投資徹底攻略

NISAで投資信託を始めるには

NISAで投資信託を始めるには
※ グラフはシミュレーションであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。数字は表示桁未満は四捨五入しています。
税金・手数料は考慮しておりません

NISAで投資信託を始めるには

「ひふみプラス」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。
外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、 損失が生じることがあります。また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみプラス」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。
したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。
詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

信託報酬 信託財産の純資産総額に対して下記に記載の率を乗じて得た額。信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。日々計算されて、投資信託の基準価額に反映されます。
なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき「ひふみプラス」の信託財産から支払われます。
また、ひふみプラスは、純資産総額が一定金額に達すると、一定金額を超えた部分に対して信託報酬が逓減される仕組みとなっています。
信託財産の純資産総額500億円まで 年率1.078%(税抜年率0.980%)
信託財産の純資産総額500億円を超える部分 年率0.968%(税抜年率0.880%)
信託財産の純資産総額1,000億円を超える部分 年率0.858%(税抜年率0.780%) 監査費用 信託財産の純資産総額に対して年率0.0055%(税抜年率0.0050%)の率を乗じて得た額
(なお、上限を年間88万円(税抜年間80万円)とします。当該上限金額は契約条件の見直しにより変更となる場合があります。)日々計算されて、毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。

つみたてNISA

将来のためのコツコツ非課税投資! つみたてNISA

図:申込手数料0円、低い水準の信託報酬

※ 上図はあくまでもイメージであり、実際の信託報酬率を表したものではありません。

つみたて投資のコツ

早い時期にはじめて、長く続けよう!

図:例えば、運用利回りが年率3%の条件の下、65歳で1,000万円を目指す場合

※ グラフはシミュレーションであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。数字は表示桁未満は四捨五入しています。
税金・手数料は考慮しておりません

毎月決まった日に自動で投資 してくれるので、
タイミングに悩むことはありません。

図:毎月決まった日に銀行口座から引落し

定期的に継続して購入することで NISAで投資信託を始めるには リスクを分散 する効果が期待できます。

つみたてNISAをはじめたい方はこちら!

つみたてNISA専用ファンド・おすすめプラン

NISAで投資信託を始めるには NISAで投資信託を始めるには
投資対象 ファンド名 運用会社 分類 ファンドの特徴
国内
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 三菱UFJ国際投信 インデックス わが国の株式を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。
ひふみプラス ひふみプラス レオス・キャピタルワークス アクティブ 国内外の上場株式の中から、市場価格が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。
〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド 〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド コモンズ投信 アクティブ 国内外の30銘柄程度の企業に集中投資で高い運用成果をめざします。また、銘柄選択は、30年目線の長期的な視点で行います。
〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 日興アセットマネジメント アクティブ 成長性が高く、株主への利益還元が期待できる株式に投資します。徹底したボトムアップ・リサーチで、勝ち組成長企業の選定を行ないます。
外国
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス 新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド セゾン投信 アクティブ 投資対象ファンドを通じて主として海外および日本の株式に幅広く分散投資します。市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券にも投資する場合があります。短期的な市場の動向ではなく投資対象の価値を重視して選別投資を行うことにより、長期的な資産形成に適したファンドをめざします。
〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) 〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) キャピタル・インターナショナル アクティブ キャピタル世界株式マザーファンド受益証券への投資を通じて、内外の投資信託証券に投資を行ない、実質的に世界各国の株式等へ分散投資をすることで信託財産の中長期的な成長を目指します。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド フィデリティ投信 アクティブ米国の取引所に上場されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、国際的な優良企業や将来の優良企業に投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド フィデリティ投信 アクティブ 英国および欧州大陸の取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、優良企業を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
外国
バランス
〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む先進国の株式および公社債の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス NISAで投資信託を始めるには 〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 アクティブ 日本を含む世界各国の株式と債券に分散投資します。株式と債券の投資比率を原則50:50にすることで、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。
つみたてNISAをはじめたい方はこちら!
ファンド選びに迷われているかたはこちら!

投資信託の区分ごとの要件

インデックス投資 アクティブ投資
信託期限 信託期限が無期限又は20年以上
決算回数 毎月分配型を除く
運用実績 投資信託として5年以上の運用実績がある
資金流出入の状況 信託の設定以来、2/3の年数で資金流入超
規模(純資産) 50億円以上
販売手数料 販売手数料が不要(ノーロード投資)
信託報酬 国内資産のみに投資する場合:年0.50%以内(税抜き) 国内資産のみに投資する場合:年1.00%以内(税抜き)
海外資産も組み入れる場合:年0.NISAで投資信託を始めるには 75%以内(税抜き) 海外資産も組み入れる場合:年1.50%以内(税抜き)

おすすめ! 「つみたてNISAプラン(3コース)」

つみたてNISA 50

  • 世界株式 50%
  • 世界債券 50%
    〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

過去の運用実績

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(1銘柄)

  • 世界株式 100%
    〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)

過去の運用実績

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料は0%で計算しています。
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(2銘柄)

  • 国内株式 50%
  • 海外株式 50%
    〈つみたてNISA用〉ひふみプラス〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド

インデックスファンドとの
過去の運用実績比較

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • NISAで投資信託を始めるには
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。ただしひふみプラスのみ欠けている期間はひふみ投信のデータで補完しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
  • 6:インデックスファンドはJA TOPIXオープンとMSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオを使用しています。

つみたてNISA Q&A

NISAを選ぶポイント

■どんな商品を利用して投資をしたいのか?
『NISA』は投資信託以外に株・REIT等さまざまな商品に投資できます。
一方、『つみたてNISA』は、金融庁に届出を行った長期の積立による資産運用に向いた投資信託・ETFのみ投資ができます。
※「NISA」、「つみたてNISA」で当行が取り扱う商品は「公募株式投資信託」のみです。

■年間に投資する金額はどれくらいか?
NISAは年間に投資できる金額は年間120万円ですが、つみたてNISAは年間40万円までとなっています。
NISAの非課税投資枠を大きく活用したい場合は通常のNISAを、まずは少額からで始めてみたいという方は、「つみたてNISA」を活用してみてはいかがでしょうか。

■運用に対するスタンスは?
つみたてNISAは、積立投資による長期での資産形成を目的とした制度です。定期的に継続して購入することで、平均購入単価を引き下げる効果が期待できます。
このようなスタンスがご自身に合うということであれば、つみたてNISAを選択してみてはいかがでしょうか。

■メリット
運用できる商品があらかじめ限定されているので、投資する商品の選択時に迷いが少ない。
運用時にかかるコストが低い。

■デメリット
年間の投資上限金額はNISA120万円/年に対して、つみたてNISAは40万円/年と限定されている。(ただしトータルで運用できる金額は最大、NISA:600万円・つみたてNISA:800万円)

つみたてNISA

将来のためのコツコツ非課税投資! つみたてNISA

図:申込手数料0円、低い水準の信託報酬

※ 上図はあくまでもイメージであり、実際の信託報酬率を表したものではありません。

つみたて投資のコツ

早い時期にはじめて、長く続けよう!

図:例えば、運用利回りが年率3%の条件の下、65歳で1,000万円を目指す場合

※ グラフはシミュレーションであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。数字は表示桁未満は四捨五入しています。
税金・手数料は考慮しておりません

毎月決まった日に自動で投資 してくれるので、
タイミングに悩むことはありません。

図:毎月決まった日に銀行口座から引落し

定期的に継続して購入することで リスクを分散 する効果が期待できます。

つみたてNISAをはじめたい方はこちら!

つみたてNISA専用ファンド・おすすめプラン

NISAで投資信託を始めるには NISAで投資信託を始めるには NISAで投資信託を始めるには
投資対象 ファンド名 運用会社 分類 ファンドの特徴
国内
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 三菱UFJ国際投信 インデックス わが国の株式を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。
ひふみプラス ひふみプラス レオス・キャピタルワークス アクティブ 国内外の上場株式の中から、市場価格が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。
〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド 〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド コモンズ投信 アクティブ 国内外の30銘柄程度の企業に集中投資で高い運用成果をめざします。また、銘柄選択は、30年目線の長期的な視点で行います。
〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 日興アセットマネジメント アクティブ 成長性が高く、株主への利益還元が期待できる株式に投資します。徹底したボトムアップ・リサーチで、勝ち組成長企業の選定を行ないます。
外国
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス 新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド セゾン投信 アクティブ 投資対象ファンドを通じて主として海外および日本の株式に幅広く分散投資します。市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券にも投資する場合があります。短期的な市場の動向ではなく投資対象の価値を重視して選別投資を行うことにより、長期的な資産形成に適したファンドをめざします。
〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) 〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) キャピタル・インターナショナル アクティブ キャピタル世界株式マザーファンド受益証券への投資を通じて、内外の投資信託証券に投資を行ない、実質的に世界各国の株式等へ分散投資をすることで信託財産の中長期的な成長を目指します。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンドフィデリティ投信 アクティブ 米国の取引所に上場されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、国際的な優良企業や将来の優良企業に投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド フィデリティ投信 アクティブ 英国および欧州大陸の取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、優良企業を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
外国
バランス
〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む先進国の株式および公社債の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス 〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 アクティブ 日本を含む世界各国の株式と債券に分散投資します。株式と債券の投資比率を原則50:50にすることで、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。
つみたてNISAをはじめたい方はこちら!
ファンド選びに迷われているかたはこちら!

投資信託の区分ごとの要件

インデックス投資 アクティブ投資
信託期限 信託期限が無期限又は20年以上
決算回数 毎月分配型を除く
運用実績 投資信託として5年以上の運用実績がある
資金流出入の状況 信託の設定以来、2/3の年数で資金流入超
規模(純資産) 50億円以上
販売手数料 販売手数料が不要(ノーロード投資)
信託報酬 国内資産のみに投資する場合:年0.50%以内(税抜き) 国内資産のみに投資する場合:年1.00%以内(税抜き)
海外資産も組み入れる場合:年0.75%以内(税抜き) 海外資産も組み入れる場合:年1.50%以内(税抜き)

おすすめ! 「つみたてNISAプラン(3コース)」

つみたてNISA 50

  • 世界株式 50%
  • 世界債券 50%
    〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

過去の運用実績

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(1銘柄)

  • 世界株式 100%
    〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)

過去の運用実績

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料は0%で計算しています。
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(2銘柄)

  • 国内株式 50%
  • 海外株式 50%
    〈つみたてNISA用〉ひふみプラス〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド

インデックスファンドとの
過去の運用実績比較

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。ただしひふみプラスのみ欠けている期間はひふみ投信のデータで補完しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
  • 6:インデックスファンドはJA TOPIXオープンとMSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオを使用しています。

つみたてNISA Q&A

NISAを選ぶポイント

■どんな商品を利用して投資をしたいのか?
『NISA』は投資信託以外に株・REIT等さまざまな商品に投資できます。
一方、『つみたてNISA』は、金融庁に届出を行った長期の積立による資産運用に向いた投資信託・ETFのみ投資ができます。
※「NISA」、「つみたてNISA」で当行が取り扱う商品は「公募株式投資信託」のみです。

■年間に投資する金額はどれくらいか?
NISAは年間に投資できる金額は年間120万円ですが、つみたてNISAは年間40万円までとなっています。
NISAの非課税投資枠を大きく活用したい場合は通常のNISAを、まずは少額からで始めてみたいという方は、「つみたてNISA」を活用してみてはいかがでしょうか。

■運用に対するスタンスは?
つみたてNISAは、積立投資による長期での資産形成を目的とした制度です。定期的に継続して購入することで、平均購入単価を引き下げる効果が期待できます。
このようなスタンスがご自身に合うということであれば、つみたてNISAを選択してみてはいかがでしょうか。

■メリット
運用できる商品があらかじめ限定されているので、投資する商品の選択時に迷いが少ない。
運用時にかかるコストが低い。

■デメリット
年間の投資上限金額はNISA120万円/年に対して、つみたてNISAは40万円/年と限定されている。(ただしトータルで運用できる金額は最大、NISA:600万円・つみたてNISA:800万円)

つみたてNISA(積立NISA)の仕組みとは?運用のメリットや失敗しないための対策も解説

セゾンポケットでのお取引に関する重要事項
【金融商品仲介業および有価証券投資に関する重要事項】
・金融商品仲介業者である株式会社クレディセゾンは、株式会社スマートプラスの代理権は有しておらず、また、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることは出来ません。
・お客様はスマートプラスに口座を開設し、同社と直接お取引を行っていただきます。
・有価証券投資には元本損失が生じる等のリスクが伴うほか、所定の手数料や諸経費等がかかりますので、あらかじめ交付される契約締結前交付書面や目論見書等をよくお読みください。
金融商品仲介業者
【株式会社クレディセゾン】関東財務局長(金仲)第62号
所属金融商品取引業者
【株式会社スマートプラス】金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 第二種金融商品取引業協会・一般社団法人 日本投資顧問業協会

●CONNECT取扱商品全般のお取引にあたっての手数料等およびリスクについて
お取引の際には、商品ごとに株式会社CONNECT(以下、CONNECT)所定の手数料等をご負担いただく場合があります。 また、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、 当該商品等の契約締結前交付書面(上場有価証券等書面、目論見書がある場合はその書面)等をよくお読みになり、 内容について十分にご理解ください。
●ひな株(単元未満株式等の店頭取引)の手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
ひな株のお取引に当たっては、対価(購入対価・売却対価)のみを受払いただき、手数料はいただきません。なお、購入対価は株価に一定のスプレッド(差額)を上乗せした価格、売却対価は株価から一定のスプレッド(差額)を差し引いた価格になります。
・CONNECTのスプレッド
原則、株価に0.5%を乗じた価格になります。
・単元株数以上(100株以上)のお取引をされる場合
ひな株のスプレッド0.5%に対して、株式(現物取引)の手数料は0.033%です。そのため、ひな株で単元株数以上(100株以上)のお取引をされる場合、お客さまの支払金額/受取金額は、株式で取引された場合と比較して不利になりますのでご注意ください。
・お取引にあたってのリスク
ひな株は株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
●ひな株USA(外国株式等の店頭取引)
・お取引にあたっての手数料等
ひな株USAのお取引にあたっては、対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただき、手数料はいただきません。
なお、購入対価は、直近の米国各証券取引所(NYSE、NASDAQ)における終値またはアフターマーケットでの市場価格をもとにCONNECTが決定する基準価格に一定のスプレッド(差額)を上乗せした価格、売却対価は基準価格から一定のスプレッド(差額)を差し引いた価格になります。
また実際には円貨で受払いいただくため、購入対価は購入用の約定為替を乗じた価格、売却対価は売却用の約定為替を乗じた価格になります。
・CONNECTのスプレッド
基準価格に通常0.7%(最大で1.5%)を乗じた価格になります。
また約定為替にもスプレッドがあり、基準為替に通常30銭(最大で50銭)を加減算した為替レートになります。
・お取引にあたってのリスク
ひな株USAの価格は株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
ひな株USAの円換算した価格は、米ドルの円に対する為替水準により上下いたしますので、これにより損失が生じるおそれがあります。 レバレッジ型・インバース型指標に連動するETFは、レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率の倍数とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。したがって、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。
市場の状況や個別銘柄の要因により、終日または一定時間の間、一部の銘柄でお取引を停止する場合があります。
・お取引にあたっての留意事項
詳しくは、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、ひな株USA利用・取引ルール等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。
●国内株式等(株式、ETF、REIT、インフラファンド等の委託取引)の手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
国内株式等のお取引にあたっては、約定代金に対して0.033%(税込)の委託手数料がかかります。委託手数料の上限は660円(税込)となります。
・お取引にあたってのリスク
・株式
株式は株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。 NISAで投資信託を始めるには
・ETF(上場投資信託)
ETFは銘柄自身の価格変動のほか、連動する指数等の変動等により価格が変動するため、損失が生じる恐れがあります。レバレッジ型・インバース型指標に連動するETFは、レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率の倍数とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。したがって、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。

・REIT(不動産投資信託証券)
REITは銘柄自身の価格変動のほか、運用する不動産の価格や収益力の変動により価格が変動するため、損失が生じるおそれがあります。
・インフラファンド
インフラファンドは銘柄自身の価格変動のほか、運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により価格が変動するため、損失が生じるおそれがあります。
・上場新株予約権証券
上場新株予約権証券は行使対象となる株式の価格や評価額の変動や、当該株式の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場新株予約権証券の価格が変動することや、転換後の当該株式の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生ずるおそれがあります。 なお、新株予約権には権利を行使できる期間に定めがあり、当該期間内に行使しないことにより、投資金額全額を失う場合があります。
●信用取引の手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
国内株式等の信用取引にあたっては、約定代金に対して0.033%(税込)の委託手数料がかかります。信用取引の委託手数料の上限は330円(税込)となります。また、別途管理費、名義書換料、権利処理手数料をご負担いただきます。加えて、買付の場合、買付代金に対する買い方金利を、売付けの場合、売付け株券等に対する貸株料および品貸料をご負担いただきます。詳細は信用取引利用・取引ルールをご確認ください。
・お取引にあたってのリスク
国内株式等の信用取引は、一定の委託保証金をCONNECTに担保として差し入れ、差し入れた委託保証金を上回る取引を行うことができます。委託保証金は、約定代金の33%以上で、かつ30万円以上の金額が必要です。
信用取引は株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。レバレッジ型・インバース型指標に連動する投資信託は、レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率の倍数とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。したがって、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。
また、信用取引では、委託保証金の約3倍までのお取引を行うことができるため、差し入れた委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
・お取引にあたっての留意事項
詳しくは、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、信用取引規定、利用・取引ルール等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。
●IPO(新規公開株式)、PO(公募・売出株式)の手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
株式等を募集等にて購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます。
・お取引にあたってのリスク
価格の変動や発行者等の信用状況等の悪化等により損失が生じるおそれがあります。
・お取引にあたっての留意事項
お申込みにあたっては、目論見書を必ずご覧ください。
●単元未満株の取次ぎの手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
単元未満株のお取引にあたって、他の証券会社に取り次ぐ場合は、約定代金に対して1.1%(税込)の手数料がかかります。
・お取引にあたってのリスク
単元未満株は株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。
●投資信託の手数料等およびリスクについて
・お取引にあたっての手数料等
投資信託のお取引にあたっては、購入時および換金時にご負担いただく費用はございません。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(年率・税込))等の諸経費等がございます。
・お取引にあたってのリスク
投資信託は、主に株式、債券、投資信託証券など値動きのある証券(外貨建て資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、損失が生じるおそれがあります。レバレッジ型・インバース型指標に連動する投資信託は、レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率の倍数とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。したがって、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。
・お取引にあたっての留意事項
投資信託にかかるリスクおよび手数料等は、それぞれの投資信託により異なりますので、当該投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご覧ください。
●NISA、つみたてNISAに関する留意事項
[NISA、つみたてNISA共通]
・日本にお住まいの20歳以上の方(NISAをご利用になる年の1月1日現在で20歳以上の方)が対象です。
・NISAとつみたてNISAは選択制であることから、同一年に両方の適用を受けることはできません。NISAとつみたてNISAの変更は、原則として暦年単位となります。
・NISA口座、つみたてNISA口座は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。
・その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰り越すことはできません。
・NISA口座、つみたてNISA口座の損益は税務上ないものとされ、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
・国内上場株式の配当金、ETF・REIT等の分配金は、証券会社で受け取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
・投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)は非課税であるため、NISAおよびつみたてNISAの非課税メリットを享受できません。
・NISA口座・つみたてNISA口座で保有されている投資信託の分配金は、NISA口座内では再投資されず、特定口座で再投資買付を行います。この場合、分配金は課税扱いとなります。
・NISA口座・つみたてNISA口座以外の口座で保有されている上場株式等をNISA口座に移管することはできません。
・NISA口座・つみたてNISA口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA口座に移管することはできません。
・国外への出国等で非居住者となる場合には、利用継続はできません。
[NISAに関する留意事項]
・NISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。非課税投資枠は途中売却が可能ですが、売却部分の枠の再利用はできません。
・NISAでまいにち投信の積立設定を行なった場合、非課税投資枠の範囲内の金額はNISA口座で買付を行い、非課税投資枠を超える金額は特定口座で買付を行います。ただし分配金は、NISA口座内では再投資されず、特定口座で再投資買付を行います。
[つみたてNISAに関する留意事項]
・つみたてNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円までです。非課税投資枠は途中売却が可能ですが、売却部分の枠の再利用はできません。
・つみたてNISAをご利用いただくにあたり、定期的、継続的に積立投資を行なう積立契約をお申込みいただく必要があります。 NISAで投資信託を始めるには
・20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管(ロールオーバー)することはできません。
・つみたてNISAにかかる積立契約により買い付けいただいた投資信託の運用管理費用(信託報酬)等の内容については、原則年1回お客さまへ通知いたします。
・つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISAへの上場株式等の受入が出来なくなります。
●金融商品仲介業務に関するご注意事項
・当社は、金融商品仲介業者として所属金融商品取引業者であるCONNECTの証券口座開設の勧誘・媒介、およびCONNECTの取扱う各種金融商品とその取引に関するご案内を行います。
・金融商品仲介による証券口座の開設ならびに当該口座を通じて行われる有価証券のお取引は、お客さまとCONNECTとのお取引になります。また、お取引により発生する利益および損失はすべてお客さまに帰属します。
・当社にはCONNECTとお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、当社にはCONNECTとお客さまとの間の契約の締結権はありません。
・当社は、いかなる名目によるかを問わず、金融商品仲介業に関してお客さまから金銭もしくは有価証券の預託を受け、または、当社と密接な関係を有する者にお客さまの金銭もしくは有価証券を預託させることはいたしません。
・当社で金融商品仲介のお取引をされるかどうかが、お客さまと当社との他のお取引に影響を与えることはありません。また、当社でのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることもありません。
・金融商品仲介で取扱う有価証券等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。したがって元本保証はありません。
・金融商品仲介によりお取引いただいた有価証券は、所属金融商品取引業者が保護預りし、分別保管されますので、所属金融商品取引業者が破たんした際にも、所属金融商品取引業者の整理・処分等に流用されることはありません。万一、所属金融商品取引業者の破たん時に何らかの事由によりお客さまの資産が棄損した場合には、投資者保護基金により、おひとりあたり1,000万円までが保護されます。
・すでにCONNECTに証券口座をお持ちのお客さまは新たに証券口座開設をお申込みいただくことができません。口座開設にあたってはCONNECTによる審査があります。審査の内容によっては、口座開設をお断りする場合があります。
・当社のWEBサイトでご案内しているCONNECTの商品・サービスおよび取引条件等は、変更される場合があります。最新の情報については、必ずCONNECTのウェブサイト等にてご確認ください。
・当社では、お客さまの投資方針等に適した商品もしくは取引をご案内することを勧誘方針としておりますが、今回のご案内は、現在のお客さまの投資方針に必ずしも適さない場合があります。ご注意ください。
【金融商品仲介業者】
●商号 株式会社クレディセゾン 金融商品仲介業者:関東財務局長(金仲)第62号
【所属金融商品取引業者】
●商号 株式会社CONNECT 金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第3186号
●加入協会 日本証券業協会

LOVE SPORTS

ほったらかし投資を実践するなら2023年までにつみたてNISAを始めるべき理由とは!?【ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門】

ほったらかし投資は、まず、つみたてNISAで

2024年にNISAのしくみが一新!

●1階と2階で扱いが異なる
つみたてNISAをはじめ、NISAにもデメリットがあります。他の投資との損益通算や翌年以降の損失の繰越控除ができないことが大きな弱点です。つまり、他の投資の損益とお互いに消し合うことができず、翌年に損を持ち越して利益が出たときに税金を安くすることもできないということです。


【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。

書籍情報:『ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ)

もうお金で困らない、お金の不安を一掃! 知識ゼロ、貯金ゼロでもOK! ムリなく確実に、ほったらかしでドンドン貯まる「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」のしくみと始め方をトコトンやさしく解説しました。いま、話題の「iDeCo」「つみたてNISA」は積み立て投資の最強ツールです。月3万円の積み立てでも、35年後には2700万円に!(年利4%で運用)。ほったらかしで3000万円を貯めるノウハウを存分に教えます。さまざまなシミュレーションのほか、成功例や失敗例、うまくいく「iDeCo」と「つみたてNISA」の始め方、失敗しない商品の選び方、選ぶべき厳選10本など、成功するために知っておきたい知識とテクニックが満載です。キーワードは、長期、分散、積み立て投資。投資に手間や時間をかけない、あてにいかない、予想をしない、なるべく早く初めて、長く続けること。ズバリわかる! ラクして大きく増やす、ズボラさん向けの投資術です。これからお金を増やしたい人、貯めたい人、必読です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる