初心者向けFXトレード

初心者の方にも理解できるスキャルピング

初心者の方にも理解できるスキャルピング

https://www.amazon.co.jp/

初心者必見!FXスキャルピングでおすすめの本8選

スキャルピング戦略を学ぶ「FXスキャルピング」


https://www.amazon.co.jp/

この本は、独立系のプロのスキャルピングトレーダーの翻訳書で、ティックチャートの読み方からFXスキャルピングの極意を教えてくれます。

どんな内容?

  • FXスキャルピングを初心者向けに解説
  • プライスアクションの原則
  • 仕掛けと手じまいのコツ
  • 有利なチャート・不利なチャート
  • わずかな利益率で資金を増やす方法

こんな人におすすめ

テクニカル分析を学ぶ「テクニカル分析がわかる」

テクニカル分析を学ぶ「テクニカル分析がわかる」

この本では、テクニカル分析とは何なのか、テクニカル分析の基礎知識や活用方法を学ぶことができます。著者は企業分析アナリスト、証券会社、投資顧問を経て現在はテクニカルアナリスト協会の理事を務めています。

どんな内容?

  • トレンドとは何?といった基礎から学べる
  • トレンドの見極め方と売買タイミング
  • 代表的なテクニカル分析27種類を解説
  • 注目すべきポイント、見通しの立て方がわかある
  • ヒストリカルデータを用いた検証

こんな人におすすめ

経済指標を分析する「経済指標の読み方」

経済指標を分析する「経済指標の読み方」

経済指標から今後の相場を分析していく実践的な方法を学ぶことができます。各国のGDP統計から金利・消費者物価指数などを用いて、将来的な予測が可能だとしています。

どんな内容?

  • 経済指標の見方が基礎から学べる
  • 経済指標のどこに着目すべきか
  • 経済指標の何に注意すべきか
  • 景気動向・相場予想のやり方
  • 景気の先行きを正確につかむコツ

こんな人におすすめ

経済指標の発表が重要なことはわかっていても、そもそも数字の見方や解釈の仕方がわからない初心者におすすめです。経済指標は、スキャルピングだけでなくFXでは軽視できない要素です。テクニカルと合わせて基礎を抑えておきたいですよね。

稼ぎ方を盗む「稼ぐ人の超実践FXテクニック」

稼ぎ方を盗む「稼ぐ人の超実践FXテクニック」

FXは孤独な世界で、周囲にアドバイスを求める先輩や上司はいません。そんな時には、稼いでいるトレーダーの手法を盗むのが一番です。

FXのスキャルピング手法とは?禁止の理由、利益の出しかた、おすすめ口座も紹介

FXのスキャルピング手法とは?禁止の理由、利益の出しかた、おすすめ口座も紹介

スキャルピングは短時間で取引完了するのが特徴ですが、もう1つ、 取引回数が多いことも特徴 です。1回の取引で得られる利益が少ない分、回数を増やしてより大きな利益にしていくのです。たとえばデイトレードで1日1回の取引により1万円の利益を得られたとしましょう。同じ利益を上げるのに、スキャルピングでは1,000円の利益が出る取引を10回行うことになります。もしかすると100円の利益を100回というケースもあるかもしれません。

・さまざまな取引手法
このように時間の長さに着目すると、FXにはデイトレードやスキャルピングなど、短時間で取引を完了する手法があります。もう少し長い時間の取引であれば「スイングトレード」という手法も存在します。これは1回の取引に、数日から数週間といった期間を使う手法です。より大きな値動きを狙った手法と言えるでしょう。

スキャルピング手法のメリット・デメリット

スキャルピング手法で勝つコツとは

・メリット
短時間に何度も取引を繰り返すこの手法には、有利なポイントがいくつかあります。1つは 少ない資金でも、取引回数を増やすことによって、効率良く利益を出せる ということです。

・デメリット
ただし取引の回数が増えることには、デメリットもあるので知っておきましょう。それは コストの問題 です。多くのオンラインFX業者では、取引手数料は無料になっています。しかしFX取引には「スプレッド」というコストが存在するのです。

ドル/円などのレートを見ると、「Bidが11万3.860円、Askが11万3.862円」などとなっています。この価格差0.002円が、取引する上でのコストとなります。小さな数字かもしれませんが、 取引回数が増えることで、その負担も積み重なります

スキャルピング手法で勝つコツとは

スキャルピング手法で勝つコツとは

・チャートを使ったテクニカル分析
スキャルピングによる売買で利益を出すには、 どのタイミングで取引すれば良いのか 、考えなくてはなりません。そんなときによく使われるのが、チャートを利用したテクニカル分析です。

テクニカル分析の基本として参考にしたいのは、まず 「移動平均線」 。一定期間の価格を平均した値をつないだ線です。移動平均の考え方は、新型コロナウイルス感染者数の分析で示されたこともあり、よく理解しているという方も多いでしょう。売買するタイミングの参考としては、長期移動平均線を短期移動平均線が下から上に抜けるときが、上昇を示唆しているといったものがあります。これは「ゴールデンクロス」と呼ばれるサインです。

もう1つよく使われているのが 「ボリンジャーバンド」 。これは統計学をもとにした考え方で、移動平均線と±1σ(シグマ)、±2σなどの線が表示されます。σは統計学の標準偏差のことで、+2σと-2σの間に価格が収まる確率は、統計学上95.45%です。

・スキャルピングのコツ
短時間に素早い判断が求められるのが、スキャルピング。売買を実行するか迷っている間に、価格はどんどん変化していきます。そこで 価格がどうなったら利益確定するのか、あるいは損切を実行するのか、あらかじめ決めておく のが良いでしょう。

スキャルピング手法はできる証券会社が限られる!おすすめ口座

スキャルピング手法はできる証券会社が限られる!おすすめ口座

・短時間で多くの注文を出すのがNGという業者も
FX業者によっては、 短い時間に繰り返し多くの注文を出す行為が禁止されている ことがあります。スキャルピングをしようとすると、こうした決まりに抵触してしまう可能性があるのです。場合によっては口座を凍結され、そこでの取引ができなくなってしまうということもあるようです。

・スキャルピングOKのFX業者は?
スキャルピングが可能かどうかについて、サイト内で確認できるFX業者 もあるので、いくつか紹介しておきましょう。

引用: Q.スキャルピングはできますか? 初心者の方にも理解できるスキャルピング A.スキャルピングは可能です。 パソコン、スマートフォン等、各アプリにスキャルピングに特化した「クイック注文」をご用意しております。

よくある質問 詳細 -スキャルピングはできますか? | ヒロセ通商株式会社

スキャルピング手法は危険?注意点を解説

スキャルピング手法は危険?注意点を解説

スキャルピングによる取引では、高速で安定した 通信環境がない と危ない思いをする可能性があります。短時間で利益を上げようとするときには、注文が思い通りのタイミングで約定しなければなりません。電波の状態が悪くて注文できないということがあれば、チャンスを逃してしまうでしょう。ポジションをすでに持っている場合、損失を拡大させる要因にもなり得ます。早く損切りしたいのに、その注文が通らない危険があるのです。

利用している インターネットプロバイダーや、FX業者のサーバー の状態も重要です。多くの人がインターネットにアクセスしたり、FX取引の参加者が増えたりするような時間帯に、サーバーの反応が悪くなることはないでしょうか。タイミングがずれない、確実な取引が必要なため、チェックしておきたいところです。スムーズなスキャルピング取引ができる環境を整えておきましょう。こうしたことが利益や損失の大きさに、直接影響を与えることになります。

FX取引ではさまざまな手法が使われます。楽天証券楽天FXでおすすめの取引手法は、スワップポイントと呼ばれる金利収入を狙った長期的な取引。楽天FXは、高金利通貨でのスワップが、業界のなかで高水準なのが特徴です。また見やすいツールを使った短期取引も可能。自分にあったスタイルでFX取引ができます。

スイングトレードとは?銘柄の選び方や成功のコツを解説!

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

マネックス証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

マネックス証券は10万円以下の取引において、手数料が税込110円と手数料が比較的安い証券会社です。また、取引時にさまざまな注文方法を選択できるため、より効率的なスイングトレードを実現できます

トレーディングツール「マネックストレーダー」が非常に高機能であることも強みの一つです。リアルタイムでチャートや株価を確認でき、ランキング機能などと併用することで、取引タイミングを見逃さず投資ができます。スイングトレードにおいて、大きな戦力となる「マルチチャートビューア」機能など、利用価値のある便利な機能が詰まっています。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

auカブコム証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

auカブコム証券もネット証券大手の一つです。「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのコースが用意されていて、投資スタイルに合わせてよりお得な手数料で取引できます。どちらにしても手数料は業界最安値です。

トレーディングツール「kabuステーション」では、株価やチャート、ニュースなどを確認でき、このツールで発注までワンストップでできることも強みです。「カブナビ」というスクリーニングツールもあり、こちらは200を超える条件から詳細に銘柄を絞っていくことができます。

他にもさまざまなツールが用意されているので、ツールを活用してより良いスイングトレードを実現したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

手数料(税込)少額投資こんな人におすすめ
楽天証券プランによって
100万円まで無料
×楽天ポイントも使いたい
SBI証券プランによって
100万円まで無料
投資信託や金などへの投資も考えたい
松井証券50万円まで無料×充実したサポート体制の下で投資したい
マネックス証券10万円まで110円少額取引から開始したい
auカブコム証券10万円まで99円豊富なツールを使いたい

スイングトレードは初心者・時間がない人におすすめ

スイングトレードが初心者にもおすすめできるポイントを以下にまとめます。

初心者にもおすすめできるポイント

  • 画面に張り付く必要がない
  • 総合的に見て利益を出しやすい
  • 安心感がある

スイングトレードでは、数日から数週間程度ポジションを保有するので、デイトレードのような短期取引と異なり、常にチャートを監視しておく必要がありません。常にチャートを監視して、取引タイミングを見定める行為は精神的なストレスとなることもあります。また、仕事などで忙しい場合にも、スイングトレードであれば時間の確保がしやすいので、他の投資に比べてスタートしやすい投資と言えます。

さらに、デイトレードなどの短期取引に比べて、トレンドが掴みやすいので、利益を出しやすいのも特徴です。短期トレードになるほど、チャートを監視していないと値動きを掴みにくく、複雑なテクニカル分析などの知識も必要になります。そういった意味で参入障壁が低いことも、初心者や時間がない人におすすめできるポイントと言えるでしょう。

また、短期取引はベテランのトレーダーでも失敗することがあります。長くポジションを保有するスイングトレードの方が、安心して取り組むことのできる手法と言えます

スイングトレードの始め方

利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、メールやチャット、コールセンターなどに相談できるのかも重要でしょう

口座開設後は、実際に取引を開始することになりますが、デイトレードなど他の取引手法も試してみることもおすすめです。スイングトレードのメリットをより掴みやすくなり、より良いトレードができるようになります。資金に余裕がある場合には、他の手法にも取り組んでみてください。1つの口座でさまざまな金融商品を扱える証券会社であれば、その幅も広がります

いずれの場合も口座開設の目的を先に明確にすることが重要です。そもそも投資を開始するのはなぜなのか、証券会社を選ぶ際に明確にするようにしましょう

スイングトレードについてよくあるQ&A

スイングトレードとは? スイングトレードとは、株式取引の中でも2〜3日から数週間の短い期間で売買を進める手法です。中長期的に運用するのではなく、短期的な視点を持って利益が出た時に必ず株式を売却して利確します。企業業績や市場全体の動向などを分析する必要はあまりなく、テクニカル指標やチャートなどが重視されます。

スイングトレードのメリット

  • 画面に張り付く必要がない
  • 中長期的な投資方法よりも成果が出るのが早い
  • 株価の変動がなくても利益を出しやすい
  • 少ない資金で大きな利益を出しやすい/li>
  • 資金効率が良い

スイングトレードのデメリット

  • 時間外に株価の変動がある
  • 損切りが難しい
  • 手数料コストが高い

銘柄を選ぶポイント

  • 流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  • 銘柄数は3〜5つに絞る
  • 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

スイングトレードの始め方は? スイングトレードを始めるにはまず証券会社で口座を開きます。手数料の安さやツール・アプリの使い勝手、サポート体制など、さまざまな要素から選定していくのがおすすめです。 利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、電話やメール、チャットなどで相談できるのかも重要でしょう

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる