バイナリーオプションのコツ

金融商品に係るリスクについて

金融商品に係るリスクについて
為替変動リスク

金融商品に係るリスクについて

(1)報酬(基本)
・顧問報酬率(1.1%(税込)以内)、但し、契約資産額が、10百万円を満たない場合の報酬は、110,000円(税込)となります。
(注)運用の方法その他の事情により、上記料金と異なることもあります。
・顧客が要望し合意ができた場合は、成功報酬体系とする。
①固定報酬は、契約資産の0.22%(税込・年率)とする。
②成功報酬は、運用利回りが一定の基準を超えた場合、その超過部分の11%(税込)とする。

(2)リスク
・国内の金融商品取引所に上場されている有価証券(上場有価証券等)の売買等にあたっては、株式相場、金利水準等の変動や、投資信託、投資証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(裏付け資産)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格等が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
・上場有価証券等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
・デリバティブ取引では、対象とする有価証券等の変動等により損失が発生することがあります。市場価格の動きが想定と反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分またはそのすべてを失うことがあります。売方の場合は、損失の額が証拠金の額を超えることがあります。また、買方の場合、権利行使等を行わない場合には、権利は消滅し、投資資金の全額を失うことになります。
・投資一任契約における仕組みとして有するリスクについて
①資産配分について
投資一任契約においては、資産配分を行っております。資産配分の巧拙により、契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。
②銘柄選択について
投資一任契約においては、資産配分に沿った銘柄を選択することになりますが、その巧拙で契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。
※リスクやその他留意事項については、契約締結前交付書面を必ずお読みください。


(2)ファンドラップのリスクについて
ファンドラップは値動きのある有価証券への投資を通じて運用を行います。
お客さまの投資元本は保証されているものではなく、投資元本を割込むことがあります。また、運用における

損益はすべてお客さまに帰属します。
契約締結にあたってはファンドラップに係る契約締結前交付書面を必ずご確認ください。
ファンドラップにおける相場その他の変動により損失が生じる可能性(以下「リスク」といいます。)は以下のとおりです。
・投資する金融商品の各々のリスクについて
①投資信託等
投資信託の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(以下「裏付け資産」といいます。) の価格や評価額または参照指数の変動に伴い、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。

外貨建ての裏付け資産を組み入れる場合は、これらに加え、外国為替の変動により、その投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。投資信託が海外の資産を裏付け資産とする場合は、各投資対象国・地域の政治・経済、 金融市場、社会制度、対外関係等の変化により、資産価格の変動や為替変動に伴い、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。裏付け資産の発行者等の倒産や財産の状況の悪化等およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資信託の基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
・投資一任契約におけるしくみとして有するリスクについて
①資産配分について
投資一任契約においては、資産配分を行っております。資産配分の巧拙により、契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。
②銘柄選択について
投資一任契約においては、資産配分に沿った銘柄を選択することになりますが、その巧拙で契約資産の評価額が下落し、損失を被ることがあります。
※各投資信託の内容やそれにかかるリスク、その他留意事項等については、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。また、契約締結前交付書面を必ずお読みください。

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

金融商品に係るリスクについて 価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。 金融商品に係るリスクについて
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる