初心者にもおすすめ

リスクと上手に付き合う方法

リスクと上手に付き合う方法
複利効果のイメージ

リスクにはどういったものがあるのでしょうか

日本の金利と諸外国の政策金利差

価格変動リスク 株式や債券など値動きのある金融商品に投資した場合、価格が変動します。価格が下落した場合は投資元本を割り込む可能性があります。 為替変動リスク 外貨預金や外貨建の金融商品に投資した場合、外国為替相場の変動により外貨建資産の円ベースの価値が変動します。一般に外国為替相場が対円で下落した(円高になった)場合には、価格の下落要因となり、投資元本を割り込む可能性があります。 金利変動リスク 債券に投資した場合、金利変動により債券価格が変動する可能性があります。一般に金利が上昇した場合には、価格の下落要因となり、投資元本を割り込む可能性があります。 信用リスク 債券に投資した場合、発行体の財政状況により利払いや償還金の支払いが遅延したり、支払いが滞る可能性があります。また、投資している債券の格付けの変更により債券価格が変動します。価格が下落した場合、投資元本を割り込む可能性があります。

〜リート(REIT)とは〜

リスクと上手に付き合うために必要なこと

資産運用には3つの大原則があります

(1)長期投資 一般的に、株式市場はその時々の政治・経済情勢や景気などの影響を受けて大きく変動する傾向があります。
しかし、長期で保有することによって変動幅が縮小し、比較的安定したリターンが期待できます。 (2)国際分散投資 特定の国、商品に投資をするのではなく、様々な国や市場に資産を分散させることで、リスクの軽減効果が期待できます。 (3)購入時期の分散 一度にすべての資金を投資せず、購入時期を何度かに分けることによって購入価格を平均化させることができます。

ドルコスト平均法

毎月一定の日に一定の金額を投資することにより「時間を分散」する手法です。
毎月一定の金額で継続的に購入していただく場合、基準価格が安い時は多め、
高い時は少なめの数量をご購入いただくことになります。

たった1年の投資では運用結果もバラバラです

資産運用を始める場合、さまざまな投資先が挙げられます。
日常のニュースでもよく耳にする国内の株式。個人向け国債などの国内の債券。不動産に投資を行う国内REIT
さらに海外の株や、海外の債券海外のREITに投資する方法もあります。
一体、どの資産に投資するのが有利なのでしょうか?
下のグラフは、2010年から2019年まで、各投資先に「1年間投資」した場合の投資収益率です。

暗号資産投資の4つのリスクを理解して、上手に付き合う方法をご紹介

Coincheck


Coincheckは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。Coincheckは、ネム(XEM)やモナコイン、ステラなど、他の取引所では取り扱いが少ない暗号資産を購入することができます。Coincheckの最小注文数量は500円であり、少額から人気の高いアルトコインを購入できます。

取扱い銘柄

3-2. マイナス手数料を導入している「GMOコイン」

GMOコイン


「GMOコイン」は、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。GMOインターネットはグループ会社にGMOクリック証券などの金融サービスの提供実績があり、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。

取扱い銘柄

3-3. SBIグループの暗号資産取引所「SBI リスクと上手に付き合う方法 VC トレード」

VCTRADE


SBI VCトレード(VCTRADE)はSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産販売所です。SBIグループが金融機関として培ったノウハウを活用し、セキュリティや運営面はもちろん、取扱通貨やスプレッド、流動性まで、顧客を第一に考えた取り組みが特徴です。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携もSBI VCトレードの特徴のひとつで、同行の利用者であればおさえておきたい取引所です。

SBI VCトレード の販売所ではXRP、ビットコイン、イーサリアムの3種類が取り扱われており、成行注文と価格指定注文をすることができます。またリップル/円をはじめとした銘柄において、業界最狭水準のスプレッドを強調しています。板形式のVCTRADE Proでも、マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給しているので継続的な取引機会が提供されています。

投資のリスクとうまく付き合う3つの方法

やさしい株式投資のハナシ

複利効果のイメージ

複利効果のイメージ

リスク分散の方法②=積立投資

そこで毎月など定期的に一定額を機械的に購入することで、株価が下がっていて安い場面では株数を多く買うことができます。逆に株価が値上がりしている場面では少ない株数しか買いません。結果的には高値掴みになりにくい投資の手法とも言えます。この方法はドルコスト平均法とも呼ばれ、投資の手法としては割と有名です。投資をこれから始めようとする方にはおすすめです。

リスク分散の方法③=分散投資

最後にご紹介するのは分散投資です。よく言われる投資の格言に「たくさんの卵を一つのカゴに盛るな」というものがあります。投資商品や投資先、タイミングを分散することによりリスクの偏りを平準化することができるのです。

たくさんの卵を一つのカゴに盛るな

たくさんの卵を一つのカゴに盛るな

いかがでしょうか? 今回はリスクとのうまい付き合いで知っておきたい3つの方法についてご案内しました。繰り返しになりますが、リスクをただ敬遠するのではなく、リスクとのうまい付き合い方を知ることが大切です。

リスク・リターンと上手く付き合う運用とは?~使い途の決まっている資金は確実性重視で【FP監修】

写真:吉田 美子

こちらも読まれています

1.「ローリスク・ローリターン」の運用はすべての人に必要

1-1. インフレリスクにも注意

2. ローリスク・ローリターンの運用商品

2-1. 定期預金、定額貯金、定期貯金

2-2. 個人向け国債

2-3. 信用力の高い会社の円建て社債

3.「ミドルリスク・ミドルリターン」を目指すには

3-1. 債券型投資信託

3-2. REITに投資する投資信託

こちらも読まれています

こちらも読まれています

3-3. 不動産小口化商品

こちらも読まれています

こちらも読まれています

リスクとリターンについて

POINT1

資産分散

資産分散

POINT2

時間分散

時間分散

POINT3

通貨の分散

通貨の分散

POINT4

長期投資

長期投資

特性(リスクや収益性)の違う複数の資産や銘柄に分けて投資することにより、リスクを分散しながら目標とするリターンを期待できるような「効率的な組み合わせ」を模索しながら、ご自身のポートフォリオを構築しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる