FXとは

専用アプリでスピーディーに取引

専用アプリでスピーディーに取引
ためる・ふやす

【保存版】超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識

Future Stride

ブロックチェーンができることを端的に表すならば「取引の公明な記録を残すこと」だ。そしてこの「取引」の内容は、何も仮想通貨や金融商品に限らない。証券取引や保険契約、送金に資金調達などの金融に関する取引はもちろん、シェアリングサービス、食品のトレーサビリティ、著作権管理、美術品の所有権、医療サービス、果ては行政手続きや投票まで、公明で透明な記録として残すことができる。記憶に新しい公的な情報の紛失や書き換えなども、一度正しくブロックチェーンに記録してしまえば、書き換えのない公明な記録として残すことができる。

ブロックチェーンの市場規模予測

2016年に経済産業省は、ブロックチェーン技術が影響を及ぼす可能性のある市場規模を67兆円と発表した。この数値は、建設64兆円を超えるばかりか、不動産業73兆円や医療福祉68兆円に迫る規模だ。(総務省 情報通信白書)

この数値からもわかるように、ブロックチェーンは「インターネット以来の技術革新」と呼ばれるだけの可能性を秘めている。国内では実用化に向けて法整備も進めており、経済産業省も「あらゆる産業分野における次世代プラットフォームとなる可能性をもつ」として調査を行っている。また、諸外国では金融以外でも実用化されたサービスが徐々に現れつつある。ブロックチェーンは、今、世界が最も注目する技術のひとつだと言えるだろう。

3章 ブロックチェーンを活用できるサービスの例

ブロックチェーンを行政サービスに活用した具体例

現在、エストニアでは納税や投票、結婚や離婚の手続き、土地や法人の登記、パスポートの発行までもがインターネットで完結する。銀行取引や保険はもちろん、医療情報も電子化されている。驚くべきことに、すべての行政サービスのうち99%がインターネットで完結するという。さらには、エストニアを一度も訪れたことのない外国人でもインターネットで「電子居住者」としての登録申請が可能で、この電子居住者の制度が外国人起業家の誘致の鍵となっている。

ブロックチェーンをマーケットプレイスに活用した具体例

4章 ブロックチェーンの仕組み

これまでは信頼できるサービス提供者の存在を前提としなければ、インターネット上で通貨などの取引を安全に行うことはできなかった。例えば仮想通貨では、「なりすましや改ざんをどう防ぐか」「二重支払いをどう防ぐか」という2つの問題があった。この問題を解決したのがビットコインであり、それを支えるブロックチェーン技術だ。ブロックチェーンは「P2Pネットワーク」「ハッシュ」「電子署名」「コンセンサスアルゴリズム」の4つの技術を応用することで、この問題をクリアした。

P2Pネットワーク

P2P(Peer to Peer)とは、複数の同等なコンピュータが1対1で直接通信を行う接続方式を指す。P2Pでつながったコンピュータが多数集まり相互に通信するネットワークを、P2Pネットワークと呼ぶ。Peerとは「同僚」「仲間」を意味する単語で、P2Pネットワークで接続されたコンピュータは、等しく同等の機能を持つ。つまりシステムが分散されており、一部のコンピュータがダウンしたとしてもシステム全体は動き続ける性質を持つ。この性質がP2Pネットワーク最大の特徴であり、ブロックチェーンはP2Pネットワークによりシステムダウンしない分散システムを実現している。

ハッシュとは、データの特定に長けた暗号化技術である。「ハッシュ関数」と呼ばれる計算式を通すことで、入力したデータに固有な値(ハッシュ値)となる。ハッシュ値は入力したデータを特定するIDとして機能するため、データの改ざんや破損があれば瞬時に検出できる。

電子署名とは、デジタル文書の作成者を証明する電子的な署名であり、電子署名をすることで、次の2つの妥当性を証明することができる。

コンセンサスアルゴリズム

ブロックチェーンにおけるコンセンサスアルゴリズムとは、不特定多数の参加者の間で正しく合意形成を得るための仕組みである。「合意形成アルゴリズム」や「合意形成」と呼ばれることもある。

1章「ブロックチェーンとは」でも説明した通り、ブロックチェーンではネットワーク上の全ての参加者に分散して同等の情報を記録していく。この記録する取引情報に食い違いが出ないよう、各リクエストが正しいのか検証するためのルールがコンセンサスアルゴリズムである。

コンセンサスアルゴリズムには、いくつかの種類が存在しており、例えばビットコインではProof of Work(PoW:プルーフオブワーク)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムが採用されている。Proof of Workの最大の特徴は、膨大な計算処理を伴う改ざんや二重取引の検証作業(マイニング)を競争形式で行わせ、競争の勝者にビットコインを新規発行するところにある。この方法が生み出される以前は、不特定多数の参加者に自ら進んで正しい選択をさせることは不可能だった。しかし、Proof of Workでは、検証作業にインセンティブを与えたことで相対的に不正をするメリットがなくなり、この問題は解決された。このProof of Workにより、システムの管理者やネットワークの中心がなくても、正しい合意形成が実現され、ビットコインは世に生み出されることになった。

なお、ここでは詳細な説明は割愛するが、Proof of Work以外にもProof of Stake(PoS)やProof of Importance(PoI)など、いくつものコンセンサスアルゴリズムが存在する。

5章 ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは大きくわけて「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」の2種類に分類できる。この2つの違いは誰でも参加できるか否かにあるが、その差によってサービスへの向き不向きも異なってくる。ここでは2つの違いを、大まかに説明する。

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、オープンで誰でも参加できるブロックチェーンを指す。パブリックチェーンは誰がいつ参加しても脱退しても良いため、サービスの提供者であっても、参加者の総数を把握することはできない。また、パブリックチェーンには不特定多数の参加者がネットワークに参加するため、不正を働く者や正常に動作しない者も含まれる前提でシステムを運用する必要がある。そのためには前章で説明したProof of Workのようなコンセンサスアルゴリズムを必要とするが、例えばビットコインのProof of Workの場合、1回の合意形成に約10分もの時間がかかってしまう。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、参加のために管理者の承認が必要となるような、参加者を限定するブロックチェーンを指す。プライベートチェーンは、参加者の数を常に把握でき、悪意を持つ参加者が含まれるリスクを抑えやすいことから、厳格なコンセンサスアルゴリズムがなくとも機能する。一般的には参加者の多数決による合意形成を採用しているため、Proof 専用アプリでスピーディーに取引 of Workのような経済的なインセンティブを与える必要もなく、スピーディな取引が実現できる。

6章 ブロックチェーンのメリット

ゼロダウンタイム、高い改ざん耐性

1章「ブロックチェーンとは」でも説明した通り、ブロックチェーンはシステムダウンせず、改ざんが非常に困難な仕組みを持つ。従来は、システムダウンや改ざんへの備えとして、中央となる管理者が高いコストをかけてサーバへの投資や管理・運用を行ってきた。しかし、こうした中央集権的な仕組みでは、万が一、管理者に問題が発生した場合、システム全体が影響を受けることになる。システムダウンや改ざんなどの問題を根本から解決できることは、ブロックチェーンの大きなメリットと言える。

公明な記録を残すことができる

サービス提供者でも取引記録の書き換えや消去ができないということは、公的な記録を残したい場合には最適な性質であると言える。例えば会社や不動産の登記や、納税、年金の支払いなどの記録にブロックチェーンを使えば、書き換えや紛失のリスクをなくすことができる。

専用アプリでスピーディーに取引

専用アプリでスピーディーに取引

たましんの仕事はお客さまのしあわせづくり たましんの仕事はお客さまのしあわせづくり

コロナ コロナ

エールの扉 エールの扉

キャッシュレス キャッシュレス

通帳アプリ(通帳レス口座) 通帳アプリ(通帳レス口座)

創業支援センターTAMA 創業支援センターTAMA

クラウドファンディング

地域とのパートナーシップ 地域とのパートナーシップ

個人のお客さま

企業・事業者のお客さま

ピックアップ

かりる

しあわせ物語
たましんライフサポート
住宅ローン

便利なサービス

多摩信用金庫
アプリ

便利なサービス

海外送金取組依頼書
WEB作成サービス

ためる・ふやす

マネープラン

ニュースリリース

専用アプリでスピーディーに取引

金融機関コード:1360
登録金融機関:関東財務局長(登金)第169号
加入協会:日本証券業協会

Ⓒ 2003, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G603168
Copyright Ⓒ The Tama Shinkin Bank All Rights Reserved.

個人間送金とは?キャッシュレス決済の次に知っておきたい簡単・時短の送金方法

「送金」というと一般的に、銀行口座間のお金のやりとりを指すイメージがありますが、個人間送金とは銀行を介さずに専用のスマートフォン・アプリなどを使い、電子マネーとして送金する方法です。多くの場合、インターネットを介したキャッシュレス決済サービスの一部として、個人間送金の機能がついたアプリを利用して行います。対面での現金のやりとりの代わりに利用でき、かつ銀行振込や現金書留とも違う新たな送金方法として、個人間送金は注目を集めています。

  • 飲食会計の「割り勘」
  • グループ旅行費のメンバー内での精算
  • カンパなどの一括集金
  • 専用アプリでスピーディーに取引
  • 家族への仕送り
  • 謝礼などの支払い

個人間送金の方法

  1. アプリをダウンロードし、アカウントを作成
  2. チャージ(入金)する
  3. 送金先のアカウントを教えてもらう
  4. 電子マネー形式で送金する
  • 現金を用意する必要がない
  • プライバシーが守られる
  • 週末や夜間も送金できる
  • 個人間送金アプリ内の残高を支払いに使える(アプリによる)

個人間送金を利用するデメリット

  • 自分と相手が同じアプリを利用している必要がある
  • アプリによっては現金を引き出せない

jp-blog-personal-money-transfer01-squoosh

日本における個人間送金の事例

LINE Pay(ラインペイ)

スマートフォンを使ったキャッシュレス決済サービスのうち、日本での利用率が高いLINE Payにも、個人間送金の機能があります。利用するためには事前に本人確認が必要ですが、普及率の高いアプリなので個人間送金にも便利です。LINE Payの電子マネーは、自分の銀行口座に送って現金として引き出すことができますが、その際に手数料がかかります。

PayPay(ペイペイ)

PayPayは、LINE Payと同様に利用者の多いスマートフォンのキャッシュレス決済サービス。相手のQRコードを読み込む、携帯電話番号・PayPay ID宛に送る、リンクを作成して送る、という3種類の手段で残高を送金できる機能があります。店頭での決済にPayPayを導入している店舗も増えているので利便性は高いといえるでしょう。

pring(プリン)

Kyash(キャッシュ)

Money Tap(マネータップ)

Money Tapは、24時間365日いつでも銀行口座から銀行口座への送金が行えるアプリです。2020年末の時点でMoney Tapに対応している金融機関は、住信SBIネット銀行、愛媛銀行、スルガ銀行の3行です。これらの金融機関の口座を持っている人同士なら、無料で送金ができます。

J-Coin Pay(Jコインペイ)

au 専用アプリでスピーディーに取引 PAY

au PayはKDDIが提供するQRコード決済サービスです。au PAYでは、残高を他のユーザーに送金することができます。ただし、送金機能の利用にはauじぶん銀行口座が必要です。

「個人間送金」の中小ビジネスへのメリットとは?

jp blog CTA SOC v2

ECサイト不要でオンライン販売が可能に

「個人間送金」によって変わるビジネス

この記事の公開日は2020年3月27日です。最終更新日は2021年7月6日です。当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash

ラビーネットコンテンツ・機能一覧

PDF→JPG 変換ソフト レインズの図面登録に完全対応したファイル変換ツールです。レインズはJPGのみのファイル対応ですが、ファイルのドラッグアンドドロップの簡単操作だけでPDF図面もレインズ対応のJPGファイルに変換出来ます。

賃貸管理ソフト 業界相場の半額程度の圧倒的コストパフォーマンスと、日本全国で高いシェアを誇る賃貸管理ソフトです。 賃貸管理業務に関わる様々な情報をソフトで一元管理することで、あらゆる管理業務の効率化が行えます。高機能かつ低価格。物件管理、帳票作成、毎月の入金管理から家主様への月次報告・年次報告等、直感的な操作感と使いやすさで御社の賃貸管理業務を堅実にサポートします。

間取り図作成 だれでも簡単に操作できる間取り図作成ソフト!作成したデータ保存が3件(1MB)までの無料のフリーアカウントプランと企業用アカウント・保存データの無制限のビジネスアカウントプランをご用意。 ※会員特別価格の作成代行サービスもございます。

ローンシミュレーション 住宅ローンシミュレーションが簡単・スピーディーに行えます。 「返済額試算」「借入れ額試算」「借換え試算」「繰上げ返済試算」等のほか、ローンプランの併用など詳細なシミュレーションも可能です。

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリ [iPhone]

au Kabucom Securities Co., Ltd.が配信するiPhoneアプリ「auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリ」の評価や口コミやランキング推移情報です。このアプリには「ファイナンス」「ビジネス」などのジャンルで分類しています。APPLIONでは「auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリ」の他にもあなたにおすすめのアプリのレビューやみんなの評価や世界ランキングなどから探すことができます。

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリ

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリのおすすめ画像1

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリのおすすめ画像2

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリのおすすめ画像3

auカブコム FX for iPhone - FX取引アプリのおすすめ画像4

FX取引アプリでFXチャートの確認・トレードをしよう

「auカブコム FX for iPhone」は、au Kabucom Securities Co., Ltd.が配信するファイナンスアプリです。

皆さんが使いづらいと言っていますが
スマホで簡単に取引出来るのは
ありがたいです
操作も簡単で、指値、逆指値、取引履歴、
通貨の売り買いの設定がとても楽です
本当にヤバイ時用の全決済も良いですね
自宅でのトレードなら不満が出ますが
外出先では不満はありません
因みに私のスマホはiPhone11Proです。

FX - ★★★★★
詐欺アプリ、約定しようとしても出来ない時がある。ズレて約定するから損した。両建てしたら売りと買いの間を行ったり来たり、売りも買いもマイナス。
負けるように上手く出来てる、おみごとです!
詐欺アプリ、約定しようとしても. - ★★★★☆
そんなに言われてるほど使い勝手は悪くはなかった。約定に不自然さもなかったのと親会社が1番大きので、引き続き使用予定。
そんなに言われてるほど使い勝手. - ★★★★★

--------------------
■「経済指標のプッシュ通知」を追加
経済指標の発表前と発表時に、スマートフォンのプッシュ通知でタイムリーにお知らせいたします。
アプリ右下の「マーケット」→「経済指標」→「プッシュ設定」からご利用ください。

■「経済指標カレンダー」を追加
経済指標の発表値と前回値と予想値、および重要度を確認いただくことができます。
アプリ右下の「マーケット」→「経済指標」からご利用ください。
--------------------

使い方や遊び方

FX取引をするなら『auカブコム FX for iPhone』
『auカブコム FX for iPhone』は、auカブコム証券の店頭外国為替証拠金取引サービス「auカブコム FX」の取引専用アプリです。
auカブコム証券に口座をお持ちでない方も、FXのレート、チャートがご覧になれます。

『auカブコム FX』はこんな方におすすめのFX取引アプリ 専用アプリでスピーディーに取引
・FX取引をアプリで始めてみたい
・auカブコムでFX取引の口座を開設している
・友人からFX取引をすすめられたが、どのアプリを使ったらよいか分からない
・為替市場の最新ニュースを確認したい
・リアルタイムでレートや指標を確認しながらFXの取引をしたい
・FX取引でチャートを分析する機能を頻繁に使用する
・まずはデモトレードでFX取引を体験したい
・デモトレードでFXの感覚がつかめたので実際に取引してみたい
・チャート上から直接発注できるFX取引アプリを探している
・新規でFX口座を開設し、取引を開始したい
・取引や収支の確認が簡単なFXアプリを探している 専用アプリでスピーディーに取引
・FX取引で資産運用を始めたい
・FXの口座開設はしていないが、レートやチャートを確認したい
・為替レートをリアルタイムでチェックしたい
・チャートでテクニカル分析を行いながら取引をしたい
・FXの収支管理や取引をアプリでまとめて行いたい
・FX取引に欠かせない証拠金状況等をアプリで確認したい

【auカブコム 専用アプリでスピーディーに取引 FX for iPhoneの主な機能】
●リアルタイムレート
auカブコム FX取り扱いの13通貨ペアをリアルタイムで表示。直近の高値・安値も確認が可能です。
スマートフォンならではの洗練されたデザインで、画面の見易さも抜群です。

●ニュース機能
FX市場の最新ニュースがリアルタイムで配信されます。
ニュースの種類も豊富で世界各国の情報はもちろん、
経済指標の結果等、スピーディに確認することができます。

●注文機能
ストリーミング、成行、指値注文に加え、
逆指値、IFD、IFO、OCO、トレール注文といった自動売買にも対応。
建玉の全決済注文も可能です。

●チャート機能
TICKから月足まで9種類の足種を選択でき、また移動平均やMACD等、
代表的なテクニカル分析が行えるチャートをご用意。
さらにチャート上から直接発注できる「チャート注文機能」も搭載し、
快適な操作性を体感することができます。

●参照機能
FXの取引に欠かせない建玉・注文・約定の一覧表示や証拠金状況等の参照。
また、指定レート通知等のお知らせ機能をご利用することができます。

■提供会社
auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号
加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会・一般社団法人 日本STO協会・一般社団法人 日本投資顧問業協会・一般社団法人 第二種金融商品取引業協会(加入順)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる