FX入門〜初心者におすすめ

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説
引用元:外為ジャパン

RSIの見方・使い方

RSIは稀に株価に先行して動くことがあり、株価の底打ちや天井圏を予め察知できる場合があります。
ダイバージェンスを実際の売買で使う場合、ダイバージェンス(株価の下落が続いている際にRSIが上昇し始めた状態)を確認し、その後に株価が遅れて反発してくれば、上昇転換する可能性があり、そこがエントリーのタイミングとなります。
その際、RSIにトレンドラインを引いておくと、エントリーのタイミングもわかりやすくなります。

RSIの作成方法(計算式)

RSIの使用日数

日足 一般的には14日がよく使用されています
9日 14日 22日 FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 30日 42日 52日

RSIとRCIの違いは?(RSIの利点)

RSIの利点はピークとボトムを捉えやすい

RSIは計算上、100%や0%になりにくいという性質あり、他のオシレーター指標よりも、株価が過熱しすぎた場合のピークやボトムが捉えやすいという特徴があります。
そのため、株価が一方向に大きく上昇し続けたり、または急激に下げ続けた場合の判断はRSIがお勧めです。

執筆者紹介

伊藤正之
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

RSIをトレードに活用してみましょう!「株の達人」 ならテクニカル分析を実践に取り入れるのもカンタンです。
また、RSIと相性のいいテクニカル指標を組み合わせたチャート条件やスクリーニング条件もご用意しておりますので、初心者の方でも安心です。

FXのテクニカル分析とは?初心者向けFX用語解説

FX基礎講座

テクニカル分析とは?

FXの2つの分析方法

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析の種類

トレンド系

移動平均線

一目均衡表

ボリンジャーバンド

オシレーター系

MACD(マックディー)

ストキャスティクス

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説

トレンド相場とレンジ相場とは?【FX基礎用語】

時間足とは?【FX基礎用語】

FXとは何か?初心者にも簡単にわかるように説明します

レバレッジとは?【FX基礎用語】

FXのメリットは?デメリットは?【FX基礎用語】

こんにちは!シゲルです。 今回は、FXのメリットとデメリットについて 簡単にまとめてみましょう。 FXのメリットは? 小資金でも大きな取引が可能! FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 FXは「レバレッジ」により 少ない資金でも大きな金額の取引が可能です.

プライスアクションとは?値動きから相場の状況を把握しよう!【FX基礎講座】

こんにちは!シゲルです。 今回は、FX用語の解説で「プライスアクション」について取り上げます。 プライスアクションとは? プライスアクションとは、値動きそのものから相場の現状を把握して、売買のプランを立てる手法を言います。直訳する.

【簡単にわかる】FXとは?投資初心者にもわかりやすく仕組みを解説

【簡単にわかる】FXとは?投資初心者にもわかりやすく仕組みを解説

ロスカット

引用元:外為ジャパン

ロスカットとは保有している外貨の価値が下がり損失が発生した場合、 一定額の損が自動で決済し、損切り してくれる仕組みです。

ただロスカットがおこなわれると、 確実に損失で終わる ことを意味するので注意が必要です。


ロスカットにならないよう資金に見合った取引をし、「ちゃんと損切りをする」ことが重要です!

FXの注文方法2つ

使えると勝率が上がる注文方法もありますので、ぜひ以下の記事で学んでみてくださいね!

FXのトレードスタイル4つ

FXには、 取引時間に応じて4つのスタイル FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 があります。

  • スキャルピング…数秒単位での取引を繰り返し、小さな利益をコツコツ積み上げるスタイル
  • FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説
  • デイトレード…数時間単位での取引を繰り返し、その日のうちに完了させるスタイル
  • スイングトレード…数日から数週間単位での取引をして、為替差益を狙うスタイル
  • 長期トレード…数週間~1年単位での取引で、金利差によるスワップで稼ぐスタイル

FXの裁量トレードと自動売買の違い

FX取引をする際の注意点6つ

これからFX取引をする方に、 FXで取引をする際の注意点を6つ 紹介します。

多くの初心者が失敗してきているので、みなさんは以下の注意点を把握して、失敗しないようにしましょうね!

1.ロスカットに注意する

ロスカットとは、レート(通貨の価格)が急変した時などに、トレーダーがこれ以上損しないためにFX会社強制で取引を決済すること です。

しかし「もっと待っていればあがるかもしれない」と期待していると、さらに下がって強制決済


ロスカットの前に、FX会社からマージンコールという「これ以上は危険だよ!」の警告が出ます ので、見逃さないようにしましょうね。

2.レバレッジをかけすぎない

レバレッジのかけすぎは利益が大きくなる反面、損失が出る場合も金額が大きくなってしまいます

国内で定められているのは最大25倍までですが、初心者は 3倍まで で様子を見ましょう。

またレバレッジのかけすぎは精神的負担が大きいので、資金に余裕を持っている状態で使いましょう。

3.損切りを徹底的に行う

損切りとは、保有するポジションの損失が大きくなり、その 損失を最小限に留めるために損失覚悟でポジションを決済すること を言います。

損切りすることでさらに下落し、ロスカットが起こることを避け、資金を守ることにもつながります。

4.土日を挟んだ取引をしない

5.海外のFX会社を利用しない

海外にもFXの会社は多く存在しますが、 金融ライセンスを持たない無資格 の会社が多く、初心者が手を出すには危険です。

このように海外の国から認められていない会社などでは、出金拒否といったトラブルや日本人へのサービス終了など、一方的なトラブルなどがおこる可能性があります。

6.利益が出たら税金を納める

FX取引で利益が出たら、 確定申告をして税金を納める 必要があります。

利益が多く出ているのに、確定申告をせずにいると「脱税」の疑いがかけられ、追徴課税の支払いや最悪の場合逮捕されるケースも。。

少額から簡単に始められるFX会社3つ!

少額から簡単に始められるFX会社3つ!

1.低リスクで少額から始めたい人へ! SBI FXトレード

SBIFXトレード


約5円から取引可能、スプレッドも業界最狭水準で、チャートも見やすいので初心者〜上級者まで幅広く使われています。

また スプレッドも狭いため、コストを抑えた取引にもおすすめです。

少額取引は資金管理がしやすく、安全にFXを始められますよ!

2. 取引コストを抑えるなら MATSUI FX

松井証券

国内の多くのFX会社は1,000通貨以上でないと取引できないところが多いですが、MATSUIFXは業界最小通貨単位の 1通貨約4円から取引できますよ。

【FXのRSIをわかりやすく解説!】基本的な見方とプロが使う手法

FXのRSI

FXのRSIの仕組み

RSIの見方は

RSIの計算方法

  • A:一定期間の上昇幅の合計
  • B:一定期間の下降幅の合計

なぜなら、RSIをグラフ化したものが 為替チャートの下に表示される からです。

RSIの設定

RSIの期間設定は 14 を使うことが多いです。

日足 : 9日 ・ 14日 ・22日・30日・42日・52日

RSIの「ダイバージェンス」と「リバーサル」

ダイバージェンスとリバーサルは、どちらも 実勢レートとRSIの動きが 逆行 している現象 のことをいいます。

なぜなら、 ダイバージェンスはトレンド転換を示し、リバーサルはトレンド継続を示す からです!

ダイバージェンスとは

実勢レートだけが高値または安値を更新 しているのが ダイバージェンス現象 です。

ダイバージェンス現象の特徴 高値更新 安値更新
実勢レート あり あり
RSI なし なし

FXのRSIはダイバージェンスに注意

RSIでダイバージェンス現象が発生すると、 トレンド転換の可能性 があります。

しかし! 注意してほしいのは「可能性がある」のであって、 必ずトレンド転換するわけではない ということです。

リバーサルとは

RSIだけが高値または安値を更新 しているのが リバーサル現象 です。

リバーサル現象

リバーサル現象の特徴 高値更新 安値更新
実勢レート なし なし
RSI あり あり

リバーサル現象は、 トレンドの継続を示す 明確なシグナルです。

  • 上昇トレンドの時に、RSIが安値を更新
  • 下降トレンドの時に、RSIだけが高値を更新

基本的なRSIの手法

レンジ相場での売買シグナル

レンジ相場で RSIを使った逆張りトレード FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 をしてみましょう。

レンジ相場では、 売りシグナルや買いシグナルがはっきりと現れる ので、初心者も挑戦しやすい手法です。

  • RSIが75%を上回る⇒売りシグナル
  • RSIが30%を下回る⇒買いシグナル

rage-rsi-shuho

トレンド相場での売買シグナル

トレンド相場でのRSIを使った トレンド転換シグナル について解説します。

【上昇トレンド】 RSI:レジスタンスブレイク ⇒ 売りシグナル

【下降トレンド】 RSI:サポートラインブレイク ⇒ 買いシグナル

10万を6億にしたRSI手法

FXスクールジャパン代表であり、ZAiのコラムニストとして活躍する人気アナリストの陳満咲杜さんは日刊SPA!のインタビュー内で 「そんな使い方はデタラメだ」 と言います。

実はこの手法、 元手10万円からたった 3ヵ月で6億円まで増やした伝説のトレーダーGFF(ぐふふ)さんが実践した手法 でもあるんです。

インジケーターとは?FXで利用する際の解説と初心者でも使えるおすすめ

Sho

これからFXを始めるという人に多いのが、 用語の複雑さで挫折してしまう ことです。

今回は インジケーターとはどんなものなのか、から、おすすめのインジケーターまで紹介しています のでぜひ参考にしてください。

FXのインジケーターとは?

FXにおけるインジケーターとは、 取引チャートのデータをそれぞれの手法で計算し、それを売買タイミングの参考にするための指標 です。

インジケーターはチャートの上などに線グラフで表示されるようになっており、テクニカル指標とも呼ばれます。
初心者が「テクニカル分析」を行う手助けをしてくれるのがインジケーターなのです。

FXのインジケーターの種類は2種類

順張りに有利なトレンド系インジケーター

相場の大きな流れを掴むために利用する ことが多く、流れに乗って 順張りで取引をしたい人たちに重宝されています。

逆張りに有利なオシレーター系インジケーター

トレンド系インジケーターが順張りのFX取引に向いているのに対して オシレーター系のインジケーターは逆張りに向いている指標です。

FXインジケーター選びのポイント

特に 万人が利用するようなインジケータは多くの人が利用しているため、取引傾向を把握しやすく優秀です。
有名なものを選んである程度安定したサインを受け取れるようにするのはポイントです。

トレンド系のおすすめインジケーター

FXのトレンド系のインジケーターで知っておいて間違いのない指標はいくつかありますが、それらの中でも 「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」「移動平均線」はどういった指標なのか理解しておいて損はないでしょう。

移動平均線

移動平均線は、数日〜数週間の期間から平均の価格を計算し、それを折れ線グラフでチャート上に表示したものです。
現在の時間から遡って数日から数週間という期間を取るため、時間が経過して日付が進んでいけば計測する期間も変わります。

とても基本的なインジケーターであり、他のインジケーターに応用して利用されていることもあります。

移動平均線の画像みんなのFXより

平均線が上向き上昇トレンド
平均線が横ばいもみ合い局面
平均線が下向き下降トレンド

一目均衡表

相場のバランスを示す5本の補助線を利用したインジケーターであり、ローソク足とその補助線を読み取ることで取引の判断に活かします。

一目均衡表の画像みんなのFXより

基準線(赤)過去26日間の最高値と最低値の中央値を取った線。
中期的な相場の方向を表す。
転換線(黄緑)過去9日間の最高値と最低値の中央値を取った線。
短期的な相場の方向を示す。
先行スパン(黄×2)中期的な相場の方向性を示す基準値と、短期的な相場の方向性を示す転換線を26日先行させた線が1本、過去52日間の最高値と最低値の中央値を取った線が1本の2本からなる。
線同士の間を雲と呼ぶ。
遅行スパン(青)26日間遅行させた当日の終値を表示する線

ボリンジャーバンド

相場の振れ幅(ボラティリティ)をチャート上に表示するインジケーターです。
これからどの程度値動きするのかという未来の想定を閲覧することができます。

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 ボリンジャーバンドを示す表SBI FXトレードより

+1σ〜-1σこのライン幅に収まる可能性約68.3%
+2σ〜-2σこのライン幅に収まる可能性約95.5%
+3σ〜-3σこのライン幅に収まる可能性約99.7%

オシレーター系のおすすめインジケーター

FXの逆張りで取引を行うためにオシレーター系のインジケーターを導入するのであれば 「RSI」「ストキャスティクス」「MACD」の3つは知っておきたいです。

RSI(アールエスアイ)

RSI(相対力指数)は0~100%の幅でグラフが表示され、 今の相場が「売られすぎ」ているのか「買われすぎ」ているのかを判別するのに利用できます。

また、 RSIは一番メジャーなオシレーター系インジケーターであるため、利用する上で困ることは少ないでしょう。

SBI FXトレードより

ストキャスティクス

ただし、感応度が高いため動きが激しく、 一般的に利用されているのは%Dと%SDと呼ばれる2本の線を利用した「スロー・ストキャスティクス」です。

外為オンライン公式ページより

%K(その日の終値 - 過去の一定期間の最安値)
÷
(過去の一定期間の最高値 - 過去の一定期間の最安値)
%D%Kの移動平均線
%SDSlowDの略称
%Dの移動平均線

MACD(マックディー)

MACDは 移動平均線をより精度が高いインジケーターにするために作られた もので、MACDラインとシグナルの2本の線から分析を行い、売買に活かします。

SBI FXトレードより

MACDライン二つの期間の移動平均(EMA)における差分を計算したライン
シグナルMACDラインの移動平均(SMA)

初心者におすすめの組み合わせ

初心者の方は特に、メジャーなインジケーターを利用した方が良いのですが、 単体だと「ダマシ」というサインに引っかかりやすくなってしまいます。 FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説

過去と全く同じ動きなどないのが相場ですので、 インジケーターを複数組み合わせることで「ダマシ」のサインに引っかからないように対策することが必要です。

移動平均線とMACD

移動平均線は相場の流れを観察するのに優秀なインジケーターですが、 ややサインが出るまでの速度が遅く相場とズレが生じてしまうことがある ため、 反応の早いMACDで実際の取引のタイミングを掴む と良いでしょう。

ボリンジャーバンドとRSI

この組み合わせも王道と言える組み合わせの一つで、 「ボリンジャーバンドが±2σにタッチ+RSIが70以上か30未満」という2つの条件に合致している時のみエントリーを行う という鉄板の方法があります。

その デメリットの部分を違った理論で相場の加熱度を判定しているRSIを組み合わせてカバー することで、より精度を高められるというわけです。

RSIとMACD

良い組み合わせとされているのは、 RSIが20以下・MACDが50ポイント未満でゴールデンクロスが起こった時と、RSIが80以上、MACDが50ポイントより上でデッドクロスが起こった時 と言われています。

インジケーターを利用するときの注意点

しかし、 FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説 インジケーターは相場の動きを確実に保証するものではないことを念頭におきましょう。

また、おすすめした通り インジケーターは複数組み合わせて利用しましょう。
各インジケーターには弱点がありますので、それを補う形で組み合わせるのが良いでしょう。

結局どの自動売買システムがいいの?

Sho

自分もそのシステムで
利益を作ればいいわけですから
そもそも売る必要ってないですよね??

自分で稼げていますので
販売して稼ぐ意味がないんです。

AIに任せて
勝手に 毎月10万円 が目指せる
スマホ専用の自動売買システム

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる