オプション取引の基本

儲かる仕組みの作り方

儲かる仕組みの作り方
まとめる情報を決める

在庫管理が強い企業の共通点は儲かること

第2のユニクロと言われるアパレルブランドです。
創業以来の20年間借入れなしで売上高1000億円を
達成しています。
その秘密は在庫回転率にあります。
徹底してROA(総資産利益率)を高める姿勢で、店舗を小さくして
固定費と店頭在庫を抑えています。
また、製品寿命が短くすぐに不良在庫になりがちなアパレルですが、
在庫の消化率を常にチェックし、細かく値引きを行うことで、値引きによる
利益のロスを最小限に抑えています。

儲かる企業の共通点

トップの決断

トップが在庫をどう持つかということを販売戦略から逆算して
徹底しています。ブレない姿勢、やり抜く意思、そして社員が
それを守る環境が出来上がっています。

製品を絞り込み、無駄な在庫を持たないという戦略を
取っています。アースミュージック&エコロジーのように
店舗数を小さくして、置ける在庫の量を物理的に制限するという
方法もあります。(コンビニの戦略と似ています。)

ロスの徹底排除

廃棄や値引き、売れ残りのロスを徹底的に排除しています。
ひとつひとつの価格は小さいですが、積み重ねるとロスの金額
は大きく膨らみます。

生産性の向上

オペレーションの簡素化や基準化を徹底しています。
いきなりステーキのように製品を絞り込めば、社員の習熟する
技術の種類数は少なくて済み、同じ作業が増えるので習得スピ
ードは格段に向上します。

どの企業も在庫分析を怠っていません。未来の予測は、現在ある
材料からしか分かりません。「勘」は人により精度が変わります。
分析をすれば数値になるので、基準さえあれば誰にでも判断が
できます。

お金の種は工場に落ちている

売上アップというと、営業や集客、マーケティングなど 儲かる仕組みの作り方 外に目が向きがち
ですが、実は工場の中に「お金の種」がたくさん落ちています。
そのお金の種は、在庫の種類、量、状態を見ればすぐに分かります。
在庫管理をキーにしたしくみ作りこそ、企業が儲ける仕組みです。

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめサイトの種類

個人のまとめサイトでも、多くの人が関心を持っているテーマを扱い、アフィリエイトなどを組み込んで運営していくと、毎月一定の収入を得られるようになる可能性があります。副業としてまとめサイトを運営している人も少なくありません。

1.まとめブログ

ブログを使用したまとめサイトが「まとめブログ」です。ブログに内容をコピペするだけで簡単に作れるので、個人で運営しているものによく見られます。とくに多いのが、巨大匿名掲示板2ch( 現5ch )のスレッドをコピーしてまとめたもの。

関心の高いテーマで内容が見やすく整理されているブログはPV数が稼ぎやすいので、アフィリエイト広告を貼っておくと、それなりの収入が得られるようになることもあります

しかし、アフィリリンクを貼ったまとめブログを運営する人が増えてきたために、現在5chは転載禁止となっています。まとめブログで使用する場合には許可が必要なので、注意しましょう。

2.キュレーション型サイト

キュレーション型のまとめサイトは、ユーザー登録をすれば誰でもまとめを作って投稿できます。好きなジャンルや関心の高いテーマに合わせて、情報や画像を収集し公開します。アクセス数や記事数が多くなれば、運営側から報酬を得られることもあります。

すでにサイトのベースができていて、ユーザーはテンプレートに従って投稿するだけなので、簡単に情報がまとめられるのがメリットです。個人で一からブログを作ってコツコツと記事を上げていくより、気軽に始めやすいでしょう。

3.まとめWiki

手軽に更新できるので、最新情報をスピーディーにまとめられる点がメリットです。情報が随時アップデートされていくゲームの攻略情報まとめなどに、よく利用されています。

まとめサイトの簡単な作成方法

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめサイトの簡単な作成方法

まとめサイトは、自分でも簡単に作れます。まとめサイト作成に利用できるツールの中には、無料のツールもあります。まずは、まとめサイトを簡単に始められるツールについて見ていきましょう

1.WordPressを使う

WordPressを使う場合、サーバー代とドメイン代が毎月それぞれ約1,000円ずつかかります。また、有料のテーマを使ってまとめサイトを作る場合には、別途その料金も必要です。

WordPressのメリットはなんといってもデザイン性やオリジナリティが出せるところです。初心者でも扱いやすく、自由にデザインができるので、他のまとめサイトと差別化をはかれるでしょう。またWordPressはSEOに強いので、アクセスを集めやすいというメリットもあります。

2.ツールを使う

5chのまとめサイトを作る時に、5chの膨大なスレッドやレスからテーマに関係のあるものを抜き出してまとめるには、5chのまとめサイト作成に特化したソフトやツールを使うといいでしょう。自動でスレッドや画像を取得できるタイプ( ワードプレス用プラグイン「まとめいる」 )、コメントの自動抽出や編集ができるタイプ( ワードプレス用プラグイン「2.5ちゃんプレス」 )などもあります。

定期的に記事を作成していくなら、ツールを使用したほうが断然作業効率が良くなります。有料のソフトもありますが、初心者はまずフリーソフトを使ってみるといいかもしれません。効率良くまとめサイトを作れる方法を探してみてください

3.無料ブログサービスを使う

コストをかけずにすぐにまとめサイトを始めたいなら、無料ブログサービスを利用しましょう。アメブロやライブドアブログなどが代表的です。どの無料ブログでも操作や設定は難しくないので、登録すればすぐに始められます。テンプレートの数は少ないですが、デザインのカスタマイズが可能です。

デザインは、まとめるサイトの雰囲気やイメージなどに合わせて選びましょう。自分の趣味だけに走ってしまうと、アクセス数の伸び悩みにつながることもあります。無料ブログを使ってアクセスを稼いでいる他のまとめサイトを参考にしてもいいですね。

まとめる情報を決める

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめる情報を決める

1.5ch系(2ch)

また、5chでは取り扱われているテーマが幅広いので、ジャンル選びも収益に関わってきます。ジャンルによってまとめサイトを訪れるユーザー層は変わるので、掲載する広告も考えたうえで決めましょう。

2.YouTube

テーマに沿った動画を集めた、YouTubeの動画まとめサイトもおすすめです。YouTubeの動画共有部分にある埋め込みタグを使用すれば、外部のサイトでも再生可能です。WordPressのプラグインを使うと、自動で動画まとめサイトを作れます

オリジナルのタイトルをつける、文章を書き足す、ハッシュタグをつけるなど、アクセスを稼ぐための工夫が必要です。また、SNSを活用してアクセスアップにつなげる方法もあります。

3.Twitter などのSNS

Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)などのSNSは、有名人から一般人まで多くの人が使っています。なかでもTwitterは「つぶやき」がメインのSNSなので、特定のジャンルについてさまざまな情報を得やすく、まとめやすいでしょう。

Twitterのまとめサイトを作る時には、ツイート内容をコピペする方法、スクリーンショットを撮って貼りつける方法、ツイートの埋め込みタグを利用して貼り付ける方法があります。コピペやスクショの場合には、トラブルを防ぐためにも、ツイート元のアカウントやURLがわかる状態で貼り付けましょう

検索サイトからのアクセスを考慮するなら、トレンドキーワードを活用するといいでしょう。

稼げるまとめサイトの作り方3つのコツ

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

稼げるまとめサイトの作り方3つのコツ

まとめサイトで1番大切なのはマネタイズ( 収益化 )です。アフィリエイトをつけるだけで収益が上がるというものではありません。まとめ記事ばかり作っても、稼げないのでは意味がありませんよね。

稼げるまとめサイトを作るためには、押さえるべきポイントがあります。ここでは3つのコツをお伝えするので、まとめサイトを作る時には、すべてクリアするようにしてみてください。まとめのテーマとターゲットになるユーザーの目線で広告を選び、閲覧しやすいサイトを作っていくことが大切です。

1.サイトのテーマに合う広告を載せる

サイトのテーマを決めたら、ターゲットとなるユーザーを決めます想定したユーザーが好むような広告を載せることが収益化につながります。

広告にはいくつかの種類がありますが、簡単に設置できるのがクリック型と成果報酬型です。クリック型は、リンクのクリック数に応じて報酬が発生します。成果報酬型は、リンクから商品やサービスを購入した人がいると、報酬がもらえるシステムです。

たとえば、女性に人気があるアイドルのまとめサイトを作る場合、訪れるユーザーはほとんど女性でしょう。パソコンやインターネットに詳しくない女性は、クリック型の広告を押してくれる確率が高く、女性向けのダイエット食品やコスメなどの広告を掲載すると利益が上がりやすくなります。

反対に男性が好むテーマのまとめサイトやITに詳しい人が閲覧するまとめサイトなら、成果報酬型の広告を選ぶといいでしょう。

2.スマホで見やすいデザイン・ページレイアウトを心がける

最近はホームページをスマホから閲覧する人が多いので、スマホから見やすい記事を作成することも大切です。まとめ記事を公開する前に、必ずスマホでチェックしましょう

パソコンで見た時に気にならなくても、スマホで読むと1行が長く感じる記事は、見づらいので離脱されてしまいます。3行程度で改行すると、スマホからも読みやすくなります。デザインやページレイアウトもスマホユーザーが見ることを前提として、見やすいページ作りを心がけましょう。

3.記事はコツコツ書いていく

まとめサイトを育ててマネタイズするためには、日々コツコツと記事を書いていく必要があります。サイトが更新されることで、検索の上位に表示されるようになるからです。また、タイトルは記事の顔、入り口です。SEOを意識して、なるべくインパクトがあって記事を読みたくなるようなタイトルをつけましょう

とくにまとめサイト立ち上げからしばらくは、100記事上げるのを目標にして、毎日できるだけ多くの記事をアップしていきましょう。慣れてくるとまとめ記事作成にかかる時間も短くなります。PV数が落ち着いてきたら、1日1記事くらいのペースで書いていくといいですね。

まとめサイトの作り方をマスターして副業にしよう

まとめサイトの簡単な作り方は?仕組みや稼ぐ方法についても徹底解説

まとめサイトの作り方をマスターして副業にしよう

しかし、マネタイズするためにはノウハウを学習することや、オリジナリティを出すための工夫が必要不可欠です。継続してまとめ記事をアップすることでPV数が伸びていくので、十分なPV数が稼げるようになるまでは、頻繁に記事を上げましょう

お金を稼ぐ方法27選。月収100万円も可能な副業や現金の作り方

株式投資の仕組みを説明する画像


株式投資とは、簡単に言うと、株式会社が発行する「株式」を売買して、値上がり益でお金を稼ぐことです。

値上がり益キャピタルゲインを説明する画像

  1. 証券会社の口座開設をする
  2. 証券会社を通じて株式を購入する
  3. タイミングを見て売却する

証券取引所の説明画像

日本には様々な証券会社が存在します。 儲かる仕組みの作り方 初心者におすすめする証券会社の選び方のポイントは3つ です。

  • 手数料が安い
  • サポート体制が充実している
  • 取り扱い商品が多い

楽天ユーザーなら楽天証券

  • 楽天会員なら口座開設が簡単
  • 楽天スーパーポイントで投資できる&投資でポイントが貯まる
  • 初心者に嬉しいマーケット情報が豊富
  • 取引金額が100万円以内なら手数料0円&全体的に手数料が安い
  • 「マーケットスピード」という機能性の高いツールを無料で使える

口座開設までが早いDMM.com証券

  • 口座開設は最短即日で取引開始が可能
  • 手数料が業界でも最安値水準
  • 口座開設後1ヶ月は取引手数料が無料
  • 24時間、電話でのサポートが受けられる(月~土)
  • コカ・コーラ、アップル、アマゾンなどの米国株式も1株単位で売買できる

DMM.com証券公式ページへ

100円から始められるSBI証券

  • 口座開設が最短翌日とスピーディ
  • 口座開設も口座管理も無料
  • 株取引手数料が全体的に安い
  • サポートデスクがあるので初心者でも安心
  • 株主優待で投資先を決めたい人に嬉しい株主優待検索サービスがある

LINE Pay で少額投資ができるLINE証券

  • スマホだけで口座開設が完了
  • LINEアプリで手軽に取引できる
  • 1株数百円から売買できる
  • 儲かる仕組みの作り方
  • 投資信託の全ての商品で購入手数料が無料
  • キャンペーンやタイムセールが多い

幅広い年代に人気の松井証券

  • 1日の約定代金の合計が50万円以下で何度取引しても手数料無料
  • サポートがとにかく充実しているので初心者も安心
  • 無料でカリスマトレーダーのセミナー動画が見られる
  • 株主優待でおなじみの桐谷広人さんもおすすめしている

【とにかくすぐにお金が必要】な時に試したい当日中にお金を稼ぐ方法3選

即日給料が受け取れる日払いバイト

  • イベントスタッフ
  • 工場の軽作業
  • 土木系の現場作業員
  • 引っ越し作業員
  • キャンペーンスタッフ
  • アンケート調査
  • 試験監督
  • 儲かる仕組みの作り方
  • デリバリーで商品を顧客へ運ぶ(ウーバーイーツ)
    儲かる仕組みの作り方
  • 引っ越し 1ヶ月で33万円
  • 儲かる仕組みの作り方
  • 選挙の受付 1日4万円
  • 地元の神社で巫女 2日で2万4千円
  • シルバーアクセサリーを作って販売 2日で4万円
  • 文書校正 1案件(一週間程度)で4万円
  • 技術スポットコンサル 1時間で3万円

リサイクルショップで不要品を売る

一時的に商品を利用してお金を稼ぐなら質屋に預ける方法もある

  • 利息が高額になりやすい
  • 決められた期限までにお金を返さないと品物を失う

【収入そのものを増やしたい】時の副業でお金を稼ぐ方法12選

  • 会社によっては副業が禁止されている
  • 会社員の場合所得が年間20万円を超えると確定申告が必要になる

空き時間がある時にやればまとまったお金が稼げる短期バイト

属性 おすすめの時期
主婦(主夫) 都合がつく時ならいつでも
学生 夏休みなど長期休暇中
社会人 ゴールデンウイークや年末

車を使っていない時間がある人向けの個人間カーシェアリング

駐車場が空いている時間がある場合は駐車場シェア

自分の都合で働きやすいデリバリーの配達パートナー

配達パートナーの仕事で有名なのは、Uber Eatsですね。Uber Eatsの場合は、アプリをオンラインにすれば好きな時間に稼働できます。報酬は週単位で得られるので、早めに収入を受け取りたい人にもピッタリです。

フランチャイズで儲かる業種とは?基本の仕組みと向いている人の特徴

フランチャイズ 儲かる

加盟するビジネスオーナーが本部(フランチャイザー)にロイヤルティという料金を支払うことで、お店やサービスの運営に必要なノウハウ・設備などを活用できるのがフランチャイズです。

商標を利用できるだけでなく、本部がこれまでに培ってきたやり方も踏襲できます。一から個人で事業を立ち上げるよりも、スタート時点から集客しやすいでしょう。

本部とフランチャイズ契約を結んだ加盟店(フランチャイジー)は、事業運営に必要なさまざまな権利を得られます。その対価として、契約のための加盟金に加えて、毎月の売上から一部をロイヤルティを本部に支払うのです。

本部に支払うロイヤルティの意味

  1. 売上に対して一定の割合をかけた金額を支払う『売上歩合方式』
  2. 粗利益に対して一定の割合をかける『粗利分配方式』
  3. 売上金額にかかわらず毎月決まった金額を支払う『定額方式』

儲かるかどうかはやり方次第

フランチャイズで開業すれば、すでに成功しているビジネスモデルをそのまま踏襲できます。起業家が一からビジネスを始めるよりも、成功しやすいと思うかもしれません。

しかし、どのような状況でも必ず成功できるわけではなく、儲かるかどうかは加盟店のやり方次第です。

業界によっても事業継続のしやすさは変わってくるので、できるだけ儲かりやすいジャンルを選びましょう。

ただし、コンビニのように相応のニーズが見込める業界はロイヤルティも高く設定される傾向にあります。市場の成長率や参入のしやすさで選んでも、ロイヤルティが高くて儲からない可能性も考えて業種を選ばなければなりません。

フランチャイズには向き・不向きがある

既存の枠組みを活用できる人に向く

すでに用意されたブランド力やノウハウを活用して、地道に事業を継続できる人はフランチャイズに向いているといえるでしょう。

フランチャイズでは本部の決めたやり方の範囲で動く必要があり、取り扱う商品やサービスも決まっているのが通常です。

枠組みの中で自分の仕事をやり遂げられるのであれば、フランチャイズのメリットを生かしやすいといえます。

逆に、提供する商品・サービスやターゲット顧客の選定、ビジネスモデルから作り上げたい人には向きません。既存の枠組みが息苦しく感じてしまい、運営に不満を覚えるでしょう。
儲かる仕組みの作り方
さらに、フランチャイズでは本部からの指示に従わなければならないケースも多々あります。さまざまな制約の中で細かい工夫をしながら、事業を運営できる人にはおすすめの形態です。

自発性に欠けていると難しい

フランチャイズでは本部からの指示に従いながら、事業を運営しなければいけません。とはいえ、自分のビジネスとして事業や店舗をマネジメントする姿勢も求められます。

具体的な商品構成をどうするか・どのような方針で人材を育成するかなど、加盟店が自らの裁量で決めなければならない点は多いものです。

本部からある程度のサポートは受けられるといっても、それに依存してしまい自発的に動けない人には難しいでしょう。

事業の骨格部分は本部のモデルを踏襲するものの、お店や事業をどう育てていくかは加盟者が考えなければいけません。

フランチャイズ開業を成功に導くポイント

フランチャイズ 儲かる

ゴールを明確にして始める

たんに『儲かりそうだから』という理由で、安易にフランチャイズに加盟する人も少なくないようです。しかし、フランチャイズに限らず、事業を成功に導くには明確なゴール設定が欠かせません。

何のための事業をするのか、どこを目指すのかを明らかにしておかなければ、一貫した施策を取れなくなってしまうでしょう。

あるべき姿がはっきりしないと事業を進める中で行動にブレが生じてくるので、売上を伸ばす工夫も思いつきにくくなります。

フランチャイズへの加盟は事業のスタートに過ぎません。始めた先のビジョンも、準備の段階でしっかりと決めておきましょう。5年後、10年後の姿を明確にしておくことが大事です。

サポートとロイヤルティのバランスを考える

フランチャイズは業種はもちろん、本部企業によってサポートの質も支払うロイヤルティも変わってきます。

本部のサポートにばかり依存する体質ではいけませんが、何か問題が起こったときに助けがあるのは大きな安心材料です。どれだけのサポートが受けられるのかは、契約前にチェックしておきましょう。

高額なロイヤルティを払っているにもかかわらず、十分なサポートを受けられないという事態は避けたいところです。受けられるサポートとロイヤルティの額を見比べ、割の良い加盟先を選ぶと失敗が減ります。

決められたロイヤルティを払う価値があるかどうかは、サポートの他にブランド力やノウハウの質も考えて判断しましょう。

開業資金は余裕を持って準備する

フランチャイズだと開業当初からある程度の集客が期待できるため、運転資金をほとんど準備せずに開業してしまう事業主も少なくないようです。

しかし、フランチャイズで開業したいなら、開業資金は十分な余裕を持って用意する必要があります。加盟金だけでなく、スタート後の売上が少ない時期でもロイヤルティは発生するためです。

成功しているビジネスモデルを使えたとしても、オープン前に立てた売上予測の通りに事業が進むケースは珍しいでしょう。わずかな期間で運転資金が底をついてしまうケースもあるため、開業資金は多いに越したことはありません。

売上が思うように伸びなくても経費やロイヤルティを支払えるよう、最低でも売上目標の半年分は用意しておくと安心です。

成功しやすいとされる業種3選

①コンビニや飲食店

コンビニや飲食店は、フランチャイズチェーンとして人気の業種です。特に、コンビニはフランチャイズとして非常に数が多く、日本全国で展開されています。本部から店舗運営について、多くのノウハウを学べるでしょう。

人材採用や教育・経営分析に至るまで、さまざまなサポートを受けながらお店を運営できます。初めて店舗運営を経験するコンビニオーナーも少なくありません。

特定のジャンルに特化した飲食店であれば、本店から実践的な経営ノウハウも学べます。その分野での経営について学べるため、1人でお店を持つ前段階としてもおすすめです。

コンビニも飲食店も、ブランド力が集客数に大きく関わります。自ら立ち上げるより、フランチャイズの方が成功しやすいジャンルといえるでしょう。

②ハウスクリーニング

個人の家に行って清掃を請け負うハウスクリーニングは、市場全体が成長傾向にあります。今後ニーズの拡大が予想されるため、フランチャイズ開業におすすめの業種です。

日本全国で単独世帯や共働きの家族が増えているため、家主に代わって家の清掃をしてくれる業者は、現在よりさらに広く受け入れられていくでしょう。

事実、近年は多くのハウスクリーニングのフランチャイザーが登場しており、多くの本部が事業を拡大している状況です。200万~300万円程度の開業資金で、フランチャイズ契約を結べる企業もあります。

また、在庫を持つ必要がなく、比較的低コストで始められる点もおすすめのポイントといえます。初めて事業をする人でも始めやすいでしょう。

③整体やマッサージ

整体やマッサージなどのフランチャイズも人気です。提供するサービスによってそれぞれ資格が必要になるものの、高齢化社会では今後も一定のニーズを見込めます。

フランチャイズ契約を結んで診療所を開くだけでなく、施設を持たない訪問型マッサージのフランチャイズに加盟するのも一つの方法です。物件や設備にかかる開業資金を抑えたいなら、訪問型も視野に入れましょう。

マッサージ自宅や小さな事務所を拠点として、開業することも可能です。マッサージや整体の資格を持っている・これから取得できるという人は、選ぶ業種の選択肢になるでしょう。

フランチャイズへ加盟する前の確認ポイント

フランチャイズ 儲かる

①契約終了後に同じ業種で営業できるか

フランチャイズ契約が終了した際に、『同じ業種で個人開業できるかどうか』は最初に確認しておきましょう。

フランチャイズで開業しても、経営ノウハウを学んだ後は自らの事業を興したいと考えている人は少なくありません。しかし、契約にあった『競業避止義務』のために、同業での起業を断念せざるを得なくなる可能性があります。

競業避止義務とは簡単に言うと、所属していた組織(フランチャイズではフランチャイザー)の不利益になる行為をしてはいけないという決まりです。

フランチャイズ契約で競業避止義務が課されていると、契約が終了した後に定められた期間は同じ業種で営業できません。

ノウハウを持ち出されてライバルが増えるのを避けるために、多くのフランチャイザーが加盟者へ競業避止義務を課すのです。

フランチャイズ契約を結ぶ際には、まず競業避止義務が課せられるかどうかを確認しましょう。義務がある場合には、期間や対象となる業務の範囲をチェックしておきます。

②契約書を理解するための情報

フランチャイズ契約を結ぶ際には、内容を確実に理解して不明点がないようにしておきましょう。契約書を読み込む際には疑問点や懸念点をメモして、本部企業の担当者によく確認します。

また、不利な契約を結ばないようにするためにも、契約書を読み解くための情報は事前にチェックしなければなりません。

中小企業庁や日本フランチャイズ協会(JFA)が発信している注意事項や、本部企業と加盟店とのトラブル事例を調べておきましょう。実際に起こったトラブルを知っておけば、事前に対策を立てられます。

しっかり勉強してフランチャイズ開業を

フランチャイズ開業では、全くのゼロから事業を始めるよりも効率的に集客や経営スキルの習得ができます。本部企業のブランド力や設備・ノウハウを活用でき、開業当初から売上を出しやすいのが魅力です。 儲かる仕組みの作り方

しかし、向いている人も向いていない人もいるため、自分が本当にフランチャイズで成功できるのかを考えて加盟を判断しなければなりません。努力によっても儲けられるかどうかは変わってきます。
儲かる仕組みの作り方
業種やフランチャイザーを選ぶところから、知識がなければ成功は見込めません。市場状況やフランチャイズ契約の確認ポイントも押さえ、勉強を重ねて開業に備えましょう。

気絶するほど儲かる絶対法則 「売れるしかけ」と「勝てるしくみ」の作り方

『営業マンは断ることを覚えなさい』で、仕事の常識をひっくり返し、あらゆる業界に衝撃を与えた天才コンサルタント・石原明の渾身の書き下ろし!
今回はとくにマーケティングに的を絞り、「儲かるように儲ける方法」を、めいっぱい伝授します。
うまくいかない理由は、どう頑張るかを理解せずに、ただやみくもに頑張っているから。本書で紹介されている「業績右肩上がりまくり」の会社の実例を参考にしながら、「売れるしかけ」と「勝てるしくみ」を身につければ、もう怖いものなしです!

目次より
行き詰まっている業界こそ、他業種からヒントをもらう
10倍成功したかったら、はっきりした目標はもう持たない
本当に強いのは「2匹目のドジョウ」をコンスタントに出せる会社
いやなお客と手を切ることからすべては始まる
究極の「寝た子は起こさない」理論
「安い」という宣伝には安いお客しかこない
買ってもらったら、「電話をしてもいい」という権利が発生する
「お客さんは忘れる」ということを忘れない
「いいものが売れる」というわけではない
業界を制覇するには「プロ化」と参入障壁
儲かったことが理由で倒産する
世の中は、縮小・拡大の関係にある
教育とは、同じ人間に同じ話を400回言えるかどうか

投稿元:

本質を突く内容。 商売の本質をつく内容だ。当たり前のように感じるけれども、実際、この本を読む前には考えもしていなかったような基本的な考え方を知ることができる。
顧客化:買ってもらったら、「電話をしてもいい」という権利が発生する。ものを買ってくれたということは、いわば恋愛が成立したということだ。

「いいものが売れる」というわけではない。よさそうに見えるから売れる。
なぜ買うのかという心理がわかればもっと売れる。→「人だかりには顔を突っ込む」「行列には並ぶ」
「右脳消費」と「左脳消費」=右脳に何かが入ってしまったら、「それでないとだめ」というとこになる。一種のブランド化。

投稿元:


「商品と売り方はワンセット」
「本当に強いのは2匹目のどじょうをコンスタントに出せる会社」
「行き詰っている会社ほど、他業種からヒントをもらう」

などなど、
意識、心構え、考え方について独自の切り口で解説しているのですが、
やはり一番の魅力は

投稿元:

「仕事は親切」
感謝がお金と言おう形で返ってくる。
「お客様が喜んでくれたら嬉しい」という理念をもっている。

◎オープンマーケット
1.市場性 儲かる仕組みの作り方
チラシ、広告を使う

◎世の中に情報を発信してものを売る
1.とにかくお金を使ってどーんとやるか
2.一貫した情報をずっと流していくか

◎定期的なフォローの頻度や周期はどうやって決めるか
1.扱っている商品の購買のサイクルにあわせて決める。
2.住宅の場合は1年に2回、多くてもせいぜい4半期ごとに何か印象に残るようなものを送る。
半年たったくらいに実は成果が出る。

◎利益を上げるには
1.扱うものの単価が高い
2.リピート性がある

◎「この表現で間違いなく売れる」という魔法のフレーズがある。
「レシートをためて合計金額が20万円になったらお米を30kgプレゼント」
「○○人に1人、無料になる」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる