お取引ガイド

ストラテジーの意味と使い方

ストラテジーの意味と使い方
(画像=Ridofranz/iStock)

【マネジメント用語】ケイパビリティとは?使い方と関連用語を解説!

ケイパビリティは、英語で表すと「capability」です。直訳すると、素質、才能、能力、手腕、特性といった意味を持ちます。経営学や防衛産業といった分野で用いられる言葉であり、前述のように 組織が持つ固有の能力や、組織自体が得意とする事柄を概念的に表す言葉として使われます 。「ケイパビリティを高める」という使い方をし、これは組織が持つ能力を高めることを表します。
つまりケイパビリティとは「組織力」の意であり、1つの事業を成し遂げるためにその企業全体で発揮される力を表す言葉なのです。

どんな場面で使われることが多いのか

「ケイパビリティ」の実質を把握してこそ、言葉として活きてくる

ケイパビリティという言葉には変容性があります。同じ言葉を使っていてもその「組織力」の中身については、企業ごとにニュアンスが異なるものなのです。スピーディーな納品をするための能力を「組織力」と理解する企業もあれば、人為的ミスを最小限に食い止められる「組織力」もあります。これらの組織力(つまりケイパビリティ)は、組織ごと、そして時代ごとに変化していくのです。
ケイパビリティという言葉を使う時は、使う人自体が自らの企業が持つ強みを理解し、それがどのように変化しているのかを把握してこそです。それがなければただの横文字でしかなく、言葉として活かすことができません。概念的な言葉なので、正確にその実質を把握しておくことが大切です。

同時におさえておきたい。ケイパビリティ関連用語

ケイパビリティという言葉を使う上で「ダイナミック・ケイパビリティ」は、知っておきたい経営戦略論です。1997年にアメリカのデイビット・J・ティース氏らが提唱した戦略論で、 環境変化に合わせてケイパビリティを変革させる企業自体の能力 という定義を持ちます。
もう一つ知っておきたいのが「ケイパビリティ・ベースド・ストラテジー」です。これは ケイパビリティを企業の戦略にまで落とし込む行動 を意味します。企業ごとに異なるケイパビリティというものを、より現場で活かせられるよう戦略レベルで策定するという行為、またその戦略のことです。

「ストラテジー」と「タクティクス」の違いとは?分かりやすく解釈

「ストラテジー」と「タクティクス」の違い

違い

この記事では、 「ストラテジー」 と 「タクティクス」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「ストラテジー」とは?

「ストラテジー」 とは、 「長期的あるいは大規模な目的を達成するための総合的・大局的で複雑な戦略」 を意味している用語です。

「ストラテジー」 を英語表記すると “strategy” になります。

「タクティクス」とは?

「タクティクス」 とは、 「その時々に直面する短期的な目標をクリアするためのシンプルな戦術・戦法・駆け引きのコツ」 を意味している用語です。

「タクティクス」 も軍事用語に由来していますが、 「戦争全体を勝利に導く総合的・包括的な戦略」 ではなく 「一つ一つの戦闘に勝つための戦術・戦法」 を意味しています。

「タクティクス」 を英語表記すると “tactics” になります。

「ストラテジー」と「タクティクス」の違い!

「ストラテジー」 と 「タクティクス」 ストラテジーの意味と使い方 の違いを、分かりやすく解説します。

「ストラテジー」 と 「タクティクス」 はどちらも 「軍事用語を語源とする目的達成のための方法論」 を意味していますが、 「ストラテジー」 は 「長期的な目的を達成するための総合的・大局的で複雑な戦略」 を意味しています。

「ストラテジー」 に対して 「タクティクス」 のほうは、 「ストラテジーほど複雑で総合的な方法論ではなく、その時々に直面する短期的な目標をクリアするための戦術・戦法(コツ)」 を意味している違いを指摘できます。

「ストラテジー」 と 「タクティクス」 の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ストラテジー」 とは 「目的を達成するための総合的・大局的な戦略」 を意味していて、 「タクティクス」 は 「短期的な目標(その時々の戦い)で成功を得るための戦術・戦法」 を意味している違いがあります。

『パラグラフリーディングのストラテジー』の使い方と特徴【決定版】【英語長文対策】

この参考書最大の特徴といえるのがこの「パラグラフリーディング」です。
「パラグラフリーディング」とは、段落ごとに要旨をつかんで、先の展開を予想しながら読む読み方です。これを学ぶと、枝葉末節を省き要旨をとらえることで話の全体像を素早く理解し、短時間でスムーズな読解ができるようになります。文章の100%の理解を目指すのではなく、現在持ち合わせている単語や解釈の知識でくみ取れる文意の量を最大化する力を養成するのが目的の参考書です。

論理展開を学べる

主張がどこによく現れやすいのかといった傾向頻出の論理展開パターン(抽象➡具体・対比⇔逆説、原因⇄結果の因果関係)を学ぶことができます。
また、その論理展開に基づいたわからない単語の推測方法、指示語・言い換え・省略よる反復回避のパターンを知ることができ、各段落の論理展開のまとめ方などがしっかり説明されている参考書になっています。

実践的な方法論の明記

下線部和訳、空欄補充、並べ替えなど多くの問題が扱われており、総合的な長文読解のノウハウが紹介されています。また、文章量が多い中、短時間で重要な部分を読み主張をしっかりと掴む方法論その情報をもとに論理的に記号問題を解いていくためのトレーニング方法も紹介されています。どんな英文が出ても、「パラグラフリーディング」に沿った減点されない答案づくりを行えるように丁寧に解説されていることもこの参考書の特徴です。

『パラグラフリーディングのストラテジー』で対応できる志望校レベル

①読み方・解き方編

「パラグラフリーディングのストラテジー1」

こちらは英語長文の読み方と解き方なので「全ての志望校に対応」します。

②私立大対策編

「パラグラフリーディングのストラテジー2」

難易度は偏差値60突破向けでしょう。レベルは有名私大から早慶の難関大まで幅広く扱っています。レベルが徐々に上がっていく参考書になっているので幅広く私立大学の問題を演習していくことができます。

③国公立大対策編

「パラグラフリーディングのストラテジー3」

難易度は同じく偏差値60突破向けでしょう。
「国公立大対策」は記述や和訳など、国公立大対策に特化しているだけでなく、基本的な問題も取り扱いがあります。私立大編を終えた後取り組めばにさらなるレベルアップも可能です。
どちらをどのように取り組むかは自分の志望校に合わせて取り組んでください。

「パラグラフリーディングのストラテジー」は長文読解の一冊目に有効

『パラグラフリーディングのストラテジー』の使い方

必ず一冊目からやる

長文が苦手な人はこんな特徴をもっています。「文は訳せるのに文章全体で何言ってるかわからない!」
これを解決してくれるのが「読み方・解き方編」です。
しっかり「読み方・解き方」を学び、それを「私立大対策編」と「国公立大対策編」で実践していけるようにしましょう。

読み方・解き方編

ここでは「パラグラフリーディングの基本ストラテジー」「長文問題の解法ストラテジー」「論理マーカーの働き」を学びます。覚えるところは覚えながらしっかり読み込みましょう

英文の読み方・解き方の解法ストラテジーを学ぶ

まずは英文を読み、問題に解答を自己流の戦略で取り組んでください。
その後解説を読み、自分のやり方と照らし合わせてみてください。
おそらく多くの受験生が「論理的に英語長文を読む・問題を解くということは、こういう感覚なのか!」ということを実感することができるでしょう。これがパラグラフリーディングの基本ストラテジーを学ぶ際に一番効果的な使い方です。

論理マーカーは一気に覚える

英文を読み、解説を読んで基本的なフォームを学んだ後はその表現などをまとめたものと「パラグラフリーディング」のやり方を具体的に学んでいきます。この表現が来たら、「対比(+譲歩➡主張)/具体/言い換え/追加/因果」のどれになるかが見てわかるレベルまで暗記してください。この参考書は1周した後に、長文を解くたびにこの参考書で出来ないストラテジーのポイントを確認して行く作業を繰り返してその都度暗記するようにしてください。

私立大・国公立大対策編

問題を解く

まずは問題を解いてください。ここで意識すべきことは『パラグラフリーディングのストラテジー1』で勉強した読み方と解き方を実践的に活用することです。
実際に使うことで自分自身の力にし、使いこなせるようになることが目的です。本番同様の意識で問題に取り組み絶対に空欄は作らないようにしましょう。復習の際に自分はどこが弱点かを発見するためにも熟考するようにしてください。

解説を読む

解説では読み方と解き方が詳細に書かれているのでまずは熟読しましょう。
ここで注意したいことは、「なぜそのように読めるか」「なぜそのように解くのか」という視点を持つことです。
根拠をもって解けるようになるために、パラグラフリーディング解説やリーズニングやマーキングなどの論理的な解説を長文問題演習や過去問演習で再現できるようになるまで時間をかけて復習を重ねましょう。

解説を熟読した後、どのような参考書でも行って欲しいことそれが「音読」です。
論理マーカーや文章の流れを掴むことはあくまでテクニックであり、実際の英語力とは少し違います。「パラグラフリーディング」は基礎的な単語・文法・解釈力あってこそです。目の前の文章が一番理解できているこの段階での音読は英語力向上に直結します。英語を英語のまま理解する脳【英語脳】を作るため、また実践的にパラグラフリーディングを使いこなすためにも是非「音読」を実践してください。

『パラグラフリーディングのストラテジー』この時期に使う

パラグラフリーディングのストラテジー いつから

英文解釈の勉強終了後すぐ

「英文解釈」が終わってからになります。各英文のSVOCが把握でき、一通りの意味で確定させることを英文解釈といいます。これを一通り学習したら長文の読み方を一冊目で学び、二冊目と三冊目でさらに演習をつんでいきましょう。

具体的な時期

『パラグラフリーディングのストラテジー』を使う具体的な時期は、最低9月初めには一冊目に。
10月中旬には演習編が終了が目安です。
理由としては、受験勉強の時期的な個人差の部分もありますが、過去問演習を10月末もしくは11月初めから取り組むことを目指すのが理想だからです。

『パラグラフリーディングのストラテジー』と合わせて使いたい参考書

『パラグラフリーディングのストラテジー』を使った後にオススメの参考書としては肘井先生の『solution』や安河内先生の『英語長文ハイパートレーニング』関先生の『英語長文ポラリス』があります!

solution

『solution』

英語長文ハイパートレーニング

『英語長文ハイパートレーニング』

英語長文ポラリス

『英語長文ポラリス』

なぜかというと、この3つはレベル別に演習ができるので自分にあった問題だけを解くことが可能だからです!先述したとおり、『パラグラフリーディングのストラテジー』は幅広く私大対策ができますが、この3つは志望校のレベル別に事細かく構文解析や解説を行っており、演習用教材として長けています。過去問演習で効果を発揮させたい方は『パラグラフリーディングのストラテジー』に取り組んだ後に、『solution』『英語長文ハイパートレーニング』『英語長文ポラリス』のいずれかをすることをオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございます。
今回のまとめです。『パラグラフリーディングのストラテジー』は「英文解釈」が終了後必ず一冊目から取り組んでください。
また、論理マーカーをしっかり暗記し、長文で確認しつつ復習の際は音読で英語脳をつくることを意識してみてください。
するとみなさんも英語長文の演習の勉強に弾みがつくでしょう!また『パラグラフリーディングのストラテジー』で学んだことを過去問演習で最大限の効果を発揮されるように、『solution』『英語長文ハイパートレーニング』『英語長文ポラリス』のいずれかで演習を積んでみてください!

戦略的学習力(ラーニングストラテジー)とは?未来に必要なスキルを身につける方法

しかし、言葉の定義や意味だけでは戦略的学習力がどのようなものか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
例えば、スキルアップのために何かを新しく学ぼうと考えた際、参考書や問題集をベースに学習する方法、スクールに通う方法など、様々な学習方法が存在します。
この時、自分自身に最適な学習内容や学習方法は何かを客観的に分析し、効率的に知識習得を目指すための力、そして新しく学ぶ“何か”を見定める力こそが、戦略的学習力と言えるのです。

2030年に必要なスキル ~ ストラテジーの意味と使い方 戦略的学習力 ~ の重要性

AIに代替されないスキルであること

限られた時間で効率的に学ぶ有用性

正しく有益な情報や方法論を獲得できる

戦略的学習力を身につける方法

(1)「何を学ぶか」を見極める

例えば、あなたがビジネススキルを向上させたい!と思ったとします。その時、こんな行動を取ったとしましょう。
「じゃあ“ビジネススキル ランキング”とググってみて、ヒットしたサイトの一番上に書かれていたスキルにしよう!」
これでは、自分にとって本当にそのスキルが必要なのか、見極めてはいませんよね。

(2)学び方を考える

学ぶべき内容が決まったら、効率的な学習方法を考えてみましょう。
参考書などを購入し独学で学習する方法は費用も抑えされますが、時間がかかる場合があります。短期間で集中的にスキルを身につけたいのであれば、例えばスクールに通ってみるなども選択肢の1つとして検討しましょう。
過去問を解いてからその部分の参考書を読み直す、周囲で知識のある人に教えを請うなど、手順や方法は様々です。よく検討して、自分にフィットした学び方を模索しましょう。

(3)トライアル・アンド・エラーを繰り返す

学んだ知識を吸収し自分のものにするためには、インプットだけではなくアウトプットを意識してみるのも重要です。
自分では身につけたと思っている知識やスキルでも、 “身につけたつもり”になっていることがあります。日々の業務の中で実践してみる、他の人に教えてみるなど、学んだ知識が使えるものになっているか確認しましょう。

スキームとは?ビジネスシーンでの用語の意味と正しい使い方

(画像=Ridofranz/iStock)

スキームとは?

言葉の語源

スキームは英語で「scheme」と書き、「枠組みを持った計画」という意味をもつギリシャ語が語源。その他「陰謀を企てる」「図解」「図表」といった意味をもち、現代においても「体系的な計画」を示す言葉として使われています。

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスの場面でスキームという言葉は、「構想を練る」といった意味で使われます。

また、広い意味で捉える場合には、作戦計画・策略・計略・構想・目論み・企図などといった意味合いで使われることもあります。

スキームは「目標達成に向けた具体的な方法や枠組み」のことを指し、単に「予定を立てる」という意味で使われる「プラン」という言葉よりも踏み込んだ意味を持っているのです。

スキームと「フロー」、「ロジック」は別の意味?

スキーム ( scheme ) 計画
フロー ( flow ) 手順
ロジック ( logic ) 論理

簡単にまとめると、スキームは「計画」、フローは「手順」、ロジックは「論理」
3つの言葉には明確な違いがあるのです。

ビジネスシーンにおけるさまざまなスキーム

連携スキーム

「連携スキーム」とは、たとえば産学連携のように1つの組織の枠組みを超えて協力していくことを指します。

評価スキーム

「評価スキーム」とは、ビジネスシーンにおいては人事評価や事業評価などに用いる枠組みであり、人や企業を評価する制度を示します。

関係者がきちんと納得できる合理的な仕組みを整えることが重要です。

販売スキーム

「販売スキーム」とは、企業が提供する商品やサービスについて販売の面から一連の流れを捉えていくことを指します。

運用スキーム

「運用スキーム」とは、主に金融業界で使われるものであり、顧客から預かった資産の運用方法を、図表などを用いて簡潔に示したものを指します。

返済スキーム

「返済スキーム」とは、企業が抱える借入金の返済計画を立てる際に用いられます。

投資スキーム

「投資スキーム」とは、株式などの有価証券や不動産といった金融商品に対して、どのような配分で投資するのかを決める枠組みを指します。

企業再生スキーム

「企業再生スキーム」とは、経営不振や財務状況が悪化している企業を再建するために用いる枠組みです。

事業スキーム作成のポイント

「事業スキーム」とはビジネスシーンにおいては事業計画のことを指します。

事業スキームを作成する際には、事業のコンセプトやビジョン・事業領域・収益化の方法・自社の強み・財務計画といった5つのポイントを押さえておく必要があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる