バイナリーオプション講座

トレンドの定義

トレンドの定義
Fjord Trends 2021では、21世紀型のルネサンス形成にどのように貢献できるか、企業への実践的なアドバイスとともに、ビジネスや生活者の行動、社会について7つのトレンドを紹介している。

トレンド定義に乗る

Raceoptionでお金を入金する方法

Raceoption紹介プログラムのメリットは何ですか?トレーダーがRaceoptionを選択する理由

Raceoptionでバイナリーオプションを取引する方法

Raceoptionでバイナリーオプションを取引する方法

Raceoption多言語サポート

Raceoption多言語サポート

Raceoptionでの取引に関するよくある質問(FAQ)

Raceoptionでの取引に関するよくある質問(FAQ)

Raceoption

言語を選択してください

最新ニュース

Raceoptionでお金を入金する方法

Raceoptionでお金を入金する方法

Raceoptionでアフィリエイトプログラムに参加する方法

Raceoptionでアフィリエイトプログラムに参加する方法

Raceoption紹介プログラムのメリットは何ですか?トレーダーがRaceoptionを選択する理由

Raceoption紹介プログラムのメリットは何ですか?トレーダーがRaceoptionを選択する理由

人気のニュース

Raceoptionでアカウントを登録および確認する方法

Raceoptionでアカウントを登録および確認する方法

Raceoptionサポートへの連絡方法

Raceoptionサポートへの連絡方法

Raceoptionで引き出して預金を稼ぐ方法

Raceoptionで引き出して預金を稼ぐ方法

人気のカテゴリー

DMCA.com Protection Status

一般的なリスク通知: 取引にはリスクの高い投資が含まれます。失う準備ができていない資金を投資しないでください。始める前に、私たちはあなたが私たちのサイトで概説されている取引の規則と条件に精通することをお勧めします。サイト上の例、ヒント、戦略、および指示は、取引の推奨を構成するものではなく、法的拘束力もありません。トレーダーは独自に決定を下し、この会社はそれらに対して責任を負いません。サービス契約は、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の主権国家の領土で締結されます。会社のサービスは、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の主権国家の領土で提供されています。

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

日本のIT戦略を技術・人材の両面から支えるために設立されたIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)がIT社会の動向を調査・分析してまとめている白書です。2009年から『IT人材白書』、2017年から『AI白書」が刊行されてきましたが、昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴ってITとビジネスが密接な関係になってきたことから、これらが統合されて新たに『DX白書 2021』となりました。

1. 「デジタルトランスフォーメーション」

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」は、『DX白書 2021』と白書のタイトルになり、テーマの中核に据えられていることからも非常に重要なキーワードだと認識されていることが分かります。日本の成長戦略を示すものとして、今後しばらくはIT、ICTにおける重要キーワードの1つとして使われていくことになりそうです。

『令和3年 情報通信白書』では、デジタルトランスフォーメーションは一般的に使われている定義は厳密には一致していないとして、物質的な情報をデジタルに変換するデジタイゼーション(Digitization)とサービス提供方法をより良く構築するデジタライゼーション(Digitalization)と区別した上で以下のように定義しています。

2. 「データサイエンティスト」

データサイエンティストの重要性は『平成26年版 情報通信白書』ですでに指摘されていました。ここでは、データサイエンティストの明確な定義は存在しないと前置きした上で「単に企業内/組織内のデータを集約して処理するだけの人材ではなく、そこから有用な知見を引き出した上で、企業の意思決定に活かすことのできる人材(「平成26年版 情報通信白書」より引用)」と解説しています。DXによる事業変革の中核を担う人材を示すキーワードとして、今後しばらく注目を集めていくことになりそうです。

3. 「AI」と「IoT」

コンピュータやインターネットの処理速度が飛躍的に向上したことで、人工知能(AI)の高度化、モノのインターネット化(IoT:Internet of Things)が進みロボットも進化。『平成30年版 情報通信白書』ではこの流れを業務効率化の視点などから導入目的を「業務の自動化」「可視化・分析」「その他・業務支援」と分類・概観しています。『令和3年版』では、すでにAIによる業務の効率化の取り組みが実用レベルで進んでいて、現在「安心・安全で信頼性のあるAIの社会実装」が推進されているとしています。

4. 「アジャイル」と「DevOps」

5. 「RPA(業務自動化)」

日本の労働生産人口が減少しつつある中、生産性を向上させるための取り組み「働き方改革」が国策として進められています。従来より少ない人数でより生産性を高めるための施策として「RPA(Robotic Process Automation)」が注目されています。人手不足に対応するために、業務の自動化を可能にするRPAの導入を多くの企業が進めている状況です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる