FXの口座開設

急劇な移動平均線割れ

急劇な移動平均線割れ

先行移動平均線(DMA)とは?ディナポリやアリゲータ手法について紹介

先行移動平均線(Displaced Moving Average:DMA)は、displace(ずらす)という単語が用いられている通り、移動平均線を本来の位置から未来や過去にずらして表示するものです。MT4/MT5ではチャートに移動平均線(Moving 急劇な移動平均線割れ Average)を挿入する際、パラメータ設定画面の「シフト」に任意の数字を入れることで、正の数値ならその期間を先行、負の数値なら逆行させることができます。

移動平均線の先行と逆行

3本のDMAを用いるディナポリ手法

  • 短期:3日線×3日先行
  • 中期:7日線×5日先行
  • 長期:25日線×5日先行

ディナポリ手法

ディナポリ手法とは少し異なるアリゲータ

  • 短期:5日線×3日先行
  • 中期:8日線✕5日先行
  • 長期:13日線✕8期間先行

アリゲータ

移動平均線についてもっと学びたい方へのオススメコンテンツ

移動平均線

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる