初心者向けおすすめFX動画

トレンド分析とは

トレンド分析とは
提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

トレンド分析の転職・求人検索結果

データサイエンス技術やAI技術を活用した次世代のセンサー設計技術・評価技術を企画、開発する部署で、最先端技術の調査から、モデル開発、ツール化やシステムへの組み込みなどを行うエンジニアを募集します。 ■組織としての担当業務 データサイエンス技術やAI技術を活用した次世代のセンサー設計環境・評価環境を企画、開発します。 トレンド分析とは ■担当予定の業務内容 イメージセンサーやセンシングデバイスの設計・評価を行う部署から課題を吸い上げ、データサイエンス技術やAI技術を用いた課題解決を企画、提案するところから、AIモデル等の開発、さらにツール化やシステムへの組み込みまで行います。 また、AIの技術領域は進歩が早いため、最先端の論文調査やトレンド分析などもチームとして行い、技術獲得から応用先の検討を行います。 ■想定ポジション 2〜5名程度のチームで、担当者あるいは経験に応じてリーダーとして業務に取り組んでいただきます。 ■描けるキャリアパス AIエンジニアとしてキャリアを積んでいくことができます。AIの開発経験がない方でも、部署内のAI資格保有者がサポートします。社内のAI関連講座や社外のセミナー・オンライン学習の受講なども部署として支援しているため、学びの機会が十分にあります。

【必須】 ・ソフトウェアに関する基本的な知識と開発の実務経験(言語は不問) 【尚可】 ・機械学習、深層学習、強化学習など、AIを用いたソフトウェアの開発経験、あるいは、データ分析経験があれば尚可 ・Pythonの使用経験 【語学力】 ■TOEIC(英語) 必須ではない トレンド分析とは 尚可: ■TOEIC(英語) 550点以上 話せる必要は無いが、英語の論文査読の機会も多いため、ある程度読めるレベルは必要。 【求める人物像】 最新技術を積極的に学び、その技術を具体的にどのように課題に適用していくか、自ら考え、工夫し、提案していける方を求めています。

【東京本社/在宅勤務可】新事業/新製品/新サービスの立案 ※適性に応じて部門・業務を打診

新事業の創案と、社内外関係者との協業による新事業立ち上げを推進いただきます。 ・当社の新事業/新製品/新サービスを立案(特に当社がフォーカスしている7分野における新技術トレンドや、市場メガトレンドの調査分析など) ・調査したメガトレンドや分析内容、事業案等をレポートにまとめ、イントラネットに公開し社内協業を推進 ・立案した新事業を具体化する為、社内関連部門(次世代製品システム部, 当社傘下のベンチャー, 当社ヨーロッパ, ビジネスカンパニーなど)や社外の将来的なパートナーや客先と協業し、新事業ビジネスモデルの検討や具体的な立上げに向けたプロジェクトを推進 など 【事業内容】 以下募集部門では、DX/EXを加速させる事で持続可能な社会実現の為の価値創造と2CXの実現を目指しています。 市場のメガトレンドを調査しアプリケーションのトレンドや技術動向を調査して新事業の創出を行います。 社内事業部門、海外法人組織、外部パートナーなど、当社内外との様々なコラボレーションを促進することにより、新しいアプリケーション、製品、ソリューションから価値を創造します。新事業創出の為、コーポレートマーケティング部と連携します。 【応募者様への期待】 同グループはMarket Inで新事業/新製品/新サービスを創造する部署です。社外トレーニングのサポート等も充実し、ビジネスパーソンとして成長する土壌が準備されています。 同部は新事業実現の為の幅広いパートナーシップを事業部や関連会社の枠を越えて推進します。 幅広い技術と新事業開発に強い思いをお持ちの方をお待ちしております。

【必須条件】 トレンド分析とは ・電子部品関連業界での業務経験、電気製品・電子回路に関する基本的知識をお持ちの方(エンジニアや、営業、マーケティング、事業企画など) ・英語のコミュニケーションスキルをお持ちの方 【求める人物像】 担当領域のマーケットトレンドを分析し、立案したプロジェクト遂行の為の戦略と活動計画を、社内外関係者と英語で交渉しながら実行推進できる人材。チームワークができて、目的志向型である方。 【その他】 ・応募時は日本語の書類に加えて、CV/英文履歴書のご提出をお願いいたします。 ・大学卒以上

【東京本社/在宅勤務】新事業創出/社内連携・プロジェクト推進 ※DX・EXに向けた事業【正社員】

同社のグローバルでの新事業の創案と、社内外関係者との協業による新事業立ち上げを推進とに携わっていただきます。グローバルマーケティング部門と連携いただきます。 ・新事業の創案と、社内外関係者との協業による新事業立ち上げを推進 ・社内関連部門(次世代製品システム部, 当社関連ベンチャー, 当社の米国法人、欧州法人, ビジネスカンパニー、ビジネスグループ等々)や、社外の将来的なパートナーや客先と協業し、新事業のビジネスモデルの検討や具体的な立ち上げに向けてプロジェクトを推進 ・新しいアプリケーション、製品、ソリューションから価値を創造まで携わる など 元々、マーケティング部門は各ビジネスカンパニーごとに属しており、それぞれが展開をしていました。しかし、顧客のニーズが多様化がする中で、会社のDX/EXを加速させる部隊が必要になりました。その中で、社内事業部門、海外法人組織、外部パートナーなど、当社内外との様々なコラボレーションを促進することにより、新しいアプリケーション、製品、ソリューションから価値を創造いただきます。 同グループはMarket Inで新事業/新製品/新サービスを創造する部署です。社外トレーニングのサポート等も充実し、ビジネスパーソンとして成長する土壌が準備されています。同部は新事業実現の為の幅広いパートナーシップを事業部や関連会社の枠を越えて推進します。幅広い技術と新事業開発に強い思いをお持ちの方をお待ちしております。

【必須条件】 ・電子部品関連業界での業務経験、電気製品・電子回路に関する基本的知識をお持ちの方 ・何らかの営業、もしくはマーケティング経験など ・英語のコミュニケーションスキルをお持ちの方 【求める人物像】 担当領域のマーケットトレンドを分析し、立案したプロジェクト遂行の為の戦略と活動計画を、社内外関係者と英語で交渉しながら実行推進できる人材。チームワークができて、目的志向型である方。 【その他】 ・大卒以上

施設の支配人【広島】地元造船・海運を中心の関係企業

【期待する役割】 経営層と連携しながら子会社の施設全体(温泉施設・ゴルフ場等)のマネジメントをご担当していただきます。 【職務内容】 <神石高原リゾート(株)の施設のマネジメント> ・収支管理 ・人員管理 ・収支管理:稼働率など ・全体のマネージメントに関する業務全般/市場トレンドの分析/マーケットの分析/収益の最大化の実現 トレンド分析とは ・継続的で最適なデータニング/価格戦略、販売戦略の立案遂行/チームメンバーの育成 など 【魅力】役員との距離も近く気軽に相談できる環境です。 【募集背景】 当社新規事業の展開取り組みと既存事業の運営等、多様なニーズに応えることの出来る人材を求めています。 【組織構成】従業員 約60名 ※職務内容の詳細につきましてはご面談時にお伝え致します。

■業界を問わず施設マネージメントの管理職経験 ■目標達成のため創意工夫できる方 ■コミュニケーションをとり、リーダーシップを発揮する方 トレンド分析とは ■Office基本ソフト ■普通自動車運転免許一種※通勤用

研削・研磨の専門家

・化合物半導体ウエハー、ガラス、セラミックス、ガラスセラミックスや樹脂材料等の研削及び研磨に於いて、世界トップレベル達成を目指し、製品の企画、プロセス設計及び開発を行う。 ・複種材料からなる複合材料の研削及び研磨に於いて、製品企画、プロセス設計及び開発を行う。 ・上記研削及び研磨の歩留まり改善や生産性向上の活動を行う。 ・研削及び研磨関連日本のサプライヤーと関係及び協力体制を構築。

・研削及び研磨の業界に於いて、10年以上の従業経験があり、研削や研磨の知見と経験だけではなく、材料物性、特に半導体材料の物性に関して、幅広い知識を持つ。 トレンド分析とは ・研削及び研磨の経験だけではなく、砥石やスラリー等の研磨材等に関しても幅広い知見を持つ。 ・ウエハーメークと裏面加工の両方に於いて、ウエハー研削及び研磨の幅広い経験と知見を持つ。 ・半導体製造プロセスに関して、特に研削や研磨工程の前後の工程に関して、幅広い知見を持つ。 ・日本の研削及び研磨メーカの熟知し、業界で幅広い人脈を持つ。 ・各種基板材やウエハーの研削及び研磨のプロセス開発ができ、関連測定方法やデータ分析手法にも熟知すること。 ・業界の市場や技術のトレンドに関して、情報収集と分析ができ、それに基づいて新規ビジネスや技術が提案できること。 【歓迎】 ・市場調査とトレンド分析を基に、新規技術とビジネス提案ができることが望ましい。 ・多文化の環境でコミュニケーションを潤滑に行う能力が望ましい。 ・材料、プロセス及び装置関連環境規制の資格を持っていれば、尚良い。 トレンド分析とは ・ある程度英語や中国語でコミュニケーションが取れる能力があれば、尚良い。 【その他】 ・大卒以上

高給与・好条件の多くは 未公開求人 です

IGBT/レーザーモジュール先進パッケージ専門家

・IGBTパッケージ性能の世界トップレベル達成を目指し、製品の企画、設計及び開発を行う。 ・車載用IGBTパッケージの放熱性と信頼性に於いて、世界トップレベル達成を目指し、新規パッケージの設計、材料及び構造の企画と開発を行う。 ・中国本社と連携し、中国でのIGBTパッケージ設計、企画と開発をサポートすると同時に、量産問題の解決を行う。 ・IGBパッケージだけでは無く、GaN関連パワーデバイスやRFデバイス、レーザーデバイスのパッケージに関しても、材料や構造の企画と開発を行う。 ・半導体パッケージ関連日本のサプライヤーと関係及び協業体制を構築。

・半導体パッケージ業界で、15年以上の従業経験があり、IGBパッケージだけでは無く、半導体パッケージ全般に関して広い経験と知見を持つ。 トレンド分析とは ・半導体パッケージに使う樹脂、半田、セラミックス及び放熱材の物性に関して、広くて深い知見を持つ。 ・半導体パッケージの歩留まり及びプロセス改善の経験を持つ。 ・半導体パッケージに使う樹脂、半田、セラミックス及び放熱材の物性の測定方法や、データ分析手法を熟知すること。 ・半導体パッケージの信頼性評価及び歩留まりやプロセス改善のアプローチを熟知すること。 【歓迎】 ・半導体パッケージだけでは無く、半導体デバイスの前工程プロセスにもある程度の知見があれば、尚良い。 ・市場調査とトレンド分析を基に、新規技術とビジネス提案ができることが望ましい。 ・多文化の環境でコミュニケーションを潤滑に行う能力が望ましい。 ・材料、プロセス及び装置関連環境規制の資格を持っていれば、尚良い。 ・ある程度英語や中国語でコミュニケーション取れる能力があれば、尚良い。 【その他】 ・大卒以上

【東京本社:在宅勤務可】新事業/新製品/新サービスの立案※適性に応じて部門・業務を打診/東証プライ…

■業務内容 新事業の創案と、社内外関係者との協業による新事業立ち上げを推進いただきます。 (1)新事業/新製品/新サービスを立案(特にフォーカスしている分野における新技術トレンドや、市場メガトレンドの調査分析など) (2)調査したメガトレンドや分析内容、事業案等をレポートにまとめ、イントラネットに公開し社内協業を推進 (3)立案した新事業を具体化する為、社内関連部門や社外の将来的なパートナーや客先と協業し、新事業ビジネスモデルの検討や具体的な立上げに向けたプロジェクトを推進 など

■必須条件: (1)完成品メーカーや関連メーカー業界での業務経験、製品に関する基本的知識をお持ちの方(エンジニアや、営業、マーケティング、事業企画など) (2)英語のコミュニケーションスキルをお持ちの方 ※求められる思考特性・行動特性: 担当領域のマーケットトレンドを分析し、立案したプロジェクト遂行の為の戦略と活動計画を、社内外関係者と英語で交渉しながら実行推進できる人材。チームワークができて、目的志向型である方。 ※応募時は日本語の書類に加えて、CV/英文履歴書のご提出をお願いいたします。

■アフターコロナもテレワーク前提■エンジニア各種【東証一部上場・コンテンツ配信企業】

【ルナルナ】や【music.jp】をはじめとする、多岐に渡るサービスのパブリッシャーとして盤石な基盤を持つ同社。 システム構築からリリースまで、一気通貫でサービス開発に携わっていたたくことができるのが大きな魅力の一つ。 また、リリースから20周年を迎えるルナルナなど、長くユーザーに愛されるサービスも多く、事業構築のノウハウを多く持つ同社にて、ご活躍いただけるエンジニアを募集しております。 スタートアップの様なプロジェクトもあれば、事業ステージの変化に合わせ既存システムをリニューアルするプロジェクトなど、多種多様なプロジ ェクトがあります。 ▼事業領域 ヘルスケア系・音楽・動画系・電子書籍系・生活情報系・エンタメ系 ▼募集職種・主な業務内容 (1)システムアーキテクト ・事業戦略(要求)を理解し、要件を分析、整理する(機能、非機能) ・パブリッククラウド利用を前提とし、要件を満たしセキュリティも確保できる適切なシステム方式を策定する ・プロトタイプを開発するなどし、技術実現方式を検証し、その後の開発標準を策定する等 (2)テクノロジーコンサルタント ・システム開発におけるグランドデザイン策定などのシステム企画に関するコンサルティング提案、推進 ・クライアントのシステム体制や業務等の現状分析やリサーチ業務。また、深い業界(業務)理解に基づいた改善策の立案~提案 ・施策実行までの具体的な計画立案~準備(製品選定やベンダー選定など) ・施策実行時におけるプロジェクト管理支援、改善提案等 トレンド分析とは (3)業務設計(SE) 顧客や事業部、開発チームの間に入り、システム開発がスムーズに進行出来る様に開発開始前の段取りを行います。 事業部などからの事業案件に対して事業サービス面だけでなく業務面も検討しシステム化するための接点を設計します。 そのため、色々な手法を使い分析・設計を行いながら具体的な形にサービスをデザインしていきます。 また、事業側の案件立案をサポートし、仕事のナビゲーションをします。 (4)開発マネージャー ・事業部門との各種調整、技術提案 ・各開発の状況把握、課題解決 ・業務要件の整理と開発チームへの共有 ・国内、中国、ベトナムオフショアチームとの開発調整、アサイン調整 (5)フィールドエンジニア(CARADA事業部所属) ・営業担当者と共に健診機関に出向き、システム連携の技術サポート ・顧客要求の整理・要件定義 ・「CARADA健診サポートパック」の導入フロー改善 トレンド分析とは ・システム連携ツール保守業務の改善 (6)開発マネージャー(CARADA事業部配属) ・要件定義 ・技術選定、アーキテクチャ設計 ・コードレビュー、テストケースレビュー ・チームの進捗管理 ・チーム外(企画担当者、運用担当者)とのスケジュール、スコープ等の調整 ・各種KPIに基づいたプロダクト改善 ・開発プロセスの改善 (7)システム&ウェブインテグレーション ・プロジェクト責任者として複数プロジェクトの管理 ・プロジェクトメンバの調達・専任 ・部門マネジメント全般(目標設定、人事評価、予実管理等) (8)法人向けASPサービスのカスタマーサポート 「モバイルコンバート」導入済み顧客に関する”保守開発案件対応” ・追加開発、既存ページ改修等、規模の大きくない案件対応が中心(各案件の対応期間は数週間~長くても数ヶ月程度のものが殆どです) ・要件定義、見積もり、開発、テスト、リリースといった工程のうち、基本的には開発作業以外について担当頂きます(開発作業はエンジニアメン バーが実施します) (9)サイバーセキュリティ担当 ・CSIRTの企画・運営、情報セキュリティ委員会や日々のマネジメントへの報告 ・セキュリティインシデントの防止、抑止、検知、調査/解析、施策、対応フローなどの策定と運用 ・セキュリティ製品選定と検証、ベンダーコントロール、社内導入・展開 ・弊社完全子会社(ベトナム)のセキュリティチーム管理・支援 (10)プロジェクトマネージャー(自社製品の顧客ERPへの導入プロジェクト) ・分析調査(顧客業務の調査分析)、見積 ・要件定義 ・インプリメンテーション ・テスト ・プロジェクト責任者として複数プロジェクトの管理 ・プロジェクトメンバの調達・専任 (11)導入PM候補 ・プロジェクト責任者として複数プロジェクトの管理 ・プロジェクトメンバの調達・専任

▼必須・歓迎要件 (1)システムアーキテクト 必須 ・上級SEやシステムアーキテクトとしての業務ご経験(3年以上) ・特に業務プロセスの設計や要件定義のご経験があること ・プレイングリーダーとしてのロールご経験や、ステークホルダー多数の案件推進のご経験があること ・パブリッククラウドもしくはWEBアプリケーションの経験 歓迎 ・BtoB案件において業務SEとしてのご経験 ・アジャイル開発(スクラムプロセスでの開発)のご経験 ・ヘルステック業界での業務のご経験 ・AI/ブロックチェーンを利用するサービス開発のご経験 ・VR/MRアプリケーション、ゲームアプリケーション開発のご経験 ・XamarinやFlutterなど、クロスプラットフォームでのスマートフォンアプリケーション開発(Unity)のご経験 ・SREロールでの業務のご経験 ・IoTデバイスでのサービス開発のご経験 (2)テクノロジーコンサルタント 必須 ・IT関連のコンサルティング経験 ・総合系コンサルティングファーム等でのIT関連のコンサルティング経験 (上流工程かつ大規模案件でのコンサルティング業務経験) 加えて、 以下いづれか1領域以上での高い専門性や業務経験 業務プロセス:会計、経営管理、グループマネジメント、購買/販売、生産管理、サプライチェーンマネジメント等 人事改革:グローバル人事、組織・人材構造変革、複合プロジェクトにおけるチェンジマネジメント、人事システム導入等 マーケティング:市場調査、トレンド分析、チャネル戦略、デジタルマーケティング等 システム管理:ERPシステムの導入、大規模システムのPMO ITインフラ設計:ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど ・チームマネジメント経験(~数十名規模) ・新規顧客開拓における提案活動 (3)業務設計(SE) 必須 ・モバイルアプリやWebアプリケーションの構築に携わった経験をお持ちの方 ・上流工程において要求の引き出しや要件定義などの業務経験がある方 ・クラウド環境を利用して事業サービスを構築した経験のある方 ・AgileやLeanに関する知識 歓迎 ・デザインスプリントを経験されている方 ・UI/UXDに関心、興味のある方 ・事業を立ち上げた(スタートアップなど)経験がある方 ・現在の組織でテックリードもしくはリードエンジニアの方 トレンド分析とは ・英語でのコミュニケーションが取れる方 ・高い学習意欲や好奇心旺盛の方 (4)開発マネージャー 必須 ・開発チームリーダの経験5年以上の方 ・プロジェクト管理やマネジメント経験が2年以上の方 ・上流工程において要求の引き出しや要件定義などの業務経験がある方 ・エンドユーザ、社内ユーザ等と直接コミュニケーションを行える方 ・モバイルアプリやWebアプリケーションの構築に携わった経験をお持ちの方 ・アジャイルの知識を有している方 トレンド分析とは 歓迎 ・医療システムでの経験を有している方 ・クラウドに関する知識を有している方 ・英語でのコミュニケーションができる方 (5)フィールドエンジニア(CARADA事業部所属) 必須 ・上流工程(要求整理・要件定義)経験(3年以上) ・顧客折衝経験(3年以上) 歓迎 ・開発リーダー経験 トレンド分析とは ・HC業界(病院・健診機関)の知識 ・Azureの知識 ・.Net開発 ・iOS/Androidアプリ開発(Xamarin) ・プロジェクトマネジメント経験 (6)開発マネージャー(CARADA事業部配属) 必須 ・開発リーダー経験 (5名以上のチームのマネジメント経験 3年以上) ・上流工程(要求整理・要件定義)経験(3年以上) ・システム開発経験(3年以上) 歓迎 ・Azureの知識 ・.Net開発 ・iOS/Androidアプリ開発(Xamarin) ・オフショア開発経験 トレンド分析とは ・プロジェクトマネジメント経験 (7)システム&ウェブインテグレーション 必須 ・10名以上のシステム開発組織マネジメント経験 ※3年以上が望ましい ・中規模以上のプロジェクトマネジメント経験 ・部門P/L作成、運用経験 ・ベンダーコントロール経験 ・システム開発において、Sierや顧客のシステム部門とコミュニケーションできるIT関連知識 歓迎 トレンド分析とは ・PMBOKを理解し、実務として経験している方 ・金融機関のシステム(フロントエンド)に詳しい方 ・ITコスト/部門コストに関する予算・実績管理の経験と、システム開発に関する管理会計知識 ・スマートフォンアプリ開発知識 ・新規事業や新サービス立ち上げ経験者 ・UI、UX手法に関する知識 ・システム開発における品質管理経験 ・オラクルERPの導入工程に精通している方大歓迎 (8)法人向けASPサービスのカスタ…

自社の技術を魅力的に伝えるには?
ー NISSHAのトレンド分析から考えるコミュニケーションツールのつくり方

CMFの精度を上げるには、デザイントレンドはもちろん、社会背景や市場のニーズ、そしてエンドユーザーの好みの変化などを、複合的に捉えておく必要があります。そこでNISSHAでは「NISSHA TREND VISION」として年に一度、レポートを作成しています。このレポートには、世界中のデザイン・建築・芸術・テクノロジーといった、さまざまな分野のムーブメントを調査した結果から見えてきた兆しや気づきが詰め込まれており、毎年の最先端トレンドを可視化・言語化しています。

NISSHAではこのTREND VISIONをもとに、「CMF DESIGN BOOK」を制作。見開き1ページごとにデザインコンセプトと使用しているテクノロジー、サンプルが添付されたものとなっており、顧客へ意匠や機能価値だけでなく体験価値を伝えるコミュニケーションツールとして活用されています。

こうした取り組みをNISSHAでは2014年から続けていますが、今回、初の試みとしてロフトワーク / MTRLが外部パートナーとして加わり、Design & CMFのみなさんとともに、2日間のワークショップを実施しました。以下、今回実施したトレンド分析の詳細なプロセスについてご紹介します。

FabCafe Kyotoを会場に、トレンドリサーチのもと加飾 / 造形 / センシングのテクノロジーを統合し体験価値を具現化したサンプルと、そのデザインプロセスに触れられる展示企画も開催されました。

NISSHA TREND VISIONのテーマに沿って作られた「CMF DESIGN BOOK」 トレンド分析とは

Information

2022年2月末、このワークショップを経て完成した「NISSHA TREND VISION」がベースとなった、モビリティ空間への木目意匠提案をまとめた最新サンプルブック『WOOD 14』がリリースされます。

NISSHA株式会社 Design トレンド分析とは & CMFグループではこの度、モビリティ空間への木目意匠提案をまとめた最新サンプルブック『WOOD 14』をリリースいたします。

『WOOD 14』とは
時代が変遷する中で、空間と心地よく調和する意匠デザインにも常に変化が求められています。
弊社では最新のデザイントレンドと社会情勢の独自分析によって導き出した「NISSHA TREND VISION」から3つのテーマを設定し、新たな時代のニーズにお応えする木目意匠をサンプルブック『WOODシリーズ』の形でご提案します。

ブックリリースは2022年2月末を予定。
内容をご紹介するムービー (Long ver.) も制作中です。

リリースに先立ち、3つのテーマと世界観をご紹介するムービー (Short ver.) を弊社webサイトにて公開中です。
是非ご覧ください。

トレンドを読み解く4つのプロセスとは

今回のワークショップでは、Design & CMFのみなさんが収集した大量の事例を、メガトレンドと呼ばれる大きな潮流の中に置き直し、文脈を与えて言語化していきました。トレンド分析のプロセスは、「1)メガトレンドのインプット 2)バックキャストによる未来予測ワーク 3)KJ法を用いた情報整理と分析 4)潜在ニーズからコンセプトを言語化」の4つに分解できます。

1)メガトレンドのインプット

大量に持ち寄られた事例を読み解くために、まずはメガトレンドをインプットして、大きな潮流とその文脈を掴んでいきます。ここでのポイントは、複数のテーマを横断しながら多角的な視点を得るとともに、一見すると直接関係がなさそうなテーマに通底する価値観や変化を読み取ることです。具体的には、「サスティナビリティ」「ジェンダーフリー」「Additive Manufacturing」の概略を共通認識としてインプットしていきました。

イベント当日のスライドより引用。メガトレンドを横断的・立体的に読み解き、“これから訪れる社会の前提" として捉え直す。

2)バックキャストによる未来予測ワーク

次に行ったのが、私たちMTRLが「未来予測のロードマップ」と呼んでいるオリジナルのフレームワークを用いたワークショップです。先ほどインプットしたメガトレンドを大きな潮流として心の片隅に置いた状態で、社会の変容をシミュレーションしながら「未来の生活者像」の仮説を立てることを目的に行いました。

未来から逆算し、今できるアクションを考える「未来予測のロードマップ」。

3)KJ法を用いた情報整理と分析

決められたカテゴリにあわせて整理するのではなく、背後にある「共通する価値軸」を探し出して言語化・再統合するプロセス。

まずは事前に収集された膨大な資料の中から、「ここは重要だぞ」「ここに肝があるかもしれない」と感じたキーワードをどんどん書き出していきます。ここでは量が重要なので、きれいにまとまった言葉になっている必要はありません。この作業が終わったら、「なんとなくこれとこれは関係があるのでは?」という“惹かれ合う”キーワードを近づけてグループ化していきます。そして、各グループ内で共通する要素を言語化することで、「それが求められている理由=生活者の潜在的なニーズ」として再定義することができるのです。

4)潜在ニーズからコンセプトを言語化

最後のプロセスでは、ここまでで導き出してきた「これからの価値観・評価軸の変化」や「社会や生活者の潜在ニーズ」に、「NISSHAの技術や製品が可能にする体験」という視点を掛け合わせることで、NISSHAにしか出せない“コアバリュー”を具体化していきました。
こうして言語化した結果は、2021年の「NISSHA トレンド分析とは TREND VISION」に反映されています。

自社を知り尽くしたプロフェッショナルだからこそ見えるもの・見えないもの

ここからはNISSHAのトレンドの読み解きと “素材” 起点の価値提案における工夫について、クロストークの様子をご紹介します。

技術そのものではなく「価値」を提案するコミュニケーションツールの効果

MTRL 木下(以下、木下) 「こんな技術があるから使ってください」ではなく、「CMFの観点から、御社のプロダクトでNISSHAのこんな技術を使うといいのではないですか?」と提案することは、クライアントである製品開発をしている人たちにとって、どんなメリットがありますか?

NISSHA 野村さん(以下、野村) ユーザー向けの製品を開発するデザイナーや設計者の方は、普段からは、新しいものを生み出すためのデザインリサーチをされています。そんなお客さまと同じ目線でトレンドを見ながら会話ができる我々のようなサプライヤーがいると、すごく助かるのではないかと思いますし、意思疎通ができる相手だと分かれば「じゃあ一緒にこの商品開発をしましょう」という話につながっていくと考えています。

木下 BtoB企業であるNISSHAがデザインチームを擁しているのは、トレンドやその奥にある社会の潜在的なニーズと自社の強みを接合するためだと思いますが、具体的にデザイナーは社内でどのような役割を果たしているのでしょうか?

野村 開発の人たちって、アンダーテーブルでいろいろと新しいネタを仕込んでいるものなんですよね。でも、逆に温め過ぎて、出口が見えなくなっていることもある。そうした開発者の持っているネタを、我々がトレンドの観点から客観的に見てみると、「この技術は次の新しい価値として絶対に使える!」というものがあるんです。そこからお客さまも巻き込みながら、私たちが一緒に一緒にプロトタイピングすることで、市場から求められるものができていくケースが多いです。

木下 インハウスだと自社の強みを知り尽くしているし、開発者に直接、深い話を聞けるという大きなメリットがありますよね。

野村 そうですね。加えて、技術が先じゃなくて“欲しいものが先”というアプローチができるのも、我々デザイナーの存在価値かと思います。

木下 社内と顧客どちらに対しても客観的な立場でユーザーのニーズと自社技術と顧客をつなぐ、コミュニケーションの媒介者・翻訳者ともいえますね。その視点でつくられる「CMF DESIGN BOOK」も、単なるサンプルやカタログというよりも「コミュニケーションツール」として機能していると考えられます。

解像度高くトレンドを捉えるために

木下 では次に、私たちがご一緒させていただいたワークショップを振り返っていただきたいのですが、膨大なトレンド群からコンセプトワードを導き出す際には、どのような点に留意されましたか?

NISSHA 川田さん(以下、川田) 2点あります。1点目は、ライフスタイルや商品のトレンドなど、よく目にする言葉は、旬の情報としてメモに残すよう、常に心がけています。2点目は、毎年トレンドの変遷図をつくりながら、一年ごとに、何がどう変わったかを比較・確認することを大切にしています。

木下 実際に、過去の「CMF DESIGN BOOK」を見せていただいて、その精度の高さに驚きました。後から振り返っても、「確かにこんな年だったね」と思えるようなものを、どうして毎年つくり続けられるのか、と。それはトレンドを自分の生活の延長線上にあるものとして捉え、トレンドの変遷に対して非常に高い意識を持たれているからだったんですね。今回、初めてトレンド分析の過程に、私たちMTRLという外の人間を入れていただいたわけですが、それによってどんなメリットが生まれたのかを教えてください。

川田 こちらも2点あります。1点目は、ワークショップとは別に、社内の営業部門がトレンド分析の内容をまとめたレポートである「NISSHA TREND VISION」や「CMF DESIGN BOOK」をどのように活用しているのかをヒアリングする機会を設けていただいたことです。その結果から、今後の改善点が見つかり、とても勉強になりました。2点目は、ワークショップに学生さん2名にもメンバーとして参加していただけたことによって、NISSHAのメンバーは良くも悪くも思考バイアスがかかる中、若い人の視点をインプットすることができ、すごく有意義な時間になったと感じています。

木下 ありがとうございます。“ユーザー目線”とよく言われますが、プロフェッショナルになり過ぎて周りが見えなくなるというのはどこでもある話ですよね。そこに外の人間を入れることで、自分たちがやっていることの意義を再認識できたり、捉え方や解像度が変わってきたり、といった効果があったということですね。

木下 では最後に、本日のまとめとして以下の3点を挙げておきたいと思います。

・素材を起点に体験価値を創出するためには、単なる技術サンプルではなく「コミュニケーションツール」が有効である。

・そのコミュニケーションツールは、機能紹介だけでなく「先端のトレンドを押さえていて、近い未来の価値観・生活に対する提案ができるもの」である必要がある。

・トレンド分析のプロセスでは、「大きな潮流の中に文脈を発見し、自分たちの強みと接続させること」が重要である。

肌感覚の世界にデータで切り込む。トレンド分析サービスはファッション業界に何をもたらすか

株式会社ニューロープ 酒井 聡氏
ファッションに特化したAIをファッションEC、メーカー、メディア、商社等にSaaS提供するスタートアップ、ニューロープの代表。リコメンデーションやパーソナライズ、トレンド分析、需要予測、オペレーション支援など、ドメインにフォーカスしてバーティカルに取り組む。2018年東洋経済誌の「すごいベンチャー100」選出。
九州大学芸術工学部でアートとサイエンスを学んだ後、2009年より㈱マイナビでマーケティング、広告、エディトリアル、オペレーション、営業支援等を担当。2012年より㈱ランチェスターでウェブアプリ・スマホアプリの企画、情報設計、デザイン、開発のディレクション、運用に携わり、2014年に同社設立。
中小企業診断士/グラフィックデザイナー/エディター。

データが導く「今流行のこのアイテム、いつまで続く?」

提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

――酒井
「いま急速に伸びているのがワイドパンツです。去年からスナップ数が増えていき、2021年に入ってからも勢いが続いています。ビッグシルエットブームなので伸びていることは当然なのですが、#CBK forcastでは具体的にどれくらい伸びているのか、定量的に示せるところに意味があると思っています」


「ワイドパンツ (bottoms)」のトレンド推移

「ベージュ(tops)」のトレンド推移

#CBK forecastの分析対象タグは1千万超

提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

――酒井
「#CBK forecastをリリースしたとき、ブランドをはじめ小売店、商社、メディアなどファッションに関わるさまざまな企業から反応をいただきました。そのとき一番多かったのが、『今売り出しているアイテムを追加発注すべきか知りたい』『ダウントレンドを検知したい』など、意思決定の根拠を求める声でした」

「#CBK forecast前処理サービス」イメージ画像

――酒井
「業界の方はトレンドに敏感ですし、感覚も優れています。一方で、発注量をどれくらいしたら良いか、という細かな定量部分まではなかなかわからないものです。
あくまでもコンセプトやデザインのディティールは人が取り組むべきものとする前提の上で、数値的な意思決定部分で参考にしてもらえたら嬉しいです」

「忙しいマーケター向け」に、トレンドランキングTOP3がひと目で分かる資料も用意。提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

データ分析×ファッションの新しい可能性

――酒井
「店舗には新しいアイテムがどんどん入荷されます。VMD(※)のような指示もある中で、目立たない店舗の奥に追いやられてしまうアイテムもあります。そうした奥まっているアイテムをトレンドに照らして、『このアイテムは今プッシュしたら売れる』というような提案をすることも可能です」

――酒井
「例えば先週のデータをただ眺めていても、ブラックやベージュ、Tシャツといった定番の特徴が頻出していることが認められるだけです。#CBK forecastは、前年やその前と比較してどのように推移しているか、相対性の中でトレンドの変化を捉えることができます。2年、3年とデータを継続的に収集することで意味が生まれてくるのです。

食データを複合分析する 「Market Watch クロスメディア・トレンド パック」の本格提供を開始

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦、以下「CCCマーケティング」)と株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長島弘明、以下 「Tポイント・ジャパン」)は、食に関わるさまざまな企業向けマーケティング支援サービス「Market Watch(以下、MKW) トレンド版※」にて、食にまつわる、外食口コミ、SNS、テレビ、実購買履歴のデータを横断で分析する「MKWクロスメディア・トレンド パック」の本格提供を開始いたしました。

KV_CMT.PNG

スーパーマーケットや外食などのトレンド予測につながる!
"食の商品開発に特化した"複合データ分析ツール
スーパー、外食などのアライアンス企業を中心に、食品・飲料メーカーへも提供

【事例紹介】「MKW クロスメディア・トレンド パック」を活用した商品開発
Tポイント・ジャパンは、CCCグループのアセットを総合的に活用した商品開発フローを整備し、Tポイント提携企業各社とともに商品開発を行っています。このたびリリースした「MKW クロスメディア・トレンド パック」は、主にメニューや食材の選定など、トレンド分析の市場調査(「3. 世のトレンドを知る」)の段階において、一部の提携企業様に先行してご活用いただいています。

修正食の商品開発フロー.jpg

グランブッフェ.png

【事例】2021年1月発売:ニラックス「グランブッフェ」
■ターゲット:子ども連れの30・40代 女性
■「MKWクロスメディア・トレンド パック」活用ポイント:
コロナ禍でも伸長しているスイーツカテゴリーで、伸びているメニューを分析し、バナナジュースとフレーバーコーヒーを企画化。来店したお客様の満足度アップを目指し、食前後のドリンクメニューを充実させ、メニュー表・店内VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)もターゲット目線から再編集。

CCCマーケティングとTポイント・ジャパンは、「UNIQUE DATA, SMALL HAPPY.」をグループミッションに、多種多様なデータを、テクノロジーとアイデアで価値創造し、個人のライフスタイルとそれを取り巻く社会をつないで、一人ひとりの毎日の小さな幸せを作ることを使命とし、引き続きマーケティング領域における独自の価値創出を図ってまいります。

※<「Market Watch トレンド版」の概要>
「Market Watch トレンド版」では、市場分析や競合調査のほか、商品企画や開発、出店開発などに活用することができ、食に関わるさまざまな企業向けマーケティング支援サービスとして提供を行います。
テレビデータ、SNS、外食口コミ、実購買データから「今はやりの食関連ワード」を横断的に分析できる「クロスメディア・トレンド パック」、Rettyが提供する食領域のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」による外食口コミデータを分析するサービス「食のトレンドパック」と、家計簿アプリ「レシーカ」による内食・中食・外食のレシート購買データを分析するサービス「市場競合パック」を活用することで、自社サービスや競合、市場のトレンドを把握することができます。

トレンド分析

移動平均線分析では、非常に有名な グランビルの法則 (買シグナル・売りシグナル)がある。 筆者は、日足では5日、25日、75日移動平均線を、週足については13週、26週、52週移動平均線 をSLおよびRLの予測として利用するけれども、グランビルの法則は殆ど使用しない。 以下、SLおよびRLの予測への活用例を紹介する。
このチャートは前項で示した日経225を週足と移動平均線で表したものである。 このチャートを見れば、SL7の位置(2004年5月)に52週線があることがわかる。 したがって、この位置では強力なサポートが期待できる訳であり、安心して待つこと可能になる。

株価変動は、多くの人間の「行動心理」を反映したものである。したがって、科学的に解明可能であり、 これを解明するためには、その銘柄に注目して売買している主要な投資家がどのような指標を使って投資している かを分析する必要がある。また、これを分析するためには、 過去の株価変動を様々な角度から分析し、仮説を立て、検証するというプロセス が最も重要であるというのが私の持論である。理系思考の私にとって、投資は単なる金儲けの場だけではなく、 非常に興味深い科学的な実験の場でもある。 「トレンド分析だけで十分」とか「移動平均分析で大儲けした」という誇大広告のホームページを良く見かけるが、 このような稚拙な分析技術だけでプロの投資家に立ち向かうには、あまりにも無謀だと感じる。

  1. 日本テクニカルアナリスト協会編, 「 日本テクニカル分析大全 」, 日本経済新聞社,2004年8月2日,第1版1刷.
  2. 林康史, 「 エリオット波動―ビジネス・サイクル 」, 日本証券新聞社,2000年6月1日,改訂新版.
  3. 「 会社四季報CD-ROM2008年3集夏号 」, 東洋経済新報社.
  4. アルバート-ラズロ・バラバシ(青木薫訳),「 新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く 」, 日本放送出版協会, 2002年12月,第1刷.
  5. ジェイク・バーンスタイン(青木俊郎訳),「 投資の行動心理学 」, 東洋経済新報社,トレンド分析とは 2003年8月,初版.
  6. ピーター・リンチ(酒巻英雄監訳),「 ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学 」,ダイヤモンド社, 2002年3月, 第11版.

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* 「株式投資講座(改訂版)」に関するご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる