初心者にもわかる

ECプラットフォームとは

ECプラットフォームとは
画像出典:Shopify Japan 株式会社

ECプラットフォーム徹底解析|自分に合うプラットフォームの選び方

https://fukuoka-doga-studio.com/wp-content/uploads/2022/03/フッラト1-300x300.png

そのため、独自にサイトを開設するよりも簡単に集客ができ、モール側からの運営サポートを受けられるため、比較的収益につながりやすいです。
既存のプラットフォームであるため、自身でドメインを取得したりサイトのデザインを考えたりする必要はないため、時間も比較的かからずに参入可能です。
ただし、複数のショップが集まっているため独自のブランディングが難しい部分があります。
加えて、テナント料やロイヤリティが発生するなどコストが発生する事を念頭に置いて運営する必要があります。

■ASP(ショッピング型ASP)

ASP(Application Service Provider)はECサイトを構築するために必要なシステムをクラウド型で提供しているプラットフォームです。
BASE・STORES・MakeShopが代表的なASPです。
自身でサーバーを用意する必要がなく、 構築期間も短く済むため手軽にネットショップの立ち上げが可能 です。

無料のASPを活用すればコストも抑えられます。
無料・有料の違いによって差はありますが、カスタマイズできる範囲がある程度限られています。
細部までカスタマイズしたい場合はやや不自由さを感じることもあるかもしれません。

■ECパッケージ

ECサイト運営に 必要なシステムを全てまとめて1セットにされたもの です。
自社の運用やこだわりに合わせたものかどうかを判別して導入する必要があります。
提供されているパッケージによっては詳細なカスタマイズが可能なものもありますが、その分コスト面がかかります。
展開する規模や見込める利益に合わせ選択する必要があります。

■オープンソース

すでにプログラムとして出来上がっているものをアレンジして自分のサイトを組み立てる方法です。
※ソースとは「ソースコード」の事を示し、外部に公開されているソースを組み合わせる (オープンソース)という事です。
個人でサイトやホームページなどが作れるWordpressなどがこれにあたります。

■フルスクラッチ

サイトの全てを自分流にカスタマイズできます。
ただし、 1から作り上げるため膨大な時間・手間・コスト がかかります。
感覚的には導入に数億円のコスト、時間としては年単位かかるといわれています。

ECプラットフォームを選ぶ時の注意点

初心者が選ぶならモール型orASPがおすすめ!

ECプラットフォームを選ぶ時に考えておきたいのが、 立ち上げにかかる費用・立ち上げまでの時間・回収率の見込み です。

今後展開するビジネスの内容・規模なども踏まえて考えたい部分ではありますが、初心者であればまずはモール型・ASPがおすすめです。
これらのプラットフォームは簡単に商品・サービスを販売することができ、立ち上げまでにかかる費用・時間が抑えられます。
認知度も高いため、無名のショップでも比較的集客がしやすいのもメリットの一つです。

ビジネス展開によってはモール型と自社型同時運用も

実際はモール型と自社型でサイトを立ち上げ同時に運用している事業主や企業も多いです。
同時に運用することで、両者のメリットを生かす ことができるからです。

モール型のメリットである認知度の高さによる集客に加え、自社型から購入された顧客へDMなどのアプローチを行いリピーターを獲得することができます。
コストや運用の手間などはかかりますが、購入窓口が2つに分かれるため、どちらかのサイトにトラブルが発生した場合のリスクヘッジにもなります。
取り扱う商品や目指す規模によってはこちらの方法もおすすめです。

まとめ

カスタマイズの幅は狭いですが、立ち上げまでの費用・時間を抑えられ、集客率も高いため無名のショップでも売り上げにつながりやすいためです。
経過を見ながら、今後の展開・規模に合わせプラットフォームを変えるのも一つの方法です。
ECサイト立ち上げの参考にしてみて下さい^^

東南アジア最大のECプラットフォーム【Shopee】とは?出店登録の手順も紹介

Shopeeがサービスを開始したのは2015年ですが、それ以前は現在競合サイトであるLazadaやTokopediaがECサイトのトップを走っていました。後からの参入になったShopeeが差別化を図るためのビジネス戦略には、「Shopee Guarantee(ショッピー ギャランティー)」という機能が追加されたことによります。Shopee Guaranteeの機能は、Shopeeの購入者(ユーザー)が購入商品を受け取るまで販売事業者への支払いを一時的に保留にすることです。この機能によって不正な取引や買い手と売り手の安全性を維持する役目になっています。

Shopee(ショッピー)が展開する4つの国

人気有名人の起用したプロモーション

Shopee(ショッピー)で人気の商品・販売できる商品・販売できない商品

Shopeeで人気の商品

コスメ・美容・健康 香水/美容器具/スキンケア用品/健康食品 ECプラットフォームとは 家電用品 ゲーム関連/生活家電/キッチン家電/ヒーター 家庭用品 日用品/浄水器/空気清浄機/キッチン用品 子供用品・おもちゃ フィギュア/ポケモン関連商品/ベビーファッション/乳児・育児用品 その他 中古品/ブランド品/ホビー/時計/食べ物/季節限定品・限定品/民芸品/雑貨

Shopee(ショッピー)で販売可能な商品

(1)アパレル服、靴、帽子、アクセサリー
(2)携帯電話
(3)日用家電
(4)ノートパソコン、コンピューター関連
(5)カメラ
(6)ホーム・リビング用品
(7)スポーツ用品
(8)メイク・コスメ
(9)美容グッズ
(10)健康・パーソナルケアグッズ
(11)子供用品・おもちゃ
(11)日用品
(11)食料品
(11)ペットフード、ペットグッズ

VINXの
ECプラットフォーム
Commerce Cloudのバックオフィスシステム【Commerce-Gate】

E-BOOKイメージ

顧客体験やビジネスモデルのトレンドは日々急速に変化していきます。Salesforce Commerce cloudは、グローバルなトレンドをいち早く取り入れ、年10回もの自動バージョンアップで時流に合わせて成長し続けます。
また、グローバルサイトや新ブランドサイトなどの横展開をあらかじめ視野に入れて設計されているため、ビジネス/サービスの成長に合わせてスピーディに拡張できます。セキュリティ性も高く、安心してご利用頂けます。

最先端のAIで実現する

搭載AI概念図

Salesfore Commerce Cloudは、最先端のAI (Einstein)を標準搭載しており、お客様一人ひとりにパーソナライズされた顧客体験を提供できます。
AI (Einstein)で実現できる顧客体験は幅広く、プロダクトレコメンデーションやプレディクティブソート、検索機能のパーソナライズなど多岐に渡ります。スマートかつパーソナライズされた体験を提供することで、ECビジネスの売上拡大およびCXの向上をスムーズに実現します。

EC業務のパフォーマンスを飛躍的に高める
バックオフィスシステム

バックオフィスシステム概念図

Commerce-Gateは、世界をリードするECプラットフォーム、Salesforce Commerce Cloudとシームレスに連携可能な、バックオフィスシステムです。
日本の商習慣に合わせて開発されており、受注同梱や分割配送、ノベルティ同梱、一部キャンセル、サイズ・カラー変更、複数倉庫の在庫管理など、多数の機能が標準で搭載されています。日本のEC運用に必要な機能が揃っているため最短3ヶ月で導入できます。また、従量課金ベースのSaaS型でご利用頂けます。

ECフロントイメージ

Salesforce
Commerce Cloudとは

Salesforceが提供するECフロントパッケージ。
グローバルで数千サイト以上の実績があり、国内でも多数の企業に導入されています。VINXはセールスフォースの公式Technologyパートナーとして、Commerce Cloud導入サービスを提供しています。

越境ECとは?|オススメ「海外EC 10サイト」を徹底比較!【2022年版】

そのような小売市場の拡大とともに、スマホの普及によりインターネットも普及。経済成長とともに中間層や富裕層も拡大し、越境EC市場も急拡大するとされています。その中で注目されているのはAMAZON INDIAで、2013年にローンチされました。AMAZON INDIAの成長率は年間23%の規模で拡大していくという見方があります。その結果2023年までに約7兆8,000億円規模の取引総額(流通総額)となることが予想されているのです。

しかし、出店において、英語サイトでの自社独自の販売は簡単ではありません。そこで、インド販路拡大におすすめしたいのが「Indi Cart」です。「Indi Cart」は商品情報の確認から、商品配送、梱包、商品カタログ作成、AMAZON INDIAなどでのオンライン販売を全て代行しています。

⑥ 【台湾】 PChome / PChome商店街(PCホーム)

PChome (1)

■PChome

PChome商店街 (1)

■PChome商店街

⑦ 【韓国】 G-market(Gマーケット)

G-market

「G-market」は、2000年に生まれ、月間訪問者数 2,200 万人を誇る韓国最大のオンラインオークション・ショッピングモールサイトです。

もともとの運営社名は Gmarket でしたが、2009年にアメリカのeBayが株の過半数を取得し、子会社化し、現在はeBay Korea社が運営しています。

⑧ 【タイ】 Lazada Thailand(ラザダ)

Lazada Thailand

クレジットカードやデビットカード決済だけでなく、代引き・コンビニ決済・ウェブマネーでの支払いにも対応しており、LINE Payも利用可能です。「LAZADA Pay」という独自の決済サービスも。

⑨ 【シンガポール】 Lazada(ラザダ)

Lazada

⑩ 【香港】 HKTVmall(網上購物)

HKTVmall

5. インバウンド事業と越境ECの間でのシナジー効果も!?

インバウンド戦略として越境ECを利用しよう

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ! と思った方はシェア

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

オススメの海外進出サポート企業

YCP&nbspGroup 

YCP Group 

YCP&nbspGroup 

ご利用企業からの評価

<主要サービスメニュー>
・海外展開完全代行:
事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

ご利用企業からの評価

全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
我々はその課題を

(1)海外事業の担当人材の不足
(2)海外事業の運営ノウハウの不足
(3)海外企業とのネットワーク不足

と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

D2CにおすすめのECプラットフォーム5選│成功させるコツも伝授

Digital ECプラットフォームとは generated devices on desktop, responsive online shop on screen. All screen graphics are made up. 3d rendering.

D2C事業(Direct to ECプラットフォームとは Consumer)において、拡張性の高い販売チャネルを持てるECサイトの展開は重要視すべき施策と言えます。

AIが報告するクラウド型リサーチサービス AIGENIC(アイジェニック)

D2C事業で活用できるECサイトのプラットフォームは4つ

No.種類概要
1ASP型ECサイトに必要なシステムをクラウド上でレンタルする
2オープンソース型無償公開されているソースコードをカスタマイズする
3パッケージ型購入したパッケージを元にエンジニアが開発する
4フルスクラッチ型何もない状態からサイト構築していく

1. ASP型

  • Shopify
  • BASE
  • STORES など

ASPは、インターネット上ですぐに利用できる形のプラットフォームです。

ASP(Application Service Provider:アプリケーションサービスプロバイダ)とは、アプリケーションサービスをWeb上で提供している事業者のことを指します。

2. オープンソース型 ECプラットフォームとは

  • EC-CUBE
  • Welcart(Wordpressのプラグイン)
  • Magento など

オープンソースは、ECサイト構築用に一般公開されているソースコードを指します。ソースコードとは、プログラミング言語を使用して書かれたテキストファイルです。

ただ、ソースコードは すでにECサイトとして使用できる形に整っている ため、構築の負担を軽くできます。

3. パッケージ型

  • ebisumart
  • HUE
  • ecbeing など

パッケージは、ECサイトを構築するために必要な機能がひとまとまりになっている「パッケージソフト」を指します。

パッケージソフトは有料ですが、 オープンソースと比べてさらに手軽かつ柔軟にカスタマイズを行える ことが強みです。

4. フルスクラッチ型

  • ゼロから独自のECサイトを立ち上げるため、自由度が高い
  • 専門知識が必要

フルスクラッチは、まっさらな状態から独自のECサイトを構築する手法です。

豊富な知識やプログラミングスキルが必要なうえ多くの 工数がかかるものの、自由度がもっとも高い 点が強みです。

D2C事業で活用できるECサイトの構築方法は主に2つ

種類概要
自社EC型自社独自にお店を立ち上げる方法
モール型ショッピングモール内にお店を出店する方法

1. 自社EC型

自社EC型は、前述したプラットフォームを用いて自社でECサイトを構築・運営するタイプです。

その後、 簡単なカスタマイズでECサイト構築できるASPやパッケージが登場し、自社ECを立ち上げ やすくなりました。

2. モール型

モール型は、複数のネットショップが集まって構築されたタイプのECサイトです。Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどがこれにあたります。

  • 出店料などの手数料がかかる
  • ショップのオリジナリティを出しづらい
  • 多くの場合顧客情報を得られない

D2C事業におすすめのプラットフォームサービス5選

  1. Shopify
  2. BASE
  3. STORES
  4. futureshop
  5. MakeShop

1. Shopify

画像出典:Shopify Japan 株式会社

  • 世界No.1のECプラットフォーム
  • 低コストながらデザイン性の高いECサイト制作が可能
  • SNSやスマホアプリなどに連携できるオムニチャネル対応

Shopifyは、世界中170万件以上の店舗が利用しているASP型のECサイトプラットフォームです。デザイン性が高いため、 自社のサービスやブランドを理想に近い形で表現できる でしょう。

2. BASE

画像出典:BASE株式会社

  • ジャンルごとのデザインテンプレートが利用可能
  • ショップの成長に合わせて機能を拡張可能
  • 機能や操作だけでなくノウハウやブランディングのサポートも実施

BASEは、ショップ開設数150万ショップ(※)を突破している日本生まれのASP型ECサイトプラットフォームです。(※2021年9月現在)

3. STORES

画像出典:ヘイ株式会社

  • 大企業や全国の企業における導入事例多数
  • 実店舗と連動できる便利な機能を提供
  • EC初心者に向けて手厚いサポートを実施

4. futureshop

画像出典:株式会社フューチャーショップ

  • 豊富な決済手段を利用可能
  • 売上向上のためのサポート機能が充実
  • 時代・社会・消費者の変化に合わせた柔軟な対応を実施

futureshopは、成長し続けるECのためのASP(SaaS)型ECサイト構築プラットフォームです。カスタマイズ性の高さ、豊富な決済手段、万全なセキュリティ対策などが魅力です。

5. MakeShop

画像出典:GMOメイクショップ株式会社

  • 651の豊富な機能を搭載
  • カスタマイズ可能なデザインテンプレートがすべて無料
  • 「ECでやりたいこと」が実現できる機能やサポートが充実

また、カスタマイズ可能・レスポンシブデザイン対応の豊富なテンプレートがすべて無料で利用でき、細かなカスタマイズに対応している点も特徴です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる