FX のやり方

時価総額から考える仮想通貨トレード

時価総額から考える仮想通貨トレード

緊急レポート!ビットコイン急落の背景「テラ事件」を解説

緊急レポート!ビットコイン急落の背景「テラ事件」を解説

NFT市場*…(Non-Fungible Token:非代替性トークン)。偽造できない鑑定書・所有証明書などがついた「デジタルデータ」のこと。暗号資産と同じく、ブロックチェーン上で発行&取引される。
DeFi市場**…分散型金融(Decentralized Finance:ディファイ)。ブロックチェーン「スマートコントラクト」上の金融サービスで、金融機関の管理や仲介が不要なため、透明性や利便性が向上すると期待されている。

USTドルペッグ崩れる

今回の下げの直接的な原因の一つはステーブルコインTerra USD(UST)のペッグ(連動)離れだ。USTはTerraform Labsが開発したテラ***というブロックチェーンで発行されるステーブルコインで、アルゴリズム型と呼ばれ、同じくテラのネイティブトークンであるLUNAとの交換により価格を維持する仕組みとなっていた。

テラ(LUNA)*** …米ドルや韓国ウォンをはじめとした各国の法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」を発行するプロジェクト。

▼DeFiやNFTにも飛び火

この問題は、これまで調子のよかったDeFiやNFTにも飛び火した。退屈そうなサルのデジタル画像が何千万円で取引されていたBAYCを保有するともらえるトークン、ApeCoin****は1日で半分近くに価格が下がり、DeFi PulseによればDeFiにロックされている暗号資産の時価総額は5月11日から13日の2日間で678億ドルから567億ドルに16%減少した。

ApeCoin**** …高値で取引されている人気NFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連する暗号資産。

仮想通貨で「儲ける」方法は?取引の仕組みやリスクも解説

暗号資産(仮想通貨),ビットコイン投資,買う,には

2021年10月現在、日本国内で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)(暗号資産)時価総額から考える仮想通貨トレード の種類が多いのはコインチェックだ。コインチェックは17種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの有名なものに加え、知名度の低いアルトコインも数多く取り扱っている。また、アプリダウンロード数No. 1という実績を持つことや、マネックスグループの傘下に入りガバナンス体制やコンプライアンス体制を強化し続けていることなどから、信頼できる取引所であると言える。

coincheck

これから暗号資産(仮想通貨)投資を始めるなら、複数の投資先から最適な選択肢を選ぶためにも、コインチェックで口座開設しておくといいだろう。スマホアプリでは、それぞれの暗号資産(仮想通貨)別に投資家同士が対話できるチャット画面も用意されている。このような場を活用して情報収集し、投資先を見極めることも大切だ。

コインチェックが向いている人

コインチェックが向いてる人

コインチェックが向いている人はいろいろな通貨の購入を考えている人だ。取扱い通貨数は国内最多の17種類で、マイナーなアルトコインまで揃っているので上級者も満足できるだろう。

コインチェックが向いていない人

コインチェックが向いてない人

コインチェックが向いていない人はレバレッジ取引をしたい人だ。コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していないため、現物取引のみとなっている。

じぶんの時価総額に応じて仮想通貨でシェア・トレードできる「VALU」β版をリリース

d25867-1-537138-0

人工知能アシスタントAmazon Alexaが2020年までに検討すべき5つの事柄

Alexaは夕方、たいてい居間で鼻歌を歌っている。私がボイスボットを使ってバスケットボールの得点をたずねる度、人や場所というものが実に曖昧なものなのだという事実に直面する。 そしてボットを使えば使うほど、これを更に進化させるにはどうすればよいかと考える。そこでAlexaに一日中、役立ってもらうために必要になるであろう、5つの点をまとめてみた。 1.より多くの文脈上のヒントを提供する プロアクティブ…

北京でコワーキング事業を展開するMyDreamPlus(夢想加)、差別化のカギを握るのは「ワークプレイステクノロジー」

中国ではコワーキングが本格的なブームを迎えている。資本家たちは市場シェアを獲得するために、規模を問わずプレイヤーの支援に乗り出そうとしており、またしても中国テクノロジー業界はその歴史を繰り返している。 MyDreamPlus(夢想加)は北京で16のスペースを展開するコワーキングスペース運営企業で、今回全国展開に向け、Joy Capital(愉悦資本)がリードする2,000万米ドルのシリーズBラウン…

シンガポールの巨大インターネット企業Sea、アメリカでIPOを申請へ——調達目標額は10億米ドル【Bloomberg報道】

Bloomberg の報道によると、シンガポールの巨大インターネット企業 Sea がアメリカにおいて10億米ドルの調達を目標とした IPO を申請する計画だという。 かつては Garena という名前で知られていたこの企業は数週間前、アメリカ証券取引委員会に出願を行った。Sea は2018年前半の上場を目指しているとのことだ。 Sea が上場を目指しているらしいという噂は昨年の終わり頃からテック業…

移転・新装オープンした「Clipニホンバシ」に潜入【ゲスト寄稿】

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 三井不動産のベンチャー共創事業「31 VENTURES」が運営する「Clip ニホンバシ」が先ごろ新装オープンした。人工衛星スタートアップのアクセルスペースも、ここに拠点を構えている(Clip ニホンバシの上層階)。このコラボレーションやミーティングが行える…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる