FX初心者が稼ぐために

取引の仕組みやリスクも解説

取引の仕組みやリスクも解説

世界的に人身取引が多いと言われている国や地域について説明します。

ファクタリングとは?意味や仕組みを解説

「ファクタリング」と呼ばれるサービスを導入する企業が増えています。
ファクタリングとはどんな仕組みなのか? その意味を理解するために、最初に知っておきたいのが「売掛金」の存在です。売掛金とは、企業が商品やサービスを売ったときに、その代金を受け取る権利のことを言います。企業同士の取引(BtoB)では、商品やサービスを売ったその場で支払いを行わず、後日請求する方法が一般的です。これを売掛金と言います。
日本のほとんどの企業でこの売掛金を導入しているのですが、売掛金は企業同士の信用関係で成り立っている取引であり、取引先から決められた期日までに売掛金の支払いがきちんと行われる保証はありません。すでに商品やサービスを納めているため、もしその代金の回収が遅れてしまったら、企業のキャッシュフローに大きなマイナスをもたらします。最悪のケースでは、取引先が倒産して売掛金を回収できなくなる「貸倒れ」になったり、その影響を受けて自社まで倒産に追い込まれる「連鎖倒産」になったりする可能性もあります。
そこで、商品やサービスの提供が済んでいるのに、まだ支払いされていない債権「売掛債権」について、保険をかけたり未回収の売掛金を買い取ってもらったりできるのが、「ファクタリング」と呼ばれるサービスです。

ファクタリングの仕組みと必要性

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリット1:早く現金化できる

ファクタリングのメリット2:取引先が倒産しても回収義務がない

ファクタリングのメリット3:企業の信用情報に悪い影響がない

ファクタリングのデメリット1:手数料が発生する

ファクタリングを利用するときには、ファクタリング提携企業に対して手数料を支払うこととなります。この手数料は、ファクタリングの種類によって異なります。
ファクタリングは、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つに大きく分類できます。「2社間ファクタリング」では、まずファクタリング提携企業に対して売掛債権の売却を行います。すると、ファクタリング提携企業から手数料を引いた売掛金の代金が支払われます。そして後日取引先から売掛金の支払いを受けたら、ファクタリング提携企業に代金を支払うという流れです。
「3社間ファクタリング」は、自社と取引先とファクタリング提携企業の3社で利用する仕組みのこと。まず売掛債権をファクタリング提携企業に売却し、ファクタリング提携企業から手数料を引いた売掛金の支払いを受けます。そして取引先には、直接ファクタリング提携企業に支払うように行ってもらいます。
ファクタリングの手数料については、2社間ファクタリングの方が高く、10~20%、3社間ファクタリングなら2~10%となります。この手数料は、銀行融資やカードローンなどの他の融資方法と比べると、とても高くなる特徴があります。

ファクタリングのデメリット2:取引先に通知する場合がある

ファクタリングのデメリット3:債権譲渡登記を行う場合がある

ファクタリングと他の資金調達の比較

ファクタリングは、現金を速やかに調達することができるため、資金調達手段のひとつと考えられます。では、銀行融資や増資など、他の資金調達方法と比較してどんな違いがあるのでしょうか?
まず銀行融資について見てみましょう。銀行融資は最も一般的な資金調達方法ですが、事業計画書などさまざまな資料の提出が求められ、銀行ごとに厳しい審査が行われます。さらに担保や保証人が必要な場合が多く、資金を得るまでに時間も手間もかかります。
次に、株主割当や第三者割当などの増資について。増資とは、企業の株を受け渡して資金を調達する方法です。銀行融資と違って返済の義務がないというメリットがありますが、出資してもらうということであり、企業のビジョンや姿勢なども検討の対象になり、決して簡単なことではありません。
一方、ファクタリングは銀行融資の金利より手数料が高いというデメリットはありますが、審査期間が短く担保や保証人が不要であり、しかも売掛金を譲渡するので代金を返済する必要もないため、メリットが大きいと言えるでしょう。

ファクタリング提携企業の選び方

選び方1:手数料が妥当か

選び方2:売掛債権の買取可能額がいくらか

選び方3:現金化までかかる日数

ファクタリング提携企業のタイプ別紹介

1 大手銀行の系列

2 上場企業の系列

3 未上場系ノンバンク

4 業界特化型

ファクタリングの利用事例

事例1:建設業

事例2:運送業

事例3:アパレル業

事例4:人材派遣業

事例5:土木業

事例6:インターネット通販業

事例7:スタートアップ

ファクタリングの審査について

審査に必要な書類

ファクタリングの審査で必要となるのは、主に次の5つの書類です。しかし、ファクタリング提携企業により必要となる書類は異なりますし、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでも必要書類は変わりますので、ご注意ください。
1 企業についての情報がわかる書類
事業内容や規模、年数、資本金など会社についての基本情報がわかる書類です。具体的には登記簿謄本、企業紹介パンフレット、ホームページの企業情報ページなどを提出します。
2 企業の業績がわかる書類
決算書や確定申告書など、会社の業績が確認できる書類のこと。過去3年分あると望ましいでしょう。スタートアップなど社歴が浅い企業では、できれば創業時から現在までの決算書を提出しましょう。しかし、ファクタリングの審査で重要なのは、その会社の業績よりも、取引先企業の業績の方です。そのため社歴が浅い企業や業績があまり良くない企業でも、ファクタリングの審査に通ることもあります。
3 取引先企業との取引がわかる書類
取引基本契約書のほか、請求書、発注書、納品書など、取引先企業とどのような取引が発生しているか、その内容を証明する書類です。これは売掛金が発生している証明にもなる、大切な書類となります。
4 売掛金の入金記録
取引先企業とのこれまでの取引で生じた、売掛金の入金の有無を確認するための書類です。金融機関の口座のコピーが必要で、期日までにきちんと入金があったかなど確認されます。売掛金が高額になる場合は、会社の決算書が必要になる場合もあります。
5 税金・社会保険の書類
ファクタリングの審査では、税金や社会保険の支払いがきちんと行われているか調べることがあります。税金や社会保険で滞納がないか、確認が行われます。

審査期間について

ファクタリング契約時の注意点

注意点1:契約書の名前が「債権譲渡契約」になっているか?

注意点2:契約書の内容を確認する

注意点3:手数料が明確にされているか?

注意点4:ファクタリング提携企業の住所・電話をチェックする

注意点5:契約書の控えをもらう

ファクタリングの支払いについて

先にご紹介しましたが、ファクタリングの仕組みについて再度確認して、ファクタリングの支払いについてもチェックしてみましょう。
まず2社間ファクタリングの場合。売掛金が発生したら、ファクタリング提携企業から手数料を引いた分だけの代金を受け取ります。取引先には通常通り請求書を発行して、売掛金の請求を行い、取引先から入金があったらファクタリング提携企業に支払いを行います。取引先から入金があったのに、ファクタリング提携企業に支払いを怠ると、契約違反となります。
3社間ファクタリングでは、売掛金が発生したら、ファクタリング提携企業から手数料を引いた売掛金の代金を受けます。そして取引先には、支払先をファクタリング提携企業にしてもらい、取引先からファクタリング提携企業に直接振込がされるようにします。

ROBOTPAYMENTの請求代行サービスとは?

経理業務の自動化を推進する株式会社ROBOT PAYMENTでは、売掛金回収を保証する請求代行サービス「請求まるなげロボ」を提供しています。取引先企業から売掛金の入金が確認されなかった場合や、万が一倒産した場合の売掛金未回収に対して保証するものであり、遅滞、未回収、貸し倒れなどのリスクを回避し、キャッシュフローの改善につながります。 ROBOT PAYMENTのサービスは、請求管理ロボとセットで利用できるオプションサービスです。企業の経理業務の効率化とあわせて、資金面でのバックアップにもつながります。

仕組みやメリット・デメリットを把握して検討を

【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。

取引の仕組みやリスクも解説

01 Guide 就活前に学ぶ金融講座

金融のための2つの仕組み - 間接金融と直接金融

間接金融と預貯金取扱金融機関

資金の需要者と供給者のニーズや利害を調整して、資金を循環させるための仕組みには「間接金融(indirect finance)」と「直接金融(direct finance)」の2つのモデルがあります。
間接金融とは、資金の需要者と供給者との間に銀行などの金融機関(預貯金取扱金融機関)が入って調整を行うモデルのことです。預金などの形で広く国民から集めた資金は、金融機関の判断と責任において企業などの資金需要者に供給されます。間接金融の特徴は「資金の需要者と供給者が相対せずに、それぞれが個別に金融機関と貸借取引を行う」ところにありますから、たとえば銀行に預金した人が、自分のお金がどこに貸し出されたかを知ることはできません。その代わり、銀行などの融資先が倒産して元利金の返済が難しくなっても、預金はそのまま守られます。
資金の供給者にとっては、貸し出す相手の信用力を調べるといった手間がかからず、便利で安心と言えますが、融資などによって得た利益の一部は金融機関の経費や利益となるため、大きな利回りを得にくいというデメリットもあります。
また、企業など資金の需要者にとっては、金融機関が求める条件をクリアすれば資金調達が容易で、かつ迅速に資金を得ることができます。

「間接金融(indirect finance)」と「直接金融(direct finance)」

直接金融と市場取引を担う金融機関

一方、直接金融とは、資金の需要者と供給者が互いの条件などを見ながらダイレクトに貸借や投資を行うモデルのことです。とはいえ、企業が国民の一人ひとりに貸借や投資を呼びかけたり、個人が投資先を探し歩くことはできませんから、市場(マーケット)を活用して相手を探します。その際、市場への取次や取引成立に向けたサポートを行うのが証券会社です。
ところで、直接金融においては「債券」や「株券」といった「証券(財産権など記した証書)」が取引に用いられ、その多くは流通市場で自由に売買を行うことができます。
直接金融において重要なことは、資金の供給者(投資家と呼びます)が行う投資の責任はすべて投資家が負うというところです。投資へのアドバイスやサポートを提供する金融機関が、結果責任を負うことはありません。つまり、証券投資を行うためには金融や投資についての理解や知識が少なからず必要であり、国や金融機関にはそうした教育機会の提供や、公正でわかりやすい説明、投資家のレベルに見合ったアドバイスなどが求められます。
証券投資には預金などの利回りを上回る配当や売買益が期待できる反面、投資元本が大きく毀損するというリスクもあります。一方、資金の需要者にとっては、資金の利用目的に合った条件などで調達することが可能になるほか、間接金融モデルでは供給が難しい場合でも、投資家の理解を得やすいスキームの構築などによって調達が可能になるというメリットもあります。

直接金融へとシフトする時代のトレンド

今から数十年前まではどこの国でも間接金融の比重が高く、銀行が金融の主役と言われました。なかでも、日本やドイツは戦後の復興期において間接金融の機能を徹底的に活用して国民から資金を集め、それを産業界に送り込むことによって、世界が驚く経済成長を実現しました。一方、イギリスやアメリカでは市場を利用して資金調達を行う制度などが早くから整い、直接金融を担う証券会社や投資銀行といった金融機関が、金融のもうひとつの主役として存在感を示していました。
1980年代に入ると、大手企業などが社債や株式によって資金調達をするケースが増え、各国の政策も直接金融の活用を推進させる方向へと移ります。コンピュータや、通信技術の進化によって市場の機能がより高まり、使いやすくなったことも市場取引の拡大を後押ししました。信用力の高い企業は従来の借入よりも低いコストで資金調達ができるようになり、また金融技術の発達によって調達や投資の仕組みにいろいろなアイデアを加えられようになったことも、直接金融の拡大につながったと考えることができます。
間接金融と直接金融の併用が進む現在では、企業などが資金調達を行う場合の選択肢がより広がり、銀行や証券会社などがさまざまな提案を展開しています。また、投資のための金融商品のメニューも、かつてとは比べられないほど増加しています。

直接金融へとシフトする時代のトレンド

直接金融へのシフトが進まない日本の家計資産

間接金融と直接金融の併用は家計資産(世帯単位の個人金融資産)においても進んでいます。 市場を利用した取引環境の整備や、制度の自由化が他国より早く進んだアメリカでは、家計における「証券(債券、投資信託、株式・出資金)」の比率が「現金・預金」を大きく上回っています。「現金・預金」(13.9%)に対して「証券」(51.2%)は4倍近い比率を占めます。
一方、リスクのある運用には消極的と言われてきたヨーロッパでも、この十数年で「証券」の比率が高まり、「現金・預金」とほぼ同じくらいになりました。しかし、わが国では間接金融に頼る傾向が相変わらず根強く、「現金・預金」の(52.3%)に対して、「証券」は(15.1%)にとどまっています。アメリカとは正反対の構造です。十数年前の構成(現金・預金=54.5%、証券=14.3%/2005年6月末)と比べても、それほど変化はありません。

AMM(自動マーケットメイカー)とは|仕組みやリスクを解説

AMM(Automated Market Maker)とは、日本語では「自動マーケットメイカー」とも表され、一定の既定ルールに従い、自動でのマーケットメイクを可能にするシステムを指しています。マーケットメイカーとは、市場でのトレードが円滑に進むように流動性を提供する市場参加者のことであり、AMMでは、この役割を自動化およびシステム化することにより、仲介者や第三者に頼らずとも、自律的に市場に流動性が提供される環境が作り出されています。

1-2 オーダーブックとAMM発展の背景

2. AMMの仕組み

2-1 流動性プール相手のトレード

2-2 数式に基づくレート決定

一方でAMMでは、あらかじめ決定されている数式に従ってレートが決定されます。DEX外部での市場価格は関係ありません。このレート決定の数式はプロトコルにより様々ですが、本記事では最も広く知られているUniswap V2の「x*y=k(等生産量曲線;Constant Product Formula)」に即して説明していきます。

Uniswapの数式

3. 流動性の提供と報酬

先ほど「トレーダーは流動性(トークン)が貯められている流動性プールを相手にトレードする」と言いましたが、「自動」マーケットメイカーとはいえ、流動性が自動的かつ自然に貯まっていく訳ではありません。流動性を提供する役割を果たしてくれる市場参加者が存在しているからこそプールに流動性が集められるのであって、このような流動性提供者(LP; Liquidity Provider)がいなければAMM型DEXは機能できません。

3-1 手数料報酬

3-2 ガバナンス報酬

3-3 流動性提供方法

4 流動性提供のリスク

流動性提供による報酬もあれば、反対にリスクもあります。スマートコントラクトリスクなど、DeFi全体で共有されているリスクももちろん付随してきますが、DEXに特有なリスクに「価格変動損失(IL; Impermanent Loss)」があります。日本語では単に「変動損失」と呼ばれていることもあります。

現在、市場価格が「 1ETH=100ドル 」だと仮定します。DAIはステーブルコインなので、常に1DAI≒1ドルです。流動性提供の際、ペアにした両トークンの価値は同じでなければならないため、Aさんは1ETHと100DAIをペアにして、ドル換算で 合計200ドル の流動性を提供しました。Aさんは流動性提供の証拠としてLPトークンをプロトコルより受け取りました。

Aさんが1ETHおよび100DAIを預け入れたことにより、プール全体には「 10ETHと1,000DAI 」が集まったとします。前述の数式(x*y=k)に当てはめると、「x=10、y=1,000、k=10,000」となります。10ETHと1,000DAIのうち、1ETHと100DAIはAさんにより提供されているため、「 Aさんはこの流動性プールの10%のトークンを保有している 」と言うことができます。

つまりAさんのケースにて、AさんのLPトークンが示していることは、「Aさんは1ETHと100DAIをETH/DAIプールに預け入れた」ということではなく、「 ETH/DAIプール全体のうち、10%はAさんのETHとDAI 」ということです。これは、言い換えれば、預け入れた資産(ETHおよびDAI)を返してもらいたい時も、預けた分の「1ETHと100DAI」が返ってくるのではなく、「 プールのうちの10% 」がAさんの元に返却されるということを意味しています。

流動性を提供した際、Aさんが保有していたのは、プールの10%のトークンです。つまり引き出せる量も、プールの10%分です。先ほど見たとおり、Aさんが流動性を提供した時点では、10ETHと1,000DAIを含んでいたこの流動性プールのトークン数は、アービトラージ取引の結果、5ETHと2,000DAIになっています。Aさんが引き出せるトークン量は、引き出す時点での10%なので、5ETHと2,000DAIの10%、つまり0.5ETHと200DAIです。市場価格が1ETH=400ドルなので、この時Aさんの元へ戻ってきたトークンの総額は、 「0.5ETH×400ドル=200ドル」と「200DAI=200ドル」 で、 合計400ドル になります。

ここで、最初にAさんが預けたトークンを思い出してみましょう。Aさんは、1ETHと100DAIを流動性プールに預け入れました。もしAさんが、この1ETHおよび100DAIを流動性プールに入れずにそのままウォレットなどで保有していた場合、Aさんが持っているであろう資産は、 「1ETH=400ドル」と「100DAI=100ドル」 で、 合計500ドル になります。流動性プールから引き出した総額が400ドルなので、流動性提供せずにそのまま保有していた方が、結果として価値が多くなってしまいます。

リスクと報酬

また最近では、自分が提供した流動性がトレードされる範囲を決定できるUniswap V3や単一トークンの預け入れが可能なBancor 取引の仕組みやリスクも解説 V2、ステーブルコインに特化することによりリスクを抑えているCurveなど、多くのプロジェクトが価格変動損失を軽減するためのプロトコル開発に取り組んでおり、価格変動損失のリスクの程度も、DEXにより大きく異なっています。

海外取引の基本ルール

言葉としては誰もがよく知る「貿易」「輸出・輸入」ですが、日頃携わっていないと、いざ現実問題に直面したときに困惑することが多々あるのではないでしょうか。
グローバル化が言われて久しく、海外市場獲得が重要課題になったり海外に製造や営業の拠点を設けて運営することが必要になったりと、業界を問わず海外との取引の問題は避けて通れないものとなってきました。
今回はこのようなビジネス環境に鑑み、海外との取引に関する基礎的な知識をご紹介して業務にお役立てていただくことを目的といたしました。

「貿易」と「輸出・輸入」

貿易(輸出・輸入)には国内取引とは 取引の仕組みやリスクも解説 取引の仕組みやリスクも解説
異なるリスクも考える必要があります。

  1. 商品貿易:「財」の国際取引
  2. サービス貿易「サービス」の国際取引
    例)運送、情報、通信、旅行、建設、金融・保健など
  3. 技術貿易
    特許権や実用新案権などの知的所有権や技術の国際取引

貿易と国内取引の違いとリスク

  • ・輸出者の場合
    輸入者が商品代金を対して支払ってくれるか。
  • ・輸入者の場合
    代金支払いに対してちゃんと商品を送ってくれるか。
  • ・納期や品質などの点での見解の相違が、トラブルや損害につながりかねない。
  • ・取引に付帯する経費の負担者など、国内での商習慣や常識との違いからトラブルになりかねない。
  • ・原則として、返品ができない。
  • ・代金支払い、受取りのいずれの場合も、外貨と邦貨の交換が必要であるため、為替変動により金額が変わる。
  • ・運送中に出くわす事故や盗難といったトラブルに遭う可能性のある期間が長い。
  • ・時間の経過により、商品が「変質」「減損」「損傷」する可能性がある。
  • ・運送に時間がかかっている間に、その商品の商機を逃してしまう可能性がある。
  • ・輸出者の場合
    通常、代金の受け取りは出荷後のため、商品の仕入れ・製造に費やした資金を負担しなくてはいけない。
  • ・輸入者の場合
    通常、代金の支払いは販売前のため、輸入した商品が売れるまで資金を負担しなくてはいけない。
  • 海外でも活躍の
    制御盤用クーラーはこちら
  • 制御盤用クーラーの
    商品カタログダウンロードはこちら

生産性向上・環境改善に役立つ情報をお届けします。メルマガ登録

Copyright © Apiste Corporation All Rights Reserved.

人身取引が多い国や現状とは?法律や議定書など国による取り組みなども解説


世界的に人身取引が多いと言われている国や地域について説明します。

この「 開けた国境 」が、人身取引を生む原因の一つになっているのです。

そして、 サハラ以南のアフリカ地域は世界のあらゆる地域の中でも児童労働に従事する子どもの割合が最も高い地域 と指摘されています。

ラテンアメリカ・カリブ海諸国

(出典:国際労働機関(ILO)「ILO報告書 強制労働と人身取引が発生する利益を積算する」)
(出典:日本ユニセフ協会「7月30日は『人身取引反対世界デー』世界の人身取引被害者の28%が子どもサハラ以南のアフリカ、ラテンアメリカ地域は60%以上ふるさとを追われた子どもの保護求める)

人身取引の被害にあう子どもたちに及ぼす影響とは

教育を受ける権利を失う

特に小さな子どもたちが強制労働を強いられることで、大人になったときの 職業選択もできなくなってしまいます。
また、 自分の子どもに教育を受けさせるために他国から働き手の子どもを買う負のスパイラル も続いているのです。

精神的なストレスを抱える

建物には常に見張りが付いており、自由に外出することもできない環境です。そんな中で反抗的な態度を取れば、 暴力で屈服させられ奴隷のような扱いを受ける のです。

身体的な暴力

『紛争・貧困などによって困難に直面する子どもたち』
を無料で支援できます!!

本サイト運営会社のgooddo(株)が応援している『ワールド・ビジョン・ジャパン』の公式LINEを友だち追加すると、「 困難に直面する子どもたちのために活動 」するワールド・ビジョン・ジャパンに、gooddoから支援金として10円をお届けしています!

支援は簡単。あなたがLINE友だち追加するだけ! 取引の仕組みやリスクも解説 一切負担はかかりません。 この無料支援にあなたも参加しませんか?

\友だち追加だけで支援できる!/

人身取引を引き起こす原因・背景とは

ポルノ制作

その中でも 取引の仕組みやリスクも解説 人身取引の小さな女の子、女性を利用したポルノコンテンツで莫大な利益を得る組織が存在 するのです。
何か分からないままに、ポルノ制作組織に引渡され、ポルノコンテンツを作る道具として使われてしまいます。

このような 臓器売買も、多額の金額が動くことからビジネスとして多くの組織が暗躍している現実 があるのです。

人身取引の原因となる問題や被害者に対し行われている支援活動

被害にあった人に対して心身回復をサポート

人身取引により大きなダメージを受けた被害者に対し、 心身回復を行うサポート が行われています。

紛争問題に対する支援活動

例えば、紛争被害にあった精神的な悲しみから抜け出すための カウンセリング、心理的ケア や離れ離れになった家族を捜索する活動が行われています。

また、難民になってしまったことで受けられなくなった教育についても、避難した難民キャンプで教育支援を行ったり、 死亡率が高い5歳以下の子どもに対しての適切な栄養食と治療 を行います。

『紛争・貧困などによって困難に直面する子どもたち』
を無料で支援できます!!

本サイト運営会社のgooddo(株)が応援している『ワールド・ビジョン・ジャパン』の公式LINEを友だち追加すると、「 困難に直面する子どもたちのために活動 」するワールド・ビジョン・ジャパンに、gooddoから支援金として10円をお届けしています!

支援は簡単。あなたがLINE友だち追加するだけ! 一切負担はかかりません。 この無料支援にあなたも参加しませんか?

\友だち追加だけで支援できる!/

人身取引の被害者に対して私たちができること


最後に、人身取引の被害を受けた人に対してできる支援について説明します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる