オンライン外国為替取引

少額取引ができるFX会社も

少額取引ができるFX会社も
Trading View

1BTC(1ビットコイン)はいくら?儲かる理由を徹底解説|何円から買える?

1BTCはいくら?

1BTC(1ビットコイン)の現在の価格動向

Trading View

2022年5月18日現在、1BTCは約387万円です。2021年後半に記録した1BTC=740万円前後と比較すると半値程度に落ち込んでいますが、価格急騰前の水準と比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。

2018年後半から2021年前半にかけて、1BTC=100万円前後で推移していたことを考えると、もう少し下落するかもしれません。

そんな方におすすめなのがLINE BITMAXです。

LINE BITMAXはメッセージアプリLINEの関連企業が運営している暗号資産取引所で、取引画面がわかりやすいと評判です。

はじめてアカウントを作成する人向けの動画も公開されているので、興味がある方は是非LINE BITMAXの公式サイトをご覧になってください。

BTCが儲かる理由

仮想通貨の代表格として注目されているから

全時価総額比率:仮想通貨の時価総額の割合

https://jp.tradingview.com/markets/cryptocurrencies/global-charts/

将来性がある理由の一つ目は、ビットコインが仮想通貨の代表格として注目されているからです。

上のチャートは仮想通貨の時価総額の割合について示したものです。ビットコインは全体の約45%を占め、他の仮想通貨を圧倒しています。

ビットコインETFがアメリカで上場したから

将来性がある理由の二つ目は、ビットコインETFがアメリカで上場したからです。

ETFとして証券取引所で取り扱われるようになれば、ビットコインに対する投資がさらに活発になると期待されています。

ビットコイン決済を受け入れる大企業が増えているから

将来性がある理由の三つ目は、ビットコイン決済を受け入れる大企業が増えているからです。

日本でも家電量販店のビッグカメラやコジマ、ソフマップ、動画配信サービスなどを運営しているDMM.com、クラウドファンディングサイトのCAMPFIREなどでビットコイン決済を受けれています。

国内暗号資産取引所では、外部からのハッキングなどに備えて取引所ごとでセキュリティ対策をとっています。

LINE BITMAXでは、会社資産と顧客資産の分離を徹底し、顧客資産を100%コールドウォレットで保管するなど安全対策に力を入れています。

LINE BITMAXのセキュリティ対策について詳しく知りたい方は、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

BTCの可能性

法定通貨として認める国が増える可能性がある

ビットコインを国の正式な通貨(法定通貨)として認める動きが出始めています。

2021年6月、中米のエルサルバドルでは米ドル、サルバドール・コロン(現在は流通していない)に続く3つ目の法定通貨としてビットコインを採用しました。

2022年4月、中央アフリカ共和国もビットコインを法定通貨とすると発表しました。

さらに、2022年5月にはエルサルバドルでビットコイン国際会議が開催されると発表され、32カ国の中央銀行と12ヵ国金融当局が参加します。

ビットコインの国際的な認知が高まれば、法定通貨として採用する国が増える可能性があり、ビットコインの将来性にプラスの影響を与えるでしょう。

投資対象としてビットコインが見直される可能性がある

ビットコインETFがアメリカで上場されたことにより、ビットコインの価値が見直される可能性があります。

その議論に一石を投じたのがアメリカでのビットコインETFの上場です。

現在、ビットコインETFの対象は先物取引が中心ですが、現物ETFが承認されるとさらに取引が活発になるかもしれません。

寄付の透明性を高められる

仮想通貨のメリットの一つに透明性の高さがあります。 少額取引ができるFX会社も

もし、誰かがビットコインを入手したり使用したりすれば、その記録はブロックチェーン上に残されるので非常に透明性が高いものだといえます。

誰が、どのように寄付したかが明確に記録されるため、第三者が勝手に使用することができず、寄付の透明性が高まるのです。

LINE BITMAXもその一つで、スマートフォンですべての手続きを進められ、迷ったときにはわかりやすい動画のナビも見られるので安心です。

LINEアプリから簡単にアクセスできるので、興味がある方は、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

BTCの買い方

国内暗号資産取引所でアカウントを作成

取引を開始するには国内暗号資産取引所でアカウントを作成しなければなりません。

日本円を入金

日本円を入金

作成したアカウントに日本円を入金します。

LINE BITMAXならLINE Payから入金することも可能です。

ビットコインの取引を実行

ビットコイン取引について、LINE BITMAXを例として説明します。

ビットコインの取引を実行

まず、取引したい仮想通貨をLINE BITMAXで取り扱っている6つの中から選択し、数量・金額を記入することで仮想通貨の取引ができます。

LINE BITMAXの画面は非常にシンプルで、初心者でも迷うことなく利用できるので、気になる方はLINE BITMAXの公式サイトをチェックしてみてください。

BTCを取引するのにおすすめの国内取引所

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINE株式会社の関連企業で、暗号資産取引所を運営しています。

LINE BITMAXを利用するメリットは、最低取引金額が低いことや売買手数料・入金手数料が無料であること、LINEアプリから簡単に接続できることなどです。

LINEアプリと同様、LINE BITMAXのアプリも非常に見やすいため不慣れな人でも迷わず利用できます。

LINEアプリを利用して気軽に仮想通貨取引を行えるので、面倒な手間を省きたいという方は、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:12種類
レバレッジ取引:19種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは動画配信サービスの他に株式やFXなど様々なサービスを展開しているDMMグループに所属する暗号資産取引所です。

DMM Bitcoinのメリットはレバレッジ取引ができる仮想通貨が多いことや売買手数料・入出金手数料が無料であることです。

手数料を安く抑えたい方やレバレッジ取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは2014年から運営されている国内最大級の暗号資産取引所です。

ビットコイン取引に関しても国内最大手で、6年連続取引量ナンバー1の実績を持っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 少額取引ができるFX会社も 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerもLINE BITMAXと同じく0.00000001BTCから取引可能で、少額からビットコイン取引に参加できます。

安心して取引を行いたいという方は、実績があってセキュリティ能力が高いbitFlyerの公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

1BTC(1ビットコイン)はいくらに関するよくある質問

1BTCよりも大きな単位はありますか?

単位読み方詳細
daBTCデカビーティーシー(デカビットコイン)1daBTC=10BTC
hBTCヘクトビーティーシー(ヘクトビットコイン)1hBTC=100BTC
kBTCキロビーティーシー(キロビットコイン)1kBTC=1000 BTC
MBTCメガビーティーシー(メガビットコイン)1MBTC=1,000,000BTC

ビットコインを日本円にするにはどうすればいいのですか?

ビットコインを日本円にするには国内暗号資産取引所で取引しなければなりません。

海外の仮想通貨取引所にあるビットコインを日本円にするには、日本の国内暗号資産取引所に送金したうえで取引し、日本円に替えなければなりません。

ビットコイン取引で得た収入に課税されますか?

ビットコイン取引で得た収入にも課税されます。

ビットコインで得た収入は「雑所得」に区分され、給与所得などと合算され「総合課税」の対象となり、確定申告が必要です。

1BTC(1ビットコイン)はいくらのまとめ

  • ビットコインの主な単位はBTCとsatoshi
  • ビットコイン取引の最低金額は暗号資産取引所によって異なるが、LINE BITMAXなら1円から取引可能
  • 2022年5月18日段階、1BTC=約387万円
  • ビットコインはビットコインETFや決済受け入れ企業の増加など社会に浸透しつつある
  • 法定通貨として認める国が増える可能性がある
  • ビットコイン取引なら手軽に取引可能なLINE BITMAXがおすすめ

ビットコインの主な単位はBTCとsatoshiで、日本の取引所ではmビットコインやμビットコインなどの補助単位が用いられています。

しかし、LINE BITMAXやbitFlyerなどの暗号資産取引所では1円から取引可能です。

現物を対象としたビットコインETFやビットコイン決済の広がり、法定通貨採用国の増加などがプラスの要因が発生すれば、ビットコイン価値が上昇する可能性があります。

仮想通貨取引が初めての人は、多くの仮想通貨を扱っている取引所よりビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨に絞って取り扱っている取引所の方が「どれを買うべきだろう」と悩むことが少ない分、使いやすいといえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる