FXトレード

反転の見込み

反転の見込み
経済 Wall Street sign with american flags and New York Stock Exchange in Manhattan, New York City, USA.

「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸 【ニュース】

ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”あの多田哲哉の自動車放談webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ

「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸

ボルボXC40リチャージ
ボルボXC40リチャージ拡大

ラインナップはツインモーター仕様(4WD)の「XC40リチャージ アルティメット ツインモーター」と、シングルモーター仕様(FWD)の「XC40リチャージ プラス シングルモーター」の計2タイプ。XC40リチャージ アルティメット ツインモーターは、前後アクスルに1基ずつモーター(最高出力204PS、最大トルク330N・m)を搭載し、システム最高出力408PS、システム最大トルク660N・m を発生。駆動用バッテリーの容量は78kWhで、一充電走行距離は約434km(欧州WLTPモード)と公表されている。

一方、XC40リチャージ プラス シングルモーターは、フロントのみに同170PS、同330N・mのモーターを搭載。容量69kWの駆動用バッテリーにより、424kmの一充電走行距離(欧州WLTPモード)を実現している。なお、駆動用リチウムイオンバッテリーについては、8年・16万kmの保証が付帯する。

  • XC40リチャージ 反転の見込み アルティメット ツインモーター:679万円
  • XC40リチャージ プラス シングルモーター:579万円

実質130万円で電気自動車が買える!? 「日産サクラ/三菱eKクロスEV」の衝撃と波紋 2022.5.20 デイリーコラム いよいよ登場した新型軽EV「日産サクラ/三菱eKクロスEV」。EV購入にまつわる経済的ハードルを大きく引き下げた2台の登場は、マーケットに何をもたらすのか? “軽の2大巨頭”ダイハツとスズキは、この流れに追従するのか?

プジョー308 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.3 試乗記 プジョーのCセグメントハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。もちろん新しくなったのは見た目だけでなく、9年ぶりの新型にふさわしく中身も長足の進歩を遂げている。1.5リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。

ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。

バロンズ:S&P500が弱気相場入りなら、最悪3,000まで下落も

経済 Wall Street sign with american flags and New York Stock Exchange in Manhattan, New York City, USA.

バロンズ誌、今週のカバーは弱気相場入りを回避したS&P500を始め米株相場の展望を描く。5月20日、S&P500は1月3日につけた最高値から20%以上も下落したが、怒涛の買い戻しが入り結局は18.7%安まで戻して引け。週足でS&P500は3%安、ダウに至っては2.9%安と8週続落し1932年以来で最長を記録した。

今回の急落劇によりS&P500の12ヵ月先の株価収益率は(PER)16.6倍と、年初の21.5倍から低下し長期トレンド水準近くまで戻した。値ごろ感が出てきたとはいえ、ネッド・デービス・リサーチのエド・クリソールド氏は底打ちを予想していない一人だ。同氏は現状を「滝のような下落」、つまり売り基調において大きな反発があっても続かず、一段安となる状態と指摘。過去を振り返ると「滝のようなの下落」は約40営業日続き、平均で24.6%下落し同時に取引量が急増した。今回の下落は十分長きにわたるが、深くはない。従って、まだ株の買いを推奨しておらず「落ちるナイフを捕まえるべきではない」と警告する。ただ、S&P500が週足で7週以上続落したケースを振り返ると、直近3回での平均のリターンは39%高だった。谷深ければ、山高しというところだろう。詳細は、本誌をご覧下さい。

弱気相場が接近―S&P500は3,000まで反転しないリスクも―The Bear Nears—and Might Not Exit Stocks Until the S&P Sinks to 3000.

このような厳しい状況下、マイケル・ハートネット率いるバンク・オブ・アメリカのストラテジスト・チームは、S&P500が前週の終値を7.反転の見込み 7%下回る3,600まで下落すれば、新しい強気シナリオの始まりと指摘する。圧倒的な弱気マインドに加え先進国株式からの逃避、投機適格社債や新興国債券の動向、そしてテクニカルな指標の悪化を受けて、足元で米株相場は「明白な逆張り買い領域」に位置しているためだ。

しかし、弱気相場の歴史を踏まえれば強気派にとっては恐らくあと数カ月は苦痛が続くと思われる。過去140年間において米国株の弱気相場は19回発生、平均37.3%下落し、289日間続いた。もし、この通り進むのであれば、今回の弱気相場は10月19日に底を打ち、S&P500は3,000になるはずだ。偶然にも、元バロンズのラウンドテーブル・メンバーのフェリックス・ズラウフ氏が21年12月にバロンズ誌で予測した下値メドと同水準である。

消費者への価格転嫁が困難で、ターゲットを始め小売業者は利益率の低下に直面、株価を押し下げた。食品やエネルギー、家賃などの上昇は、裕福ではない家計に打撃を与えた一方で、株安により彼らの株式資産を下落させた。住宅価格は上昇し続けているが、J.P.モルガン・チェースのエコノミスト・チームによれば、株安と債券安は米国の家計資産を8兆ドル目減りさせたという。また、彼らによれば金融資産が1ドル下落するごとに消費支出は2セント減少するだけに、資産価格の下落が消費に与える影響は見逃せない。

チャート:米家計の金融資産、株式が牽引し拡大

a_us

(作成:My Big Apple NY)

景気後退が遠くなければ、弱気相場がやってきてもおかしくない。各国政府と中央銀行が財政と金融の刺激を2020年に23兆ドル相当、2021年に9兆ドル与えた後、2022年に劇的な政策転換を迎え、バンク・オブ・アメリカによれば今年だけで2兆ドル引き揚げられる見通しだ。一方で、インフレ率は40年ぶりの水準へ加速し、成長は減速しつつある。

強気になる時ではないように思える。しかし、ピーター・べレジン氏率いるBCAリサーチのグローバル・ストラテジスト・チームは5月20日、ポジティブに転換した。彼らはカナダという土地柄もあり、パックがどこに向かっているのか、スケートをするように考えている。BCAリサーチによれば、投資家は6ヵ月後に世界がどうなっているかに注目すべきで、その頃までにインフレが減速し、成長が再加速すると見込む。また、彼らによれば世界株式相場の12ヵ月先PERは15.3倍に低下し、米10年債利回りは5月20日の2.79%から2.50%に低下する見通しだ。

チャート:FRBの保有資産拡大局面で米家計の株式資産が急拡大したが、今後利上げに加え保有資産は縮小へ

0fed_bs

(作成:My Big Apple NY)

――バンク・オブ・アメリカはS&P500の安値メドを3,600としていますが、ゴールドマン・サックス(GS)も景気後退が実現すれば年内に同水準まで下落すると見込みます。また、GSはS&P500の年末の目標値を4,300とし、従来の4,700から引き下げました。当初の5,100から、4,900を経て3回目の下方修正となります。その一方で、仮にS&P500が3,600まで下落したとして、4,300まで戻すならば19.4%高を達成する見通し。足元は弱気でも、過去の弱気相場でも大幅上昇に転じた実績からなのか、米株相場には基本的に強気なようです。ただし、3,000まで下落するような段階に入れば、GSを始めウォール街はS&P500の年末見通しを引き下げるなどゴール・ポストを動かすに違いありません。

編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK –」2022年5月22日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

FPG、ULSグループ、ディーエヌエーなど

株式 16 時間前 (2022年05月26日 15:30)

FPG、ULSグループ、ディーエヌエーなど

© Reuters.

(TYO: 3798 ) ULSグループ 3400 +395急伸。
前日に発行済株式数の3.6%に相当する20万株、金額で6億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。
取得期間は22年6月1日から7月31日までで、目的は機動的な資本政策を行うため。
短期間での比較的高水準の自社株買いとあって、株式需給の改善期待が急速に高まっているようだ。


(TYO: 2440 ) ぐるなび 441 +20前日比変わらず挟んで大幅反発。
テンポスHD (TYO: 2751 )が取引する飲食店に対し、ぐるなびへの有料情報掲載などの販売促進を行うと発表。
テンポスHDの全国62カ所の店舗に来店した飲食店経営者が厨房機器を購入する際、同社の業務支援サービスを同時に申し込めるようにする。
潜在顧客の取り込みにつながるとの期待が先行へ。
なお、本日はインバウンド関連の一角に資金が向かっていることなども支援材料となった。


(TYO: 3661 ) エムアップ 1185 +91急伸。
電子チケット事業やチケット二次販売「チケプラトレード」、視聴 PASS 販売プラットフォーム「StreamPass」を運営する子会社が、福岡ソフトバンクホークスと共同で、オリジナルNFTサービスとなる「タカコレ NEXT」を6月10日から提供開始すると発表。
同サービスは福岡ソフトバンクホークスの選手肖像を活用した公式NFTコンテンツ販売サービスとなるもようで収益寄与を期待する動きに。


(TYO: 7590 ) タカショー 712 -12一時急伸も伸び悩み。
前日に第1四半期決算を発表。
経常益は7.6億円で前期比68.8%
の大幅増となった。 反転の見込み
据え置きの通期計画は16.4億円で前期比7.1%増を見込み、進捗率は46%にまで達した。 反転の見込み
想定以上の立ち上がりとして評価の動きが先行。
戸建て住宅の新築やリフォーム分野でのリビングガーデン製品の販売が好調なほか、3億円超の為替差益計上も押し上げ要因になった。
ただ、利益確定売りが膨らんだ。


(TYO: 8035 ) 東エレク 57280 -1400大幅反落。
米エヌビディアが前日の取引時間後に決算を発表、2-4月期の売上高や一株当たり利益は市場予想を上回ったものの、5-7月期の売上高見通しを81億ドルとし、市場予想の84.4億ドルを下回った。 反転の見込み
これを受けて、エヌビディア株は時間外取引で一時10%安まで売り込まれ、他の米半導体関連株にも影響が波及している。
東京市場でも国内半導体製造装置最大手の同社などに売り圧力が向かう展開となっている。


(TYO: 6503 ) 三菱電 1363.5 -59大幅続落。
品質不適切行為に関して、調査委員会からの調査報告書がアップデートされている。
前回12月の調査報告からは、15拠点で新たに101件の不適切行為が見つかり、トータルでは16拠点、148件となっている。 反転の見込み
新たに見つかった件数の多さがネガティブ視される状況となっているもよう。
対応費用の拡大なども警戒される格好に。
なお、最終的な調査完了時期は秋ごろとなるようだ。


(TYO: 2432 ) ディーエヌエー 1816 -170大幅続落で下落率トップ。
医療ICTベンチャーであるアルムの株式を取得して子会社化すると発表している。
第三者割当増資の引き受けや株式譲渡など段階的な取得により、57.5%の株式取得を計画しているようだ。
ヘルスケア領域における24年3月期までの大幅な損益反転目標に資するものとなる見通し。
ただ、アルムは直近で赤字決算が続いており、短期的な連結業績の悪化につながる可能性をネガティブ視する動きが優勢に。


(TYO: 9416 ) ビジョン 1320 +88大幅反発。
新型コロナの水際対策に関して、岸田首相は本日にも、外国人観光客の受け入れを来月から再開することを表明する方針と伝わっている。
観光客は上限2万人の枠の中で受け入れ、添乗員付きのツアー客などに限定する案が検討されているもよう。
Wi-Fiルーターレンタルなどを手掛ける同社はインバウンド関連の代表銘柄の一角ともされており、今後のインバウンド需要の本格回復を先取りする動きにも。


(TYO: 3038 ) 神戸物産 反転の見込み 2918 +114大幅高。
前日に4月の月次動向を発表している。
4月の個別売上高は前年同期比 10.9%
増、営業利益は同 15.3%増となっている。
また、粗利益率は3月が9.4%となり、2月の10.5%から低下していたが、4月は10.反転の見込み 2%まで上昇。
円安進行や原材料費上昇などによる利益率の低下懸念が強まっていた中、粗利益率の上昇を受けて、値上げの浸透などが意識されてきているようだ。


(TYO: 7148 ) FPG 984 +150ストップ高。
東海東京証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も650円から1150円に引き上げている。
22年9月期業績予想を上方修正、経常利益は会社計画100億円を上回る107億円、前期比2.1倍を予想。
23年9月期も航空旅客数の回復で安定成長を見込むとして、2ケタ増収増益の継続を想定している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる