初心者必見

ストックオプションとは

ストックオプションとは
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月3日発表分)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月5日版
  • 利益成長“ストックオプションとは 青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集>
  • ストックオプションとは
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言!
  • 個人投資家・有限亭玉介:中国ロックダウン後と円安メリットの注目株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月3日現在)

一攫千金を十分狙える…シリコンバレー在住14年の実業家が教える「いま転職を狙うべき3つの候補先」

いま転職して高いリターンが得られる業界、企業はどこか。実業家で元サンリオ常務の鳩山玲人さんは「狙い目は、『転職が少ない業界、日本進出の海外ベンチャー、コロナ禍で激変の業界』の3つだ」という――。 【この記事の画像を見る】 ※本稿は、鳩山玲人『シリコンバレーで結果を出す人は何を勉強しているのか』(幻冬舎)の一部を再編集したものです。 ■ネットフリックスで働き給料の9割をストックオプションにした男 シリコンバレーでは年収1億円ほど稼ぐ人はまったくめずらしくありません。なぜ、そのように稼げるのかといえば、ストックオプションで企業の成長の果実を得る人が多いことが大きな理由です。 ストックオプションとは「従業員や取締役が、あらかじめ定められた価格で自社株を取得できる権利」です。将来、株価が上昇したときにストックオプションを行使すると、「あらかじめ定められた価格」と「そのときの株価」の差の分を利益として得られる仕組みです。 つまり、会社の業績が伸びて株価が上昇すればするほど、ストックオプションを持つ人の利益が増大するわけです。 私の友人に、かつてネットフリックスで働いていたデイビットという男性がいます。彼とは、ハーバード時代にアカペラグループで一緒に活動していました。 ネットフリックスには給料をストックオプションに自由に割り振れる制度があり、彼は2007年にネットフリックスに入ってから、ずっと給料の9割をストックオプションにしていました。 当時のネットフリックスの株価は3ドルほどでしたが、2022年1月時点で株価は550ドルを超えています。ざっと180倍です。 仮に2007年大学院修了当時の年収が1500万円だとして、そのうち9割にあたる1350万円をストックオプションで受け取って今でも保有していたとすると、入社1年目のストックオプション分だけでも現在の価格は25億円近い計算になります。 もちろん、もしネットフリックスが潰れていれば、ストックオプションは無価値になります。ですから、彼は相応のリスクを負って、このような選択をしたわけです。 しかしシリコンバレーで働く人は、割合はさておき、ストックオプションを選択するケースが多いのではないかと思います。「自社の成長に賭けられないなら、そもそもその会社で働く意味がない」ということなのでしょう。 彼はその後、ネットフリックスを辞め、ロサンゼルスに大きな家を建てました。 現在は、空調や配管などの工事を担う施工業者向けの事業管理システムを提供するサービスタイタンというスタートアップでCFOを務めています。ニッチなビジネスですが、今後の成長が非常に期待されている企業です。 ネットフリックスでの成功を経ても満足することなく、次のビジネスにチャレンジしている様子も、シリコンバレーの人らしい生き方だと感じます。

スマートラウンドが、ストックオプション管理サービス「SO管理smartround」をリリース!

■スマートラウンド代表砂川のコメント
岸田内閣の成長戦略の中核をなすスタートアップ・エコシステムの構築。その具体的施策のひとつとしてスタートアップが優秀な人材を確保できるように、ストックオプション制度を見直すことが議論されています(私も5月18日のイノベーション・エコシステム専門調査会で提言させていただきました)。
ストックオプションは、役員や従業員がその価値を理解し、適切に享受できる環境が整備されて初めて、インセンティブとしてその目的を果たすことができます。ところが、これまで日本では必要最低限の書面手続きでストックオプションが付与され、その後は適切なサポートも提供されないことが一般的でした。これではその価値がしっかり理解されることは難しく、役員や従業員のモチベーション向上にもつながりません。
そこでスマートラウンドでは、これまで3000社近いスタートアップを支援してきた経験を生かし、ストックオプション制度が見直されるこのタイミングで、スタートアップとその役員・従業員がそれぞれストックオプションを簡単に管理し、その価値を理解できるようにするためのサービスを提供することにしました。
「SO管理smartround」が、スタートアップの成長に少しでも寄与できれば嬉しく思います。

  • 「SO管理smartround」サービスページ:https://jp.smartround.com/startup/so-management-info/
  • 会社全体のストックオプションの発行状況、発行個数や未割当個数、行使状況などをダッシュボードで把握することができます。
  • 「証券データ」と連動しており、登録したストックオプション内容を資本政策などに反映することができるため、面倒な二重管理が不要です。

  • 保有者ごとのストックオプションの行使、譲渡、消却を管理できます。
  • CSVデータによる保有者データの一括インポートが可能です。
  • 入力したデータは、新株予約権原簿としてエクスポートが可能です。
  • ​従業員が急増している急成長中のスタートアップや、ストックオプションを複数回発行する予定のあるスタートアップでも安心してお使いいただけます。

  • 発行要項、権利行使条件、IPO時の想定株価など詳細な条件を設定できます。
  • ストックオプション発行後に株式併合・分割などがあった場合、自動で行使時の取得株数などの情報が再計算されます。

ストックオプションの募集内容

ストックオプションとは ストックオプションの募集内容

  • ご利用ガイド:https://help.smartround.com/so_management_top
  • デモご希望の方・勉強会の案内をご希望の方はこちら:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdCeaPDUGGhGO0jnpSJ9UxYa3kGI2nhYwerePA3kZ82D7SK8A/viewform?usp=sf_link

■今後の開発予定の機能
上記の機能に加えて、今後以下の機能の追加も予定しております。
(1)役員や従業員などのストックオプション保有者の専用アカウント
役員や従業員などのストックオプション保有者に対し、専用のアカウントを発行できます。このアカウントを通じて、保有者は自身の保有するストックオプションをいつでも確認できるようになります。また、資本政策smartroundと連携してIPO時の想定リターンを確認したり、権利確定のスケジュールを確認することもできます。
これまでストックオプションによるインセンティブを役員や従業員が簡単に把握することは困難でしたが、このツールを通じてインセンティブを可視化することで、役員や従業員のモチベーション向上や離職防止を実現することができます。
(2)これまで紙で行われていた、ストックオプション行使申請を電子化
これまで紙面で対応することが多かったストックオプションの行使申請を、SO管理のサービス内で完結できるようになります。申請書の自動作成やワークフローの管理もできるので、バックオフィスの負担を減らすことができます。

■先着10社に「SO管理smartround」無料キャンペーンを実施
ストックオプション管理ツール「SO管理smartround」のリリース記念として、ご応募いただいた先着10社限定で「SO管理smartround」を1年間無料でご利用いただけるキャンペーンを実施いたします。
〈キャンペーン内容〉
「SO管理smartround」を1年間無料でご利用いただけます。
〈ご応募条件〉
・「SO管理smartround」をご利用いただけること
・ストックオプションを既に発行している企業であること
・無料期間中のユーザーインタビューにご協力いただけること(インタビューの内容はご利用者様の声として、公開をお願いする可能性があります。)

  • ご応募はこちらから:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdDvR4I7g8tJzi4DoGq1hrJde07-I-xZAp3zfzNtyC7oC5j2A/viewform?usp=sf_link


■デモ・勉強会への参加をご希望の方
デモや、ストックオプションに関する勉強会の案内をご希望の方は下記フォームにご入力ください。勉強会へは、これからストックオプションを発行する方や、ストックオプションの発行を支援する方(投資家や士業の方など)もご参加いただけます。

  • デモ・勉強会参加希望者フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdCeaPDUGGhGO0jnpSJ9UxYa3kGI2nhYwerePA3kZ82D7SK8A/viewform?usp=sf_link


■smartroundについて
「smartround」はスタートアップと投資家のためのデータ作成・管理プラットフォームです。
現在、2900社を超えるスタートアップが利用、投資管理smartroundを有料契約いただいているVCなどの投資家も47社に拡大しております。
〈スタートアップ向けサービス〉
株主総会、資本政策、経営管理など、スタートアップ特有の管理業務を効率化。smartroundで必要な情報を整理するだけで投資家とのコミュニケーションもスムーズに行えます。他社サービスの特典やアクセラレータープログラムなどのスタートアップ向けお得情報も満載!
〈投資家向けサービス〉
投資先や検討先から、資本政策、招集通知、会社情報、財務情報を統一フォーマットで共有してもらい管理業務を効率化。スタートアップも、各投資家への個別対応が不要になるので事業により集中できるように。

icuco(イクコ)株式会社カーブアウトディールへの資本参加のお知らせ


当社は2020年よりicuco株式会社(旧:株式会社wkwk(ワックワック))に増収実現サービス(HITSERIES RevOps)を、2022年からクラウド設計・開発標準化サービス(HITSERIES DevOps)を提供しておりました。この度、icucoがハードウェア依存型ビジネスからスケーラブルなクラウドIoT ストックオプションとは SaaS事業へ事業転換し、黒字化達成を実現したことを機に、豊橋発ユニコーンスタートアップ創出を目標として資本参加しました。エクイティファイナンスのディールマネジメントおよびストックオプションを含む経営陣報酬設計はTanaakk法律事務所(本社:東京都千代田区、代表弁護士 青木正芳(東京弁護士会第70期))が担当しています。

icucoは2017年に、武蔵精密工業株式会社(東証 7220)の新規事業創出プログラムである『第一回ムサシInnovator's Gate』の最優秀賞を受賞し、社内プロジェクトからスタートしました。2018年に法人化され、2019年にicuco創業者である柳瀬社長が武蔵精密工業を退職の上、株式を購入取得して事業運営継続、2020年にIoTデバイスおよびiOSアプリを公式リリースしました。

icucoはMicrosoft AzureおよびAmazon AWS上に構築された保育園向けクラウドIoT SaaSで、武蔵精密工業における自動車業界の品質基準を企業文化のベースとして、品質の高い先端技術を安価に展開する目的で事業化されました。医療機器(クラスI)レベルのセンサーデバイス(加速度、温度、光学)のハードウェアの強みに加えて、クラウドAIソフトウェアのアジャイル開発体制も整備。Github、Docker、Kubernetes、ImmuniWebをはじめとした高度な3rd Party製品を組み合わせ、迅速なサービス開発およびリリースを繰り返すためのCI/CD、セキュリティ品質管理体制を実現しています。


icuco株式会社 代表取締役 柳瀬陽一社長からのコメント


武蔵精密工業 CIO付 穂浪正行様からのコメント


HITSERIES(R)︎ファンド ゼネラルパートナー 田中翔一朗からのコメント





本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

イオンモール(8905) 大株主・大量保有報告書

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (ストックオプションとは 6月3日発表分)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月5日版
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集>
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言!
  • 個人投資家・有限亭玉介:中国ロックダウン後と円安メリットの注目株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月3日現在)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月3日発表分)
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え ストックオプションとは <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言!
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集>

お薦めコラム・特集

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 ストックオプションとは <成長株特集>
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ特集>
  • トレンド追随【パラボリック陽転】低PER 30社選出 <テクニカル特集> 6月3日版
  • 10万円以下で買える、増収増益&低PER ストックオプションとは 22社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月3日現在)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる