トレードを学ぶ

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ比率のFXへの応用方法
エリオットが見つけた相場のリズムは、エリオット波動と言われています。
エリオット波動は、「上昇5波・下降3波」の8つの波で1つの周期を形成し、これが反復を繰り返すという理論です。
この理論は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れられた分析から編み出されているので、基本的な相場の動きとして覚えておくことが必要です。

FXではフィボナッチ比率・エリオット波動で相場を分析!群集心理を探れ!|トピックスファロー

フィボナッチ数列は、,1,2,3,5,8,フィボナッチ比率のFXへの応用方法 13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597・・・といった数列です。
1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13・・・というようにイコールに隣接する数字が、次項の和になっていく数列です。
これらの数列を直前の数値で割り算をしていくと、最終的に1.618に近づいていきます。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法
この数字が黄金比の数値1:1.618に一致します。

相場で主に使われるフィボナッチ比率

・黄金比率で用いられている1.618の逆数(分母を大きい数字にする)・・・0.618
・フィボナッチ数列の1つおきに比率を出し最終的に近づく2.618の逆数・・・0.382
・フィボナッチ数列の2つおきに比率を出し最終的に近づく4.236の逆数・・・0.236

この数値が基準となり、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、123.6%、138.2%、161.8%が相場の分析に用いられます(上昇率・下降率にこの数値を当てはめる)。
フィボナッチがさまざまなことに当てはまるように、不思議と相場の動きの根源である群集心理にも反応します。
相場に当てはめることで、トレンド発生時の買い目、売り目の判断基準になり、特に38.2%と61.8%は、信頼度が高い数値になり、特に注目をされている数値になります。

フィボナッチを使って相場を予測

フィボナッチを使うには、まず相場の周期性を理解しなくてはいけません。
アメリカの株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871~1947)が相場には周期的なリズムがあることを見つけました。
その理論とフィボナッチは、切っても切れない仲なので先に触れておきます。

エリオット波動。相場のリズム

fibonacchi02

エリオットが見つけた相場のリズムは、エリオット波動と言われています。
エリオット波動は、「上昇5波・下降3波」の8つの波で1つの周期を形成し、これが反復を繰り返すという理論です。
この理論は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れられた分析から編み出されているので、基本的な相場の動きとして覚えておくことが必要です。

5つの波動の特徴とフィボナッチ比率を照らし合わせる

fibonacchi03

第1波・・・動きが鈍い。第1波の長さがフィボナッチ比率で、押し目買いポイントを探るメジャーになる。
第2波・・・第1波を打ち消すほどの、強い抵抗がある。50%、61.8%付近で止まる割合が多い。止まったらアップトレンドの始まりが期待できるともいえる。
第3波・・・5波の内でもっとも大きく値幅が動くことが多い。第1波の168%の上昇率が多く、それを超える場合は200%、268%も期待できる。
第4波・・・複雑な動きだが、持ち合い(横ばい)に近い。第3波の38.2%付近で止まることが多い。
第5波・・・いきなりドーンと勢いをもって急騰することが多い。第1波から第3波の61.8%程度の上昇率が多い。

波動の特徴から読むトレーダーの心理

第2波・・・第1波でポジションを持っていたトレーダーは、どこまで跳ね上がるかの基準がないので、早めに利確します。なので急激に値が元に戻ろうとします。
また、その動きに今度は動きが転換するのではないかと思い、そこでポジションを持つトレーダーも多いので第1波を打ち消す程の動きになります。
この時点で第1波を打ち消してしまうとトレーダーは、次の動きが読みづらくなるので、しばらく持ち合いが続くこともあります。

第5波・・・第4波のまま移動平均線などに近づいてくると、押し目買いポイントになるので一気にトレーダーがポジションを持ちます。 それで勢いのある上昇・下降になり更にその動きに、乗ろうとするトレーダーもいます。 そのことによって更に高値を更新することもありますが、逆に乗り遅れてすでに反転していることも多くあります。第5波が終われば次の転換を狙っているトレーダーも多くいるからです。

このように人間の群集心理によって創りだされたエリオット波動ですが、今ではエリオット波動によって群集心理が動かさせることもあります。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法
もちろん人間は機械ではないので、エリオット波動やフィボナッチ比率が、必ず当てはまるわけではありません。
あくまで、ヒントを見つけるための判断材料であることは忘れないで下さい。

また全く同じ相場というものは存在しません。
エリオット波動、フィボナッチ比率が当てはまる時もあれば、全く通用しない時もあります。
テクニカル分析は、その時その時で当てはまる分析を見つけていくことが必要です。
1つの分析方法に頼らず、分析方法の引き出しをたくさん作っておくことで、相場を見たらどの分析方法を用いたらいいのかわかってきますよ。
また、テクニカルばかりに頼るのではなく、この記事でもしたように勝っている人、負けている人の心理状態を探ることで、チャートだけでも動きが読めるようになってくるので、分析方法に取り入れてみてください。

フィボナッチリトレースメント(下降トレンド)

FXの基礎

テクニカル分析(RSI)

FXの利益が出るしくみ

FXで利益が発生するのって、どんなとき? 簡単にいってしまえば、「安く買って、高く売る」 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 「高く売って、安く買う」のこれだけです。 つまり、ドル/円を参考にすれば、1ドル100円のときに買って、1ドル110円になったときに売る。そう.

ローソク足の形状が意味するものは

チャートには種類がありますが、その中でも代表的な「ローソク足」の説明をしますね♪ ローソク足って、実はその形状から相場に起きている変化の兆し、投資家の心理状態を読み解くことができるんです。 時系列に並べたローソク足チャートは過去の値.

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FX取引の注意点 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 / フィボナッチ比率のFXへの応用方法 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

黄金比インジケーター「フィボナッチ」で、相場の動きを予測する

※画像をクリックすると拡大できます

移動平均線やMACD等のように、チャートに入れてしまえば自動的に表示されるタイプのものとは違い、その都度、自らの手で、100%~0%のポイントを決めて設定します。
また、インジケーターの中では数少ない「縦軸」基準の指標になります。

フィボナッチ数列と黄金比

フィボナッチ数列は、
0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597,2584.
と続き、最初の2項 0, 1 を足すと3項目になり、以降どの項も、その直前の2つの項の和となっているというものです。
図で表すと、このようになります。

1:1.618
この数値は「黄金比」と呼ばれ、最も美しい形状の比率とされています。

フィボナッチ・リトレースメントのレベル設定

MT4(チャートシステム)の中には、デフォルトで6つのタイプのフィボナッチがありますが、この記事では、最もポピュラーな、「フィボナッチ・リトレースメント(Fibonacci Retracement)」をご紹介したいと思います。

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・チャネル

フィボナッチ・リトレースメント(以後略してフィボナッチ)は、計りたい波幅(値幅)によって縮尺が変わりますので、その縮尺率の中、何%の値にどの価格が当たっているか? で、売り買いの価格、または、目標・損切り価格を見つけます。

100~0%内の、半値の50%、そして、黄金比の61.8%(と対になる38.2%)を、最も意識する数値として設定するのが基本(赤フィボ) ですが、使い手によって、意識する%が違いますので、緑フィボのように増やすことも可能です。

フィボナッチ・リトレースメントの活用法2パターン

相場は大枠、トレンド期間3割、レンジ期間7割、で構成されています。
それに合わせて、フィボナッチの使い方も、トレンド中とレンジ中とで、使用の仕方が異なりますが、

    価格の移動のエネルギー(波)の、始まり・終わりと考えられるポイント(価格)に、フィボナッチを当てるのは共通です。

フィボナッチの数値は、 動きの始まりが100%、終わりが0% になりますので、間違えないようにしてください。

そこから、 61.8%(黄金比)まで戻って、0%より先に延びてゆく動き (トレンド)を見つけることが、最初に勉強する基本的な使い方になります。

トレンド中は、0%より先に延びてゆくことが前提になりますので、外側に目標を立てることから「アウターフィボナッチ(Outer Fibonacci)」と呼ばれています。
その反対に、レンジ中は、内側に目標を立てることから、「インナーフィボナッチ(Inner Fibonacci)」と呼んでいます。

TradingView(フィボナッチ比率のFXへの応用方法 トレーディングビュー)の使い方まとめ

外為や金融のオンライン・チャーティング・プラットフォーム、TradingView(トレーディングビュー)の使い方をバンバンまとめていくWebサイト

TradingView(トレーディングビュー)でフィボナッチ・リトレースメントを使い方と見方

f:id:daotian105:20180409173103p:plain

フィボナッチとは?

フィボナッチは黄金比率

フィボナッチ比率はどのようにトレードに活かせるのか?

フィボナッチで意識されるところ

TradingView(トレーディングビュー)なら難しい理論は要らない

TradingView(トレーディングビュー)でフィボナッチを引く方法

STEP1:チャートを開く

f:id:daotian105:20180409180843p:plain

STEP2:描画ツールパネルからフィボナッチ・リトレースメントを選択

f:id:daotian105:20180409180930p:plain

STEP3:TradingView(トレーディングビュー)のチャート上でフィボナッチを描画する

f:id:daotian105:20180409181149p:plain

STEP4:フィボナッチ・リトレースメントから次の反転を読み取り、戦略を立てる

f:id:daotian105:20180409181245p:plain

この時点でのチャートでは0.236(23.6%):106.633円を上抜けて、次の

0.382(38.2%):107.935円での反転が意識される状態です。

現在価格は107.101円ですから、107.935円までは上昇トレンドと予想し、

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる