最新情報

通貨インデックス

通貨インデックス
アメリカの貿易相手の中でも、中国はトップクラスの金額の取引が行われています。 つまりFRBが発表するドルインデックスは、 アメリカの貿易状況をよく反映した ドルインデックスになるのです。

【Tradingview講座】通貨インデックスの比較チャート作成方法

Tradingviewで表示した通貨インデックスの比較チャート例

▼主要通貨インデックスの比較チャート(クリックで拡大します) 通貨インデックス

・基軸通貨である米ドルは安定した強さ
・オージー、カナダの資源国は3月中盤から買われる
・欧州通貨は似たりよったり

ちなみに通貨の強弱は下記でも解説してるようなサイトやツールでも分かります。

FX侍です、こんにちは。 今回は「通貨強弱が見れるツール」のまとめ。 ホームページとインジケーターをご紹介します。 強い通貨を買って弱い通貨を売る 効率的なFXのトレード戦略として広く知られていますが、通貨強弱を知ること通貨ペア選定に役立ちます。 ただし通貨強弱は.

Tradingviewで通貨インデックスの比較チャートを表示する方法

まずは基準となるドルインデックスを表示しましょう。
(別にドルインデックスじゃなくて他の通貨インデックスでもOKですが)

ドルインデックスを表示する

▼ドルインデックスを表示させる

表示したドルインデックスに、他の通貨インデックスを重ねていきます。
シンボルの追加からJXY(円インデックス)を入力し、同じ%スケールで追加しましょう。

ドルインデックスに円インデックスを重ねて表示する

▼円インデックスを重ねて表示する

FX侍です、こんにちは。 今回はTradingviewで異なる通貨ペアのチャートを重ねて表示する方法を図解で分かりやすく解説します。 こういう感じのチャートですね。 ▼ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート こうした異なる銘柄を1つのチャートで比較する.

比較チャートの表示がズレた場合の対処法

▼比較チャートの表示がズレた場合の対処法

右側のバーの上で右クリック→パーセント表示を選択しましょう。

比較チャートの表示がズレた場合の対処法

▼比較チャートの表示がズレた場合の対処法

これで左端を起点とした変化率が比較できるようになります。

ドルインデックスと円インデックスの比較チャート

▼ドルインデックスと円インデックスの比較チャート

後は他の通貨インデックスを入力していくだけでOKです。
(同じ%スケールで追加するのを忘れずに)

主要な通貨インデックスのシンボル

▼主要な通貨インデックスのシンボル

【主要な通貨インデックスのシンボル】
AXY:オージー
BXY:ポンド
CXY:カナダ
DXY:ドルインデックス
EXY:ユーロ
FXY:スイスフラン
JXY:日本円

仮想通貨 Tankobon Hardcover – May 29, 2015

岡田 仁志
1965年大阪府生まれ。東京大学法学部第一類(私法コース)、第二類(公法コース)卒業。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士前期課程修了。同研究科博士後期課程中退。博士(国際公共政策)。同研究科個人金融サービス寄附講座助手を経て、2000年から国立情報学研究所助教授。2007年より現職。総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻准教授(併任)、総務省情報通信政策研究所特別上級研究員(兼任)。専攻は電子マネーなどのIT-enabled Servicesに関するフィールド調査を踏まえた政策提言。東アジア諸国で電子商取引に関する消費者行動を分析し、近年はメコン河流域国のモバイルペイメントを研究する。1990年代後半から世界各地の電子マネーをフィールド調査、仮想通貨の政策的課題について考察する。電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究会(SITE)副委員長、米国電気電子学会(IEEE)技術の社会との関わり合いソサイエティ日本チャプター(SSITJ)Vice Chairを務める。
高橋 郁夫
1961年福島県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。最高裁判所司法研修所終了(39期)。株式会社ITリサーチ・アート代表取締役。株式会社FFRI取締役、日本クラウドセキュリティ・アライアンス監事、宇都宮大学工学部非常勤講師。第一東京弁護士会所属。
情報セキュリティ・電子商取引の法律問題を専門に研究する。特に、脆弱性情報の責任ある流通体制、ネットワークにおけるプライバシーとセキュリティのバランス、電子マネーの法律問題などを専門として研究する。関与した報告書に、情報セキュリティ対策等の課題への対応のための電気通信サービスの通信の秘密に係る諸外国の法制度等規制の在り方に関する調査研究(総務省)、eIDに対するセキュリティとプライバシに関するリスク認知と受容の調査報告(情報処理推進機構)など。日本弁護士連合会コンピュータ委員会副委員長、第一東京弁護士会・総合法律研究所IT法研究部会部会長などを歴任。第8回情報セキュリティ文化賞を受賞。
山﨑 重一郎
1957年福岡市生まれ。東京理科大学理工学部数学科卒業、九州大学大学院システム情報科学研究科情報工学専攻博士課程修了。博士(情報科学)、九州大学。富士通、富士通研究所、九州システム情報技術研究所を経て、2003年より現職。専門は、並列推論マシンによる自然言語解析、モバイル・エージェント、公開鍵認証基盤、電子地域通貨、webプライバシー技術など。第5世代コンピュータプロジェクト(通商産業省)の一環として並列自然言語解析システムLaputaの開発に携わる。電子署名の連鎖を利用した転々流通型の電子地域通貨システムTravecoup、大規模災害時の医療救援物資流通を目的とする医療関連個人情報の統合的コントロールのための「情報のトリアージ」システムを開発。現在は、Bitcoin型仮想通貨技術による地域通貨システムや社会情報基盤としてのブロックチェインの応用システムの研究を行う。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる