オプション取引方法

取引基本契約書とは

取引基本契約書とは
【PR】契約審査業務の効率化を実現するAI契約審査クラウド GVA assist

関連する記事はこちら

Contents menu

顧問先の声

株式会社 新潟日報事業社様

株式会社 ビップ様

株式会社 隆和堂様

株式会社キタカタ様

アクセスマップ

新潟事務所

長岡事務所

取引基本契約書とは

上越事務所

燕三条事務所

新発田事務所

長野事務所

高崎事務所

東京事務所

ご相談予約専用フリーダイヤル

#

メールからのご予約はこちら

#

◎当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。
○委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。
※土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

注文書の法的効力や注文請書との違いとは?契約を成立させるために重要なこと


企業がフリーランスと取引をする場合、フリーランスに「注文書」や「発注書」を発行するケースは多くあります。また、フリーランスから「注文請書」を発行してもらっている企業も多いでしょう。このように、ビジネスの現場では頻繁にやり取りされる注文書・注文請書ですが、それぞれの法的効力を正しく理解している担当者様は少ないかもしれません。今回は、注文書・発注書・注文請書の役割や法的効力、契約書との違いなどについて解説していきます。


CONTENTS

■注文書とは?注文請書とは?

なお、下請法が適用になる取引においては、親事業者から下請事業者へ発注内容を明確に記載した注文書などの書面(いわゆる「3条書面」)を発行することが義務付けられています。下請法に則った注文書の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。
>> 取引基本契約書とは 下請法に沿った発注書(注文書)の書き方を解説! – pasture

■注文書・注文請書の法的効力

注文書や 発注書、 注文請書の法的効力を理解する前提として、「契約の成立に必要なこと」についてご説明します。
民法上、契約が成立するには、一方当事者による「申込み」と他方当事者による「承諾」が必要だとされています。申込みと承諾があることで、当事者双方の意思が合致したものとして契約が成立します。
なお、契約成立のためには、契約内容について当事者間の意思の合致さえあればよく、意思表示の形式は問われません。申込み・承諾の意思表示は必ずしも書面でおこなわれる必要はなく、口頭でおこなわれた申込み・承諾であっても有効な契約として成立します。

●契約書と注文書や発注書・注文請書の違い
上述のとおり、注文書・ 発注書 は、相手方に対して発注を申込むために書面です。あくまでも一方的な意思表示に過ぎないため、原則として注文書単体では法的効力を持たず、契約が成立することもありません。注文請書も、相手方に対して一方的に承諾の意思表示をする書面です。注文書と同様に、注文請書単体では法的効力を持たず、契約が成立することもありません。

■注文書のみで契約が成立するケースも

上述のとおり、原則として注文書単体では法的効力を持ちませんが、注文書のみで契約が成立する場合があります。それが以下のケースです。
●基本契約で「注文書・発注書のみで契約が成立する」ことを合意している場合
当事者間で、「発注者が受注者に注文書を交付することにより個別契約が成立するものとする」といった規定のある基本契約書(取引基本契約書)を交わしている場合があります。この場合は、基本契約書の規定どおり、注文書のみで契約が成立します。基本契約書の詳細は後述します。

▼商法509条(契約の申込みを受けた者の諾否通知義務)
1. 商人が平常取引をする者からその営業の部類に属する契約の申込みを受けたときは、遅滞なく、契約の申込みに対する諾否の通知を発しなければならない。
2. 商人が前項の通知を発することを怠ったときは、その商人は、同項の契約の申込みを承諾したものとみなす。

■継続取引の際は「基本契約書」を交わしておこう

●基本契約書とは?
企業が外部の事業者と継続的な取引をおこなう場合、たとえば、「成果物が納期までに納品されなかった場合はどうするのか?」「成果物に瑕疵があった場合はどのように対処するのか?」「対価の支払いはいつまでにおこなうのか?」など、基本的なルールを事前に明確にしておく必要があります。このような基本ルールを決めるために用いられるのが、「基本契約(取引基本契約)」です。
基本契約書(取引基本契約書)は、事業者間で反復継続される個々の取引(個別契約)に共通して適用される条項について、あらかじめ合意しておくための契約書です。

基本契約と個別契約について

「読む、直す、仕上げる」契約審査をカンタンに。 AI契約審査クラウド GVA assist (ジーヴァアシスト)のご紹介

【PR】契約審査業務の効率化を実現するAI契約審査クラウド GVA assist

個別契約とは

個別契約とは、基本契約の対概念であり、個別的な単発の取引契約のことをいいます。基本契約がなければ、そもそも個別契約を観念することはできません。一般的な取引契約の構成要素のうち、基本事項として基本契約ですくい取った残りの部分が個別契約なのです。とはいえ、個別契約では、個別の取引の中核部分が合意されることになります。

  1. 商品明細
  2. 価格
  3. 納入条件
  4. 代金支払条件(なお、基本契約でも合意される。)

的確な契約書レビューをもっと効率的に

GVA assist(ジーヴァ アシスト)は、サービス提供元が定義した契約書の審査基準ではなく「自社の契約書審査基準」をセットできる、AI契約書レビュー支援サービスです。例えば、上記の「条文例」を自社標準ひな型としてセットしておくことで、レビュー時に条文が不足していればすぐに契約書に差し込むことが可能になり、自社の基準に即した契約書レビューをスピーディに行えるようになります。

また、自社としての契約書レビュー時の考え方や判断のポイントを「解説」として GVA assist にセットすることもできます。それにより、条文の受け入れ可否判断や見解などの「基準」を、他の法務担当者とWord上で共有できるようになり、法務担当者間でのレビュー結果のばらつきをなくし、精度の高いレビューを常に行えるようになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる