完全ガイド

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは
先ほど、ファンダメンタルズ分析と相性がいいのは中長期のトレードだという話をしましたが、短期的なトレード、たとえば デイトレ―ド にももちろん使えます。

ファンダメンタルズ分析

例えば今後利上げに向かう米国とその気配もない日本の金利差というファンダメンタルズ分析により、2021年10月にはは米ドル/円はまず115円、さらに120円を目指すという意見が目立つようになっていました実際、11月には米ドル/円が4年ぶりに115円を超えました。しかし、この115円はテクニカルでは大きな抵抗線となっていたわけで、多くのオプションも設定されており、何度か手前で弾返された後にようやく抜けたのです。そして、抜けた後にはすぐに反落してしまいました。このように短期ではテクニカルや行動心理学(オプションを多くの市場参加者が115円に設定していた)がより重要というわかり易い例です。

しかし、2011年11月4日のイングランド銀行が予想されていた利上げを行わなかったことから円高となったBOEショックやオミクロン株の出現でリスクオフとなった11月28日のサンクスギビング休暇の最中の株価の急落など、ファンダメンタルズがきっかけとなり為替相場に短期的に大きく影響する場合もあります

つまり、各国中央銀行の政策金利発表やサンクスギビングやイースターなど市場参加者が少なくなる時には、事前にノーポジにするというのが、FX入門者や初心者でも実行可能なファンダメンタルズ分析による行動といえるのかもしれません。

しかし、この2つの例も、恐怖心理や皆が売るから売るという行動心理学や短期と中期のレジスタンスラインを抜けてしまったというテクニカル分析も働いているわけで、ファンダメンタルズは単なるきかっけに過ぎません。数年の 塩漬け にすることもある株式と異なり、長くても数週間が勝負の FX ではこれだけで勝負するのは非常に危険です。FX入門者や初心者の方は テクニカル や 行動心理学 とファンダメンタルズの3つの指標の方向が一致した時のみ エントリー することを習慣づけましょう!

FXのファンダメンタルズ分析とは?やり方や情報源サイト、テクニカル分析との違い

fxのファンダメンタルズ分析とは?テクニカル分析との違いや分析方法

経済指標カレンダー

▼経済指標カレンダーの例▼ 出典:Money Partners

たとえば、上記画像であれば「景気指数」が高いほど景気が良いと読み取ることができます。
逆に景気指数が低くなっていると、景気が悪くなっている可能性があると考えられるというわけです。

「どの指標に注目すればいいかわからない」という方は、経済指標カレンダーに記載されている【重要度】という項目で重要度が高いものを確認するといいでしょう。

金融政策によるファンダメンタルズ分析方法

金融政策には、景気が悪くなったときに行われる「金融緩和」と、景気が良くなりすぎたときに行う「金融引き締め」の2種類があります。

【金融緩和の例】

  • 政策金利の利下げ
    →政策金利を下げることで景気を刺激し、物価の上昇を促す
  • 量的緩和
    →国債などを中央銀行が購入し、市場にお金が出回りやすい状態にする

【金融引き締めの例】

  • 政策金利の利上げ
    →金利を上げることで出回るお金の量が抑えられ、景気の加熱を防ぐ
  • 量的緩和縮小
    →中央銀行が購入している資産の額を減らして、市場の金利引き上げを図る

たとえば、金融緩和を行っているなら「現在は景気が悪いが、金融政策で景気が回復する可能性がある」と予想できるというわけです。

要人発言によるファンダメンタルズ分析方法

  • 物価が高いという内容の発言
    →今後、金利を上げる施策を実施する可能性がある
  • 経済状況に対して強気の発言
    →現在の景気が良い可能性がある
  • 物価が低いという内容の発言
    →今後、金利を下げる施策を実施する可能性がある
  • 経済状況に対して弱気の発言
    →現在の景気が悪い可能性がある

「物価が高い・経済について強気」といった発言であれば、相場の上昇の要因となる可能性が高いとされています。

一方で、「物価が低い・経済について弱気」といった内容なら、相場の下落に繋がる恐れがあります

地政学的リスクによるファンダメンタルズ分析方法

紛争や諸国間でのトラブルが起きている国では、相場が大きく上下するとされています。
そのため、紛争などが起きている国の通貨の売買は避けたほうがいいでしょう。

また、紛争が起きている国だけでなく、その国と関係を持っている国の通貨も動く可能性が高いといわれているため注意してください。

地政学的リスクを抱える可能性がある国のFX通貨を保有している場合、「有事のドル買い ※ 」と呼ばれるように米ドルを合わせて買う投資家もいるようです。
※戦争・テロなどの有事の際に、リスク回避のために安定性のある米ドルが買われることです。

FXでのファンダメンタルズ分析の3つの注意点

注意①:短期的なトレードに向いていない

ファンダメンタルズ分析は、次のような短期的なトレードには不向きな手法といえます。

1ヶ月に1度や4半期に1度のペースで発表されるため、中期〜長期的なトレードに適した手法というわけです。

注意②:為替相場に影響しない場合もある

ファンダメンタルズ分析による判断材料は、すべてが相場に影響を与えるとは限りません
経済指標の変化や要人発言があっても、相場が大きく動かない場合もあるそうです。

相場が動くファンダメンタルズを見極めるためには、過去のデータを見て「何が起きたタイミングで相場が動いたのか」を分析することも大切といわれています。

注意③:都合のいい情報のみを集めない

ファンダメンタルズ分析で情報収集を行う際は、あなたに都合の良い情報だけを集めないように注意しましょう。

希望的観測を織り交ぜずに、客観的に情報を集めて分析することが大切です。

FXのファンダメンタルズ分析は、経済指標・金融政策・要人発言から今後の相場の動きを予測する分析手法のことです。

経済状況などから相場の動きを予測することで、急な変動によるリスクを減らして、それを利益につなげられる可能性もあります

ファンダメンタルズ分析とは?相場予想に役立つ活用ポイント5つを紹介

fx ファンダメンタル

ファンダメンタルズで予想を充てるには

ファンダメンタルズを完全に予想するのは極めて困難です。

為替相場は説明した通り、さまざまな要因が影響されます。

なぜなら、突発的な 事故事件災害 などによってもファンダメンタルズは大きく変わるからです。

ですからファンダメンタルズ分析のみで、トレードするという考え方は危険です。

しかし事故や事件が予想出来なくても、経済指標はマークすることが可能ですよね。

あらかじめ発表される日時はわかっているので、その 前後の値動き に注意をします。

年間スケジュール を把握して、メモするかカレンダーに記入、リマインダー機能を使うことをオススメします。

経済指標はFX会社で手に入る

ファンダメンタルズは経済指標が重要

非常に大切な経済指標ですが、各FX会社が「 経済指標カレンダー 」を配信しているので簡単にチェックすることが出来ます。

ファンダメンタルズに興味がある人はぜひ過去の経済指標とその時の値動き、チャートの動きを合わせて確認してみてはいかがでしょうか。

経済指標カレンダーの評価が高いFX会社を紹介

ファンダメンタルズ分析でオススメのFX会社は

FX口座国内第1位!80万口座突破の DMMFX

dmmfx

  • 低コストで取引したい人
  • 高性能システムで人気の取引ツールを使いたい人
  • スマホアプリで頻繁に操作する人
  • 電話やメール以外にLINEで24時間好きな時に相談したい人


スマホアプリはiPhoneとAndroidのどちらにも対応 しており、FX初心者でも操作がしやすいため人気があります。


アプリの経済指標からはワンタップで注文できる ため、ニュースやマーケット情報を見て、今すぐに取引したくなった場合でも簡単に注文でき、トレーダーにとって非常に魅力的です。

FX取引高世界第1位! ※ GMOクリック証券 ファンダメンタルズ分析とは

GMOクリック証券

  • スマホアプリを使って取引する人
  • ファンダメンタルズ分析とは
  • 経済指標を見ながらすぐに取引したい人
  • 経済指標の重要度が5段階で細かい方が良い人
  • ファンダメンタルズ分析とは
  • 大手で安心できるFX会社で取引したい人

スマホアプリを使っている人も多く、 非常に見やすく操作していてストレスがないことが人気の理由 です。

そのため、FX初心者で『どれが重要なのかわからない』方でも、ぱっと見でわかるのは魅力ですよ!

経済指標カレンダーの見方3つ|為替はいつ動く?

ファンダメンタルズ分析での経済指標の見方

景気が良いと上昇する!景気で見る経済指標

ファンダメンタルズ分析では景気がいいと上昇する

景気が良い国は、長期的に見るといずれ通貨も上がります。

その国の景気は言わば「 信頼度 」です。

これは、日本円が安定した通貨であるという認識があったからです。

このように、ファンダメンタルズはさまざまな要因で形成されているので「景気がいいから買おう」と安易に考えてはいけませんが、間違いなく為替を動かす要因になるので大きな経済指標は絶対に要チェックです!

この2つは発表前後で大きな値動きがありますので、上手に利用すれば大きな 利益チャンス です。

金利が高くなると上昇!政策金利で見る経済指標

政策金利 も為替を動かす大きな要因の1つ、非常に大切な経済指標です。

中央銀行は、金利を上げ下げすることで国内のお金の流れを調整するため、同時に自国の 経済促進景気調整 という大きな役割を果たしています。

自分がトレードしている通貨関連の政策金利発表がある日は、大きな値動きがありますので注意が必要です。

金融政策が為替を動かす!経済指標カレンダーは要チェック

経済指標カレンダーのチェックはファンダメンタルズで重要

先ほど説明した、 政策金利 は金融政策の中でもとくに重要なものです。

とくに事前予想と発表された内容が大きく異なる場合はより大きな値動きが予想されますので、 重要経済指標カレンダー はしっかりとチェックしましょう。

FX会社の中には、事前に登録すると重要指標の前にお知らせメールを配信してくれるサービスを実施しているところもあるので積極的に利用するとよいのですよ!

後はこれさえ押さえておけばOK!チェックポイント2つ

ファンダメンタルズで抑えておくべきポイント

ポイント1:地政学リスクって?有事の際には通貨下落

ファンダメンタルズでの地化学とは

ファンダメンタルズ分析でFXをする際に知っておきたいことの1つに「 地政学リスク 」があります。

地政学リスクとは、政治的混乱・軍事的な緊張の高まりなどにが経済活動を停滞させるリスクのことを指します。

地政学的リスクが高まると、為替市場では円や米ドルが買われやすい傾向にあります。

取引量が大きいため、相対的に売買しやすいからです。

日頃から、地域紛争、テロなどの 社会情勢 に目を光らせておくことが大切です。

ポイント2:原油価格が為替に影響?原油が上がれば景気が良い

ファンダメンタルズでは原油価格が為替に影響

FX初心者の人で原油価格の動向もチェックするという人は少ないでしょう。

しかし原油価格とFXは非常に 密接な関係 があります。

原油取引はドルで決済されるのが基本なので、原油が売られるということはドルが買われるということで「ドル高」になる傾向も。

取引期間ごとのファンダメンタルズ分析の活用法3つ

ファンダメンタルズ分析の活用法

ここでは、各トレードスタイルでのファンダメンタルズ分析の 活用法 について紹介していきます。

活用法1:ファンダメンタルズ分析は中長期のトレードと相性が良い

ファンダメンタルズ分析は中長期のトレードと相性が良い

ファンダメンタルズ分析がもっともその力を発揮するのは、やはり 中長期 のトレードです。

こんな風にざっくりとした長期間の流れを読むこともできます。

ファンダメンタルズ分析を行った上で、テクニカル分析によって売買ポイントを見極めていくという方法がもっと利益をあげやすいでしょう。

活用法2:短期的なデイトレ―ドにも使える

ファンダメンタルズは短期的なデイトレードにも使える

先ほど、ファンダメンタルズ分析と相性がいいのは中長期のトレードだという話をしましたが、短期的なトレード、たとえば デイトレ―ド にももちろん使えます。

「指標トレード」なんていうトレード方法があるほど、経済指標の発表前後は 利益チャンス があります。

逆にいうと、大きな損失を出してしまう可能性もありますので、デイトレをする人は、経済指標の日はきちんとチェックしてポジション管理をするしましょう。

活用法3:超短期的なスキャルピングでも使えるのか?

ファンダメンタルズは短期的なトレードでも使える

ポジション保有時間が超短期なスキャルピングは、目の前のチャートや値動きを見て 瞬間的に判断 し、売買していくトレード方法です。

それは、先ほど説明した経済指標や要人発言の発表時です。

非常にわかりやすいトレンドが発生することが多いため、細かな売買を繰り返して利益を積み上げることができます

ファンダメンタルズ分析で稼げない失敗例と解決策

ファンダメンタルズ分析で稼ぐためのポイント

失敗例:ファンダメンタルズ分析はポジションを手放すタイミングが分からない

ァンダメンタルズ分析はポジションを手放すタイミングが分からない

ファンダメンタルズ分析は、今後の大きな流れや方向を把握することが出来ますが、その流れがいつまで続くのか?という具体的なことを予想するのは困難です。

なぜならテクニカル分析のように、 トレンドの終わり転換の兆し のような売買ポイントはわからないからです。

そのため、ファンダメンタルズ分析でポジションを建てたはいいが、利確(もしくは損切)するタイミングがわからない…そんな人も少なくありません。

テクニカル分析を組み合わせて使うことが稼ぐための最善策

ファンダ絵mンたる図分析だけでなくテクニカル分析も使おう

せっかくいい場所でポジションを持ったのに、手放すタイミングがわからない…これでは十分な利益を出すことはできません。

ファンダメンタルズ分析(FA)とは?

ファンダメンタルズ分析とは - ファンダメンタルズ分析(FA)とは?

テクニカル分析に関しては、レガシーな金融市場から受け継いだノウハウもあります。多くの暗号化トレーダーは、以下の市場で見られるのと同じテクニカル指標を使用しています。 FX、株式、コモディティの取引。などのツールがあります。 RSIです。 MACD、および ボリンジャーバンド は、取引されている資産にかかわらず、市場の動きを予測しようとするものです。そのため、これらのテクニカル分析ツールは、暗号通貨の分野でも非常に人気があります。

ファンダメンタルズ分析とは?

上記は、いわゆる ボトムアップ これは、興味のある企業から始めて、その企業が経済全体の中でどのような位置を占めているかを理解するために、段階的に学んでいく方法です。しかし、それだけではなく、次のような方法もあります。 トップダウン のアプローチでは、まず全体像を見てから選択項目を絞り込んでいきます。

ファンダメンタル分析(FA)とテクニカル分析(TA)の比較

の提案者は 効率的市場仮説(EMH で常に市場をアウトパフォームすることは不可能だと考えています。 テクニカル分析(TA.この理論では、金融市場は資産に関するすべての既知の情報を表しており(「合理的」である)、過去のデータもすでに考慮されているとしています。EMHの "弱い "バージョンはファンダメンタル分析を否定しないが、"強い "バージョンは、厳密な調査を行っても競争力を得ることは不可能だと主張する。

暗号ファンダメンタル分析の問題点

だからこそ、さまざまなフレームワークに目を向ける必要があるのです。そのための最初のステップは、強力なメトリクスを特定することです。強いというのは、簡単には騙されないものという意味です。 ツイッター フォロワーや テレグラム/Reddit 例えば、ソーシャルメディアでは、偽のアカウントを作成したり、エンゲージメントを購入したりすることが簡単にできるため、ユーザーは良い測定基準ではないでしょう。

ここで重要なのは、評価対象となるネットワークの全体像を把握できる単一の指標はないということです。活動している人の数を見ることもできますが アドレス にしています。 ブロックチェーン を見ると、急激に増加していることがわかります。しかし、それだけではよくわかりません。もしかしたら、単独の役者が、毎回、新しいアドレスで、自分自身にお金をやり取りしているのかもしれません。

以下のセクションでは、3つのカテゴリーの暗号化FAメトリクスを見ていきます。 オンチェーン・メトリクス, プロジェクト・メトリクスとしています。 財務指標.このリストは網羅的なものではありませんが、その後の指標作成のための適切な基礎を提供してくれるはずです。

オンチェーン・メトリクス

On Chain Metrics - ファンダメンタル分析(FA)とは?

オンチェーンメトリクスとは、ブロックチェーンが提供するデータを見ることで観察できるものです。を実行することで、私たち自身がこれを行うことができます。 ファンダメンタルズ分析とは ノード しかし、これには時間とコストがかかります。特に、投資だけを考えている場合は、その努力に時間や資源を浪費したくありません。

よりわかりやすい解決策は、ウェブサイトから情報を引き出したり API 投資判断の参考にすることを目的として特別に設計されたものです。例えば、CoinMarketCapの Bitcoinのオンチェーン解析 は、私たちに無数の情報を与えてくれます。追加の情報源としては コインメトリクスのデータチャート または Binance研究のプロジェクトレポート.

トランザクション数

取引額

アクティブアドレス

支払った料金

排出予定数が減少している暗号通貨にとって、これは興味深い指標となります。メジャーな Proof of Work(PoW ブロックチェーン を提供します。 ブロック報酬。一部では、ブロック補助金と取引手数料で構成されています。のがあります。 ブロック補助金 が定期的に減少する(イベントなどで Bitcoin 半分ずつ)。)

Binance 10 - ファンダメンタルズ分析(FA)とは?

ハッシュレートとステイク量

ハッシュレート は、Proof of Work暗号通貨のネットワークの健全性を示す指標としてよく使われます。ハッシュレートが高ければ高いほど、成功するのが難しくなります。 は、51%攻撃を仕掛けてきます。しかし、時間の経過とともにハッシュレートが上昇するということは、マイニングへの関心が高まっていることを示しています。逆に、ハッシュレートが低下すると、ネットワークのセキュリティを確保することが採算に合わなくなり、マイナーがオフラインになったことを意味します(「マイナー・キャピチュレーション」)。

ステーキング は Proof of Stakeなど)も似たような関連概念です。 ゲーム理論 とPoWマイニングの違いは?しかし、その仕組みに関しては、異なるものです。基本的な考え方は、ユーザーが自分の持ち株を賭けてブロックの検証に参加するというものです。そのため、ある時点での賭け金の額を見れば、関心の高さ(または低さ)を測ることができます。

プロジェクトメトリックス

Project Metrics - ファンダメンタルズ分析(FA)とは?

ホワイトペーパー

  • 使われている技術(それは オープンソース?)
  • 目指しているユースケース
  • アップグレードと新機能のロードマップ
  • の供給と流通の仕組み。 コイン または トークン

チーム

競合他社

トークノミクスと初期分配

プロジェクトによっては トークン は、問題を探している解決策のようなものです。プロジェクト自体が成立していないわけではありませんが、その関連トークンはこの文脈では特に有用ではないかもしれません。そのため、そのトークンが本当に役に立つかどうかを見極めることが重要です。そして、その有用性が市場で認められるものであるかどうか、また、その有用性をどれくらいの価格で評価するかを見極める必要があります。

もう一つの重要な点は、資金をどのように分配したかということです。を通して行われたのか? ICO または IEO、またはユーザーがそれを獲得することができました。 マイニング?前者の場合、ホワイトペーパーには、創業者やチームのためにどれだけの量を保管し、どれだけの量を投資家に提供するかを説明する必要があります。後者の場合は、その資産を作った人の証拠を見ることができます。 プレミネイション (発表される前にネットワーク上で採掘する)。)

分布に注目することで、どのようなものがあるかを知ることができるかもしれません。 リスク ファンダメンタルズ分析とは が存在しています。例えば、供給の大部分が少数の関係者によって所有されていた場合、それらの関係者が最終的に市場を操作する可能性があるため、これは危険な投資であるという結論に達するかもしれません。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?【違いや活用方法についてわかりやす解説】

テクニカル分析

どの株を買うべきか?を考える時に使える分析手法

  • ファンダメンタルズ分析
    企業の業績や財政状態、市場環境等を考慮して、今後成長していくと見込める企業の株式を買う手法。
    株価がどのような動きをしているかというのは考慮しない。
    主に、長期的なスパンの投資に向いていると言われている。
  • テクニカル分析
    過去の株価の変動パータンから、今後株価が上がるか、下がるかを予測する手法。
    会社の業績や財政状態等は考慮しない。
    主に、短期〜中期的なスパンの投資に向いていると言われている。

ファンダメンタルズ分析とは

今後成長が見込める 企業の株を、 できるだけ割安で 買うこと。

確認するもの使う指標
企業の収益性を確認する・株主資本利益率(ROE)
・純資産利益率(ROA)
企業の本業の成長性を確認する・売上高の増加割合
・一株あたり純利益(EPS)の増加割合
企業の安定性を確認する・フリーキャッシュフロー(FCF)
・自己資本比率
現在の株価が割安か割高かを確認する・株価収益率(PER)

そして、その企業が 収益性が十分にあり 、 将来の成長も見込め 、 財務的に安定した 企業であることが確認できたら、次は現在の株価が割安か割高かをPERで確認します。

テクニカル分析とは

移動平均線
移動平均線とは、テクニカル指標の中でも最も一般的な指標です。これは、 過去の一定期間の終値の平均値を算出し、その値をつないだラインのことを指します。
移動平均線の傾きが上向きなら推移は「上昇トレンド(=株価は値上がり方向に動いている)」、下向きなら「下降トレンド(=株価は値下がり方向に動いている)」と判断できます。

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、その名の通り幅(バンド)を示す指標です。価格の変動は、大半がこの幅(バンド)の中に収まるという統計学を応用した指標です。 一般的に株価は移動平均線から離れれば離れるほど反発し、移動平均線側へ戻ってくる可能性が高いといわれております。株価がボリンジャーバンドの幅の下の方にある時は、今後反発して上にいく可能性が高く、逆に幅の上の方にある時は今後反発したときに下落方向に移動していく可能性が高いと言えます。

MACD
MACD(マックディーと読みます)は、移動平均線を応用して編み出された人気のテクニカル指標です。MACDは「MACDライン」と「シグナルライン」と呼ばれる2本の線で表現されます。 一般的に、MACDラインがシグナルラインを下から上へ突き抜けると買いのサイン、逆に上から下へ突き抜けると売りのサインと判断されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる