外国為替取引

投資信託の分配金とは

投資信託の分配金とは
リスクと上手に
付き合うために

投資信託の分配金とは

投資信託サイト

投資信託の基礎知識

投資信託の収益分配金

分配金の支払われる
イメージ

普通分配金と元本払戻金(特別分配金)

普通分配金(課税対象)

元本払戻金(特別分配金)(課税対象外)

基準価額・個別元本の推移と課税対象イメージ

投資信託の主なリスク

リスクと上手に
付き合うために

投資信託保有中の
リスクと付き合う方法

投資信託の収益分配金

投資信託の費用と税金

特定口座

投資信託の分配金とは

投資信託の分配金とは?

投資信託における 分配金とは、投資信託の購入者に対して還元される運用収益のこと です。

分配金は、運用で得られた収益に応じて販売会社から投資信託の購入者に支払われるお金です。
よく間違われやすいのが配当金ですが、 配当金とは投資先の企業から支払われるお金のことですから、分配金とは似て非なるもの となります。

また、分配金と同様に投資信託の購入者に支払われるお金の一種として償還金があります。
償還金は、償還日を迎えた投資信託が購入者に返還する元本のこと です。
元本は償還金、収益は分配金として購入者に支払われるということを覚えておきましょう。

分配金の種類

分配金は、「 普通分配金 」と「 投資信託の分配金とは 特別分配金 」の二種類に分けられます。
それぞれの特徴そして分配金の種類の見分け方について解説していきましょう。

(1)普通分配金

普通分配金とは、 投資信託の運用によって得られた収益をそのまま購入者に還元するお金のこと を言います。
普通分配金は投資信託購入者の直接的な収益になりますので、支払われた普通分配金には課税されることになります。

(2)特別分配金

特別分配金とは 元本の一部を投資家に還元する分配金のこと で元本払戻金とも言われます。
特別分配金は、元本を取り崩して支払われるので、投資信託として当初預入した資産が減少することになります。
普通分配金のように収益ではなく元本の一部が戻るという意味合いのお金なので、支払われた分配金は非課税となります。

(3)分配金の種類の見分け方

分配金は受け取るべきなのか?

結論から言うと、 分配金は受け取るべきかどうかに正しい答えはありません
それは自分自身のライフスタイルや考え方に大きく関わってくるからです。
収益がすぐにでも必要なのかそれとも将来を見据えて蓄えていくのかという2つの考え方を判断基準にして、投資信託を行う自分自身の目的に合わせて判断することが分配金の取り扱いのポイントになってきます。

(1)分配金を受け取るメリット

分配金を受け取るメリットは、 定期的に現金収入が得られる ということです。
購入する投資信託の種類にもよりますが、分配金は、年に1回や半年に1回あるいは毎月等様々な形で受け取ることが可能です。
しかし分配金を受け取れば、運用資産は減少することは明らかです。
そして運用資産額は、多ければ多いほど投資信託における複利運用のパワーは高まります。

(2)分配金を受け取らないメリット

分配金を受け取らないメリットとして挙げられることは、 運用資産に据え置いたまま再投資に回すことにより得られる高い運用効果の可能性 です。
運用利益として受け取るはずだった分配金相当額を再投資することにより、高い増収が期待できます。

分配金の注意点

(1)分配金には手数料が発生する

分配金を受け取る場合、その都度手数料が発生 します。
手数料の額は投資信託の販売会社によって様々ですが、分配金を受け取る回数が多ければ多いほど手数料負担額も大きくなるということはしっかりと理解しておきましょう。

(2)「分配金が多い=良い投資信託」ではない

(3)分配金が出ることは必ず保証されていない

(4)種類によって課税・非課税の分配金がある

先に説明しているように普通分配金は運用収益に基づく分配金です。
投資信託で得られた利益は配当所得という扱いになります。
配当所得は、 分配金に対して20.315%の税金 が課されます。

投資信託の基礎が分かる!無料資料はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる