外国 為替 取引 と は

損益計算書(P/L)とは

損益計算書(P/L)とは
kintone

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read 損益計算書(P/L)とは and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website 損益計算書(P/L)とは is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information 損益計算書(P/L)とは purposes only and does not constitute a distribution, an offer 損益計算書(P/L)とは to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management 損益計算書(P/L)とは Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, 損益計算書(P/L)とは the information on this website is not made or directed to any person in the 損益計算書(P/L)とは United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person 損益計算書(P/L)とは may offer investment in these 損益計算書(P/L)とは funds to residents of the United States.

kintoneで損益計算書(PL)を作成しよう!

kintoneで損益計算書(PL)を作成しよう!

kintone

今回はkintoneで損益計算書(PL)の作成をkrewDataによって実現する方法を紹介します。紹介した方法はアプリテンプレートして公開致します!ご自身のkintone環境でも再利用することができると思うので、ぜひ試してみてください。

  • kintoneで損益計算書を作成に興味のある方
  • krewDataの基本を理解している方

kintoneで損益計算書(PL)を作成する場合の課題

1. レコードの集計

2. 見た目(レイアウト)

f:id:krew_grapecity:20200909235335p:plain

Excelで作成した損益計算書の例

kintoneで損益計算書を作成する事前準備

今回は、以下の3つのアプリに必要な情報が登録されていることが大事なポイントになります。各々を集計前にアプリに登録しておきましょう。

1. 科目マスタアプリ

集計するキーとなる勘定科目を科目マスタのような形でアプリに定義します。科目コードをキーに集計できるよう、集計したい単位に科目情報を登録しておきます。

f:id:krew_grapecity:20200909211709p:plain

科目マスタアプリ

2. 収支データ(または実績データ)アプリ

f:id:krew_grapecity:20200909211524p:plain

収支データアプリ(勘定科目を登録済)

3. 損益計算書マスタアプリ

この例では、ソート順や損益計算書に表示する科目名、科目名にインデント(段落)をつけたい場合は、科目名の先頭にスペースを入れておく等の工夫をします。

f:id:krew_grapecity:20200909212129p:plain

損益計算書マスタアプリ

収支データ(実績データ)を集計して損益計算書を作成する

事前準備で定義したデータをもとに損益計算書を作成していきます。kintoneの標準機能では集計することができないため、krewDataを使って集計する概要とポイントを説明します。

krewDataでフローを作成する

f:id:krew_grapecity:20200909214148p:plain

krewDataドリルのフロー

1.勘定科目をキーに収支データを集計する

f:id:krew_grapecity:20200909224016p:plain

収支データを集計するだけで出力できるレコードを作成

2.集計した勘定科目ごとの金額をもとに演算する

ここでは、勘定科目を単純に集計するだけでは計算できない演算レコード(売上総利益/販売管理費計/営業利益/経常利益)を作成します。この部分が損益計算書をkrewDataで作成する上でキモになります。

f:id:krew_grapecity:20200909224522p:plain

演算が必要なレコードの作成

各々のレコードは演算するデータの対象が異なるだけで、krewDataにおける集計方法は基本的には同じ方法で集計します。

売上総利益の算出

f:id:krew_grapecity:20200909225453p:plain

売上総利益の算出部分のフロー

1.演算対象データの取得

f:id:krew_grapecity:20200909230035p:plain

処理後のデータイメージ

2.集計用に売上原価の金額をマイナスに変更する

f:id:krew_grapecity:20200909230109p:plain

処理後のデータイメージ

3.「売上総利益」の勘定科目を設定する

f:id:krew_grapecity:20200909230213p:plain

処理後のデータイメージ(勘定科目が変更されている)

4.「売上総利益」を算出する

f:id:krew_grapecity:20200909230325p:plain

処理後のデータイメージ(売上総利益レコードを作成)

販売管理費の合計/営業利益/経常利益の算出

3.損益計算書マスタからレイアウト情報を補完する

f:id:krew_grapecity:20200909230958p:plain

処理後のデータイメージ

損益計算書アプリに出力する

f:id:krew_grapecity:20200909233307p:plain

完成した損益計算書

Excelと同等の視認性を再現

f:id:krew_grapecity:20200910155548p:plain

krewSheetで表示した損益計算書アプリ

PLとBSって何? 企業経営における基本的なことを知っておこう

article-image

会社の経営について分析する上では、会社の経営情報をしっかりと把握することが欠かせません。しかし、会計や簿記と聞くと、専門用語が多くよく分からないといった方も多いのではないでしょうか。この記事では、簿記の基本となる5つの要素と、PL(損益計算書)、BS(貸借対照表)の基礎的な読み方について解説しています。PLとBSについて全く知識がなくても理解できるよう、用語の解説などもおりまぜています。会計についての初めの一歩としてぜひ参考にしてください。

簿記や会計が経営分析に重要な理由

簿記とは、売上や仕入れ値、経費などさまざまなお金の動きを帳簿に記録するものです。簿記を行う理由は、実は自社のためだけでなく、自社と利害関係にある相手に対して情報を開示するためでもあります。たとえば大規模な設備を購入するために金融機関からお金を借りるとします。銀行からすれば、相手の経営状態が分からなければお金をいくらまで貸せるかなどが判断できませんよね。簿記を行うことで相手は初めて会社の経営や財政の状態をチェックすることができるのです。

簿記において重要な5つの要素

簿記では会社が持つさまざまなお金や商品などは、「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」の5つの要素に分けられます。のちほど説明するPLやBSにおいても重要になりますので、簡単に確認しておきましょう。

資産とはひとことで言えば「お金そのものや将来的にお金にできるもの」となります。手元にある現金や商品、土地や建物なども資産です。また、「売掛金」と言って、あとから支払われるお金も資産に含まれます。企業では、契約や売買が決まってもその場で現金払いということはありませんよね。契約があり、その先に支払があるのが通常です。商品はお金をもらう前に相手に渡っていることも多いでしょう。そのように後から支払われるお金が「売掛金」です。相手に貸したお金もあとから返ってきますので、資産となります。

BS(貸借対照表)の役割

BS(貸借対照表)は、「資産」・「負債」・「純資産」の3要素で構成されます。必ず「資産=負債+純資産」となっています。資産から負債を引き、純資産を見ることで純粋にどのくらいの資産があるかについて知ることがBS(貸借対照表)を作る最終目標だと言えます。簡単にいえば純資産が少なければ経営がピンチとなりますし、純資産が多ければ経営は良好だと判断できます。

BS(貸借対照表)を見る上で重要なのは、特定の瞬間の財政状況を表したものだということです。

PL(損益計算書)の役割

PLは英語で「Profit & Loss Statement」といい、略してPLと呼ばれています。日本語では「損益計算書」と訳されます。PL(損益計算書)は企業の経営成績を示す書類です。PL(損益計算書)は「収益」と「費用」と収益から費用を引いた「純利益」の3要素で構成されています。純利益とはいっても、費用が大きければマイナス(純損益)になることもあります。「収益=費用+純利益」の図式が成り立っています。PL(損益計算書)を作成することにより、会社がどのような収益を得て、どんな費用が掛かり、最終的にいくらの儲け(または赤字)が出たのか、という情報を知ることができます。

PLを見る上で重要なのは、特定の期間の収益と費用を集計したうえで、収益から費用を差し引く純利益の計算を行っていることです。

PLとBSの違い

PLとBSはどちらも財政状況を把握するものなので、一見その違いが分かりづらいかもしれません。PLとBSの最も大きなちがいは、PLは特定期間における財務状況を表すのに対し、BSは期末などのある瞬間におけるものだということです。

BSは点で、PLは線で財政を捉えるという役割の違いがあります。点で表すBSだけを見ても、その会社の期中の動きは知ることができません。しかし、PLは売上高などの1年間の積み重ねを数値に反映します。経費が1年でいくらかかったかといったことを把握できるのもPLです。となると、BSが不要なような気がしてきますが、PLとBSのどっちが大事というものではなく、重要なのは2つの表のつながりを見ることです。

営業にとってのPLとBS

PLとBSは経営層だけが理解しておけば良いものではありません。例えば、営業職にとってPLとBSを理解していれば、営業シーンで企業理解を深めるだけでなく、財務系のコンサルタント営業や、コンサルタントへとキャリパスを進める可能性もあります。 もし、あなたが営業職としてのキャリアパスでお悩みであれば、ぜひマーキャリNEXT CAREERにご相談ください。法人営業に特化したキャリアアドバイザーが企業に合わせて、あなたの強みや自己PR方法をアドバイスします。

経理ドリブン

経理の力で会社を動かす "できる経理"を
目指す人のためのブログ Powered by

経理の花形!ゼロから学ぶ損益計算書の作り方

3月決算の企業では、既に決算書作成の準備を始めているところもあるのではないでしょうか。決算書作成は経理業務の花形である一方、様々な帳簿をまとめる必要があるので、かなりの重労働にもなります。
今回は、決算書の中でも「損益計算書」に焦点を当て、特徴と作成方法をまとめました。今期の決算書作成にぜひ役立ててください。

損益計算書とは

作成前の準備

■決算整理仕訳
最初に行うのが、事業年度内に行われた仕訳の確認や調整をする決算整理仕訳です。ここでは、入金や支払いが来期である取引や、固定資産の減価償却費の計上などを確認し、帳簿の修正を行います。
作業の際はすぐに各勘定科目を仕訳するのではなく、それぞれが発生したタイミングや新しく作成した勘定科目の有無を確認するなど、全体像を把握するとスムーズです。

  • 売上
    現金の出入りに関係なく、取引発生の時点で収益や費用を計上する「発生主義」という会計基準に則り、正しく売上が計上されているかを確認します。
  • 当期費用
    保険料の支払いなどで、未処理になっているものや、翌期の費用を当期で処理したものを確認します。
  • 有価物・棚卸資産
    切手や印紙などの有価物のほか、在庫などをすべて確認します。
  • 税区分
    消費税を中心に、税区分が正しく適用されているかを確認します。特に2019年からは消費税率が8%と10%に分けられたので、注意しなければなりません。また、海外出張や海外企業との取引がある場合は、他国の税区分も確認する必要があります。
  • 税金
    税金の処理漏れがないか確認します。
  • 固定資産を確認
    固定資産台帳をもとに、減価償却額が適切かを確認します。
  • 有価証券の期末時価を確認
    決算時に評価替えする有価証券と時価を確認し、評価損益を処理します。
  • 未収入金を確認
    立替金など、「営業活動以外」で発生し、当期で回収を予定した未収金を確認します。

■転記
次に、仕訳した各勘定科目を総勘定元帳に転記していきます。総勘定元帳は複式簿記における主要簿であり、すべての取引を日付順に記録するものです。
総勘定元帳への転記は、取引を写していくだけなのでそこまで難しい作業ではありません。ただし、転記の際は、数字を間違える、借方と貸方が逆になる、転記漏れが発生するなど、思いがけないケアレスミスが起こりがちです。さらに総勘定元帳は、損益計算書だけでなく、貸借対照表など他の決算書類の参考にもなる帳簿です。ここでミスがあると決算関連の業務全体に響きますので、簡単な作業だからと気を抜かず、慎重に行ってください。

■試算表の作成
続いて、「試算表」を作成します。先述の通り、総勘定元帳への転記は、膨大な量の勘定科目、金額、日付を扱うため、誤記入や記入漏れが発生することがあります。試算表はこのようなミスの有無を確認するために作成するものです。試算表には「合計試算表」、「残高試算表」、「合計残高試算表」という3つの種類があります。それぞれの構成は以下の通りです。

合計試算表
各勘定科目の借方・貸方のそれぞれの合計額が合っているかを確認する試算表です。総勘定元帳から数字を転記するだけなので、比較的簡単に作成できますが、これだけだと勘定科目ごとの残高がわからないというデメリットがあります。

残高試算表
各勘定科目の残高を集計し、確認する試算表です。月次決算時の試算表として採用されることが多くあります。

合計残高試算表
合計と残高、両方を合わせた試算表です。合計と残高を網羅しているため、内容が充実している一方で、作成に時間がかかることが難点です。本決算にて作成する会社が多くあります。

いまさら聞けないお金の知識!「損益計算書(P/L)」とは?

売上と利益の関係

では、会社が事業範囲を拡大して、食品の加工まで実施するようになったとしましょう。単にアジを仕入れて横流しするだけでなく、アジフライを販売するようになりました。
アジフライを作った場合、上記の100円に比べフライを作るためのパン粉や油のような材料費やフライを揚げるおばちゃんの人件費など、商品を作るためにかかる費用が増えます。
Goodpatchが提供しているソフトウェアサービス、Prottに置き換えるとどうでしょう。ソフトウェアなので魚のような仕入れ額は発生しませんが、システムを開発するためにかかるメンバーの人件費、開発に使うツール類のライセンス費用、サーバーのコストなどが原価になります。

粗利について

2.営業利益

粗利で表現できる損益はビジネスのプロセス全体のうち、「製造」「生産」の部分だけです。
ここに商品を販売する費用、会社を運営する費用を含めたものを「営業利益」といいます。

どんなに優れた商品でも作りっぱなしでお金は入ってこないので、お客さんに知ってもらい、目の前に届けなければなりません。営業マンを雇って営業する場合はその人件費、チラシを出したらその費用が掛かります。これが「販売費」ですね。
そして、企業が企業として存続するためには売上を直接作らない人も必要です。例えば人事、財務経理などの部門ですね。こうした間接部門の人件費や、その部門の運営にかかる家賃、光熱費、福利厚生の費用などは「一般管理費」と呼ばれます。

上記の2つを合わせたのが「販売費及び一般管理費」で「販管費」と略されます。
会社を運営し、お金をかけて商品やサービスをつくり、販促活動を行って売上を得た結果、残ったお金。これが営業利益です。

式で表現すると「粗利 – 販管費 = 営業利益」ということになります。
これはつまり「売上 – 原価 – 販売費 – 一般管理費 = 営業利益」ということですね。

営業利益

3. 経常利益

経常利益は営業利益に対し、さらに本業以外の損益を加えたものです。「本業以外の損益」とは既に説明したようにお金や不動産の貸し借りなどによるもの。1年間ビジネスを運営した結果に入ってきたお金、出ていったお金を足し合わせたものです。

式で表現すると「営業利益 + 営業外収益 – 営業外損益 = 経常利益」ということになります。詳細は下記の表を確認してください。

経常利益

4. 純利益

本業による損益、本業以外の損益、臨時で発生する特殊な損益…。1年間の企業活動の中で発生するいろんなプラスマイナスを全て考慮し尽くした上で最終的に残るお金、その企業の利益と認められるお金が「純利益」です。
3.経常利益の額をベースにさらに臨時で発生する損益と税金を加味したものになります。

純利益

例えば税引き前の利益が1億円出そうだとわかったとします。
それを普通に取っておいて、当期の利益とした場合40%が税金になります。つまり手元に残るのは6,000万円。
しかし会計年度が閉まる前に1億円投資すれば、利益はゼロになりますが税金を支払う必要もなくなり、結果として1億円丸々投資に使えることになります。

意図的に利益を出さないようにする」ケースの一例ですね。

ちょっと複雑になりましたが「1. 粗利」から「4. 純利益」まで理解できたでしょうか?一口に利益と言ってもいろいろあり、意味合いもかなり違います。利益について話すときは、混同を避けるために「粗利」「営業利益」などと明示することが多いです。

損益計算書(P/L)とは

損益計算書とは財務三表のひとつです。Profit(利益) and Loss(損益) Statementの略になります。
この頭文字を取ったのP/Lです。普段の会話「損益計算書」より「P/L」と呼ばれることが多いです。

損益計算書

売上額をベースに、各種の損益が足し合わされていき、最終的に純利益が算出されたものがP/Lです。売上はいちばん上にあるので「トップライン」、純利益は「ボトムライン」と呼ばれます。

今回は理解のしやすさを優先し、少し極端な例も用いながら複雑な内容を噛み砕いて記載しています。項目やカテゴリの名称は文献によって若干違うものが使われたり、収益と損失がまとめて「損益」と表現されるなど、記載のしかたが異なる場合もあります。
ただし、基本的な構造は今回お伝えしたとおりです。P/Lを理解するだけでもいままで敬遠しがちだったお金の話が頭に入りやすくなり、ビジネスの視野が広がるかと思います。
まずはご自身の会社やライバル企業のP/Lを読んでみるのはいかがでしょうか!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる