。
確定申告をしなければ、配偶者控除や扶養控除等の対象となる者の合計所得金額に含まれない。配偶者控除や扶養控除等の対象となる者の合計所得金額に含まれるため、所得要件を満たさない場合もでてくる。
給与所得者に対する所得税申告の対象外となる場合でも、一律で源泉徴収される。
他の会社の特定口座との相殺や損失の繰越控除を利用する場合は確定申告が必要。

どちらの特定口座を選んでも特定口座年間取引報告書は発行されますが、 「源泉徴収ありの特定口座」を選択した場合、 株式譲渡によって生まれる損益に課せられる税金は、全て証券会社によって源泉徴収により天引きされるため、 確定申告の手続きが不要になります。

「源泉徴収なしの特定口座」を選んだ場合は、 特定口座年間取引報告書を使って自分で確定申告をする必要があります。また、株式譲渡によって生じた所得が合計所得金額に含まれるため、 所得要件のある配偶者控除、扶養控除等の所得控除においては不利となります。

特定口座年間取引報告書とは

証券会社などで作成される特定口座年間取引報告書は、源泉徴収のありなしにかかわらず翌年1月末までに投資家に届き、そして税務署にも提出されます。

下に示した年間取引報告書のひな型は国税庁のHPに掲載されているものです。
下図のように大きく分けて「上場株式等の譲渡損益」と「上場株式等の配当等」の2つが記載されます。これらの所得は、 いずれも給与所得、事業所得などの各種所得金額を合計して所得税額を計算する総合課税と異なり、分離して税額を計算するため、「申告分離課税」と呼ばれます。
上場株式等の譲渡損益は、「譲渡価額 ー (取得費+委託手数料等)」で求めます。また、上場株式等の配当等は、上場株式等の利子、配当、収益の分配金などであり、こちらはマイナスになることはありません。

【特定口座年間取引報告書】

特定口座年間取引報告書


出典:特定口座年間取引報告書|国税庁

特定口座年間取引報告書と確定申告

特定口座を保有の場合、年間取引報告書に記載された上場株式等の譲渡損益については、「源泉徴収あり」、「源泉徴収なし」によって次のように判断が分かれます。

特定口座年間取引報告書と確定申告

原則として、特定口座の源泉徴収ありを選択した場合には、確定申告は不要となります (②)が、例えば、配当所得では「配当控除」と呼ばれる税額控除制度があります。配当所得について確定申告で配当控除を受けるためには、総合課税による確定申告が必要となります(①)。

また、 源泉徴収なしを選択した場合には、原則として確定申告が必要です (③)が、譲渡益等が20万円以下の場合には確定申告は不要です(④)。

上場株式等の譲渡損益の確定申告について

確定申告にあたっては、一般口座の場合は、確定申告では必ず「 株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書 」を添付する必要があります。しかし、その年中にその特定口座以外に株式等の譲渡がない場合には、「 特定口座年間取引報告書 」の添付で済ませることが可能となります。

tel

03-5219-6552

2020年2月26日 2021年12月24日 投資

投資の勉強方法や内容は?初心者向けに徹底解説!

サービス提案画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資の勉強をする5つの方法

投資に関する書籍を読む

投資の勉強を始めるにあたり、まずできることは投資に関する書籍を読むことです。投資に関する書籍はたくさん出版されています。そのような書籍を読むことで、投資に関する考え方やノウハウを学ぶことが可能です。
投資を始める前に書籍を読み、最低限の基礎知識を身につけましょう。最低限の正しい知識を身につけるだけでもほかの初心者の方とは差がつきます。 株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説
正しい投資を行うためには、正しい知識が必要といえます。なかでも、ベストセラーになっているような本や長く読み続けられているような本を選ぶとよいでしょう。書籍はのちのち振り返るのが容易な点でもおすすめです。

投資の勉強会で学ぶ

投資の勉強会に参加することもひとつの方法です。投資の勉強会やセミナーなどは各地で開催されています。
ひとりで書籍を読んで勉強しているだけでは、どうしても誤解が生まれたり知識の偏りができてしまったりするものです。勉強会に参加してプロの話を聞くことで、そのような偏りをなくしてより深く理解できるでしょう。
勉強会はさまざまな内容、レベルのものが開かれています。たとえ勉強会自体の質が高くても、自分の知識が追いついていないと効果も薄くなってしまいます。勉強会に参加するときは、自分のレベルに合っているか確認してから参加するとよいでしょう。

証券会社の学習ページを利用する

投資の初心者に必要な基礎的な情報は、インターネットのWebサイトでも集められます。特に証券会社の公式サイトでは初心者のために投資の基礎知識がまとめられていることも多く、場合によっては書籍を読むよりもわかりやすいこともあります。
こうした公式サイトは口座を開設しなくても無料で閲覧できることがほとんどです。どこの証券会社も顧客を増やすために、さまざまな有用な情報をサイトに載せています。初心者向けに詳しくまとめられたページがある証券会社も多いため、自分が読みやすく理解しやすい証券会社のページを参考に勉強することもひとつの方法です。
投資を始めるにあたり基本を知っているかどうかでも成果に大きな差が出ます。こうした無料サイトを使う方法は、手軽で便利な方法といえます。

ニュースやテレビから情報を得る

経済や投資に関する情報は、毎日のようにテレビなどでニュースとして流れています。今日の株式市場の状況であったり為替の値動きであったり、そのようなニュースを目にすることも多いでしょう。
新聞の経済記事を読むことでも、情報収集ができます。新聞には株価などの金融関連の記事がたくさん掲載されています。初心者が必要な情報だけを選び出すことは難しいかもしれませんが、こうしたニュースをさらうことでも、経済の情勢や投資の情報に詳しくなれるでしょう。
今までは気にせずに聞き流していたニュースであっても、投資を始める意識をもって見聞きするだけで、さまざまな情報を得られます。初めはよくわからなくても、継続してニュースを読み続けることで得られる知識は多くなるでしょう。

実際に経験して学ぶ

投資で重要なことは知識を学ぶことだけではありません。実際にその知識をもとに経験することで、学べることも多くあります。
たとえば株式投資を始めたとしても、最初のうちはうまく儲けが出ないこともあるでしょう。書籍などで学んだ知識だけでは、実際の取引ではうまくいかないことも多くあります。
ある会社の株式を購入したら株価が下がってしまったという経験を得ることで、なぜ株価が下がったのかまたは株価が下がる予兆はあったのかなど、実践的に学べます。
投資は成功したり失敗したりを繰り返すものです。実際に成功した経験や失敗した経験を積むことで、なぜうまくいったのか、またはなぜうまくいかなかったのかということを学べます。こうした繰り返しを続けていくことで、投資に関する知識が身についていくでしょう。

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資のノウハウを身につけるための勉強内容

市場の仕組みを学ぶ

株式やFX、仮想通貨などの投資を始めるときは、まずは市場の仕組みを理解する必要があります。
たとえば株式市場とは、売り手と買い手とが特定の商品である「株式」を取引する場所のことです。金融の世界には、特定の商品を取引する市場に名前がつけられています。株式市場のほかにも、債券市場や為替市場といった市場があります。
株式や債権のように取引する市場があるものは、まず市場の仕組みを理解することが重要です。市場でどのように取引が行われ、取引の結果どのように利益が得られるのかを知ることが大切です。

取引方法や利用方法を学ぶ

市場での売買は、一定のルールにもとづいて行われています。そのため株式などを取引するには市場での取引方法や手順を理解することが必要です。
株式以外にもFXや仮想通貨、債権や為替など市場のあるものについては、その市場の取引方法を学ばなければなりません。取引はそれぞれのルールに則って行われているからです。
また、外貨預金や投資信託を始める場合も、その利用の仕方を学ぶ必要があります。どこで扱われていてどのように売買できるのか、仕組みを理解していなければ取引ができません。

専門用語について学ぶ

投資を始めるのであれば、最低限知っておかなければならない専門用語を覚えておく必要があります。
たとえばニュースで株価が「ストップ安」だといわれても、初めて聞くのでは何を意味しているのか分かりません。用語が分からなければそれが投資をするべきタイミングなのか、避けるタイミングなのかも判断できないでしょう。
初めて聞く用語があった場合は、用語集やインターネットなどで調べて少しずつ覚えていくようにしましょう。

ツールの使い方を学ぶ

投資のポイントを学ぶ

投資に役立つ資格取得のための勉強をする

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資の勉強に役立つおすすめの資格5選

ファイナンシャルプランナー

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継

DCプランナー

DCプランナーのDCとは、Defined Contribution(確定拠出年金)のことです。DCを中心に年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識まで得なければとれない資格がDCプランナーです。
試験は1級と2級にわかれ、2級はどのような方でも受験できます。1級または2級認定試験合格者で所定の登録手続きを行った方を、「DCプランナー(企業年金総合プランナー)」として認定しています。
DCプランナーは銀行員や証券会社の社員が取ることも多い資格です。ファイナンシャルプランナーの上位資格として取る方もいます。投資と関連性のある年金制度に強いDCプランナーの勉強をすることで、投資を始めるための基礎的な知識を学べるでしょう。

日商簿記は一般的に経理や財務を担当する際に必要な資格であると認識している方もいるかもしれませんが、実際はビジネスで求められる基礎的な知識を身につけられる資格です。
投資においても日商簿記の知識は役に立ちます。財務諸表の知識があるということは、投資先の会社の経営成績や財政状態がわかるようになるということです。
日商簿記検定を勉強すると貸借対照表や損益計算書など企業の決算書が読めるようになるため、株式投資に役立ちます。企業の業績がよいのか悪いのか、過去の決算書から来期はどのようになるのかなどを予測できるようになるため、株式投資の勝率を上げられるでしょう。

不動産投資とは|基礎知識や仕組みを初心者にもわかりやすく解説

分譲マンションなどの1室のみを購入して、第三者に貸出すことで収益をあげます。マンションの1室の購入なので、投資資金は少額で済みます。また、一カ所の地域に限定せずに、あちらこちらの地域で物件を保有して、運用することができるのもメリットでしょう。
デメリットは、1室単位となるため、空室が出たときは、次の入居者が決まるまでは無収入となることでしょう。また、規模を拡大させるには、物件探しなど時間がかかる傾向にあるため投資効率が悪くなることもあります。

アパートやマンション一棟買い

小規模のマンションやアパート、商業ビルなどを1棟まるごと購入して、1室ずつまたは、1テナントずつ貸出して運用する方法です。1棟となるため初期投資資金が億単位など高額になることが多いのがデメリットです。しかし、一度の投資で大きな資産を得ることができるので、投資効率がよく収益も上げやすくなるでしょう。
1室の投資と違い、分散投資ができないため震災や災害などの被害にあったときは、大きな痛手を受けることになり兼ねません。投資資金も大きくなるので、不動産投資に慣れてからのチャレンジをおすすめします。

1戸建てを購入して、貸出す運用方法です。多くの戸建て投資家は中古で1戸建てを購入します。中古の戸建て住宅は、地域や築年数によっては500万円未満など少額で購入することができ初めての不動産投資でも少ない資金で始めることができます
中古購入となるので、最低限のリフォームなどが必要となります。また、地域の需要などの見極めをしっかりとおこなわないと空室期間が長くなってしまうので注意が必要です。

シェアハウスや民泊

土地を貸す

保有している土地のみを貸出して運用する方法で「底地投資」と言います。コンビニ事業用地や商業施設所業用地として利用するケースが多いでしょう。土地は劣化することがないため、改修や劣化などといった費用がかからないのがメリットです。
底地には新法・旧法と法律があり、平成4年8月1日に借地借家法が改正されました。それ以前の規定を旧法、それ以降を新法となります。旧法が適用されている土地は、原則土地を貸したら、返してもらうことができません。しかし、大半の土地は旧法が適用されているケースが未だに多く、新法はあまり機能していない状況となります。底地投資を行う場合は、新法と旧法があること、旧法の場合は土地が返ってこないことを念頭において、額を考慮し購入しましょう。

借地権付き物件の建物を貸す

建物の所有を目的として、土地を借りて行う投資方法で「借地権投資」と言います。土地の借地権は所有権の3~4割ほどで購入でき、固定資産税などの税金も不要です。そのため、少額から投資を開始することができます。また、旧法の貸地であれば、よほどのことが無い限りは返還する必要がないため、長期運用が可能です。
借地権物件は立地条件のよいところに多くあるのも利点となりますが、建替えや譲渡などを行う場合は地主の承諾や手数料などが発生します。また、土地としての担保評価が低いので、金融機関などでは融資を受けることができな場合もあります。

他の投資方法との違いと特徴

不動産投資に向いている人

不動産投資に向いている人は、自分の考えが明確かつ努力して自力で考え抜ける思考力のある人です。

不動産投資用の物件を購入したり売却したりする際には、耳当たりの良い都合の良いことを言ってくる業者の言葉を受けて、自分で考えて決めていかなければなりません。時には、あてにならない情報も流れてくる中、誰も信じられない環境で行動する可能性もあります。
また、時代は常に変わっていくものですし、すぐに素敵な物件が見つかるわけではありませんので勉強も常に必要です。

そのため、勧められるままに不動産投資物件を購入するのではなく、自分で資料を請求して営業マンから適切に情報を受け取り、周辺の相場やニーズ、社会情勢をしっかりと把握して進めていける人が不動産投資には向いています。

不動産投資を少しでも考えたら、まずは投資物件を比較する!

不動産投資を少しでも考えた初心者におすすめしたいのは、投資プランや投資物件を複数社から取り寄せることです。
取り寄せた複数の投資プランや物件の利回りを比較することで、どのような物件であれば失敗しないか、他にどの条件を満たしていれば自分にとって良い物件かわかってくることでしょう。

投資プランや物件の比較をする際には、投資物件情報の乗っているサイトを眺める手もありますが、そのようなサイトは実際は購入できないおとり物件ばかりのケースもあります。
そのため、おすすめしたい方法はサイトや市場で公に公開されていない、クローズドな情報も取り寄せられる一括プラン比較サービスです。カンタンな質問に答えていくだけで複数の企業から無料で資料を取り寄せられるため、手間や時間をかけることなく不動産投資を始められるでしょう。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリット

多額の自己資金は必要なく資産にできる

株と異なり現物資産で価値がなくならない

所得税や相続税などを節税できる

不動産投資はやめとけと言われる根拠のリスク

不動産投資はやめとけと言われる理由・リスク

不動産投資ローンの借金リスク

立地や相場を読み違えた空室リスク

火災や地震など災害リスク

家賃下落により収益の出ないリスク

不動産投資の失敗

不動産投資の失敗例

安く投資できる競売物件を購入してしまった

周辺にある1つの企業や大学に依存して投資してしまった

高利回りで収益性に惹かれて失敗してしまった

不動産投資の利回りと費用

不動産投資の利回りと費用

不動産投資の利回り

空室割合やランニングコストを含めて算出する場合、空室割合や費用を考慮した年間の家賃収入を不動産の購入価格(投資額)で割り、よりリアルな数字に近づく表面利回りで計算してみましょう。

表面利回りは物件の価値をざっくりと知るには便利ですが、物件の収益性を正確に評価することに向かないものです。
参考程度の数字ではなく、より現実的な数字で確認したい場合は、実質利回りでの確認をおすすめします。

不動産投資で得られる最終的な収益は、家賃収入から維持管理費など諸経費を差し引いて求めます。
より正確な利回りの確認には、諸経費分の支出を差し引いた「実質利回り」を見ると良いでしょう。

不動産投資の初期費用

初期費用

  • 投資物件の購入費
  • 固定資産税など税金
  • 火災保険料など保険料
  • 手数料
  • 管理委託費
  • 通信費や接待交際費などその他
  • 集客の広告費用

不動産投資物件の購入費は、エリアや広さ、築年数など条件次第で異なってきます。
投資物件を賃貸して得られるインカムゲインも、条件が異なれば家賃が変わってくることから異なってくるでしょう。

不動産投資のランニングコスト

ランニングコスト

  • ローン返済費
  • 減価償却費
  • 固定資産税など税金
  • 火災保険料など保険料
  • 維持管理費・修繕積立金
  • 管理委託費
  • 代行手数料など

不動産投資の経費にできる費用

経費にできる費用

  • 物件の購入費:かかった分
  • 仲介手数料:購入費 × 3% + 6万円
  • 登録免許税:土地価格 × 2/100 (株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 2021年3月31日までの登記15/1000)
  • 不動産取得税:土地価格 × 3/100 × 1/2 (2021年3月31日までの宅地取得)
  • 印紙税:契約金額により異なる
  • 固定資産税など税金
  • 火災保険料など保険料:15~40万円が目安
  • 維持管理費・修繕費:かかった分
  • 管理委託費:月1~3万
  • ローン手数料:新築3~7%が目安
  • 建築確認の申請手数料:建築物の床面積により異なる
  • 司法書士の手数料:依頼する司法書士により異なる

不動産投資の始め方

  • 不動産投資物件を探して選ぶ方法
  • ローンを組んで投資物件を購入する方法

物件選びと探し方

  • 物件の利便性が良い
  • 管理・メンテナンスがしっかりしている
  • 設備や仕様が新しい
  • 物件のあるエリアの地価が高い
  • 入居者目線で物件を選ぶ

インターネットによる検索

不動産会社を通して探す

不動産会社で物件を探すときには、「仲介」と「売主」の2つがあります。仲介は、買主と売主の間に立って契約の仲介をする事です。売主とは、不動産会社が持っている物件を購入する事です。
仲介には、仲介手数料を支払う必要がありますが、売主には、仲介手数料は必要ありません。また、購入した物件になんらかの欠陥があった時は、瑕疵(株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説 かし)担保責任という責任を負う制度があります。
仲介購入では、売主が個人のため期間を引渡しから数カ月、または特約にて瑕疵担保責任(※)を負わないなどとするケースが多いようです。しかし、不動産会社から直接購入する売主の場合は、責任期間が最低2年と定められています。そのため、仲介手数料と瑕疵担保責任(※)においては、売主で購入するほうが有利といえるでしょう。

競売物件から探す

競売とは、支払い不能などの理由で金融機関などの債権者が債権回収のために、裁判所を通じてオークション形式で売却を行うことです。以前は、競売と聞くと格安物件というイメージが強かったと思いますが、現在は東京オリンピックの影響もあり、競売価格が高騰しているのでリスクも高くなっています。

不動産投資ローンの利用方法

  • 登記簿謄本
  • 物件概要書
  • 物件情報の書類(公図・住宅地図・販売図面・建物図面・物件写真)
  • キャッシュフロー試算表
  • 物件取得関連費用概算表
  • 固定資産税評価証明書
  • 取引事例
  • 源泉徴収票・確定申告書

不動産投資物件

不動産投資は小さく始める

物件選びはプラン比較がおすすめ

土地活用比較サイトとは、企業から土地の活用プランを取り寄せられるサービスです。カンタンな情報の入力するだけで、複数の企業から無料で活用プランを取り寄せられます。

株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説

目論見書をわかりやすく解説!

目論見書をわかりやすく解説!

投資信託の目論見書は2種類

交付目論見書(投資信託説明書)
請求目論見書

目論見書の読み方とは

目論見書の読み方とは

(1)商品分類・属性区分

商品分類・属性区分

(2)ファンドの目的

(3)ファンドの特色・仕組み

ファンドの特色・仕組み

運用方法の違い(インデックス・アクティブ)
仕組みの違い

(4)主な投資制限

(5)分配方針

(6)基準価額の変動要因と主なリスク

株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説
価格変動リスク 株価など投資対象資産の値動きによるリスク
流動性リスク 期待する価格で取引できないリスク
信用リスク投資先の経営・財務状態の悪化による価格の下落や、利払いや償還金の支払いが滞るリスク
為替リスク 為替の変動によるリスク
カントリーリスク 投資先の国の政治や経済状況の変化によるリスク
金利変動リスク 金利の変動によるリスク

(7)基準価額・純資産額とその推移

基準価額・純資産の推移

(8)分配の推移

分配の推移

(9)騰落率、代表的な資産クラスとの比較

ひふみプラスのグラフ

(10)主な資産の状況

主な資産の状況

(11)年間収益率の推移

年間収益率の推移

(12)申し込みメモ

(13)ファンドの費用

株式投資の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説
直接負担する費用
購入時手数料 購入時に販売会社へ支払う費用。
信託財産留保額 換金時に換金代金から差し引かれる費用。
信託財産から間接的に負担する費用
運用管理費用(信託報酬) 投資信託の運用・管理にかかる費用。
純資産総額に一定率をかけて計算される金額が、信託財産から支払われます。
監査費用 純資産総額に一定率をかけて計算した金額が、信託財産から支払われます。
その他費用・手数料 組入有価証券の売買にかかる売買委託手数料、先物・オプション取引にかかる費用など。
分配時 配当所得として所得税、復興特別所得税、および地方税の課税対象
【普通分配金に対して20.315%】
換金(解約)および償還時 譲渡所得として所得税、復興特別所得税、および地方税の課税対象
【譲渡益(値上がり益)に対して20.315%】

目論見書を読む際に押さえておきたい重要ポイント

目論見書を読む際に押さえておきたい重要ポイント

ファンドの目的・運用方針

  • ファンドの目的は何か
  • 投資先はどこか
  • 投資対象は何か
  • 仕組みはどうなっているか
  • インデックスファンドとアクティブファンドのどちらなのか
  • 分配方針はどうなっているか

運用のリスク

  • 基準価額はどのような要因・リスクによって変動するか

運用状況・実績

  • 基準価額や純資産額はどのように推移しているか
  • 分配金はどのように推移しているか
  • どんな資産構成になっているか
  • どんな銘柄に投資しているか
  • 年間収益率はどのように推移しているか

コスト・税金

  • 購入時手数料はいくらか
  • 運営管理費用(信託報酬)はいくらか
  • 信託財産留保額はかかるか
  • 税金はいつ、いくらかかるか

著者プロフィール

著者 竹国 弘城

RAPPORT Consulting Office代表、1級FP技能士、CFP(R)、証券外務員一種

投資信託は預金商品ではなく、預金保険の対象ではありません。また、投資元本および収益分配金が保証された商品ではありません。
運用口座(四国アライアンス証券仲介口座)で取り扱う投資信託は、投資者保護基金の対象であり、証券取引口座(銀行口座)で取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
投資信託は、値動きのある有価証券等に投資するため、信託財産に組み入れられた株価や債券価格の変動、金利変動、外貨建資産に投資している場合には為替相場の変動などにより、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。価格変動要因については、取扱店にお問い合わせのうえ、ご確認ください。
投資信託の運用による収益および損失は、すべてお客さまに帰属します。
投資信託には、購入時手数料【約定金額に対し最高3.85%<税込み>】ならびに解約時の信託財産留保額【解約時の基準価額に対し最高0.5%】が必要となり、保有期間中は運用管理費用(信託報酬)【純資産総額に対し最高2.42%<税込み>】、監査費用、売買委託手数料、組入資産の保管等に要する諸費用等が信託財産から支払われます。※当該費用の合計額については購入金額や保有期間等に応じて異なりますので表示することはできません。
投資信託には、クーリング・オフの適用はありません。
投資信託をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をお渡ししますので、必ず内容をご確認のうえ、お客さまの判断でお選びください。
投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面は当行の本・支店等にご用意しております。

商号等:株式会社伊予銀行(登録金融機関)
登録番号:四国財務局長(登金)第2号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

商号等:四国アライアンス証券株式会社(金融商品取引業者)
登録番号:四国財務局長(金商)第21号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる