日本のバイナリーオプション業者

FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は

FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は
RSIも売られすぎ・買われすぎを判断する指標ですが、こちらは%の数字で表されます。

FX初心者が大損する「9つの理由」と「8つの対処法」【プロトレーダーの解説】

FX初心者は「利確・損切りルールが決まっていない」「高レバレッジで取引してしまう」「証拠金維持率を気にしていない」など、失敗する原因が共通していることが多いです。 よくある失敗原因を知ることは、FXの失敗リスクの軽減にもつながります。ここでは、FX初心者のよくある失敗原因9つについて見ていきましょう。 1.勘に頼って売買をする FX初心者のよくある失敗原因の1つが、勘に頼って売買をしてしまうことです。「少し下がったので、これから上がるだろう」「上がり続けているので下がるはず」など、根拠なく勘に頼って売買をしても上手くはいきません。FXは単純ではないので、初心者の勘で勝てるほど甘くないのです。 経験豊富なトレーダーであれば、ノウハウがあるので直感に頼った判断でも良い結果が出ます。しかし、FX初心者は知識や技術、ノウハウがないので勘に頼った売買はギャンブルそのものです。失敗の原因になりえるため、勘に頼った売買はしないようにしましょう。 2.利確・損切りルールが決まっていない 「XXpips上がったら利確する」「OO円の含み損が出たら損切りをする」などの利確・損切りルールが決まっていないことも、FX初心者のよくある失敗原因の1つです。 ルールが決まっていないと「損失を取り戻せる利益が出たら決済しよう」「もう少し待てば含み損がなくなるかもしれない」など、その時々の感情に左右されて不安定な取引になってしまいます。淡い期待を持ってもたいてい上手くはいきません。 感情に左右される取引は不安定な結果を生み、損失や負けにつながる可能性があります。いつか相場が回復すると期待して、そのまま下がり続けロスカットになるというケースも少なくありません。 3.とにかくポジションを持ちたがる 「ポジポジ病」ともいわれますが、とにかくポジションを持ちたがるのは、FXの失敗につながる可能性があります。 「ポジションを持っていないとチャンスがない」「エントリーしないと落ち着かない」など安易な考えや感情に左右されてポジションを持っても、良い結果は得られません。 「ポジションを持つこと」を優先すると、根拠のないタイミングでエントリーすることになるからです。根拠やルールに基づくものではなく、結局は感情任せの取引となるため結果は運頼みになります。とにかくポジションを持ちたがるポジポジ病は、FXの失敗原因になりえるため注意が必要です。 4.スワップ狙いで高金利通貨に手を出す 「スワップポイントが高いから高金利通貨で取引しよう」という考えも、FX初心者が失敗する原因の1つです。 高金利通貨はスワップポイントは魅力的ですが、相場変動が大きく「スワップポイントで5,000円稼いだけど2万円のマイナスになっている」などスワップポイント以上の含み損を負うリスクがあるためです。 通貨の特性や相場動向をきちんと理解したうえで保有しないと、大損する恐れがあります。 トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソ、ロシアルーブルなどの高金利通貨は、経験豊富なトレーダーや資金に余裕がある人であれば良いですが、FX初心者にはおすすめできません。経験の浅いうちにスワップ狙いで高金利通貨に手を出すのはやめましょう。 5.高レバレッジで取引してしまう 高レバレッジ取引は、FX初心者にはリスクが高すぎます。国内FX会社は、投資資金を最大25倍の金額で売買できるレバレッジ取引が可能です。40万円で1,000万円の取引ができるなど、資金効率を高めて多くの利益を狙えるのは魅力ですが、大損する可能性があります。 投資金額が最大25倍になることで、得られる利益と負う損失も最大25倍になります。また、よほど証拠金維持率に余裕がないと、わずかな値動きでロスカットになり、全ポジション強制決済になってしまいます。 経験の浅いFX初心者が手を出すと大ダメージを負い、市場から退場させられるリスクがあるので高レバレッジ取引はしないようにしましょう。 6.複数の通貨ペアに手を出す 米ドル/円やメキシコペソ/円、米ドル/人民元、ユーロ/スイスフラン……など、複数の通貨ペアに手を出すのもFX初心者が失敗する原因になります。通貨ペアによって特徴や収集する情報に違いがあるからです。 利益を出すためには、各国の経済や政治に関する情報を収集し、それぞれの相場を分析する必要があります。 経験豊富なトレーダーであれば知識や経験があるので対応できますが、FX初心者では対応できません。中途半端な対応になり、損失が出るうえに知見も得られないでしょう。 FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は リスクを高めてしまうため、複数の通貨ペアに手を出すのはやめましょう。 7.証拠金維持率を気にしていない 資金管理が疎かで証拠金維持率をチェックしておらず、失敗するFX初心者は少なくありません。 多くのFX会社では、証拠金維持率が50%~100%を下回るとロスカットが執行されます。ロスカットになると、全ポジションが強制決済されるため投資資金の大半を失うことになります。 資金が潤沢であればいいですが、そうでない人がほとんどなので、証拠金維持率をチェックして十分余裕を持たせることが大切です。証拠金維持率に無頓着だと、大損する可能性が高いので注意が必要です。 8.勉強や練習をせずに本番を始める 何の勉強や練習もせずにFXを始めても勝てるわけがありません。 通貨の特徴やチャートの見方、注文方法、情報収集、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の方法などの知識を身につけて実際に練習をすることで、実践で勝つためのノウハウを身につけられます。 FXに限ったことではありませんが、何もせずに稼げるほど投資は甘くありません。本やセミナー、動画による勉強、デモトレードによる練習をして基本的な知識や技術を身につけたうえで本番に臨むことが大切です。 9.重要指標やマーケットニュースをチェックしていない 重要指標やマーケットニュースを確認していないと、相場動向の予測が難しくなります。 雇用統計や中央銀行の声明、GDPなど重要指標発表によって相場が大きく動くことは多いです。また、マーケットニュースをチェックしていないと、ファンダメンタルズ分析ができなくなります。重要指標やマーケットニュースもチェックすることで、根拠のある売買が可能です。 FXで失敗しないように、重要指標やマーケットニュースは逐一チェックしましょう。

トラッキングトレード

裁量トレードでは、値動きの点と点を結び、値上がり幅や値下がり幅をできるだけ大きく獲得して利益を狙います。
一方でリピート型自動売買注文は値動きが発生しそうな価格のエリアを予想します。
一度のトレードで大きな利益を狙うのではなく、何度も利益を確定できそうな回数を多く狙える位置へ注文を仕掛けます。
常に値動きを見ながら目標化価格をピンポイントに予想しなければいけないのに比べると、相場の大きな流れをイメージして値動きが通過しそうな価格エリアを予想するのは難しくなさそうです。

まだ他にもあるリピート型自動売買手法のメリット

リピート型自動売買手法のデメリット

既にここまでの説明を読まれてお気付きの方もいると思いますが、リピート型自動売買注文は注文をいくらに設定するかが最大の難関です。
取り引きしようとせっかく注文を仕掛けても、値動きが遠ざかってしまうと取引は発生しません。
もちろん、トレードが発生しなければ損失を出すリスクもありませんが、注文を設定する価格や狙う利益の値幅の設定が、リピート型自動売買手法を使ってみようと思うFX初心者にとっては高いハードルとなってしまいます。

リピート型自動売買注文の進化形「トラッキングトレード」

●進化したリピート型自動売買注文『トラッキングトレード』とは?
トラッキングトレードは、リピート型自動売買の注文手法を基本戦略とした自動発注機能です。
リピート型自動売買注文とは、これから値動きが発生しそうな価格帯へ「△△円で買って、(例えば10銭値上がりした)××円で売る」という売り買いワンセットの注文を仕掛け、値動きによってこまめに利益を積み上げようという戦略の取引手法です。

値動きは絶えず上下動を続け、時に大きく変動することもあれば揺らぎのような小動きで波動を止めることはありません。
トラッキングトレードは、値段が動くことで安く買い高く売る取引を生み出すリピート型自動売買の基本戦略を守りながら、値動きの発生する範囲へ複数のリピート型自動売買注文を配置することで取引チャンスの最大化を図ります。
まさにトラッキングトレードは、値動き全体を取引チャンスに変える進化したリピート型自動売買注文と言えるでしょう。

FXは長期保有と短期保有どちらがいいの?

・細かい利益の積み重ねができる
短期売買はトレード回数が多いため、資金を長期間寝かすことなく小さな利益を積み重ねていけます。その結果、長期保有以上に大きな利益を得られる可能性もあるでしょう。相場は上昇と下落を繰り返しながら大きなトレンドを形成しています。長期的には上昇、下降のどちらかに向かっているとしても、その間の細かい上昇・細かい下落を狙って利益を狙いたいという場合には短期売買の方が向いていると言えます。

・塩漬けになりにくい
小さな値動きを狙っていくため、予想とは逆の方向に大きな動きになった場合に、損失を抱えたまま決済できずにいるといったことは起きにくいでしょう。そのため、塩漬けになりにくくなります。

・資金効率が良い
長期取引では予想とは逆方向に、大きな相場の動きが発生した場合にロスカットが起きやすくなってしまいます。一方で、短期取引は長期に比べて値動きが小さく、ロスカットが起きにくいというメリットもあります。そのため、長期保有の場合よりも高いレバレッジを掛けられます。FXでは最大25倍までレバレッジを効かせられるので、少ない資金でも自分の持っている資金以上の力で取引が可能です。
ただし、相場が思惑と逆に動いた場合の損失も大きくなります。予想に反して相場が逆方向に大きく動いた際、ロスカットが起きてしまうこともありますので十分な注意が必要です。

デメリット

・取引回数が多くなり取引コストが掛かる
FXは取引のたびに手数料(スプレッド)が発生します。そのため、取引回数が多いとスプレッドの負担が大きくなり、その点はデメリットの1つです。会社によってスプレッドは異なるため、スプレッドの負担が小さい会社を選ぶ方が良いでしょう。

・FX取引に時間を取られる
短期取引は価格の上下を細目にチェックし、決済して小さな利益を積み重ねていくことが必要です。また、長期保有であればスマートフォンのアプリでも手軽にできますが、短期の取引になると複数のモニターを設置した方が望ましい場合もあり、設備にお金が掛かることもあります。

・スワップポイントは得られない
日をまたがない短期売買では、スワップポイントを得ることができません。基本的には為替差益を狙った取引となるため、各通貨の金利差は考慮する必要はありません。

FXの長期保有、短期売買に向いているのはどんな人?

FXの長期保有、短期売買に向いているのはどんな人?

長期保有に向いている人

短期売買に向いている人

まとめ

監修者プロフィール

小川 洋平(オガワ ヨウヘイ)
日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表

分散投資について知りたい!

デリバティブって何?

ナスダック(NASDAQ)とは?

バランスファンドとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

【FXのスキャルピングとは】手法の基本と使うテクニカル、おすすめ口座3選

FXのスキャルピングとは?

FXのスキャルピングは低資金でもトレードが可能

FXのスキャルピングの魅力は低資金でも大きな利益を狙える事です。

スキャルピング デイトレード
1日30回取引の場合、 30万円の資金 でトレードをしているのと同じ 1日2回取引した場合は、 2万円の資金 でトレードしているのと同じ

大損しにくい

スキャルピングは低リスクで大損しにくい

スキャルピングは基本的に 早目に損切りをするので、大損しにくいのが特徴です。

翌日にポジションを持ち越さない

FXのスキャルピングは翌日にポジションを持ち越さない

スキャルピングは短時間で売買を終了させるので、翌日までポジションを持ち越しません。

スキャルピングのデメリット

FXのスキャルピングのデメリット

スプレッド(手数料)が多くかかる

FXのスキャルピングはスプレッドのコストが多い

取引回数が多いスキャルピングは手数料が多くかかります。

FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は
トレードスタイル トレード回数 1ヵ月の手数料(スプレッド) 1年の手数料(スプレッド)
スキャルピング 30回/日 18,000円 216,000円
デイトレード 5回/日 3,000円 36,000円
スイングトレード 2回/月 40円480円
長期トレード 1回/年 20/年 20円

値動きの予想が難しい

スキャルピングは値動きの予想が難しい

スキャルピングは値動きの予想が難しく、安定して勝てるまで時間がかかります。

日足、1時間足、5分足で相場の方向性を確かめながらトレードをするのですが、スキャルピングでは 「相場の雰囲気、値動き(相場の熱)を感じる」 ことが重要です。

瞬間的な判断が必要

スキャルピングは一瞬の判断が重要

例えばですが、上昇を続けていたロウソク足が大きな 上ヒゲ を付けた場合、下落の可能性が高いと判断して売りを仕掛けたりします。

また、通貨の連動性が高い場合( ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円が揃って同じ方向に動く )などは、そのトレンドに沿った売買をします。

チャートを見続けないといけない

スキャルピングはチャートを見続けなければならない

スキャルピングに向いている人・向かない人

スキャルピングの向き不向き

スキャルピングは どんな人にも向いているトレードスタイルではありません。

そこでこの項目ではスキャルピングに 向く人・向かない人の特徴 を記載するので、参考にしてみてください。

スキャルピングに向いている人

    FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は
  • 瞬間的な判断力がある
  • 集中力がある
  • 感情に左右されず機械的に取引できる
  • コツコツ取引を続けられる
  • 1日のトレード時間を確保できる
  • 毎日チャートを確認できる

スキャルイングに向かない人

  • 素早い判断が苦手
  • 集中力が長く続かない
  • ギャンブル感覚でFXを行いたい
  • 単純作業が好きでない
  • 1日の中でFXに費やす時間がない
  • 取引を毎日は行いたくない

【重要】スプレッドが狭い(安い)FX会社を使う

スキャルピングはスプレッドが安い(狭い)FX会社を使う

1万通貨で1日20回トレードした場合、GMOクリック証券では 手数料が200円 ですが、外為オンラインを使っていた場合、 10倍の2千円の手数料 がかかります。

FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は
FX会社 ドル/円 スプレッド 1万通貨 手数料 20回トレードした場合
0.2銭原則固定20円 20円×20回= 400円
1銭 100円 100円×20回= 2,000円

スキャルピングをするには、 スプレッドが狭いFX会社を使うのは必須 です。

スキャルピング禁止のFX会社に注意!

スキャルピングは口座凍結の恐れがある

スキャルピングを行う際は、FX会社の 取引約款(とりひきやっかん) をよく読んでおきましょう。

なぜならFX会社の中には、取引約款の禁止事項に 「短期売買を繰り返す行為」 について記載されていることがあるからです。

【スキャルピング禁止の真相】FX会社8社に聞いた結果と口座凍結の理由

スキャルピング手法の基本

【5ステップで攻略】FXのスキャルピング手法!使うテクニカルと儲けるコツ

1回のトレードで狙う利益幅は3~5pips

FXのスキャルピングで狙う利幅(pips)

数秒から数分で決済をするスキャルピングは 3~5pipsの利益を狙います。

FXスキャルピングは1日に何pips稼げばOK?稼ぐコツと3つの注意点

スキャルピングで使う時間足

FXのスキャルピングで使う時間足

スキャルピングで使う時間足は1分足か5分足です。

5分足を使うのですが、その前に、 「日足 → 4時間足 → 1時間足」の順番でチャートを確認 して、大まかなトレンドの方向性と、各時間足での直近高値と安値をチェックしておきます。

ロウソク足の形と勢いを見て、各時間足の 直近「高値・安値」を突き抜けたらそのまま順張り、反転したらその方向に順張り をします。

【1分足スキャルピング】3つのコツと注意点、向き不向きの特徴を解説!
5分足でスキャルピングはやってもいい?メリット・デメリットと3つのコツ

スキャルピングに最適の通貨ペアと時間帯

FXのスキャルピングに向いている通貨ペア

米ドル/円 、 ユーロ/米ドル 、ポンド/円、ポンド/米ドル、豪ドル/円、ユーロ/円がスキャルピングに向いています。

米ドル/円・ユーロ/米ドルは取引量が多く、 テクニカル分析が当たりやすい上にスプレッドが安い ので、初心者はこの2つの通貨で取引をしましょう。

通貨ペア スプレッド(GMOクリック証券) 1日の値幅平均 取引量(%)
米ドル/円 0.2銭原則固定 58pips 13.2%
ユーロ/円 0.5銭原則固定 73.8pips 1.7%
ポンド/円 1.0銭原則固定 124.9pips 不明
豪ドル/円 0.6銭原則固定 64.4pips 0.5%
ユーロ/米ドル 0.4銭原則固定 54.7pips 24%
ポンド/米ドル 1.0銭原則固定 99pips 9.6%
  1. スプレッドが安い :取引コストを抑え、利益を上げやすくなる
  2. 値動きがある :取引チャンスが増え、利益を上げやすい
  3. 取引量が多い:テクニカル分析の的中率が高くなる
FXのスキャルピングに最適な通貨ペアは?初心者が選ぶべきオススメ3選

スキャルピングに適した時間帯、16時、21時

スキャルピングに向いている時間

夏の狙い目はロンドン市場が開く 16時 、ニューヨーク市場が開く 21時 FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は 、米国株式市場が始まる 22時30分 がスキャルピングに向いている時間です。

FXスキャルピングに最適な3つの時間帯!ここを狙って効率UP

ダブルモニターかPCとスマホなど、画面は2つ以上用意する

FXのスキャルピングではダブルモニターは必須

モニターを1台追加で買ってPCにつなげて、ダブルモニターでトレードするのが理想ですが、難しい場合は スマホで注文、PCの画面で分析というように使い分ける のがおすすめです。

スキャルピングで使うテクニカル分析

FXのスキャルピングに適した5つのテクニカル指標と使い方、注意点を解説!
スキャルピングに最適なインジケーター5選!相性の良い2つと使い方

直近の高値と安値

スキャルピングは直近の安値、高値をチェック

一番大事なのが、直近の高値と安値です。

基本は「高値・安値」を超えたロウソク足か反発したロウソク足が 確定した次のロウソク足でエントリー します。

移動平均線

スキャルピングには移動平均線が有効

  • 移動平均線が上向き:上昇傾向
  • 移動平均線が下向き:下降傾向

ボリンジャーバンド

スキャルピングに使えるボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの 中心線(20SMA)で反転が起こりやすく 、スキャルピングでも注目するトレーダーが多いのが特徴です。

  • 中心線が上向き:上昇傾向
  • 中心線が下向き:下降傾向
  • 中心線付近でトレンドの転換(反転)がおきやすい
【スキャルピング】ボリンジャーバンドを使うシンプル手法と3つの注意点

FXのRSI

RSIも売られすぎ・買われすぎを判断する指標ですが、こちらは%の数字で表されます。

FXデイトレード徹底解説!おすすめの通貨ペア・取引時間帯・分析手法は?

fx,デイトレード

デイトレードは1日で取引が完了するため、マイナススワップの影響を受けにくいメリットがある。ただし、上昇トレンドに沿って取引をできている場合でも、実際には損失が出て含み損を抱えている可能性も。 また、デイトレードでは1日のなかで小さなチャンスを活かすため、高いレバレッジをかけて取引することが効率のよい取引方法だ。しかしレバレッジが高くなると、その分リスクも大きくなることもデメリットとして挙げられる。繰り返し損失を重ねると、資金がすぐに減ってしまう可能性も高い。 デイトレードで利益をコツコツと上げたいのであれば、最低限のチャート分析が必要だ。そのため、デイトレードはテクニカル分析などが苦手な方には向いてない取引スタイルになるだろう。

FXデイトレードで利益を出すポイント

FXデイトレードにおすすめの通貨ペア

FXデイトレードにおすすめの時間帯

8~10時:日本の経済指標が発表され、日本の投資家が取引を始めるため、取引が活発化する。
16~18時:ユーロ圏の経済指標が発表され、欧州市場(ロンドン市場)の取引が活発化する。
21~23時:アメリカの重要な経済指標が発表され、欧州・米国ともに取引が活発化する。

FXデイトレードの分析手法

FXデイトレードの始め方!FX口座選びのポイントは?

FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は
FX会社/通貨ペア 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
SBI FXトレード 0.09 0.3 0.19
DMM FX 0.2 0.5 0.4
みんなのFX 0.2 0.4 0.3
LIGHT FX0.2 0.FXで利益を狙えるテクニカル指標とトレード手法は 4 0.3
セントラル短資FX 0.1 0.4 0.3
FXTF 0.1 0.3 0.2

FXデイトレード向きのおすすめのFX口座3選

SBI FXトレード

DMM FX

みんなのFX

FXデイトレードの注意点

損切ルールを徹底する

最初は少額から始める

FXデイトレードで利益をあげるために

おさらいすると、FXのデイトレードにおいて重要なポイントは以下の通り。 ・デイトレードは1日の間に取引を数回繰り返し、1日が終わる時点ですべて決済するトレードスタイル ・「スキマ時間で効率的にトレードできる」「マイナススワップのリスクがない」という2つのメリットがある ・取引回数が多くなるため、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことが重要である

そして、FXのデイトレードは以下2つの理由から初心者でも利益を出しやすい取引方法である。 ・テクニカル分析で利益を狙いやすい ・精神的な負担が少ない

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる