海外FXの始め方とは

海外FXスプレッドの基本

海外FXスプレッドの基本
FXとは?

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

FXのスプレッドとは?各社比較と計算方法を徹底解説!

FXのスプレッド比較

本記事でスプレッドが狭いFX口座として紹介しているのは、SBI FXトレード、外為どっとコム、GMOクリック証券の3つです。それぞれの特徴を簡単に以下にまとめました。
SBI FXトレード:業界最狭水準のスプレッドの狭さ。少額投資に向いている。
外為どっとコム:スプレッド縮小キャンペーンが豊富。たくさん取引したい方向き。
GMOクリック証券:FX取引高が世界1位 ※ 。さまざまな投資スタイルに柔軟に対応できる。
通貨ペア数など詳細を知りたい方は、ぜひ記事内をチェックしてみてください。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

  • 銭を円換算する。
    1銭=0.01円なので、「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

FXのスプレッドは、 通貨間で生じる交換レートの差 によって生じます。通貨交換をイメージすると分かりやすいかもしれません。
・日本円→ドル:1ドル120円41銭
・ドル→日本円:1ドル110円41銭
のとき、日本円でドルに交換して、すぐにドルで日本円を戻すと10円の損失となります。この10円という差額がスプレッドと呼ばれるものです。

  • スプレッド=Bid(売値)とAsk(買値)の差=取引に生じる「コスト」
  • スプレッドが狭い=手数料が安い・スプレッドが広い=手数料が高い
  • 手数料の計算は「通貨取引量×スプレッド」
  • 通貨取引が多ければ多いほど コストが増大 海外FXスプレッドの基本 する
  • 「銭(せん)」は日本円と外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1銭=0.01円)
  • 「pips(ピップス)」は日本円以外の外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1pip=1銭)
  • スプレッドは為替市場の相場に影響されて常に変動している
  • 多くの証券会社では投資がしやすいように一定期間スプレッドを原則として固定している

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

スプレッドの意味をわかりやすく解説

スプレッドとは

FXとは?

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

【FX】スプレッドの意味とは?分かりやすく解説

スプレッドの意味とは

スプレッドって何?

FXでのスプレッドは、FX業者が提供している 通貨の「買い値」と「売値」の差の広がり のことを言います。

FXのスプレッドの仕組み

なのでスプレッドは 投資家側の取引コスト 、 取引するための利用料や手数料 海外FXスプレッドの基本 みたいなものと思っていれば良いと思います。

スプレッド(手数料)の計算方法

ドル円のスプレッドが0.5銭だとして、1万通貨取引したとします。この取引でのコストは、1万通貨(10,000)×0.5銭(5,000銭)で50円になります。

固定スプレッドと変動スプレッド

固定スプレッド :固定されたスプレッド

変動スプレッド :リアルタイムで変動するスプレッド

スプレッドは広がる

スプレッドが広がる理由

スプレッドが広がる時、時間帯

災害というのは 地震、テロ、ウイルス流行など経済に大きな影響 を与えるほどの何かが起こった場合注意が必要です。

時間帯でいえば 早朝 、時期でいえば 祝日、年末年始やクリスマス などですね。市場に参加している人が少なくなると、流動性が低下しスプレッドが広がりやすいです。

【FX】スプレッドの比較と違い

スプレッドの広さはFX会社ごとで違う

スプレッドの広さは国内FXと海外FXでも違う

国内FXは客からの注文をインターバンク市場に出しません。銀行や証券会社FX業者などのディーラーが1部をカバーして取引をしています。これを 「DD方式」(ディーリングディスク) といいます。

DD方式は、トレーダーの注文→ FX業者のディーラー→ 銀行→ インターバンク市場

海外FX業者は少し違います。トレーダーの注文→ 海外FXスプレッドの基本 インターバンク市場

海外の業者はインターバンク市場直結で、顧客からの注文を業者のディーラーを通さず、そのまま直接インターバンクで取引を行います。これを 「NDD方式」(リクイディティプロバイダー) といいます。

私たちの注文がそのままインターバンク市場で流れます。 NDD方式は不正ができないので、透明性が高く、安心 してできます。

つまり 海外業者はスプレッドで利益を出していて 、 国内業者は客が損をして利益を出している ことになります。

  • 客が損をすればするほど儲かるのが国内FX業者
  • 客が儲ければ儲けるほど、取引量が増えて儲かるのが海外FX業者

スプレッドの広さは通貨ペアごとでも違う

スプレッドが狭い通貨ペア

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/ドル(EUR/USD)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 豪ドル/ドル(AUD/USD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • ポンド/米ドル(GBP/USD)

基本的に米ドル関連の通貨ペア (ドルストレート)のスプレッドは狭い です。

スプレッドが広い通貨ペア

  • 南アフリカランド(ZAR)
  • メキシコペソ(MXN)
  • トルコリラ(TRY)
  • 海外FXスプレッドの基本
  • 中国人民元(CNH)

【補足情報】トレードスタイルとスプレッドの広さの関係

もしスプレッドが2pipsあったとして、取れた利益が5pipsだとすると、 利益の約半分くらいがスプレッドでなくなってしまいます よね。

スプレッドをチャート上に表示してくれる無料インジケーター一覧

スプレッドをチャート上に表示する便利なインジケーターは? 各通貨ペアのスプレッドを表示してくれるインジケーターは? 無料?有料?ダウンロード方法は? スプレッドを表示しておくメリットは? このような疑.

なぜ海外FXのスプレッドは国内FXのスプレッドより広いのか?海外FXと国内FXを比較してみた

国内FX業者と海外FX業者のスプレッドの違い 理由 バナー

なぜ海外FX業者と国内FX業者のスプレッドに差があるのでしょうか?
このスプレッドの差は各FX業者の方式による違いが大きいとされています。
国内FX業者は基本的にDD方式(Dealing Desk方式)、海外FX業者は基本的にNDD方式(Non Dealing Desk方式)を採用しているからスプレッドに差があるのです。
DD方式が悪い、NDD方式が良い、ということではありません。
それぞれの良さがありますが、一般的にいうとNDD方式のほうがメリットが高いのが特徴です。

国内FXを使って取引をしたい場合のポイント

NDD方式を採用している国内FX業者を選択すべき

国内FX業者でも完全なNDD方式ではないですが、一部分をNDD方式を採用している国内FX業者も存在します。
私がオススメするのは「外為ファイネスト」または「OANDA JAPAN」です。
この2社は一部分のみですがNDD方式を採用しているので、他国内FX業者よりも比較的透明性の高い取引を行うことが可能です。
外為ファイネストは約定力が強く、OANDA JAPANはツールやコンテンツが充実しています。

MT4を使用できる国内FX業者を選択すべき

MT4を利用したほうが良い理由は2つあり、一つ目はMT4が世界的に使われているのでカスタムしやすいことです。
MT4は、MQL4というプログラム言語で動きます。
公式が配布している中には、有志のプログラマーが無料で作成したプログラムファイルも配布されていることもあります。
プログラミングができる方は、そのソースを改造してより良いインジケーターに仕上げたり、使いやすくすることも可能です。

二つ目は自動売買EAを使えることです。
自動売買EAはエキスパートアドバイザーと呼ばれるファイルをMT4に導入することで売買されることが可能です。
国内FX業者のほとんどがオリジナルのプラットフォームを使っているので「エキスパートアドバイザー(EA)」が使用することができないのでご注意してください。

海外FXスプレッド比較!スプレッドが狭い海外FX口座ランキング2022

以前:1.5pips
6時02分 3.5pips
6時07分 5.9pips
6時12分 3.4pips
6時17分 3.7pips
6時22分 3.2pips
6時27分 3.2pips
6時32分 3.0pips
6時37分 3.2pips
6時42分 2.9pips
6時47分 海外FXスプレッドの基本 3.0pips
6時52分 2.7pips
6時57分 2.7pips
7時02分 2.5pips
7時07分 2.4pips
7時12分 2.2pips
7時17分 1.6pips
以降:1.5pips

と、6時~7時の早朝にスプレッドが大幅に広がっているのがわかります。

早朝にスプレッドが広がる理由
  • 流動性が下がる → 「買い」を希望する投資家も、「売り」を希望する投資家も減るため、マッチングしようとすると、その差が広がってしまう
  • カバー先が減る → 海外FX業者はリクイディティプロバイダーからレートを提供してもらって、トレードをします。リクイディティプロバイダーの提供レートの中から一番条件の良い価格を自動的に提示するのですが、早朝はリクイディティプロバイダーの数も減り、一番条件の良い価格であっても、通常時よりはスプレッドが広がってしまう
早朝でスプレッドが広がる時間帯はトレードしない
  • 5:30~6:00:スプレッドがやや広がる → 注意しながらトレード
  • 6:00~6:30:スプレッドが急激に広がる → トレードをしない
  • 6:30~7:00:スプレッドが広がる → トレードをしない
  • 7:00~7:30:スプレッドがやや広がる → 注意しながらトレード

海外FXスプレッドのその他の質問

海外FXで最狭スプレッドの海外FX業者はどこですか? 当サイトで、同環境で測定した平均スプレッドでは、TitanFXが一番狭いスプレッドを提供しています。 海外FX業者のスプレッドを狭くする方法ってありますか? 海外FX業者のスプレッドを狭くする方法ってありますか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる