投資助言

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法
FXの手法&テクニカル分析

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法

Hotforex present these tutorials as a support function to our web page and サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 are offering lessons from beginners (with emphasis on Forex advantages, terms, types of orders, winning strategies and a glossary of concepts) to advanced levels (highlighting information on the

Hotforexは、弊社のウェブページへのサポート機能として、こうしたチュートリアルを提供しており、 弊社のクライアントのこれまでの取引の経験の度合いに応じて、初心者(外国為替の優位性、用語、注文の種類 、勝つための戦略や概念用語集)から上級レベル(外国為替の世界における重要情報、ロウソク足取引、リスク 出、 サポート線およ 抵抗線、 トレ ド、 各種発表情報、フィボナチ数およびトレーダーの辞書)までのレッスンを提供しています。

[. ] makes them weaker, and when resistance becomes support and when a support turns into resistance.

[. ] curability, high heat resistance, and environmental friendliness (lead-free solder support, non-halogen flame サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 resistance) are primarily [. ]

半導体封止材としてエポキシ樹脂を使用する場合,求められる性能としては主に,高純度,低吸湿性,優れた硬 化 性, 高耐熱性, 境調 和性(鉛フ ー半 対応, ハロ ゲン 難燃性) が求 められます。

One important note is that when a support is broken down it turns into resistance, and when a resistance is broken up, turns into support.

I'll still further these two concepts, but if you want to continue studying on the subject I suggest you

私はまだこれら二つの概念を促進するだろうが、あなたは、件名に勉強を続けたい場合、私はあなたが記事に Socksを購入する方法のブログで見た示唆 トポス資金サポートと抵抗 でこの深化が行われます。

The resistance/support module with levels has been integrated as サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 an instrument into TradeMaster that helps you recognize the important price markers and which also indicates the probability that relevant resistance and サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 support levels will be [. ]

当社はTradeMasterのLevels|抵抗線 持線 モジ ュールに、大切な価額指標を判断す ポー トと して、 れぞ の抵 線と支 持線 が変わる割合を示す機能を組み込みました。

『サポートライン・レジスタンスライン』とは?引き方、使い方、機能する理由

ラインを引くイメージ写真

FXの手法&テクニカル分析

この記事は約10分で読めます(7,563文字)

あなたも「支持線、抵抗線」「サポートライン・レジスタンスライン」いう言葉を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

サポートライン(支持線)

サポートラインの図

レジスタンスライン(抵抗線)

レジスタンスラインの図

サポートライン・レジスタンスラインが機能する理由

サポートラインでの反発の図1

1人目は、「図の始めから 売りポジション をもっているトレーダー」

2人目は、「 赤丸 で 買いエントリー をしたトレーダー」

3人目は、「 赤丸 で 売りエントリー をしたトレーダー」

ではその後、レートが再びサポートライン(支持線)に到達した 青丸 では、4人はどういう行動を取るでしょうか?

サポートラインで反発する図

1人目の「始めから売りポジションをもっているトレーダー」は、含み益があります。しかし赤丸で一度反発したのを見たので、「できるだけ多く利益を確保しよう」と考えて、 青丸 で利食いの 「買い」 を行います。

2人目の「 赤丸 で買いエントリーをしたトレーダー」は、上がったレートを見て「もっと買っておけばよかった」と思うため、 青丸 では 「買い」 を行います。

3人目の「 赤丸 で売りエントリーをしたトレーダー」は、レートが上がってしまい、含み損を抱えていましたので、 青丸 で建値に戻った時点で逃げようとして、エグジットの 「買い」 を行います。

4人目の「様子を見ていたトレーダー」は、一度は上がったレートをみて「買っておけばよかった」と後悔していましたから、 青丸 では喜んで 「買い」 を行います。

──なんと、 青丸 ではみんなが「買い」を行いました。

水平線(ライン)はローソク足の実体に引く?ヒゲに引く?

もしあなたがFX経験者なら、水平線を引くときに ローソク足のヒゲの先端 に水平線を引くのか、それとも 実体のはしっこ(始値・終値) に引くのかで、迷った経験があるのではないでしょうか?

ですから「ローソク足のどこに水平線を引くか」に一つの正解を求めて、ピンポイントでラインを決めようとするのではなく、 「みんなはどこに注目しているのだろう?」 という視点で考えることが大切です。

サポートラインでの反発のチャート

左側の 赤丸 でレートが反転したのでサポートライン(支持線)を引くことになるわけですが、そこでの選択肢には2つあります。

実際その後、右側の 青丸 を見れば分かるのように、そのゾーンの中でレートは反転~上昇していきました。

あなたが迷うということは、みんなも迷っている

水平線の役割が変わる「ロールリバーサル」

レジスタンスラインを抜けた図

ロールリバーサルの図

ブレイクされたレジスタンスライン(抵抗線)付近では、なんとか建値で逃げたい売りトレーダーたちの 「決済の買い」 と、買いそびれた様子見トレーダーたちの 「新規の買い」 の、それぞれの買い注文が待ち構えていることになります。

このようにラインの役割が転換することを 「ロールリバーサル」 と呼び、別名「サポレジ転換(レジサポ転換)」と呼ばれ、テクニカル分析の重要な要素とされています。

ロールリバーサルは一回だけとは限らない

ロールリバーサルの頻繁な例のチャート

一本の水平線を何度も抜けていますが、 青丸 のところでサポート(支持線)の役割をしたり、レジスタンス(抵抗線)の役割をしたりしているのが分かります。

なので、あなたが引いた水平線が一度ブレイクされても、 「もう注目されなくなった」といって、すぐに消してしまわないことです。 ロールリバーサルが起こって、役割をかえて機能する可能性があることを思い出して下さい。

サポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)の使い方

売り勢力と買い勢力の優勢な側を見極める

注目される高値と安値に引いたライン──つまりサポートライン・レジスタンスライン(支持線・抵抗線)は、 「これ以上はいかせない!」 勢力と、 「なんとしてもブレイクしてやる!」 勢力がぶつかりあう、激戦ポイントになる可能性があることは、もうよくお分かりだと思います。

勝った側についていくコバンザメ的なアプローチ

上位サポートでのコバンザメ戦略

大きな時間軸の状況を考慮することが大切

ここで一つ思い出してもらいたいのが、 「水平線は大きな時間軸のものほど、注目度が高い」 という点です。

例えば、 日足が上昇トレンド になっているとします。その日足の安値に引いたサポートライン(支持線)付近で、1時間足のサポートラインが、下へブレイクされそうな場面で考えてみましょう。

複数時間軸のラインの図

しかしそこには、 上昇トレンド中の日足のサポートライン があります。

さらにいえば、 大きな時間足チャートのトレンドの方向と、短い時間軸の値動きの方向がそろった状況を狙う のが、FXでおすすめのトレード戦略のひとつになります。

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド

私はあなたがサポートとレジスタンスのレベルが何であるかを知っていると思います。 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 ただし、あなたが知らない場合に備えて、これらは価格が範囲内にあるように見える価格レベルです。 つまり、価格は長期間にわたってこれらのレベルを上回ったり下回ったりすることはないようです。 このガイドでは、IQ Optionトレーダーが知っておく必要のある2つの最良のテクニカル指標であるサポートとレジスタンスというトピックについて詳しく説明します。

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド

価格は、IQ Optionの発展傾向を示すサポート/レジスタンスレベルを破ります

資産の価格は時間とともに変動するため、通常は特定の価格レベルに達し、そこで跳ね返ります。 これが支持または抵抗です。 サポートは低価格で形成され、レジスタンスは高価格で形成されます。 サポートとレジスタンスのレベルは弱いか強いかのどちらかです。

サポート/レジスタンスレベルの強さは、価格が跳ね返る前にそれらに触れた回数によって測定されます。 強力なサポートとレジスタンスのレベルは、価格が特定の期間に何度も触れたレベルです。 価格が突破する前に一度だけサポートまたはレジスタンスレベルに触れた場合、それは弱いと見なされます。 強力なサポート/レジスタンスレベルを突破するには、価格の勢いが非常に強い必要があります。

価格の勢いがサポート/レジスタンスを突破するのに十分強いかどうかを知る方法

他の例では、それが支持または抵抗に達する直前に価格の統合があります。 つまり、価格は狭い範囲に収まります。 価格が支持/抵抗に近づくにつれて、それは突破するのに十分な勢いを得ています。 ただし、ほとんどの場合、価格は通常、最終的に突破する前に範囲に戻ります。

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド

IQ Optionのサポート/レジスタンスを破るにちがいない価格を特定する

誤ったブレイクアウトの回避

次に、堅いクマのろうそくがサポートを壊し、下降トレンドを示します。 これはあなたがあなたの貿易を入力する必要がある場所です。

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド

誤ったブレイクアウトが発生し、トレーダーに上昇トレンドが発生していると思わせる

価格がIQOptionのサポート/レジスタンスを破ったら、どのような行動を取るべきですか?

上記のスナップショットを見ると、通常、価格は下降傾向にあります。 ブレイクアウトが発生した場合は、価格が支持/抵抗に達したときのように市場が振る舞うまで待ちます。 それは発展傾向に基づいて貿易に参入する時です。

なぜ誤ったブレイクアウトが発生するのですか? 誤ったブレイクアウトは通常、トレーダーがすでに過剰に拡張されて反転の準備ができているときに市場に参入したときに発生します。 上記の例では、おそらく多くのトレーダーがトレンドが上がると想定していました。

誤ったブレイクアウトから保護するために、価格動向に基づいて取引を入力します

したがって、チャートを読むことは重要です。 私は通常、あなたの取引セッションと比較してより大きな時間枠チャートを使用して取引することをお勧めします。 たとえば、5分のキャンドルを取引している場合は、30分または3時間のチャートを読む必要があります。

価格がIQ Optionのサポート/レジスタンスから抜け出したい時期と取るべき行動を特定するためのガイド


価格がサポートを破り、下降トレンドが発生する

便利なツールの1つは、IQ Optionボリンジャーバンドインジケーターです。 このインジケーターを使用する方法はたくさんあります。 たとえば、価格が下落し始めて低域を壊す前にサポート/レジスタンスゾーンに近づくと、これはショートするシグナルです。

これらのスキルを適用したい場合は、今すぐIQ Option練習口座を開設して取引を開始してください。 これは、サポート/レジスタンスレベルを特定する方法と、価格がそれらを破ろうとしている時期を判断する方法を学ぶ唯一の方法です。

ピボットポイント の使用と計算方法

H サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 = 高値
L = 低値
C = 終値
S1 = サポート 1 – (ピボットポイント x 2) – 前日の高値
S2 = サポート 2 – ピボットポイント – (前日の高値 – 前日の低値)
R1 = レジスタンス 1 – (ピボットポイント x 2) – 前日の高値
R2 = レジスタンス 2 – ピボットポイント + (前日の高値 – 前日の低値)
P = ピボットポイント – (前日の高値 + 前日の終値 + 前日の低値)/3

Pivot Points on chart

Calculating pivot points

ピボットポイントのプロット方法

高値 = 1.4787
低値 = 1.4737
終値 = 1.4787

R2 = 1.4820
R1 = 1.4804
ピボットポイント = 1.4770
S1 = 1.4754
S2 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 = 1.4720

How to plot pivot points

トレーダーの皆様のご意見

2001年から続く技術革新

Trustpilotの5つ星評価

スマートフォンで取引

  • ライブチャット
  • [email protected]
  • CT House、
    Office No.8F、
    Providence、マヘ島、セーシェル

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

ピボット・ポイント

GBPUSD: ポンドドル:Pivotサポートレベルで下げ止まり反発したが大口ショートボリュームは依然多いのが気になる?

GBPUSD(ポンドドル) 米国10年債利回りの高騰でドル高が一層強まりポンドの下げも継続してきました。直近では金利の上昇も軟化し今週は下げていることもありポンドの下落も止まったようにも見えます。昨日の15分足で確認してみると、ピボットポイントのサポートレベル(S1)で反発し上昇に転じて今週を終えました。ここから上昇に転換するのでしょうか? 左側のチャートはポンドドルの週足です。節目となりそうなラインをいくつか引いてみました。 ❑ 1.0275(2020/5/18週)(2019/7/29週)(2016/10/24週) ❑ 1.1958(2019/9/2週)(2017/1/16週) ❑ 1.1649(2016/10/3週)(2020/3/23週 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 ※コロナパンデミック) があり、1.0200付近までは下げてもおかしくない格好に.

EURUSD: EURUSD:一時ピボットを下に割れたがまたレンジ内へ

先日のECBの会見でユーロが急落しました。 一時はピボットS1(サポート1)1.075まで下がりましたが、日足確定後の水準では1.08まで戻り結局はまだレンジの中という状態です。 レンジの底からLongを入れていたポジションは、レンジを外れて勢いよく下へ向かった際に手仕舞いしてしまいロスカット損。 来週しばらく揉み合いそうですが、週足レベルでのサポートラインを意識しながら、ロング計画を立てていきたいと思います。

サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 EURUSD: ユーロドル:S1をあっさり下抜け弱さが目立つ

今日はユーロが弱いです。 ピボットのサポート1(S1)をあっさり下抜けてS2も一時割り込みました。 現在はS2までは回復してきたものの、強さを感じられません。 週足で確認すると、このラインは2017年・2020年の底値を結んだトレンドラインの下限でもあります。 ここで反応していくか、S3(1.075)まで試しに行くかを見ていきます。

USDJPY: USDJPY:S1もあっさり下抜け、112台まで下がるのか?

ドル円 コロナ変異種警戒?長期金利下げ。 Pivotサポート1をあっさり下抜け。 RSI、RCIも底ついた感があり、この辺で下げ止まる気がしているけどLongには警戒。 長期目線は上目線だけど、日足で見ると大きな包み線。 下への圧力を注意していく。

USDWTI: 原油はトレンドラインを下にブレイクし下落

11月に入りいったん上昇が止まった原油ですが、2週間前の記載から進展があり ・下にブレイクした8月末から引けるトレンドライン(白線)までいったん戻りましたがそこで反落し ・更に2月から引けるトレンドライン(緑線)も下にブレイクし、こちらにもいったん戻りましたが同様に反落し(下の4時間足のチャートだとよくわかります) 下落を続けている状況です。 ここまではトレンドラインに綺麗に反応してくれています。 現在の水準のすぐ下には、過去最高値147.27ドル(2008年)と最安値0ドル(2021年)を結んだフィボナッチの0.5(緑点線)があり、次はここの水準を下に抜けるか反発するかがポイントとなりそうです。 実際、この水準は今年の7月に高値になっており、2018年にも高値となっており、結構反応している水準です。 .

USDJPY: USD/JPY 1h short

狙いはshort 前日の下落の勢いに乗ってshortしていきたい ヘッドアンドショルダーが見えてるので更に下がると思っている 価格が戻ったときに右肩から高値が切り下がったらエントリーしてみたい サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 利確位置はフィボナッチ50.0とPivotの付近を想定 左肩を抜けて上昇してきたら損切りする

ZS1!: ドル高コモディティ安

ドル高が進行しています。 ドルと逆相関が強いと言われているコモディティですが、 中でも大豆は価格とともに取組高が大きく減っています。 テクニカル的に言えば三尊を形成し、 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 現在の価格はちょうどネックライン付近。 取組高、ネットポジションともに減少傾向にあり 今後はネットポジションがマイナスに転じるかどうかが焦点となりそうです。 ただ、ノンリポータブルのショートが積みあがっているので 一旦のショートカバーも入りそうですが。 最近は50ドル刻みで価格が推移しているようであり、 本日はボリュームを伴っての下落でした。 (日本時間の午前1時に大きく売り込まれました) ここからレンジブレイクすれば1200までは軽いと見ていますが、 本日雇用統計の発表があるのでボラティリティには要注意です。

USDJPY: ドル円のトレードアイデア(2021年10月1日12:00)

ドル円は一昨日まで大きな上昇が続き、高値更新、112円に到達 昨日から戻りはじめており、現在、リトレースメント23.60%付近を推移中 中国が今日から来週水曜まで休日でもあり、すぐに上昇再開とはならなそう 適度な戻りということで、リトレースメント38.20%, 110.943を目安に押し目買いのプラン ターゲットは本日のピボットラインの111.525 Entry 111.000 SL 110.750 TP 111.サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 525 ※本日の主な経済指標 中国・香港 祝日 08:50 日銀金融政策決定会合主な意見 18:00 ユーロ圏消費者物価指数速報 21:30 米個人所得・支出 23:00 米ISM製造業景況指数 23:00 米建設支出

GBPJPY: GBP/JPY 1h short

狙いはshort 下降トレンド中でヘッドアンドショルダーが見えているのでまだ大きく下がると思う 少し戻ってきた所から戻り売りを試す Pivotやフィボナッチ78.6付近で勢いが落ちれば利確 ヘッドアンドショルダーの頭を超えたら損切

GBPUSD: GBP/USD 1h short

ドルが強くてポンドが弱いのでshort狙い 入りそこねているので、まずはじっくりと待つ エリオット4波の終わりがPivot付近になれば レジスタンスされて5波が始まると見ている そこから戻り売りして次のPivotまでの間を取りたい

GBPJPY: GBP/JPY 1h long

狙いはlong フィボナッチの61.8で長い下ヒゲができているので 押し目買いを狙いたい(次の狙い目は78.6でキリ番の152.00) Pivot付近で上値が重くなると思うので近づいてきたら利確する 損切は前回の上昇の安値

GBPJPY: ポンド円-2021/9/17-

ポンド円の4時間足です 直近で止められていたゾーンにきました。抜けてくる可能性もありますが、ちょっと様子見たほうがいいかなと。 理由は、 ・ボリンジャーバンドのミドルライン ・4時間足レベルの200SMA ・デイリーピボットのR1のゾーン しっかり超えてくると、上昇が強くなるかもしれないですね。

GBPUSD: ポンドドルのトレードアイデア(9月15日15:50)

ポンドドルの日足はレンジが狭まって横ばいが続いている 方向感がわかりにくい状況 短期的な戻りの局面だが、昨日は1.39000に到達後、急激に下げている そして1.38000を若干切り下げて反転、上昇中 本日期日のオプションが1.38250にあるようなので、今日はこの価格帯を中心に推移しそう 1.38400付近に本日のまだタッチしていないピボット中心線があるので、ここでの戻り売りを検討 Entry 1.38400 SL 1.38550 TP 1.38250 ピボット中心線を大きく上抜けたら1.38800, ピボットR1などで戻り売りを検討 ※本日の主な経済指標 17:30 英消費者物価指数 英生産者物価指数 18:00 ユーロ圏鉱工業生産指数 21:30 米NY連銀製造業景気指数 22:15.

GBPJPY: ポンド円-2021/9/8-

ポンド円の4時間足です オレンジと白色のマークに注目です。 オレンジ色・・・昨日の下値。ここから反発してる。 白色・・・・・・今日の安値。 個人的な意見ですが、今日は下方向で考えています。 サポートとレジスタンスのレベルを決定する方法 理由はボリンジャーバンドです。 昨日のボリンジャーバンドは下から上がってきていたこと、 ピボットのS1とS"が近かったので、あそからの下げは疑問視していましたが、 今日はボリンジャーバンドが下方向へエクスパンションしています。 現状はピボットのS1で止まっていますが、最終的に抜ける可能性が高いと思っています。 戻りがあれば売りたいです。戻りがないと正直売りづらいです。

GBPUSD: ポンドドルのトレードアイデア(8月12日15:30)

ポンドドルは直近の強い上昇から今日は横ばい 値動きが小さくなっている 押し目買いのポイントとしてはリトレースメント38.20%、1.38550 あるいは本日のピボット中心線1.38500のゾーンが目安に Entry 1.38500 SL 1.38400 TP 1.38700 このまま上昇に向かった場合、直近高値の上にはピボットR1までの上昇を予想 ここは1.39000ともほぼ重なっているのでカウンターのショートのプラン Entry 1.39000 SL 1.39200 TP 1.38800

EURUSD: 今日1日と今週残り2日の目線を占います EUR/USD

おはようございます! 昨日はいい感じに1時間チャネルで反応してくれてショートできましたね! 利確目標も指値かかってくれて助かりました こういうロンドンからエントリーしていい感じに言ってくれると気持ちいいですね!笑 ただこれで慢心せずに謙虚にデイトレしていきましょう! 今日の動きは大事だと思ってます 水曜日という一週間の真ん中の日でなおかつウィークリーS1付近なので レンジ幅で動くのか それともトレンド継続なのか シナリオ解説していこうと思います! 日足 日足は下降チャネルで引き続き動いてます 昨日はウィークリーs1、デイリーs2で止められました! したヒゲを伴ってますね 僕の中でヒゲは捉え方がいくつかあって、 1つは短期的な個人のストップがついて走った場合、これは大口の利確が入るので走って利確で戻るのでヒゲになります .

GBPUSD: ポンドドルのトレードアイデア(2021年8月10日15:30)

ポンドドルは、1.35700で安値を付けた後上昇、1.39000の高値を更新して戻りの最中 上値を更新したので大きな流れは上方向がやや優位か しかし今のところはリトレースメント38.20%に近づきながらの下落方向が優位 上方向にはまだタッチしていない本日のピボット中心線1.38600があるのでここを目安に戻り売りのプラン ターゲットはリトレースメント38.20%及びピボットS1の1.38250 ストップロスは200MAを目安に Entry 1.38600 SL 1.38750 TP 1.38250 ※本日の主な経済指標 特になし

EURUSD: EUR/USD デイトレ 今日の僕の狙い所解説します

おはようございます! 今日は東京37度はやばいですね 暑すぎて コロナの影響なのか今日は電車ガラガラですこれは最高です さてさて 朝の時間使って今日のユーロドル目線を共有しようと思います! 引き続き対局下目線でいこうと思います! 日足 日足の環境は昨日とほぼ同じですね 昨日の日足は陰線になりました やっぱ売り圧力強いですねーー 今週末くらいまでは下目線でよさそうです 水平線もしくはチャネルボトムにはやめに差し掛かりそうであれば一度反発もあるかもしれません 4時間足 緑チャネルをブレイクした後明確な戻りをつけずにガンガン下がってますね この下落の勢いのなかロング狙っていく勇気は僕には無いです!笑 反発の戻り狙ってロングするくらいなら戻ってから売ろうかなって感じです 1時間足 昨日引いたチャネルのトップはタッチまで.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる