初心者入門

仮想通貨のアービトラージとは

仮想通貨のアービトラージとは
トレード戦略

仮想通貨のアービトラージとは

今回も東京都大田区の蒲田にあるシトラスベル税理士事務所(旧大見税理士事務所)から仮想通貨の解説をしていきます。今回は仮想通貨で税金が発生する可能性がある取引を見ていきます。ICOに参加したとき、仮想通貨FXをしたとき、アービトラージをしたとき、マイニングやエアドロップ、ハードフォークしたときなどを具体的に解説します。また具体的な計算の方法をわかりやすく記載しています。

仮想通貨で税金が発生するケース

取引所で売買する
仮想通貨を別の仮想通貨に交換する
ICOで買って取引所で売る
仮想通貨取引所のFXで取引する
お店で決済に使った時点で利確
アービトラージで収益を得る
マイニング、エアドロップ、ハードフォークなど

仮想通貨の税金、こんな時どうする?

1.仮想通貨のアービトラージとは 取引所における日本円による売買

取引内容
1月10日 1,000,000円で5BTCを購入した。
2月20日 2BTCを500,000円で売却した。

取引内容
1月10日 1,000,000円で5BTCを購入した。
2月10日 250,000円で1BTCを購入した。
3月10日 1,500,000円で5BTCを購入した。
4月20日 2BTCを800,000円で売却した。
12月10日 1,000,000円で1BTC を購入した。

所得金額の計算
2.取引所における仮想通貨による売買

取引内容
1月10日 1,000,000円で5BTCを購入した。
10月20日 1BTCで10ETHを購入した。

10/20のレート
ビットコイン 500,000円/BTC
イーサリアム 50,000円/ETH

3.仮想通貨のアービトラージとは ハードフォークで付与されたアルトコインを売った

取引内容
8月1日 BTCのハードフォークで2BCHを取得した。
11月1日 2BCHを100,000円で売却した。

4.エアドロップで取得した仮想通貨を売った

取引内容
2月1日 0.5 VIBを取得した。(レート30円/VID)
3月1日 1 VIBを取得した。(レート30円/VID)
4月1日 0.5 VIBを取得した。(レート30円/VID)
5月1日 3 VIBを取得した。(レート10円/VID)
6月1日 1 VIBを取得した。(レート30円/VID)
7月1日 1 VIB を取得した。(レート50円/VID)
8月1日 2 VIBを取得した。(レート60円/VID)
9月1日 1 VIBを取得した。(レート70円/VID)
10月1日 0.5 VIBを取得した。(レート80円/VID)
11月1日 0.5 VIBを取得した。(レート80円/VID)
12月31日 仮想通貨のアービトラージとは 10VIDを1,000円で売却した。

取得時の所得金額計算
2月1日 0.5 VIB×30円=15円
3月1日 1 VIB×30円=30円
4月1日 0.5 VIB×30円=15円
5月1日 3 VIB×10円=30円
6月1日 1 VIB×30円=30円
7月1日 1 VIB ×50円=50円
8月1日 2 VIB×60円=120円
9月1日 1 VIB×70円=70円
10月1日 0.5 VIB×80円=40円
11月1日 0.5 VIB×80円=40円
合計440円(11VIB)

所得金額の計算:総平均法を用いた場合
取得価格の計算式は次の通りです。
(15円+30円+15円+30円+30円+50円+120円+70円+40円+40円)÷(0.5 VIB+1 VIB+0.5 VIB+3 VIB+1 VIB+1 VIB+2VIB+1 VIB+0.5VIB+0.5VIB)=40円

5.お店で決済に使った

取引内容
2月20日 1,000,000円で5BTCを購入した。
3月20日 電気店でパソコンを1BTCで購入した。

6.マイニングで手に入れた仮想通貨を売った

取引内容
6月1日 マイニングで1BTCを取得した。(マイニングにかかった費用500,000円)
12月1日 仮想通貨のアービトラージとは 1BTCを1,000,000円で売却した。

7.アービトラージで取引しまくった場合
仮想通貨のアービトラージとは
取引日 1月1日 1月2日 1月3日 1月4日 1月5日 1月6日 合計
購入 ¥200,000 ¥190,000 ¥180,000 ¥200,000 ¥200,000 ¥300,000 ¥1,270,000
売却 ¥210,000 ¥200,000 ¥185,000 ¥205,000 ¥220,000 ¥295,000 ¥1,315,000
差損益 ¥10,000 ¥10,000 ¥5,000 ¥5,000 ¥20,000 ¥-5,000 ¥45,000
8.仮想通貨に代えて日本円で補償を受けた場合

取引内容
1月1日 800,000円で10,000XEMを購入した。
1月26日 利用していた取引所で盗難の被害が発生した。
3月12日 XEMに代えて日本円880,000円で補償を受けた。

所得金額の計算
被害が発生した時点での時価は使用せず、実際に補償を受けた金額で売却したと考えます。
[売却価額]-[1 XEMあたりの取得価額]×[支払NEM]=[所得金額]
880,000円-80円×10,000 XEM=80,仮想通貨のアービトラージとは 000円
所得金額は8万円です。

ビットコインのアービトラージで稼ぐ!自動ツールやアプリの仮想通貨投資方法まとめ

ビットコインのアービトラージで稼ぐ!自動ツールやアプリの仮想通貨投資方法まとめ

トレード戦略

アービトラージとは、主にFXで有名になった投資方法なのですが古くから投資の世界では存在している手法で、 理論上は必ず勝てる取引と言われています 。「サヤ取り」とも呼ばれます。

実は今仮想通貨市場で最も利益が出しやすい手法としていくつかやり方が公開されているので、
「これは使えそうだ」 と思うアービトラージ手法を探してみました。

ビットコイン仮想通貨のアービトラージとは

ビットコイン仮想通貨のアービトラージとは

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。
株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。
引用元:SMBC日興証券

仮想通貨市場はアービトラージがやり易いと言われています

  • 取り引きは24時間いつでもできること。
  • 日本を含め海外の取引所も同じように使えること。
  • 国際送金手数料が比較的安い
  • 送金時間が比較的早い

アービトラージのメリット・デメリット

アービトラージのメリット

為替などより価格差が出やすい

ライバルがまだ少ない

リスクが少ない

専門知識がなくてもできる

アービトラージのデメリット

ローリスクだがローリターン

相場をずっと眺めていないといけない

仮想通貨取引所で嫌われる可能性もある

仮想通貨でのアービトラージを始めるために用意するもの

価格差が出やすい仮想通貨の取引所

  • 「bitFlyer(ビットフライヤー)」
  • 「Zaif(ザイフ)」
  • 「bitbank(ビットバンク)」
  • 「GMOコイン」
  • 「Liquid by QUOINE」

各取引所に同数の日本円とビットコインを入金

オススメアプリ Cryptopippi(休止中)

アービトラージの具体的な方法

Cryptopippiとパソコンを使って行う方法

日本の取引所のほとんどと、世界の取引所が登録されています。仮想通貨ごとの価格一覧も表示対応しています。 仮想通貨のアービトラージとは
このようにどことどこの取引所間でアービトラージできる価格差が発生しているのか一目で確認できるようになっており、使いこなせば神アプリとなるでしょう。パソコンの横にアプリを置いて、価格差があればビットコインの売買をするという、地味な作業になるわけですが、確実に利益を積み重ねたい人にはオススメできるアービトラージ手法です!

「BITCOIN相場.com」を使う方法

「BITCOIN相場.com」を使う方法

最安値が青、最高値が赤で表示されています。

【ビットコイン投資入門】安く買って高く売る!「アービトラージ取引」という技

【ビットコイン投資入門】安く買って高く売る!「アービトラージ取引」という技

 (3208)

株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長。 1980年生。東京大学法学部卒業。大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債権などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。

ビットコインの価格は取引所によって少し異なる

gettyimages (2811)

取引所によって価格が違うのは、各取引所が、別の取引所の価格を見て、「うちはもっと安く売ろう」とか、「高く買おう」などとしているわけではなく、ビットコインの価格が需要と供給によって決まるからです。
買いたい人が売りたい人に比べて相対的に多いほど、価格は高くなります。取引所によっても、買いたい人、売りたい人のバランスが異なりますから、取引所によって価格が異なるというわけです。

ビットコインを安い取引所で買って高い取引所に送金

 (2806)

具体的には、より安いところでビットコインを買い、高く売れる取引所を探し、その取引所にビットコインを送金。そこでビットコインを売る、ということです。これを「アービトラージ取引」(裁定取引)といいます。

たとえば、2016年9月某日では、買値が最も安かったのはB取引所で6万3199円。これを売値が高かったC取引所の6万4051円で売れば、852円の利益が得られます(手数料を考慮せず)。
わずかではありますが、これを1日2回、3回と行えば、利益が積み上がっていきます。
お小遣い稼ぎの感覚でアービトラージをするというのも、ありでしょう。

1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~


¥1,080
「ビットコイン」「仮想通貨」の入門書。
「支払い」で使うときに気を付けることは?「送金」がお得にできるってホント?「投資」はどう始めればいい?仮想通貨や取引所の選び方は? 何をしたら得できて、何をすると損する?
仮想通貨の基本がわかる! 販売サイトへ 元のページを表示 ≫

【超簡単!!】ビットコインのアービトラージ(裁定取引)やり方・儲ける方法!失敗なしでできるって本当…?

なんで今までやってなかったんだ…。

というくらいカンタンでほぼリスクなく利益出せるビットコインのアビトラ…。

所要時間10分程度で+15,000円。(入金待ち合わせると1時間くらい)

今回は試しだったから次はもう少し金額大きくしてみよう🤔

あと送金が出金が多いからドキドキする🤣 pic.仮想通貨のアービトラージとは twitter.com/1fq48Tdrec

— のがたか@ビットコイン男子!! (@noggylog) 2018年11月15日

このツイートの通りなんですが、ビットコインのアービトラージ(裁定取引)はほぼリスクがなくかかる時間も少なく利益が出せるトレード方法です。

ビットコインのアービトラージ(裁定取引)の結果

原資:200万円 / 約3.2BTC

回数 利益
11月15日 2回 +30,000円
11月19日 1回 +6,000円
11月20日 2回 +26,000円
11月26日 1回 +17,000円
12月8日 1回 +5,000円
合計 7回 +99,000円

ビットコインのアービトラージ(裁定取引)とは?

つまり、取引所間の価格差を利用して利益を出すトレード方法です。

特にビットコインは取引所間の価格差が発生しやすく、アービトラージは効果的なトレード方法と言えます。

【超簡単!!】ビットコインのアービトラージ(裁定取引)やり方・儲ける方法!失敗なしでできるって本当…?

アービトラージ(裁定取引)のメリット・デメリット

メリット

  • リスクが低い
  • 確実に利益がとれる(確実に利益が取れるときにしかしない)
  • 価格変動に左右されない

デメリット

ほぼリスクなく確実に利益が取れるハズです。さらに価格変動に左右されないこともかなりのメリット。

とはいえ、デメリットもあってアービトラージするには多くの資金が必要です。

ビットコインアービトラージ(裁定取引):トレード方法2パターン

「安い取引所で買って、高い取引所で売る」

カンタンな取引方法2パターン

  • A取引所(価格が安い方)で買う ➜(送金)➜B取引所(価格が高い方)で売る
  • A取引所(価格が安い方)で買う / あらかじめ送金しておいたBTCをB取引所(価格が高い方)で同時に決済する

メリット 仮想通貨のアービトラージとは デメリット
①送金 必要なお金が最低限でOK 送金している間に価格が動くと損をする可能性がある
②同時決済 価格変動リスクがほぼない 送金パターンに比べ2倍の資金が必要

同時決済パターンのトレード方法

(事前準備)アービトラージに必要なもの

必要なもの

  • 各取引所のアカウント(Liquid、bitbank)
  • 価格差チェックアプリ
  • 振込用銀行(住信SBIネット銀行or楽天銀行がおすすめ)
  • アービトラージするビットコイン + 同じ価格分の日本円

各取引所のアカウント

用意する取引所:

基本的に、Liquid(リキッド)とbitbank(ビットバンク)を登録しておけばOK。

Liquid(リキッド)は他の取引所よりも価格が低い傾向にある取引所です。つまり、ビットコインを買うときに使う取引所。

反対に、bitbank(ビットバンク)は逆に価格が高い傾向にある取引所です。こちらはビットコインを売るときに使います。

仮想通貨のアービトラージとは

仮想通貨FXのスイングトレードとは?手法のメリット・デメリットを徹底解説!

「仮想通貨FXのスイングトレードって何?」 「デイトレードやスキャルピングと何が違うの?」 あなたはこのような疑問をお持ちではありませんか? 今回は下記の3つについて、仮想通貨取引所である当社Bitt .

仮想通貨FXのスプレッドとは?狭いスプレッドで取引できる仮想通貨取引所5選

「ビットコインで仮想通貨FXをやってみたいけど、スプレッドってなに?」 「仮想通貨FXの販売所って?取引所との違いは?」 このような疑問をもつ仮想通貨FX初心者は必見です。 仮想通貨FXをはじめるなら .

仮想通貨で使えるフィボナッチ分析ツール2選!使い方や注意点を紹介!

「仮想通貨取引でフィボナッチのテクニカル指標を使いたい」 あなたはこのように考えていませんか? フィボナッチのテクニカル指標には、たくさんの種類があって、どれを使えばいいかわかりませんよね。 今回は、 .

【2021年最新】仮想通貨FXボーナスのおすすめは?入金・口座開設ボーナスを取引所別に紹介

>>すぐに仮想通貨取引所のボーナス情報をみる<< 仮想通貨FXの口座を開設しようと思っていても、どの取引所を選べばいいか分かりませんよね。 こんな方が多いのではないでしょうか。 一度は聞いたことがある .

仮想通貨のチャートの見方ってどうすればいいの?ローソク足など基本から解説

仮想通貨FXと現物取引の違いは?仮想通貨FXのメリット・デメリットも紹介

仮想通貨の取引方法には、「仮想通貨FX」と「現物取引」という2つの取引手段があります。 しかし、「仮想通貨FXと現物取引との違いが分からない」という人は、多いのではないでしょうか? 本記事では、仮想通 .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる