外国為替証拠金取引

通貨の特性とは

通貨の特性とは
オーガーは実世界での未来予測で報酬を獲得できる非中央集権の未来予測市場プラットフォームです。オーガーを利用することで、世界中の人々が未来予測市場を構築しマーケットクリエイター(ブックメーカー)になれることが特徴です。イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトとして開発されたオーガーは、その機能を利用した入出金システムを完備しており、将来は金融商品への応用が期待されるとして注目されています。 [btn ]オーガーの詳細を見る[/btn]-->

仮想通貨-愚者の金(ゴールド)か未来の通貨か

仮想通貨が話題を集めている。昨年までは、仮想通貨の値上がりに乗った一攫千金を狙う話で持ち切りであったところ、今年は一転ひたすら規制モードである。
仮想通貨に関する識者の見解も分かれている。米国連邦準備制度理事会(FRB)の前議長のベン・バーナンキ氏のような肯定派がいる 1 一方で、ノーベル経済学賞受賞の経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏のような否定論者 通貨の特性とは 2 も存在する。一体、どちらの考え方に与するべきなのであろうか。また、そもそも、仮想通貨は、投資対象として考慮に値するものであろうか。本稿ではこれらの点に検討を加えてみたい。

ここで話を仮想通貨に戻そう。
仮想通貨の特徴として、よく取り上げられるのが、(1)中央銀行の管理を受けない「民主的」な通貨であること、(2)匿名性が確保できること、(3)ソーシャルメディアに馴染みやすいこと、である。
それぞれ見ていくと、(1)「民主的」な通貨という点は、まさにその通り、通貨を発行する中央集権的な権限や機能がない以上、その「通貨」の価値の保全は、その仮想通貨取引に参加する人々の意思に委ねられることになる。もし、運営その他の変更がある場合には、参加者の投票で決めることになる。

(3)のソーシャルメディアに馴染みやすい、という点は、「痛し痒し」の面がある。すなわち、比較的短期間に社会に受け入れられやすい反面、人気の過熱を招きやすい。日本では、昨年後半、急激な価格上昇から取り残されたくないという熱に憑かれた個人が続々と参入し、それにより価格がさらに上昇するという現象が生じた 3 が、その後のコインチェックのトラブルで価格が急落、さらに取引を行う人々が一部離脱し、価格下落に拍車が掛かるといった事態に至った。仮想通貨を決済手段として用いることを目的とする場合、幅広く人々に認知されるのは好ましいことではあるが、認知されることが却って価格の乱高下を招くようであれば逆に決済手段として適切さを欠く。

(6)政府の介入という点では、既に述べたように、仮想通貨は、その匿名性ゆえに、不法行為に用いられることが往々にしてありうる(その究極は、マネーロンダリングである)。政府は、仮想通貨のこうした側面を禁止し、規制を掛けてくる公算は極めて高い。そもそも、2018年は、政府や規制当局が仮想通貨を精査する可能性が高いと見られていたが、その矢先に、コインチェック問題が生じ、さらに厳しい目で見られるようになった 5 。この結果、「取引所」(交換業者)が閉鎖に追い込まれる事態も想定されないではない。

では、仮想通貨の今後はどうか?
仮想通貨の根幹を成すブロックチェーンのテクノロジーは、決済などの領域で大きな役割を果たすことが期待される。一方、仮想通貨そのものは、匿名性という利便性があること、潜在的な大きな価格変動があること以上の意義を見出すことは現時点では困難である。
中には、仮想通貨をデジタルゴールドと見做すことができると主張する向きもあるが、金融システムの中で、数千年の間、価値保存の手段としての役割を果たしてきた金(ゴールド)と仮想通貨を同列に扱うのは無理がある。

仮想通貨の一覧・まとめ

イーサリアムは、さまざまな契約を自動化する「スマートコントラクト」を実行可能な分散型プラットフォームです。イーサリアムでは、Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)をはじめとするさまざまな技術によって、オリジナルブロックチェーンとも呼ばれるビットコインの課題に取り組んでいることが特徴です。このイーサリアム上でDAppsを稼働させるために必要となるネイティブトークンが、私たちが仮想通貨取引所で購入できるイーサ(ETH)です。ICOに利用されるイーサリアムの稼働に必要となるイーサは、暗号資産の時価総額ランキングで上位に位置するメジャーアルトコインです。

リップル(XRP)

XRP

ADA(エイダ/カルダノ)

ADA(エイダ/カルダノ)

SOLANA(ソラナ)

Solana(ソラナ)

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)

コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)

コスモスは「Internet of Blockchains」(インターネット・オブ・ブロックチェーン)の実現を目標としたプロジェクトおよびエコシステムです。 「Internet of Blockchains」とは、ブロックチェーンから構成されるインターネットを指します。例えば、ビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンを接続して使用する事はできませんが、「Internet of Blockchains」ではコスモスをハブとして機能させる事で相互乗り入れを可能にする事を目指しています。つまり、インターオペラビリティの実現がコスモスの目的です。

ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)

ビットコインキャッシュ

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

NEM(XEM)

NEM

Lisk(LSK)

Lisk

モナコイン(MONA)

モナコイン

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック

ファクトム(FCT)

ファクトム

オーガー(REP)

オーガー

オーガーは実世界での未来予測で報酬を獲得できる非中央集権の未来予測市場プラットフォームです。オーガーを利用することで、世界中の人々が未来予測市場を構築しマーケットクリエイター(ブックメーカー)になれることが特徴です。イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトとして開発されたオーガーは、その機能を利用した入出金システムを完備しており、将来は金融商品への応用が期待されるとして注目されています。 [btn ]オーガーの詳細を見る[/btn]-->

ステラルーメン(Stellar Lumens)

ステラルーメン

Basic Attention Token(BAT)

Basic Attention Token

Basic Attention Token(BAT)はWebブラウザ「Brave」に紐づく仮想通貨で、従来のWeb広告におけるユーザー・メディア・広告主それぞれの抱える課題を解消しようという試みのもとで生まれたものです。Braveではユーザーが広告閲覧やユーザー情報の提供をコントロールすることができ、またBraveが許可した特定の広告を閲覧することでユーザーはBAT(BATポイント)を入手し利用することが可能となります。

デジタル地域通貨はスマートシティで花開くか デジタル地域通貨はスマートシティで花開くか デジタル地域通貨はスマートシティで花開くか

地域通貨とは、特定の地域でのみ流通する通貨のことです。これに対して法定通貨には強制適用力があります。そのため法定通貨は、国内で広くあまねく債務弁済手段として利用されます。
地域通貨のポイントは、その使用についてあえて2つの強い制約条件を持たせていることです。その制約とはすなわち、(1)特定の地域に限って流通する、(2)利用可能な期間が限定される の2つです。これはつまり、地域通貨の発行される地域に在住または滞在している人にしてみれば、「ここでしか使えない」ということです。そしてまた、「今利用しなければやがて失効してしまう」ということでもあります。これは一見非常に不便に思えます。ではなぜこのような不便な制約のある地域通貨が発行されるのでしょうか?
地域通貨の制約条件は、次のような言い換えができます。

  • 「ここでしか使えない」⇒「ここでしか買えない」
  • 「今利用しなければやがて失効してしまう」⇒「今しか買えない」
  • 通貨の物理媒体の作成・発行が必要であること
  • 利用状況の把握・管理が困難であること
  • 管理業務負担が大きいこと

2.デジタル地域通貨

デジタル地域通貨とは、本稿ではスマートフォン上にアプリの形で提供される地域通貨のことを指します。スマートフォンアプリの地域通貨にもさまざまな仕組みのものがありますが、ここでは二次元バーコードを活用して決済を行うものについて整理します。
スマートフォンアプリのデジタル地域通貨は、SaaS ※1 型で提供されます。このため、「偽造リスク」は比較的小さいと言えます。さらに、ブロックチェーン技術を活用する場合、リスクは極小化できるでしょう。また「発行・維持管理コスト」についても従来型の地域通貨と比較して圧倒的に低コストです。

3.デジタル地域通貨の可能性と普及に向けた課題

(1)市中の経済活動を可視化しデータとして活用可能
従来明らかでなかった地域のなかでの金銭の流れが定量的に把握可能になります。また、その結果、地域(あるいは自治体)における経済振興策のEBPM(Evidence Based Policy Making) ※2 を可能にし、従来の経験と勘(あるいは思い込み)に基づく施策立案から脱却し、定量化可能な事実に裏打ちされた、より効果・効率の高い施策展開を実行できます。さらに地域通貨の特性である、「ここでしか使えない」、「今利用しなければやがて失効してしまう」という心理を活かすことで、地域経済振興に高い効果を発揮することが期待できます。

(2)地域通貨のやり取りを基本とした地域コミュニティのコミュニケーションプラットフォーム
「地域住民の大部分が持ち、かつ普段使いするアプリ」をインタフェースとした地域内でのコミュニケーションツールとして活用できます。このコミュニケーションにはさまざまなレイヤーでの応用的展開が考えられます。例えば住民間のコミュニケーション(感謝の気持ちの表明として地域通貨を贈るなど)や、住民と地域の事業者との間のコミュニケーション(地域店舗の応援としてチップ感覚で地域通貨を贈る、あるいは日頃の利用への感謝として地域通貨を顧客に還元するなど)、そして住民と行政との間のコミュニケーションツールにもなり得ます(行政からの市民向けの広報、災害情報・避難所情報などの告知)。

※1 SaaS:Software as a Service 通貨の特性とは の略。ソフトウェアをインターネット経由でサービスとして提供すること。利用者側での環境構築・設備投資等が不要になるため、導入に向けたハードルが低いとされる。
※2 EBPM:Evidence Based Policy Makingの略。事実・データに裏打ちされた政策立案。内閣府では「政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすること」と定義している。

KPMGコンサルティング
マネジャー 山中 英生

スマートシティによって実現される持続可能な社会

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

スマートシティアドバイザリー

スマートシティアドバイザリー

ガバメント・インフラストラクチャー・エネルギー

ガバメント・インフラストラクチャー・エネルギー

  • twitter. Opens in a new 通貨の特性とは window
  • facebook. Opens in a new window
  • linkedin. Opens in a new window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, 通貨の特性とは a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated 通貨の特性とは with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

知っておきたいブロックチェーンの基礎知識

具体的な例を見てみましょう。現在、デジタルアートやデジタル収集品の世界では、非代替性トークン(NFT)が旋風を巻き起こしています。NFTは唯一無二の品目の所有権を表すものとして使用できるトークンであり i 、これによりアート、収集品、さらには不動産のような品目をトークン化することができます。NFTの正式な所有者はその時々で1人しか存在しません。またNFTはイーサリアムのブロックチェーンによって守られており、いかなる者も所有権の記録を修正したり、コピー/貼り付けで新たなNFTを作り出したりすることはできません ii 。理論上、NFTの対象範囲は膨大であり、証明可能な所有権を必要とするあらゆる唯一無二の品目が含まれる可能性があります。

暗号通貨の時価総額ランキング iii (2021年6月24日現在)

  1. ビットコイン - 6,290億ドル:インターネット経由で使用や送付が可能な初の非集中型暗号通貨。2009年に誕生した。
  2. イーサリアム - 2,270億ドル:暗号通貨であるイーサおよび数千の非集中型アプリケーションを動作させる技術。コミュニティによって運用される。2013年に提案され、2015年に稼働した。
  3. テザー - 630億ドル:米ドル(USD)の価値に連動する世界初のステーブルコイン。2014年に稼働した。ステーブルコインとは、その価値を外部の参照先(多くの場合、国家発行の不換通貨)に固定することを目指すもの。
  4. バイナンスコイン - 470億ドル:バイナンス暗号通貨取引所における売買や手数料の支払いに使用できる暗号通貨。2017年に稼働した。
  5. カルダノ - 430億ドル:2017年に誕生した。所有者がネットワークの運用に参加できることを保証するように設計されたADAトークンを基礎とする。このため、所有者はあらゆるソフトウェア変更案をめぐる投票の権利を持つ。

デジタル資産にとどまらないブロックチェーンの使用事例

電子メールがインターネットの利用方法の1つであるのと同様に、ビットコインやその他のデジタル資産はブロックチェーンの使用事例の1つに過ぎません。業界やセグメントに関わりなく、透明性のある検証済み取引や、変更不可能なデータ入力、そして記録管理という特徴から恩恵を受けられる、事実上すべてのものにブロックチェーン技術を導入すれば価値を生み出す可能性があります。この幅広い訴求力のもと、2021年のさまざまな組織によるブロックチェーンのソリューションへの支出額は、2020 年から50%増の66億ドルと予想されます。 v また、2024年までには、ブロックチェーンのソリューションへの支出総額は年平均成長率(CAGR)48%のペースで増加し、190億ドルに達すると見込まれます。 vi

  • サプライチェーン:サプライチェーンの透明性は現代では当たり前のことであり、特別ではありません。消費者は、自身が購入する製品の背景に関する情報や、それらを製造し販売する企業の説明責任を求めています。結果としてサプライチェーンの管理は極めて重要になっています。しかし、製品の履歴の把握にはコストと時間がかかり、企業にリスクをもたらす可能性があります。こうした現代のサプライチェーン管理における魅力的なソリューションの1つがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンの安全かつ追跡容易な台帳は、消費者に製品を届けるべく尽力する企業に効率性をもたらします。物事に問題が生じた場合にブロックチェーンはとりわけ有用です。例えば、食品の領域における使用事例は興味
深いものです。食品は一般の製品と異なり、公衆衛生に影響を及ぼします。そのため、2019年に米国で発生した ロメインレタスによる大腸菌感染症のように、汚染された食品の出荷は広範な影響を及ぼすリスクです。伝統的に、こうした感染症の流行のニュースは食料品店にとってすべての在庫を棚から撤去しなければならないことを意味するものでした。しかしブロックチェーンを使えば、汚染された在庫を供給源に遡る形で即時に追跡し、汚染されていな い在庫を保全し、その後の感染拡大を防止することができます。

  • 医療の追跡管理:現在、患者の医療記録は断片化し、紙と電子医療記録(EHR)の組合せで複数の医療機関の施設に保存されています。この構造のせいで、患者の過去のデータをリアルタイムで視覚化し共有することは極めて困難になっています。これまでは、複数の医療機関がデジタルのデータを共有することによりEHRの改善が図られてきました。今後の課題としては、すべての記録を実質的に単一のプラットフォームに統合し、集中型のシステムを通じて情報のガバナンスと安全性を管理する必要があります。ただし、このような集中型のアーキテクチャーは、システムが大規模化した場合に単一障害点やデータフローのボトルネックのリスクが生じ得るという一定の欠点を伴います。 vii
  • スマートコントラクト:スマートコントラクトは、それによってブロックチェーンでの取引を発生させる、事前に定められた一連のルールです。これらのルールは「条件(if/when)」パラメーターとその「結果(then)」のパラメーターで構成されます。この自動化された手法により、事前に定められたすべての条件が満たされた場合にのみ契約を実行することができ、すべての参加者が結果の確実性を得られることになります。こうした取引の例としては、デジタルアートの売却、資金の放出、不動産の権原の移転、保険金の請求等が挙げられます。取引は成立次第ブロックチェーンに記録されます。すなわち、変更や削除はできず、かつ関与するすべての当事者によるアクセスが可能です。

ブロックチェーンのエコシステムに関わるさまざまなサブテーマ

デジタル資産のマイニングは、デジタル資産取引の検証およびさまざまなブロックチェーン台帳への取引追加に従事する企業や、デジタル資産のマイニングに使用される技術を生み出す企業で構成されます。

  • : Marathon Digital Holdings、Riot Blockchain、Hive Blockchain、Argo Blockchain、Bitfarms、Hut 8 Mining、Bit Digital、Bit Mining、CleanSpark

暗号通貨のうち、世界中で飛び抜けて多くマイニング(採掘)されているのはビットコインです。現在、ビットコインのマイニングは主として専用のビットコインマイニング機器を使用して行われています。この機器は他のマイナー(採掘者)と競い合って特定の数学問題を速く解く第一人者を目指しています。この数学問題のそれぞれの解は、ハッシュ化と呼ばれるプロセスにより、16 進数の64桁の数値を生成します。この問題を最初に解くことに成功したマイナーは、次のブロックを生成してブロックチェーンをつなげることにより、ブロック報酬と、自身のブロック内で生じるすべての取引に関わる取引手数料を受け取ることができます。ブロックは平均10分ごとに解かれており、マイナーが受け取る報酬は現在1ブロック当たり6.25ビットコインです。ブロックがチェーンに追加されると、マイナーは新たに追加されたブロックの追加情報を組み込んで基準を満たす別のハッシュに係る問題の探索を事実上再開します。 viii

注意が必要なのは、マイナーが受け取るブロック報酬は時間の経過とともに半減期を迎えることです。21万ブロックがマイニングされるごと(およそ4年ごと)に、ビットコインのマイナーが取引の処理の対価として受け取るブロック報酬は半減します。次回の半減期は2024年の春頃と見込まれており、この際にブロック報酬は1ブロック当たり3.125ビットコインに減額されることになります。かかる半減が必要なのは、マイニング可能なビットコインの量に限りがあるためです。この上限は2,100万ビットコインですが、これに対して現在約1,通貨の特性とは 870万ビットコインがマイニング済みであり、残る約230万ビットコインは2140年までに完全にマイニングされると思われます。 ix, x

現行のビットコインのプロトコルによると、2,100万ビットコインがすべてマイニングされた時点で、マイナーが得られる収益は取引手数料のみになります。取引が暗号通貨のネットワーク上で処理されることを確実にするため、外部の暗号通貨アドレスへの出庫取引には一般に「マイニング」または「ネットワーク」手数料が課されます xi 。現在のところ、これらの手数料がマイナーの収益に占める割合は6.5%にとどまっています xii 。ビットコインのマイナー手数料は固定されておらず、需給の動向によって変動します。また、ビットコインのブロックサイズには上限があります。すなわち、それぞれのブロック(前述のとおり、約10分ごとに生成される)におけるマイナーが検証できる取引件数には制限があります。検証待ちの取引の件数が1つのブロックに格納可能な件数を超えた場合、ビットコインのマイナーは最も高いマイニング手数料を提示した取引を優先させます。

マイナーにとっての主なコストは電力、自身のコンピューターシステムの価格、および業務の遂行に係るその他の運営費用で す。電力については、マイナーは電力コストを最小限に抑えようとすることから、電気料金の安い立地を選んだり、オフピーク時間に活動したりする傾向にあります。現在、新規の太陽光発電(PV)および陸上風力発電の電力コストは既存の多くの石炭火力発電所を運営し続けるコストを平均して下回っているため、ビットコインのマイナーは再生可能エネルギーの消費を好む姿勢を強めています。 xiii マイナーの約76%は自身のエネルギー構成の一部として再生可能エネルギーを利用しており、再生可能エネルギーはエネルギー消費量全体の約40%を占めています。 xiv 加えて、ビットコインの電力消費量(年間87.7テラワットアワー(TWh))が世界の総電力消費量に占める割合はわずか0.40%です。 xv

ブロックチェーンおよびデジタル資産の取引セグメントには、デジタル資産の売買プラットフォーム/取引所、カストディアン、ウォレット、決済ゲートウェイを運営する企業が含まれます。

  • :Coinbase Global、Square、PayPal、Voyager Digital、Greenbox POS

これらのプラットフォームにおいて現在最も多く売買されているデジタル資産はビットコインであり、その価値はデジタル資産の時価総額合計の約45%を占めています。 xvi しかし、ビットコインは存在する数千のデジタル資産の1つに過ぎません。

デジタル資産に特化したプラットフォームの他に、暗号通貨への関心の高まりから、多くのフィンテック企業が暗号通貨に対応 した商品を提供する方向に舵を切っています。例えば、Squareは2018年にCashAppを介したビットコイン取引を開始しました。以降のビットコイン取引による累積収益は合計88億ドルに達しています。2021年第1四半期単独では収益35億ドル、粗利益7,500万ドルを計上し、粗利益全体に占める割合は約8%に上っています。 xvii

PayPalでは、2020年に暗号通貨の売買を導入して以来、3億を超えるユーザー基盤の20%近くがアプリを介してビットコインの取引を実施しています。 xviii 他にも、VoyagerやCoinbase等の企業が暗号通貨の取引に特化したネイティブウォレットおよび取引所であるという点で差別化を図っています。Coinbaseは2020年末現在で4,300万の個人ユーザーと7,000の機関投資家をプラットフォーム上に持っており、さまざまな種類のユーザーの間で暗号通貨の支持が広がっていることを窺わせています。 xix Coinbaseは定額手数料または各取引価額に対する一定の割合の取引手数料のいずれかに基づいてユーザーに手数料を課しています。Coinbaseの2020年の手数料平均は個人ユーザーが1.4%、機関投資家が0.1%でした。 xx

ブロックチェーンおよびデジタル資産のハードウェアには、ブロックチェーンおよびデジタル資産のさまざまな活動において使用されるインフラやハードウェアを製造・販売する企業が含まれます。

  • : Nvidia、Northern Data、Ebang International Holdings、Canaan

ブロックチェーンの応用には、ブロックチェーンおよびデジタル資産の技術(スマートコントラクトを含む)に関連するアプリケーションやソフトウェアサービスの開発と販売に従事する企業が含まれます。
同様に、ブロックチェーンおよびデジタル資産の統合には、ブロックチェーンおよびデジタル資産の技術の採用と活用に向けたエンジニアリングおよびコンサルティングサービスを提供する企業が含まれます。

  • : BC Technology Group、SOS Ltd.、Overstock.com、Future FinTech Group、Diginex、Galaxy Digital、BIGG Digital Assets

ブロックチェーン技術はその他のさまざまなセグメント、例えば電子商取引に応用することができます。Future FinTech Group のビジネスバーティカルであるCloud Chain Mallは、イーサリアム上にオンラインショッピングモールを構築しました。電子商取引の運営者としては、他にもOverstock.comがCoinbaseと提携し、プラットフォーム上の決済手段としてビットコインを受け付けています。このメリットとして挙げられるのは、ユーザーがいつでもどこでも任意の金額の送付および受取りを即時に行えること、そしてビットコインは不正アクセスを受けたことがないため常に安全な取引を行えることです。

結論

デジタル化が多くの業界の変革を加速させる中、伝統的な金融はブロックチェーンおよびデジタル資産の台頭によってひっくり返る可能性があります。デジタル資産の時価総額は1兆ドルを超え、その採用は加速し、暗号通貨を基礎とする新たな経済が世界的に形成されつつあります xxi 。それだけでなく、ビットコインから始まったブロックチェーン技術の本格的な応用は現在も進展し続けており、その潜在的な可能性は経済のさまざまなセグメントにわたって広がろうとしています。

ブロックチェーンとは?仕組みを分かりやすく解説【投資家なら知っておきたい】

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン

出典:日本ブロックチェーン協会

  • 管理する主体がいない
  • 取引記録の改ざんが困難
  • システムが止まらない

①管理する主体がいない

ところがブロックチェーンの場合は特定の政府や企業によって管理されているのではなく、 不特定多数のブロックチェーンネットワーク参加者によって共同管理されているのです。

ブロックチェーンとは

②取引記録の改ざんが困難

そのため参加者の誰かが取引履歴を改ざんしようとしても、他の参加者によって不正が発覚してしまうのです。

③システムが止まらない

それに対してブロックチェーンはネットワークを稼働させる参加者を分散させているため、こうしたシステムダウンのリスクも分散できます

ブロックチェーンみたいにシステムが止まらずに動き続けることを「ゼロダウンタイム」と呼ぶワン

ブロックチェーンの仕組みとは?【マイニング】

仕組み

では、なぜ彼らはブロックチェーンに協力するのでしょうか

その理由は、 ブロックチェーンの取引記録に協力することで報酬を獲得できるため です。

そして「正しい内容である」と承認された取引内容だけがブロックチェーンに記録され、記録を手伝うと報酬を受け取れるのです。

このようにブロックチェーンの取引内容が正しいかを検証・承認して記録し、報酬を獲得することを 「マイニング」 と呼び、マイニングをする人を 「マイナー」 と呼びます。

ブロックチェーンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

【メリット】

【デメリット】

  • 取引速度が遅い
  • 秘密鍵を無くすとウォレットを利用できなくなる

メリット① ハッキングされにくい

ブロックチェーンは仲介者を不要とし、ネットワーク上で利用者を直接繋げるため、 顧客の資産を誰かが代わって預かることはなく、P2P(個人間)での取引が可能です。

過去の仮想通貨ハッキング事件はブロックチェーンではなく、仮想通貨取引所がハッキングされた事件なんだワン!

メリット② 送金コストが低い

ブロックチェーンの情報サイト「BitInfoCharts」によると、ビットコインの取引手数料の中央値は0.通貨の特性とは 0000087BTC(約60円)です(2021年11月22日時点)。

また、仮想通貨の取引は仮想通貨取引所でも可能であり、Coincheckではユーザー間の送金手数料は無料です。

ブロックチェーンでの送金は、従来の国際送金の代替手段となる可能性も高いですね。

デメリット① 取引速度が遅い

例えばビットコインの場合は、取引処理に10分程度必要になります。

そのため、いずれはブロックチェーン上で素早い決済手段が登場する可能性もありますよ。

デメリット② 秘密鍵を無くすとウォレットを利用できなくなる

ブロックチェーンのデメリットの2つ目は、秘密鍵を忘れてしまう可能性がある点です。

ブロックチェーンを利用するためには「ウォレット」「秘密鍵」が必要になります。

ウォレットを作成する時に秘密鍵が表示されるので、利用者は秘密鍵をメモして忘れないようにしておかなければいけないのですが、 もし秘密鍵を紛失してしまうと、ウォレットを利用できなくなってしまいます 。

\ビットコインを送金するなら/

ブロックチェーンは大きく分けて2種類

ブロックチェーンは2種類

ブロックチェーンには大きく分けて、「パブリックチェーン」「プライベートチェーン」があります。

2つの大きな違いは、 ネットワークに参加できる範囲が限られているかどうか です。

パブリックチェーンプライベートチェーン
中央管理者なしあり
ネットワーク参加者誰でも参加可能組織の関係者のみ
取引の承認速度遅い速い

パブリックチェーンはこれまで解説してきたブロックチェーンの特徴と同様ですが、プライベートチェーンは会社など「組織」での活用が想定された仕組みになります。

また、プライベートチェーンの中には複数の組織間で同じブロックチェーンを取り扱う「コンソーシアム型」と呼ばれる仕組みもあります。

ブロックチェーンの活用事例

活用事例

1つ目は仮想通貨取引所「コインチェック」が提供している NFTプラットフォーム「Coincheck NFT」 です。

そもそもNFT(Non Fungible Token)とは、画像や音楽・動画といったデジタルデータの権利関係を記録する、ブロックチェーン上のトークンのことです。

詳しく知りたい方は

2つ目のブロックチェーン活用事例は、企業間情報連携推進コンソーシアムの「NEXCHAIN」です。

NEXCHAINは複数の企業間で情報交換に活用できるコンソーシアム型の「プライベートチェーン」で、NTTドコモ・積水ハウス・損害保険ジャパン・東京ガスなど多くの企業が入会しています。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

【まとめ】ブロックチェーンとは

まとめ

  • ブロックチェーンとは「分散型台帳技術」と呼ばれる技術の一つ
  • ブロックチェーンならハッキングされにくく、送金コストも低い
  • 仮想通貨の取引をするならコインチェックがおすすめ

ブロックチェーンは仮想通貨以外にも、ゲームや不動産・金融など、あらゆるジャンルでの活用が期待されています。

マネックスグループが運営していて安全面でも高い評価を受けているため、さっそく口座開設してみましょう。

\2,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!
6月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする情報発信を行なっています。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

Podcast

IPOやり方

IPO投資のやり方/始め方は?買い方や見極めるコツを初心者向けに解説

フレクト アイキャッチ

(4414)フレクト【12月IPO上場企業紹介】

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

サラリーマンはカモにされやすい?

知らないとマズイFXの危険性とは?

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる