FXとはなにか

価格設定の考え方

価格設定の考え方

続いては、BUYMAの出品価格を設定する時に気をつけるべきポイントをご紹介します。

ビジネスの特徴や収益性に基づく適切な移転価格ポリシーの策定・見直しについて

国外関連者間 ※1 における取引価格が、移転価格税制上、適切な対価(独立企業間価格)となるように、事前に取引価格の設定方針を示したものが移転価格ポリシーと言われるものです。移転価格税制が日本に導入されて30年以上経過しており、グローバルに事業を展開する企業においては、既に社内において移転価格ポリシーを策定されているケースが大半であると想定しています。なお、稀に移転価格ポリシーが「移転価格文書」と誤解されることがありますが、「移転価格文書」とは、取引の事後において、当該取引の実際の対価が移転価格税制上問題がないことを示すことを目的としたもの(すなわち、「取引にかかわる過去の実績値」を用いた検証に主眼を置いたもの)であり、「現在、もしくは将来の取引対価の設定方針」を示すことを目的としている移転価格ポリシーとは趣旨が異なるものです。
移転価格ポリシーについては、必ずしも移転価格文書上の検証方法と整合している必要はないですが、移転価格ポリシーに基づいて国外関連者間の取引価格の設定・運用を行っていれば、取引の実績としても移転価格税制上問題がない結果となることが望ましいと言えます(たとえば、移転価格文書における取引対価の妥当性の検証方法として取引単位営業利益法(TNMM)を採用している一方、実際の対価設定方針は取引全体の利益をシェアするような形式を採用していた場合には、対価設定方針と移転価格の検証方法が整合していないこととなります)。したがって、移転価格ポリシーは移転価格の検証方法と整合性が取れるように策定することが望ましいと考えられます。また、検証方法の考え方や、移転価格上適正と考えられる結果自体についても、ビジネス全体の収益性の変動やその理由によっても変わる可能性もあるため、移転価格ポリシーについても、現行の事業実態に即しているか、定期的に見直しを行うことが望ましいと考えられます。

II.ビジネスモデル・収益性等と移転価格ポリシーの関係

1.自動車部品サプライヤーの場合

自動車メーカー側におけるグローバル車種にかかわる開発活動については、(特に、日系自動車メーカーの場合は)本社がある日本国内にて行われるため、自動車部品サプライヤー側における受注対応や、製品のスペックイン活動についても国内にて実施されることが一般的かと想定しています。なお、メーカー側におけるグローバル車種の開発後、海外市場向けの車両の生産活動については自動車メーカー側の各海外拠点にて行われることも多いため、特にTier 1の自動車部品サプライヤーもそれぞれの海外拠点(国外関連者)にて自動車部品を生産し、メーカー側の各海外拠点へ直接納入するケースが大半かと想定しています。
このような場合、自動車部品サプライヤーについては、本社から国外関連者である各海外生産拠点に対して製品図面や工程設計図等の無形資産を供与することが想定されます。また、国外関連者側では、自動車部品の生産に必要となる部材等を、一部日本本社からの仕入れはあるものの、コストなどの兼ね合いから大半は地場の調達先より直接購入することが想定されます。
受注等の営業活動や、製品にかかわるスペックイン、ならびに生産技術等にかかわる開発活動が実質的に日本本社にて行われており、国外関連者側では単純な製品製造と現地顧客への納入がメインであるというビジネスの場合、各国税務当局は、国外関連者側の営業利益率が一定の利益水準となっていることを以って、移転価格(上記の場合、ロイヤルティ料率や日本本社から国外関連者への部材等の供給価格)の妥当性を検証する方法として、取引単位営業利益率(以下「TNMM」という)の適用を検討することが考えられます( 価格設定の考え方 図表1 参照)。

図表1 自動車部品サプライヤーのビジネス(イメージ図)

上記のケースの場合、移転価格ポリシーの策定対象としては、主に設定するロイヤルティ料率になるかと想定しています。各海外拠点に供与している無形資産については基本的には同様のものであることから、ロイヤルティ料率についてグローバルに一律の料率を設定する場合、収益性等の兼ね合いから、拠点によっては赤字となってしまう可能性もあります。また、前述のとおり、海外拠点側の製品納入にかかわる受注についても、実質的に日本本社にて行われますが、仮に新規自動車メーカーへの納入実績の獲得のため、採算性を度外視した納入価格にて受注(すなわち、将来的なビジネス獲得のための先行投資としての受注)を行った場合、国外関連者が生産した部品については直接自動車メーカーの各海外拠点に販売されるというビジネスモデル上、当該国外関連者が実質的に当該先行投資としての赤字を負担してしまう可能性もあると考えられます。
なお、移転価格の検証方法としてのTNMMの考え方に基づいて、損益状況に応じて拠点別に異なったロイヤルティ料率を設定(もしくは変動ロイヤルティを設定)、もしくは毎期変更した場合、税務当局より拠点ごとに異なるロイヤルティ料率を設定している点や、毎期変更している点について疑問視されることになり、移転価格リスクが増加してしまう(たとえば、国外関連者への利益補填として疑問視される、など)可能性もあります。また、仮に各拠点の営業利益率が一定程度の水準となるようなロイヤルティ料率を設定できたとしても、製品受注状況などにかかわる変化によっては、将来的に特定の拠点が高収益となる場合もあれば、赤字となってくることも想定され、時間の経過とともに潜在的な移転価格リスクが増加する可能性もあります。
なお、相対的な重要性としては低いものの、ロイヤルティ以外の部品供給取引や、その他の役務提供取引(例:調達支援)にかかわる対価設定方針についても、ロイヤルティ取引との兼ね合いのなかで設定する必要もあると考えられます。

バイマ サラリーマンが副業で月収100万以上稼ぐブログ

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちは、テルです!
今回はBUYMA(バイマ)で成功するために不可欠な 【価格設定の方法】 をお伝えしていきます。

  • 「これって何を基準にして決めるの?」
  • 「他の出品者と同じくらいがいいの?」
  • 「やっぱり安くしたほうが売れるの?」
  • これからBUYMAのバイヤー活動を本格的にスタートする人
  • BUYMAの価格設定のやり方を詳しく知りたい人
  • BUYMAで絶対に成功して稼げるようになりたい人

BUYMAにおける価格設定の重要性


今年4月に東証一部上場企業となったことでますます知名度が高まりつつあるBUYMA(バイマ)ですが、
最近は“ブランド品がお得な通販サイト“としてだけでなく“ブランド品を販売して稼ぐビジネスの場“として
話題になる機会がとても多くなりました。

しかし、全員が満足のいく収入を得られるほど稼げているのかといえば、答えはノー。 価格設定の考え方
実は まったく売れない個人バイヤーの多くに共通する原因が価格設定のミス なんです><

物販や輸入転売ビジネスに初めて挑戦する方にとっては、商品価格を決めるといっても
現段階では何を基準にどう考えたらいいものなのかまったくわからないかと思いますが、
ここで「わからないからいいや!」と適当な値段で出品しても絶対にうまくいきません。

高すぎれば当然売れないし、安い価格で売れても得られる利益は微々たるもの。
たとえ赤字にはならなくても、一連の作業にかけた時間と手間に見合うだけの
儲けすら出ない状況では販売活動を継続することが難しくなってしまいます。

副業でもお小遣い稼ぎでも、どうせやるなら売れるバイヤーを目指してもらいたいし、
月利50万円、100万円という大きな目標を達成して輝かしい未来を手に入れてほしい。
成功したいという気持ちは、あなたも一緒だと思います。

BUYMAの価格設定の基本手順と計算方法


さて、ここからは価格設定の基本的な考え方について解説してまいります。

  1. 仕入れにかかる経費をすべて洗い出す
  2. 利益率(または利益額)を決める
  3. 経費に利益を上乗せした金額を計算する

ただ、BUYMAは主に海外のショップから商品を仕入れることになるため、
”関税”や”為替レート”など普段の生活ではあまり馴染みのない計算項目がいくつか出てきます。
そこは知識と慣れが必要になりますが、一度理解してしまえばそんなに難しくはありません。

【手順①】仕入れにかかる経費をすべて洗い出す

価格設定の考え方
商品代金 買い付け先のオンラインショップに表示されている商品の販売価格です。
外国通貨で表示されている場合はその国の為替レートで日本円に換算します。
為替レート手数料 クレジットカードで買い付けを行う場合は、市場レートではなく各カードブランドが指定する
手数料(1.7%前後)を含む為替レートが適用されます。
【例】1ドル110円の場合 110+(110×0.017)≒112円
国際送料 海外のオンラインショップから日本国内に商品を届けてもらう時にかかる送料です。
料金設定は運送会社や発送方法によって異なります。
関税 海外からの輸入商品に課せられる税金で、税率は一律ではなく品目ごとに決まっています。
「決済時に支払う(DDP)」か「商品到着時に支払う(DDU)」かはショップによって異なります。
国内送料 バイヤーからお客様の元へ商品を発送する時にかかる送料です。
こちらも料金設定は運送会社や発送方法によって異なります。
梱包費 商品の発送時は必ず丁寧に梱包を行ってください。
その時に使った段ボールや緩衝材などの費用も経費に含めてOKです。
成約手数料 BUYMAでは商品が売れると商品価格の5.5〜7.7%の成約手数料がかかります(出品自体は無料)。
【例】商品価格が10,000円の場合 10,000×0.077=770円

関税は輸入ビジネスに取り組むうえで避けては通れないものですが、実際いくらかかるのかは
商品を受け取ってみないとわからないという厄介なところがあるせいで、見積もりミスによる
手痛い損失を経験する方も少なくありません。

【手順②】利益率を決めて上乗せする

ここは同じ商品を出品しているライバルバイヤーを参考にしても良いのですが、
僕は最初から 【利益率20%を下回らないようにする】 ことをおすすめしています。
現役バイヤーが“高値売り“と呼んでいる戦略ですね。

【手順③】実際に計算してみよう

  • 出品する商品:ハンドバッグ
  • 価格設定の考え方
  • 商品代金:500ドル
  • 為替レート:1ドル110円
  • 関税率:10%(受取時に支払い)
  • 価格設定の考え方
  • 輸入消費税:10%
  • 国際送料:20ドル
  • 国内送料:800円
  • 梱包費:300円
  • 利益率:20%

・仕入れ原価の計算方法
商品代金と国際送料は為替レートで日本円に換算する必要があるので、(500+20)×110=57,200円。
関税と輸入消費税の課税額は、57,200×(0.1+0.1)=11,440円。
国内送料と梱包費を足すと、仕入れ原価は57,200+11,440+800+300= 【69,700円】 です。

・利益を上乗せした出品価格の計算方法
出品価格は、 仕入れ原価 ÷{1-(利益率+成約手数料)} で求めることができます。
この計算式に上記の仕入れ原価、利益率20%、BUYMAの成約手数料7.7%をあてはめると、
69,700 ÷ {1-(0.2+0.077)}= 【96,403円】 で出品すれば良いことがわかります。
(※端数はご自身で調整してください。)

BUYMA初心者が価格設定で気をつける4つのポイント


続いては、BUYMAの出品価格を設定する時に気をつけるべきポイントをご紹介します。

初心者の方は自信のなさや遠慮から利益を削って安く出品してしまいがちですが、
以下の4つを意識して価格設定を行えば、値下げ競争に巻き込まれて疲弊することなく
確実に成果を伸ばしていけるようになります。

  1. 適正価格で販売する意識を持つ
  2. 薄利多売しなくても稼げる方法を知る
  3. 安くする時のルールを決めておく
  4. プレミアムパーソナルショッパーとの差別化を図る

【ポイント①】適正価格で販売する意識を持とう

特にASOS(エイソス)などのような低価格帯のブランドを中心に取り扱っているバイヤーは
先述した一般的な価格設定のやり方で導かれた金額よりも安く出品する傾向があるようで、
僕のコンサル卒業生の中にも「最初はASOSで利益200円でした」なんて方がいました。

  • 「利益を上乗せするのは何だか申し訳ないかな」
  • 「自信がないからあまり高くしないでおこう」
  • 「自分が赤字リスクを被ることがないなら、そのぶん安く提供しよう」

その理由は 【一度安くするとその先もずっと安い価格でしか出品できなくなる】 から。
お客様の間で「このバイヤーは安く売ってくれる!」というイメージが浸透してしまうと、
いざハイブランドの取扱いや高値売りに挑戦しようと思った時にやりにくくなるんですね。

初心者の中には利益を上乗せすることに抵抗があるという方も多くいますが、
「依頼された品物を買い付けてお届けする」という仕事をこなした分の報酬を
お客様からいただくのは至極当然のことです。

【ポイント②】薄利多売しなくても稼げる方法を知ろう

得られる利益が少ないということは「数を売らなくては稼げない」ということでもあります。
日本では遠い昔の江戸時代から、この薄利多売こそが商売の基本と言われているようですが、
果たして本当にそうでしょうか?

確かに価格の安さに惹かれるお客様は多いので、集客力を高めるための戦略としては効果的でしょう。
しかし利益を削って値下げするわけですから、お客様が増えて忙しくなるわりに稼ぎは増えません。
商品1つあたりの利益額がたった数百円では、外注化(※作業スタッフを雇うこと)も難しくなります。

本来ならばお客さんが増えるのは喜ばしいことなのに、ちっとも嬉しくない・・・。
むしろ日々やることが増えすぎてしんどい・・・。
そうやって潰れていったバイヤーを、僕は過去に何人も見てきました。

コンサルティングやセミナーでも「初心者は最安値でいきましょう!」なんて教えている人がいますが、
最安値どころか 定価より高い値段で販売しても売れる商品 というのも実はたくさんあります。

これだけ簡単!価格設定のための3つの考え方

(名前)

(名前)

(名前)

つまり、この原価を元にした価格設定は多くのケースにおいて適切とは言えません。

それは、 「顧客が支払ってもよいと考える価格」(=「価値」) 価格設定の考え方 です。

これは、言い換えると、顧客にとっての 「価値」 です。

この「価値」が最も本質的な価格設定のベースとなります

なぜなら、顧客は価値に対する対価としてお金を支払っているからです。

誰も原価に対する対価としてお金を支払っているわけではないのです。

(名前)

(名前)

(名前)

(名前)

価格受容性調査とは? PSM分析とCVM分析を理解して価格戦略策定につなげる方法

PSM(Price Sensitivity Meter, PSM)分析とは、商品・サービスの適正価格帯を算出する定量分析の手法です。対象者に「安すぎる」、「安い」、「高い」、「高すぎる」と感じる価格を数値でそれぞれ答えてもらうことで、ターゲットが受け入れられる価格を算出します。アンケートなどでデータをとる場合、同時に回答者の属性を尋ねることで、例えば性・年代別に受容価格がどれくらい違うかを可視化することも可能です。

PSM分析の分析方法と結果例

  1. 安すぎて品質に不安を感じ始める価格はいくらですか(非受容最低価格)
  2. 安くてお得だと思う価格はいくらですか(受容最低価格)
  3. 高いが品質が良いので購入する価値があると感じる価格はいくらですか(受容最高価格)
  4. 高すぎて品質の良さに関係なく購入検討できないと感じる価格はいくらですか(非受容最高価格)

  • 下限価格:これより低く価格を設定すると、顧客が安すぎて品質に疑問を持つようになってしまい購入しなくなる価格の限界点を示しています。下限価格は量販店やスーパーなどのセール・特売の値段として採用されることがあります。
  • 妥協価格:「この商品であればこれくらいの値段だろう」という顧客の心理的な状態を表す価格を示しています。
  • 上限価格:これより高く価格を設定すると、顧客が高すぎて品質が良かろうとも価値を感じずに購入しなくなる価格の限界点を示しています。高級品や付加価値の高い商品(初回限定盤など)において採用されることがあります。
  • 価格設定の考え方
  • 理想価格:「安すぎる」と「高すぎる」という購買に否定的な意見を持つ人が最も少なくなる価格であり、最も多くの人が買う可能性が高い価格です。

CVM分析とは

CVM分析とは

CVM(Contingent Valuation Method, CVM)分析とは、商品・サービスがそれぞれの価格帯でどの程度の購入率が見込めるかを算出する定量分析の手法です。もともとは環境保全活動の経済価値を図るために用いられていました。こちらもPSM分析と同じように、アンケートの中で性・年代といった属性を聴取しておくことで各セグメントごとの分析結果を算出することができます。

「価格」とDX(1):価格はメディアである―『価格の心理学』

これから何回か「価格」というものについて考えてみたい。「価格」は経済活動のあらゆる側面に登場するものだが、経済のデジタル化に伴なって、アナログ時代の「価格」とは異なる性格の「価格」が登場しつつある。新しい「価格」を通じて経済の進化を論じた本を紹介していく。まずは『価格の心理学』を取り上げる。同書に出てくる多様な価格戦略を一言でまとめるなら、「『価格』はそのビジネスの『価値』を消費者に伝えるメッセージである」とでもなるだろう(その意味で価格は「メディア」なのだ)。行動経済学などの知見を取り入れた様々な価格戦略を一望できる本書をまずは取り上げる。

顧客に「価値」を伝えるための「価格」

[著]リー・コールドウェル
[訳]武田 玲子
[発行日]2013年2月15日発行
[出版社]日本実業出版社
[定価]1,600円+税

「顧客は自分の考えをわかっていないし、自分がわかっていることを言わないし、言ったとおりに実行しない。(後略)」
広告会社オグルヴィ・アンド・メイザーの創業者 デイヴィッド・オグルヴィ(p.62)

自宅やオフィスで淹れるありふれたティーバッグ市場の商品 → 数円~数十円程度
ちょっと高級でこだわりのあるティーバッグ市場の商品 → 百円程度
カフェやレストランで飲む紅茶市場の商品 → 三百~五百円程度
オーガニックカフェや高級専門店で飲む紅茶市場の商品 → 七百円~千円程度

顧客の感じる「価値」を操作する価格戦略

顧客の感じる「価値」を混乱させる「価格戦略」

やがてすべての企業が損益分岐点で創業するようになり、利益はゼロになる(経済学を学んでいれば「競争均衡」になるとわかるはずである。完全競争で、ゼロ利潤状態におちいる。 マーケティングの重要な役割は、そのような状況の回避である) 。(pp.175-176、強調筆者)

不道徳な「価格」

[著]ジョージ・A・アカロフ、ロバート・J・シラー
[訳]山形浩生
[発行日]2017年5月12日発行
[出版社]東洋経済新報社
[定価]2,価格設定の考え方 000円+税

1. 定額価格
2. 顧客にあわせた相場
3. 月額の会費制や定期購入制
4. 成果の一定割合
5. 資産価値は取引額などの一定割合
6. 一式のパッケージ料金
7. 費用プラス一定の手数料
8. 時間あたり料金制(プラス原材料費)
9. イギリス式オークション(オークション会場のような競り上げ型)
10. オランダ式オークション(アムステルダムの花市場のような競り下げ型)
11. セカンドプライスオークション(イーベイ型)
12. 業界標準価格(役者への最低支払額など)
13. 単価設定(記者や翻訳者の1ワードあたり料金など)
14. 物価連動型の年間報酬
15. 部品別の価格設定(デル方式)
16. 基本料金プラス追加料金(一般的な航空料金など)
17. 提示価格
18. 需要に連動した価格設定
19. 事前発注割引 価格設定の考え方
20. 無料と有料グループの組み合わせ(広告料収入で運営されているメディアなど)
21. フリーミアム(基本的な商品やサービスは無料で提供し、高度な機能には課金する)
22. 利子の徴収
23. 違約金制(銀行の当座貸し越しや不法駐車など)
24. カミソリと替刃モデル(本体と付属品に分けた価格設定)
25. 所得に応じた料金制(一部の労働組合は給与に応じて組合費を徴収している)
26. 限界費用価格 価格設定の考え方
27. マーケットシェア拡大のための値下げ
28. 普及にともなう値下げ(技術製品では一般的)
29. 頻繁な価格変動
30. 期間限定の割引
31. 季節料金制(休暇シーズンのホテル料金など)
32. 購入料に応じた値引き(クロワッサンを3個購入すれば1個無料サービス、5人セットで4万円など)
33. 食べ放題
34. 競争価格
35. 資本参加
36. 高度な専門サービスに対する報酬

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる