無料体験講座

FXのパラボリックSARとは

FXのパラボリックSARとは
//parabolic SAR signal
double sar = iSAR(NULL, 0, 0.02, 2, 0);
if(Bid > sar) buySignal++;
if(sar > Bid) sellSignal++;

MACD、モメンタム、パラボリックの複合テクニカルを使った手法の検証(トレンドフォロー)

//macd signal
macd=iMACD(NULL,0,12,26,9,PRICE_CLOSE,MODE_MAIN,0);
signal=iMACD(NULL,0,12,26,9,PRICE_CLOSE,MODE_SIGNAL,0);
if(macd > 0) buySignal++;
if(macd < 0) sellSignal++;
if(macd > signal) buySignal++;
if(signal > FXのパラボリックSARとは macd) sellSignal++;

//momentum
signal FXのパラボリックSARとは momentum=iMomentum(NULL,0,14,PRICE_CLOSE,0);
if(momentum > 100) buySignal++;
if(momentum < 100) sellSignal++;

//parabolic SAR signal FXのパラボリックSARとは
double sar = iSAR(NULL, 0, 0.02, 2, 0);
if(Bid > sar) buySignal++;
if(FXのパラボリックSARとは sar > Bid) sellSignal++;

パラメータの指定は無かったのでMT4の規定値(ステップ 0.02, 上限2)を使いました。

if(CountOrders() > 0) bool isBuyClose = false;
bool isSellClose = false;
if(buySignal >= 2) isSellClose = true;
if(sellSignal >= 2) isBuyClose = true;
CloseOrder(isBuyClose, isSellClose);
>

if(CountOrders() == 0) if(buySignal >= 3)
OrderSend(Symbol(),OP_BUY,Lots,Ask,Slippage,0,0,comment,Magic,0,Blue);
if(sellSignal >= 3)
OrderSend(Symbol(),OP_SELL,Lots,Bid,Slippage,0,0,comment,Magic,0,Red);
>

プログラムが終わったらバックテスト!この手法の実力は・・・?

WS000383

コンピュータは例えばMACDがほんの僅かに0より上(0.001)であれば「MACDが0より上」と判断しますので、0付近で上下されるとダマシ頻発です・・・。

仕掛けロジックの変更

だいぶ良くなりました!全然使い物にならないけど(笑)

損切り(ストップロス)の追加

FX Worksの手法でたまに「損切りしません (ドヤァ) 」って書いている人がいますが、それダメなやつですから!(苦笑)

1時間足より長い方が良さそう?

大きなトレンドを掴んで大きい利益が2回。それ以外はダマシの方が多い印象。

トレード時間制限の追加

結論:レンジ相場になると、まるで役に立たない

WS000383 (2)

レンジ相場ではダマシしかありません!(笑)

「どうやってレンジを避けてトレンドに乗っていくか?」 この手法を利用するにあたってはそれが課題となりそうです。(ロンドン時間のみに限定するのも、レンジを避ける有効な手段)

パラボリックSARとは?MT4での設定や使い方、計算式を解説!損失回避できる組み合わせとは?

パラボリックSARとは?MT4での設定や使い方、計算式を解説!損失回避できる組み合わせとは?

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal FXのパラボリックSARとは 」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「 Mixsign 」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「 bolicator 」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「 Bollitouch 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

パラボリックSARとストキャスティックを使用する2ステップの取引戦略

XNUMXステップの取引パターン

まず、でアカウントにアクセスすることです Olymp Trade プラットホーム。 次に、 金融商品 このセッションでは、日本のローソク足チャートを設定します。 次に、プラットフォームの左側にあるインジケーター機能アイコンをクリックします。 で利用可能なインジケーターのリストから「パラボリック」を選択します。 Olymp Trade.

テクニカルインジケーターを追加する方法 Olymp Trade プラットフォーム

インジケーターのパラメーターの一部を変更する可能性があります。 そうしたい場合は、インジケーターの名前の横にある鉛筆アイコンをクリックするだけです。 ここでは、ステップパラメータ、サイズ、およびドットの色を変更できます。

インジケーターの設定と外観はいつでも調整できます

ここで、インジケーター機能アイコンをもう一度クリックする必要があります。 今回はリストからストキャスティクスを選択します。 同様に、確率ウィンドウの鉛筆アイコンをクリックして、インジケーターの設定を調整できます。

パラボリックSARとストキャスティックを組み合わせた2ステップ戦略との取引方法 Olymp FXのパラボリックSARとは Trade プラットフォーム

買いポジションを開く

まず、ストキャスティクスを確認します。 好都合な状況は、そのラインが20の値より下にある場合、つまり売られ過ぎのゾーンに入る場合に発生します。 さらに、%Kは%Dと下から交差し、その上を走ります。

買いポジションに入るシグナル

売りポジションを開く

繰り返しになりますが、まずStochastic Oscillatorで何が行われているかを確認します。 私たちが待っているのは、ストキャスティックラインが80の値を超えて、買いすぎゾーンに分類される場合です。 さらに、%Kは上から%Dと交差し、その下に続きます。

FXのパラボリックSARとは 売りポジションに入るシグナル

2段階の戦略は、XNUMXつの指標を組み合わせたものであり、そのため、あなたからの大きな焦点が必要です。 あなたは両方に従い、あなたが取引に入る前にすべての条件が起こるのを待つ必要があります。 そうして初めて、あなたは利益を得る大きなチャンスがあります。

シグナルが発生した後に発生するろうそくの開口部と一緒に位置に入ります。 最初に確率論を観察し、線が交差するのを待ってから、放物線SARに焦点を合わせます。 ドットが止まって反転する瞬間を待ちます。 次に、購入または販売トランザクションを開きます。

あなたに直接行く Olymp Trade アカウントをデモして、今日の戦略を自分で試してみてください。 ただし、戦略があなたの取引スタイルに合っていること、そして実際の通貨の取引に移る前にそれを研究し、十分に実践していることを確認してください。

パラボリックSAR372手法plusインジケーターまとめ

FX

パラボリックSAR372手法plusインジケーターまとめ

hj_SAR372plus101

hj_SAR372plus100

  • 描画するパラボリックSARライン:3本表示
    • チャート時間のSAR
    • 上位足時間1のSAR(MTF)
    • 上位足時間2のSAR(MTF)
    • SARライン表示ON・OFF選択可
    • ステップ
    • 最大値
    • サイン記号 Wingdings コード指定
    • チャート右端縦ライン
      • 幅指定
      • 事前上昇サイン色指定
      • 事前下降サイン色指定
      • 確定上昇サイン色指定
      • 確定下降サイン色指定
      • 高値安値幅倍数指定
      • ライン幅・スタイル指定
      • 到達ライン色指定
      • 直前高値ライン色指定
      • 直前安値ライン色指定
      • 表示有無選択可
      • 3つの時間軸のSAR、どれか一つ反転したら3本のラインは消えます。
        いい条件見つかればバージョンアップで変更します。
      • 事前通知
      • 確定通知
      • 事前+確定通知
      • 直前高値安値幅到達ラインとEXIT条件:上位足時間1の反転通知は、事前通知のみ
      • 事前通知:事前通知確認時間帯指定可
      • アラートWindow
      • アラート:音ファイル指定
      • メール
      • プッシュ通知

      含み損益合計pips表示インジケーター

      セットしたチャートの通貨ペアの含み損益合計を pips 表示するインジケーターhj_ProfitAndLoss(Ver1.07)。hj_ProfitAndLoss106のバージョンアップ版。 ラベルの表示位置をマウスで移動.FXのパラボリックSARとは

      MACDでトレンド方向判断、MAでトレンド反転を予想通知インジv100

      MA4本パーフェクトオーダー領域背景色変更インジケーターv101

      水平ライン・トレンドラインタッチorブレイク確定エントリーと決済EA、v107

      指定した水平ラインまたはトレンドラインへのタッチ or ブレイク確定でエントリー、エグジットするEA hjEA_LineEntryExit107 hjEA_LineEntryExit106 のバージョンアップ。 EAご使用.

      HMA(FXのパラボリックSARとは Hull Moving Average)ハル移動平均線インジケーターv101

      移動平均線の弱点、遅延表示軽減を目的に Alan Hull 氏が発表した移動平均線。遅延表示軽減にてダマシが少なくなるよう考えられたHMA ハル移動平均線を表示するインジケーター FXのパラボリックSARとは hj_HMA101|上昇・下降色分け表示可!

      インジケーター・EAをご依頼くださってる方々へお詫びとお願い

      MT4のインジケーター、並びに EA(Expert Advisor)のご依頼、ご提案事項で、未対応案件あり|該当する方々、大変申し訳ございません。少しずつプログラミング速度は速くなっていると思いますが、他の方への依頼も視野に入れてください。

      パラボリックSAR372手法+αインジケーターv100

      FX

      パラボリックSAR372プラスαインジケーター

      パラボリックSAR372手法に準じたタイミングでサイン表示、通知をするインジケーター『hj_SAR372plus100』。+αで、たーちゃん氏考案の直前高値安値値幅トレンド方向ブレイクサインを発します。

      たーちゃん氏から受け取った「パラボリック372手法」情報、私は知りませんでした。
      聖杯探しから脱するのと新規情報収集するのとは違うとはわかっていましたが、情報収集せずに今日まで・・・

      たーちゃん氏からの情報内容を読み、作成してみて、『なんだこりゃ、楽にプラスになりそうじゃんか』って感じてしまいました。

      hj_SAR372plus100 仕様

        FXのパラボリックSARとは
      • 描画するパラボリックSARライン:3本表示
        • チャート時間のSAR
        • 上位足時間1のSAR(MTF)
        • 上位足時間2のSAR(MTF)
        • SARライン表示ON・OFF選択可
        • ステップ
        • 最大値
        • サイン記号 Wingdings コード指定
        • チャート右端縦ライン
            FXのパラボリックSARとは
          • 幅指定
          • 事前上昇サイン色指定
          • 事前下降サイン色指定
          • 確定上昇サイン色指定
          • 確定下降サイン色指定
          • 高値安値幅倍数指定
          • ライン幅・スタイル指定
          • 到達ライン色指定
          • 直前高値ライン色指定
          • 直前安値ライン色指定
          • 表示有無選択可
          • 3つの時間軸のSAR、どれか一つ反転したら3本のラインは消えます。
            いい条件見つかればバージョンアップで変更します。
          • 事前通知
          • 確定通知
          • 事前+確定通知
          • 直前高値安値幅到達ラインとEXIT条件:上位足時間1の反転通知は、事前通知のみ
          • 事前通知:事前通知確認時間帯指定可
          • アラートWindow
          • アラート:音ファイル指定
          • メール
          • プッシュ通知

          パラメーター

          使い方概要

          • エントリー
            • 1時間足・4時間足のパラボリックSAR同方向
            • 15分足のパラボリックSARが1時間足・4時間足SAR方向と同調した時点でエントリー
            • 1時間足のパラボリックSAR反転時
              アラート:falseの場合、通知なし
            • このインジケーターでは、このサインは事前通知のみ。
              通知時点でエグジットするか、足の確定を待ってエグジットするか、その間で自分なりのエグジット条件でエグジットするか、ご自分で選択。
            • 上記エントリータイミングの追加フィルター
            • 直前高値と安値の価格幅を越えて伸びた場合、ダマシが少なくなる傾向があるとのこと
            • 価格幅倍数は、2.0 がたーちゃんの経験上いい結果が出てるとのことですので、デフォルト=2.0 にしています。
              通貨ペアによって変更が必要になるかもしれません。
              1.5、1.8,2.5 他、フィボナッチ数値を試すと面白いかも ^_^

            たーちゃんラインを使うかどうかは、両者の損益比率と勝率を比較し、使用者ご自身の許容範囲内であるかどうかがまず重要。
            その後、いい方を選択すればいいです。
            決して勝率だけでは決めないでね。

            インジケーターのセットと削除

            事前通知・確定通知縦ライン表示

            事前通知、縦ライン表示 確定通知、縦ライン表示

            直前高値安値幅到達ライン

            スタイル:SOLID スタイル:DOT

            パラボリックSAR372プラスαインジケーター|価格幅倍数:2.0 パラボリックSAR372プラスαインジケーター|価格幅倍数:2.0

            パラボリックSAR372プラスαインジケーター|価格幅倍数:1.618 パラボリックSAR372プラスαインジケーター|価格幅倍数:1.618

            直前高値安値幅到達ラインの通知

            ストラテジーテスター実行例

            捕らぬ狸の皮算用例

            捕らぬ狸の皮算用例1 捕らぬ狸の皮算用例2 捕らぬ狸の皮算用例3 捕らぬ狸の皮算用例4

            使用上の注意点

            • 上位時間足のSAR
              • カレントチャート時間 < 上位足時間、でのみ表示

              パラボリックSAR372プラスαインジケーター|エントリー?

              ダウンロード

              hj_SAR372plus100

              次足表示までの残り時間表示、表示直前通知インジケーター

              MACDでトレンド方向判断、MAでトレンド反転を予想通知インジv100

              3MAパーフェクトオーダー部背景色変更インジケーター5

              MA2本パーフェクトオーダー領域背景色変更インジケーター101

              MA3本パーフェクトオーダー領域背景色変更インジケーターv111

              MACDトレンド方向、MAでトレンド反転を予想通知するインジケーターまとめ

              たーちゃんライン(直前高値安値幅到達ライン)true時
              4H1H15MパラボリックSARが同じ方向になり事前通知ではなく確定通知でエントリー,
              直前高値ラインと直前安値の間にローソク足が来ると、直前高値ラインと直前安値ラインと到達ラインが表示され到達ラインにローソク足が接触でエグジットでしょうか?

              FXのパラボリックSARとは HappyJiJi より:

              MA さん、
              他の方々から返信あるかもしれませんので、コメント反映します。
              私からは、後日、お返事させていただきます。

              HappyJiJi より:

              MA さん、
              記事に描いてる以上の説明は難しいです。
              あなたの経験がわからないので、まずは、デモ口座であなたの理解している通りに実行してください。
              たーちゃんライン使用不使用の二通りを書かれておられますので、私が伝えたいことはご理解されてると思います。
              ぜひ、ふたつとも試して比較してください。

              なお、たーちゃんラインというのは、たーちゃん氏の検証結果でいい結果が出てたというラインです。
              たーちゃん氏がいい結果を出しているから同じ結果を出せるか、と聞かれますと、使う人によりますとしか言えません。
              なので、絶対に勝てる手法を知りたい、という意図でしたら、対応できません。 FXのパラボリックSARとは
              取引ルールは自分で見つけないと自信をもって取引できませんので、将来にわたって勝ち続けることはできないと思います。
              デモで納得いくまで試行錯誤してください。
              デモ試行しているうちにご自分にぴったりのルールが見えてくると思います。

              価格がしっかり伸びた相場は戻ってきてもまたその方向へ進みます。
              ボールを地面に投げると跳ねあがり何度も弱まりつつも上に跳ねるのと同じです。
              では、実際にトレードするとムカつくほど逆行するのはなぜか。

              指標は仕方ない。
              大切なのはエントリー前に過去を少し遡って確認することです。
              同じ価格で見えていない左側を確認しましょう。
              ・一度グングン伸びた相場は注意です。
              ボールと同じでだんだん勢いが弱まって来るからです。
              今日の日経225はこのインジが機能して利益が出ている方もおられると思いますが、
              左を見ると少しずつ高値を切り下げていることが解ります。
              大きく見ると弱まっているので気を付けよう、となります。 FXのパラボリックSARとは
              そんな中でもリスクをとりつつ、しっかり伸びた直近までは取り合えず狙っていこうと
              リスクリワードの良いところでトレードを考える・・・
              こんな風に今までの相場の流れを観察するようにすると勝率があがります。

              参考になり、ハッピーなインジになれば幸いです。
              失敗例をたくさん集めて避けられるようにしてEA化できれば最高ですね。
              では失礼致します。

              関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる