無料講座

キャッシュフローとは何か

キャッシュフローとは何か

完璧な「人生のキャッシュフロー表」を作った40歳夫婦が、見落としていた「3つの問題点」

ファイナンシャルプランナーである筆者の元に、ライフプラン相談で訪れた藤田さん(仮名)ご夫婦。何事も二人で話し合って決めてきたという仲の良い40歳同い年の共働きご夫婦は、とても計画的で勉強熱心。娘さん誕生後に、有名なFPに「藤田家のライフプラン」を作成してもらい、その内容通りに貯蓄や住宅購入を行ってきたそうです。 【図解】役所に手続きすれば簡単に「戻ってくる」「もらえる」お金 しかし、小学2年生の娘さんの教育資金に関して、意見が対立。将来「何が何でも留学させたい」奥さまと「慎重姿勢」の旦那さまで意見が合わず、その方向性を見出したいというのが前回記事で紹介したご相談内容でした。 ただ、筆者はこの「完璧すぎるライフプラン」に問題があるのではないかと思うのです。その理由をご説明していきたいと思います。

ライフプランは変わっていくのが当たり前

筆者が、このご夫婦にとってはライフプランニングがかえって人生との向き合い方を間違えさせてしまっているのではないかと考えた理由は3つあります。 一つ目は、藤田様が完全に受け身でこのライフプランが作成されていることです。 実際作成の際に、お二人自身で預金通帳や源泉徴収票やねんきん定期便といった家計を知るために必要な情報を調べて、計算したわけではありません。今後のライフイベントも、定型的な質問、お子さんの学校は私立文系なのか公立なのかなど、に答えるだけでコンピューターが計算したキャッシュフロー表を見て納得してしまっているのです。 とても丁寧に作られたキャッシュフロー表ですが、あくまでも前提条件ありきで打ち出されたグラフです。それを眺め、そこに自分たちの生活をはめ込んでいくものでは本来ないはずです。 二つ目は、そのライフプランが現在から未来に向かって作られているという点です。 教科書的にはその作り方で正解なのですが、人生設計には将来のなりたい自分像を描いたうえでライフプランを逆算するという視点も必要です。つまり、今を始点とすると、家計の収支がリアルすぎて多くの人が「これも出来ない、あれも無理」と無難な生活に気持ちが傾いてしまうのです。 しかし、本来私たちは「こんなこともしたい、あんなことも挑戦したい」という目標がありそのためにこれからどうするのかという視点をもたなければ縮こまったライフプランしか描けないのです。時には「無理なこと」への挑戦も人生には必要なのではないでしょうか? 三つ目は、ライフプランをなぜ作るのかというそもそもの考えができていなかった点です。 ライフプランは、それに従って人生をおくるためにつくるものではありません。今後、想定外なことが起こることを前提に、それでもありたい自分の暮らしを見失わないように、自分の幸せに対する価値観を大切にするための軸を可視化するためのツールです。 そういう意味では、ナビゲーションというより羅針盤といった方が良いでしょう。そのため、変わらないことが重要なのではなく、変わりつつ、でも変わらないものを追求しつつ暮らすことが本質です。プランニングより、どうありたいかのライフデザインの方が重要です。

税理士として独立したらどの会計ソフトを使うべきか?「アナログ」と「デジタル」の二律背反の性質を持つマネーフォワード クラウドのススメ。

税理士として独立開業をする際に必要になる“会計ソフト”。最近では各社様々なサービスを展開していますが、一体どのサービスを使えば良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。弊所・アンパサンド税理士法人では、金融機関やEコマースなど多岐にわたる連携サービス、会計ソフト以外の請求管理や給与計算のソフト等、同一金額の中で使えるサービスアプリの多さなどからマネーフォワード クラウドを使用しています。今回は、マネーフォワード クラウドの魅力、そして独立開業をした税理士が成功するために必要になる “心構え”についてお伝え致します。(記事執筆:アンパサンド税理士法人 税理士 山田典正/撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

マネーフォワード クラウドを選んだ理由

(1) 銀行やクレジットカード、Eコマース等API連携できるものが多い

(2) サービスが豊富で、柔軟性がある

(3) 独立税理士が悩むコミュニケーションコストを解決

「アナログ」と「デジタル」の二律背反。独立開業をする上で大切になること

株式会社マネーフォワード

●設立

●所在地

東京都港区芝浦3-1-21 キャッシュフローとは何か msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F

●企業URL

●監修者情報

アンパサンド税理士法人 代表税理士 山田典正

大学を卒業後に税理士試験に専念した後、平成20年1月に都内大手税理士法人に就職。 個人や中小同族会社の税務相談や経営周り全般の相談から大手上場企業の税務相談まで幅広い分野で活躍。事業承継、組織再編、連結納税、国際税務、事業再生と多岐に渡るコンサルティング実績がある。また、相続申告業務についても多数の実績を有する。
平成27年1月 山田典正税理士事務所として独立。独立後も、補助金支援において創業補助金採択、ものづくり補助金採択の実績を有し、生産性向上設備投資促進税制の申請支援、資金調達支援、事業承継支援、上場企業の税務顧問等、多数の実績を有する。

個別転職相談(無料)のご予約はこちらから
いつでも簡単に。さらに見やすくなったKaikeiZine公式アプリKaikeiZineアプリ

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる