オプション 取引ルール

エリオット波動とは

エリオット波動とは
第 2 位

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

はじめまして。 エリオット波動とは エリオット波動はオカルトとばかり思っていましたが、上手く利用されている方がおられるので質問させていただきます。

はじめまして。

エリオット波動はオカルトとばかり思っていましたが、上手く利用されている方がおられるので質問させていただきます。

エリオット波動入門 - エリオット波動とは パンローリング

ご紹介いただいたパンローリング社のサイトを読み興味が湧いたので、この本を購入して理解を深めたいと思いましたが、この本は良本でしょうか?

恐らく熟読されているのではないかと思い、質問させていただきました。

ご意見をいただければありがたいです。

gagner000さん
ご紹介いただいた http://www.panrolling.エリオット波動とは com/books/wb/elliott/elliott.html を深く勉強してみようかと思いましたが、書籍を買わずにそのサイトだけで勉強されたこと、また、10/100の理解で勝っておられることなどが理解できました。
「推進波3つのルール・波動の入れ子構造」を中心に学んでいきたいと思います。

p_piyo2000さん
相当勝っておられる方でもわからなかったんですね。。
私が勉強してもわかるわけがないことがわかりました(笑)

micocoro1977さん
「たま~~にちょっととおくから画面をみると良いかも知れません。」
大切なことですね。
目を覚ませていただきありがとうございました。

ベストアンサーに選ばれた回答

>画面の最安値からの波がなんとなくエリオットしてることがあるように思います。
>(そんなんでいいのかどうかはわかりませんが・・・)

まじでその程度の能力でやってます。
わかるところだけ信じてその先数えます。
途中が正しければ途中で数え間違えても売り買い同じ答えになる時がけっこうあります。
そこは自信持って攻める。とかやってたら「そういう技」が増えていく。←充分勝てるとこまで「技が増える」→それ以降上達が止まる。→数えれないまま。。。。
困ったときは三菱銀行の分析。(これはたぶん正しい。)さらにチャートウォーカーってひととここほれワンワンってサイトがかなりしょっちゅう分析したの披露してる。ここから数えだすとそんなにややこしくないと思います。「どっちにしても3波=ほぼ間違いなく3波」でGO!するのがコツです。




○元の文
すいません。。。。パンローリングについてはここで名前は聞きましたがなんのことやらさっぱりわかりません。(それを否定するものではありません。純粋に初耳です。)



エリオット波動入門 ・・・・このジャンルで入門本が出ていることを初めて知りました。
そもそも波動をチョイスしたのはネットでちょっと調べたら「絶対は無い。が掟」の相場に「おれはハズした事ないで!」と豪語しているところが気に入ったのと調べたら調べるほど明確な肯定派と明確な否定派がいることが解り、明確な肯定派はいつもしどろもどろでウソ臭く、明確な否定派はかなり上級者のようでぼくの知っているテクニカルの何かを極めている雰囲気でした。

中立やや期待な僕としては積極的に肯定できないけど否定派の言ってることはわかるけどやってる事(あくまで想像ですが)はすでにほぼあきらめていた方向なので期待度0でした。

で、そこそこちゃんとしたエリオット波動の解説のサイト見つけて(たった3ページですが)読んでたら心当たりあることがありまくりました。

当時密かに必勝法を考えていました。
「おれの逆に張れば最終的に勝てる。」
です。

何故ならなんでか知らんけどコツコツドカンの法則から抜け出せないからです。
かなり上手くなってきたと思ったら
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツドッカーンコツドカンコツドカンドカンポカッ
に昇格するだけで結局最終的に負けていたからです。

どのテクニカルもなんぼ修行してもコツコツが長くなるだけのような気がしていたのですがエリオット波動はその時点で勝つ方法には至りませんでしたがコツコツドカンの法則に至る過程と理由を明確に説明しています。
なのでこれはまさにオレに必要な何かのはずだということでちょっとかじってみた。という訳です。


今の僕のエリオット波動に対する理解は

学問的なエリオット波動の勉強しなければならない事柄が100だとすると、

FXに必要なのは10個ぐらい。
しかも難しそうな方にワケられるものは「全部不要」です。
もちろんエリオット波動に求めるレベルによりけりで必要度合いは変わると思います。

僕の場合はFXに対する認識は

1.トレンドがわかればほぼ100%勝てる。
2.誰でも投げるところ(トリガー)が判ったらかなり有利。。

です。

でもトレンドはコロコロ変わります。なるべく全部ついて行きたいです。
でもある程度以上「お金」になるなら全部じゃなくていいです。
理想を言ったら忙しくないほうがいいです。

というなら最適です。とおもいます。(他の状況は知りませんが)



エリオット入門でも内容的には多すぎると思います。
必要な10%の内ほとんどは「推進波3つのルール・波動の入れ子構造」で占めています。
修正波は「モミ合い」と「ジグザグ=ガラ」の2種類です。



そんなんでよければ遠慮無く何でも訊いて下さい。
今ぼくはまだ波動を数えるのはそんなに自信がありません。よく間違えます。
毎日の状況はいろいろな人がブログなどで公表してくれているのですがリアルタイムでもう1段下の波動を答え合わせしときたい時に相談できる人が少なすぎます。
基礎知識のある人ならすぐコツつかめるだろうと思います。


エリオット波動はたぶんFXに使う場合は「知識」より「信心」の方が重要です。
今の能力でこれからのことは予測できなくても過去の状況をあやふやながら波動的に数えてみると信じてもいいようには思えます。

エリオット波動とは

エリオット波動とは、株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオット(R.N.Elliott)氏により
1930年前半に編み出した「市場の価格変動には一定の秩序が存在する」というセオリー
の事をいいます。
エリオット氏は、過去の相場を分析し、値動きが規則性を持ったパターンで何度も出現している事を発見しました。
そして、相場は上下運動を繰り返しながら動いているが、それらはフィボナッチ数列のもと、
5つ推進波とそれに続く3つの修正波の8つの基本リズムを、1サイクルとしたものが
繰り返し続いていると述べています。

エリオット波動の基本パターン

エリオット波動は、上昇5波(推進波)、下降3波(修正波)の合計8波で構成されています。
この8つの波で、大きな波の1サイクルを形成します。そして、この1サイクルが終了すると、続いて類似するサイクルが現れます。
各波動の特色は以下の通りです。

上昇トレンドの場合
上昇(波①)⇒下降(波②)⇒上昇(波③)⇒下降(波④)
⇒上昇(波⑤)
で波動を作ります。

エリオット波動1

相場の転換エリアだが、「まだ下げトレンドでは?」と考える投資家も多くいる為、あまり大きく上昇しない。
但し、波の下に日足・週足などの強力なサポートライン等が存在する場合、大きく上に反発する事かある。

エリオット波動2

波①のかなりの部分を戻してきます(エリオット波動とは 波①の上昇幅と同じぐらい戻す事もあります)
波②の下落幅が波①の50%~61.8%の場合、次の波③は大きく上に反発する特性があります。
下落幅が38.2%以下の場合、次の波③は小さくなる特性があります。

エリオット波動3

エリオット波動のなかで最も伸びる可能性があり、波①の上下幅の150%~161.8%ぐらいまで伸びる事があります。
波の上に日足・週足等の強力なレジスタンスラインがあると止められて、波④に移行しやすくなります。1番のエントリーエリアとされている。

エリオット波動4

波③の利食いと波⑤の逆張り注文が交錯するエリアで複雑な形状になりやすい。
波③の上下幅の50%~61.8%の価格帯を下回ると、下落トレンドやレンジ相場になる事が多い。上抜けるとダウ理論のトレンド継続を満たし、上昇が続く。

エリオット波動5

波③ほどの勢いはなく、売り注文の圧力が増しトレンドの終了に近づく。上ヒゲをつけるローソク足が目立ち、ダブルトップや逆三尊のようなチャートが並ぶ。
エクステンションを起こして盛り返す場合がある。その場合は波①→波③に似た動きをしやすい。

下降トレンドの場合
下降(波A)⇒上昇(波B)⇒下降(波C)
で波動を作ります。

エリオット波動A

買い注文の圧力がさらに弱まり、波①~波④で買い注文をしたトレーダの利益確定売りが増えてくるエリア。価格の上下動を繰り返えすレンジ相場のような動きを経てから急落する。
移動平均線を下に抜ける事で、さらに売り注文圧力が加速しやすいエリア。

エリオット波動B

上昇トレンド継続と考えるトレーダーと波Aの売り注文の買戻しにより、一旦価格が戻ってくるが、そのまま直近の高値を超えることが出来ず、明確なダブルトップ・3トップのチャートを形成しダウ理論のトレンドが終了が確認されるエリア。
売り注文のエントリーが近づいてくるエリア。

エリオット波動C

チャートが移動平均線を下抜ける事で一気に下降トレンドに変換、市場参加者の大半が売り注文をする事で加速的に下落していくエリア。下降の波のなかで一番の上下幅と下落時間がある。
チャートが移動平均線に近づく度に、売られ離れていく事を繰り返す現象が多く見られます。

空白

エリオット波動の規則性

エリオット波動・禁止項目

エリオット波動には、以下の規則性があります。

》波②の安値は波①の安値を下回らない
》推進波の中では波③が一番小さくなることはない
》波①の高値が波④の安値より高くならない
》上昇波の中で波①と波⑤が近い長さになる、また、三角持ち合い状態を形成しやすい
》下降波の中で波Aと波Cが近い長さになる
》常にひと回り大きな波の段階のトレンドと同じ方向に進む
》エクステンションがある
(波の勢い(角度)が強い場合、その内部に延長(エクステンション)が発生することが
あります。どの波が延長しているか分からず、上昇が9波や11波に見えたりする事
があります。)

エリオット波動とダウ理論

エリオット波動


【波③のエリアでは移動平均線とサポレジラインが交差する箇所が狙い目】

ダウ理論が波動の上昇・下落のパターンや、相場参加者の行動心理を示している事に対して、
エリオット波動は、そのパターンにフィボナッチ係数を用いた上下値幅の比率や
上昇・下落の時間などの概念を追加していることから、「ダウ理論」を補完している
関係にあたります。
同様に、エリオット波動は、相場の曲線パターンと移動平均線との関係を示した
グランビル曲線に対しても補完をしている関係にあたります。

エリオット波動のパターンは、ダウ理論のパターン同様にチャートの至るところで見る事
が出来ます。さらに、1時間足のチャートに見られたエリオット波動のパターンが、
5分足のチャートの中にも細かいパターンとして見られる事も多々あります。
(これをフレクタル構造と言います)

空白 エリオット波動とは bar

FX攻略コンテンツ


FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数 エリオット波動とは エリオット波動とは
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FX攻略ブログチャート

上昇起点チャート(4H)
上昇押し目チャート(4H)
下降起点チャート(4H)
下降戻り売りチャート(4H)

【オカルト?】エリオット波動は使えない…は本当か?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

エリオット波動は単なるオカルトで実践では役に立たない…と考える人々が多いという現実

ネガティブワードで埋め尽くされた検索結果

  • エリオット波動 使えない
  • エリオット波動 胡散臭い
  • エリオット波動 意味ない
  • エリオット波動 オカルト
  • エリオット波動 勝てない
  • エリオット波動 こじつけ
  • エリオット波動 後付け
  • エリオット波動 無意味
  • エリオット波動 役に立たない

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

エリオット波動理論に「アンチ」が多いのはなぜか?

エリオット波動理論に「アンチ(否定派)」が多い理由はなぜでしょうか?端的に述べれば「大半のエリオット波動信者の解説が 後付け である」からです。

そもそも典型的なエリオット波動パターンはほとんど存在しないという現実

13もの派生パターンで、相場をいかようにも都合良く解釈できてしまう

  1. ダイアゴナル・トライアングル
  2. エンディング・ダイアゴナル・トライアングル
  3. リーディング・ダイアゴナル・トライアングル
  4. シングルジグザグ
  5. ダブルジグザグ
  6. トリプルジグザグ
  7. レギュラーなフラット
  8. 拡大型フラット
  9. ランニングフラット
  10. 対称型トライアングル
  11. 上昇型トライアングル
  12. 下降型トライアングル
  13. 逆対称型トライアングル

リアルタイムチャートでエリオット波動を捉えることは不可能に近い

無理やりこじつけて解説するエリオット信者にうんざり…

上昇5波動・下降3波動の波を正確にカウントする具体的な方法は、誰ひとり解説してくれない…

どうやって正確に「波」をカウントするのか誰か教えてくれ…

エリオット波動理論を崇拝する人々…

エリオット波動を肯定する人々

  • – 読みなよ。(FXで勝てない人読みなよ。)

「エリオット波動」肯定派のYou Tube動画

最近はエリオット波動に関する動画をアップしているYouTuberトレーダーも多いですね。その多くは肯定派です。先の- 読みなよ。FX勉強会のYou Tube動画はこちら。

エリオット波動とは?引き方から使い方・見つけ方まで徹底解説【MT5】

エリオット波動とは?引き方から使い方・見つけ方まで徹底解説【MT5】

エリオット推進波

エリオット波動とは エリオット推進波

次はエリオット修正波を引いていきます。

「挿入」 タブの 「オブジェクト」「エリオット波動」「エリオット修正波」 をクリックする。

「挿入」タブの「オブジェクト」→「エリオット波動」→「エリオット修正波」をクリック

ポインタをチャート上の高値の中における谷の底を見つけ、そこを起点に 「谷、山、谷」 の順番でクリックしていきます。

「谷、山、谷」の順番でクリック

エリオット波動の見方・使い方

第3波と第5波が狙い目!

そこで特に狙い目と言われているのは第3波と第5波です。

フィボナッチ・リトレースメントと組み合わせる

第4波の終了を予測する場合は 「フィボナッチ・リトレースメント」 との組み合わせが有効です。

フィボナッチリトレースメントとの組み合わせ

第4波の戻りは38.2%、50.0%、61.8%などで反応しやすいと言われています。

標準搭載インジケーター「ZigZag」でエリオット波動を見つける

エリオット波動を見つけるのに役立つのが 「ZigZag」 というインジケーターです。

1. ナビゲーターウィンドウのカスタムインジケーターに 「ZigZag」 をダブルクリック→OKで表示します。

ナビゲーターウィンドウのカスタムインジケーターに「ZigZag」をダブルクリックします

ZigZag表示例

ZigZag表示例

エリオット波動理論:エリオット波動指標の使い方

what is elliott wave?

basic five eilliott wave idealized pattern

(引用: fxstreet.com)

high degree elliott wave

(引用: エリオット波動とは fxstreet.com)

エリオット波動サイクル

elliott wave cycle

(引用: fxstreet.com)

エリオット波動理論の正確性は?

エリオット波動とフィボナッチリトレースメント

エリオット波動オシレーター

長年にわたり、アナリストたちはエリオット波動の原理にヒントを得て、エリオット波動オシレーターをはじめとする数多くの指標を開発してきました。エリオット波動オシレーターは、2本の移動平均線の差に基づいて、潜在的な値動きを予測するコンピュータモデルを提供します。エリオット波動インターナショナルが開発した人工知能システム「EWAVES」は、エリオット波動理論の標準的なルールに基づいて機能し、自動的に分析結果を生成します。

暗号市場におけるエリオット波動のサーフィン

elliott wave in the crypto markets

(引用: tradingview.com)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる